漫画を好きになる理由や心理5選まとめ!

漫画が好き

ここでは、マンガ好きな方の理由についてまとめています。

日本を代表するサブカルチャーである『マンガ』ですが、マンガの魅力とは一体どこにあるのでしょうか。

今回は、「あなたがマンガを好きな理由や、マンガのどんな所に魅力を感じるのかについて具体的に教えて下さい。」というアンケートを行い、まとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.絵で楽しめる

絵で楽しめる①

男性
(男性20歳)

◆好きな作品:『アカメが斬る!』

マンガは小説とかとは違って、人物の表情や周りの景色など様々な視覚的感覚で読み進めることができます。

文字だけですと、どうしても「キャラクターがどんな表情をしているのか」「どんな仕草をしているのか」といった細かな感情の変化を読み取ることが出来ません。

またマンガですと、セリフにプラスして小説では表現できない細かな部分まで読者に伝えることができるので、よりリアリティーのある、読んでいて飽きることのないものになります。

より登場人物に近づくことが出来るところにマンガの魅力を感じます。

 

絵で楽しめる②

女性
(女性24歳)

◆好きな作品:『進撃の巨人』

少年漫画、少女漫画、青年漫画などジャンルを問わず何でも好きです。

生まれつき足が悪く、昔から外へ出て遊んだりする機会が少なかったこともあり、家でよく漫画を読んでいました。

小説も好きですが、絵で描かれている方がより感情移入しやすく、読んでいて楽しいです。

知らない単語や難しい日本語も意外と多く、学生時代国語の成績が良かったのは漫画のお陰だと思っています。

テレビと違って手軽に持ち運んでどこでも読めるところも魅力だと思います。

 

絵で楽しめる③

男性
(男性45歳)

◆好きな作品:『三国志』

横山光輝さんの三国志自体全60巻もある大作ですが、頑張って読めば2日で読み切れると思います。

重厚なカバーの付いた文章ばかりの小説を読んでいると、いかにも賢そうで大人感が出てきます。

しかし、文字ばかりだと長時間文字を見ると疲れてきますし、頭の中で浮かんでくる描写も果たして作者の意図と一致しているのか疑問に感じながら読まないといけないので、読破に相当苦労してしまいます。

「マンガ= 子供の読み物」ではなく、楽しく知識を吸収できるマンガも小説に負けない立派な読み物だと私は思います。

 

絵で楽しめる④

女性
(女性45歳)

◆好きな作品:『機動戦士ガンダム ジオリジン』

漫画が大好きで小学校の頃から読んでいます。

漫画の良いところは流し読みしてもストーリーがすぐに頭に入ってくるところと、絵の表現によって感情移入がしやすいところです。

小説のように想像して物語を進めるのも良いですが、作者の意向や今後の展開予測など、読み進めるだけでハマってしまうところが漫画の醍醐味です。

ロングランの漫画では初期のタッチから大分変化してしまうところなんかも、作者の変化が見て取れて面白いです。

 

絵で楽しめる⑤

男性
(男性48歳)

◆好きな作品:『ワンパンマン』

視覚で全ての情報を受け取ることが出来ることがマンガの最大の魅力だと思います。

コミック本は冊数があれば嵩張りますが、一度に読むのは一冊だけという観点から考えれば、場所を選ばず単体で電源なども不要とコストパフォーマンスに優れた娯楽です。

アニメの場合はそれなりの設備が必要ですが、マンガは他に何も要りません。

単価もDVDなどとは比較にならないくらい安いことも魅力の一つです。

次から次へと新規のマンガが連載されて消えていくのは鬱陶しくもありますが、玉石混合の中から秀逸な作品を見つけ出すのも楽しみの一つとなります。

 

<スポンサーリンク>

 

2.非日常的な世界を楽しめる

非日常的な世界を楽しめる①

男性
(男性24歳)

◆好きな作品:『動物のお医者さん』

マンガを好きな理由ですが、面白い世界に出会うことができることです。

マンガはその作者の好きなものだったり嫌いなものだったり、様々な思想が入り込んだ作品になることが多いですよね。

そんな色々な情念の込められた結果出来たマンガの世界が好きです。

色々な作品を読むと、色々な世界に出会うことができます。

色々なマンガを手軽に読むことができるものそのマンガという形態の魅力でもあり、私がマンガを好きな理由の一つになっています。

 

非日常的な世界を楽しめる②

女性
(女性26歳)

◆好きな作品:『黒崎くんの言いなりになんてならない』

マンガを読むと、普段では味わえない気持ちを体験することができるところが好きです。

例えば、恋愛ものの少女漫画を読むと、リアルではなかなかありえないストーリーが繰り広げられています。

かなり男性キャラがイケメンだったり、優しくて女心がわかっている行動をとってくれるので、キュンキュンします。

今ではもう戻れない学生時代の恋愛をもう一度体験できるということも、大きなマンガの魅力です。

このように、非日常を味わえるマンガが好きです。

 

非日常的な世界を楽しめる③

男性
(男性26歳)

◆好きな作品:『ハイキュー』

私はよくジャンプ系の漫画をよく読むのですが、特に「友情」「努力」「勝利」といった漫画が好きです。

自分がもう子供ではないからか、生活の中には青春と言うものがあまり機会がないのですが、簡単に青春を感じられるようなところが漫画にはあるため、とても魅力的だと思っています。

漫画の中にも、よくあるストーリーではなく、オリジナリティ溢れるよく考えられた漫画もあるため、とても刺激になります。

 

非日常的な世界を楽しめる④

女性
(女性27歳)

◆好きな作品:『進撃の巨人』

漫画はさまざまジャンルがあるので、自分の興味のあるものを読めます。

連載だと続きが気になります。

漫画の絵と文字で、想像が膨らみます。

キュンキュンしたい時は、少女漫画の恋愛系を読みます。

ハラハラしたい時は、少年漫画のアクション系を読みます。

好きな漫画家さんが次々と漫画を描いてくれると、どれも読みたくなります。

読んでいて、自分の思い通りの展開になる時もあれば、違う展開の時もあって、読んでて飽きないです。

 

非日常的な世界を楽しめる⑤

女性
(女性27歳)

◆好きな作品:『SONNY』

漫画の一番の魅力は違う世界に飛んでいけるところです。

自分が主人公になりながらも、どこか客観的に全ての登場人物の感情を読み取りながら話を進めていくことができることです。

そしてドラマよりも物語の幅が広く規制も少ないのも魅力の一つです。

そして絵ということで演技でも実写でもないところに幻滅がない。

漫画の登場人物は声や人柄、台詞の意味は自分の中で仕上げることができるのである程度自分の求めるものに近づけることができます。

漫画は私にとっての教科書です。

 

<スポンサーリンク>

 

非日常的な世界を楽しめる⑥

女性
(女性44歳)

◆好きな作品:『うしおととら』

現実ではあり得ない非現実的な物語が、自分の身に起こったかのように頭に入り込んでくるところに魅力を感じます。

もちろんセリフがあり、物語は作者の思う様に進んでいくものですが、そうだなぁ、っと共感したり、私だったらこうする、と考えたり、どんな展開でも自分なりに楽しめます。

面白いのに感動する、怖いけど考えさせられる、的なジャンルのものが特に好きです。

長期の連載ものですと、親の代からのものもあり、母から教わって読み出して今でも一緒に語りあい、親子のコミュニケーションがとれたりします。

 

非日常的な世界を楽しめる⑦

男性
(男性52歳)

◆好きな作品:『あしたのジョー』

やはり夢と希望と未来に期待できるところとなにより現実的なところと非現実的なところですね。

特にSF漫画は現実的にあり得ないことを描いてますが夢や希望が描かれています。

漫画の魅力は夢や希望を吹き込めることです。

吹き込む事でその漫画に描かれた物達が生かされます。

そういうところが漫画の良いところです。

漫画は本や雑誌やテレビで見ることができます。

テレビに頼ることなく本でもみることができるのでそういうところも魅力の一つですね。

 

3.パワーをもらえる

パワーをもらえる①

女性
(女性24歳)

◆好きな作品:『グットモーニング・キス』

私が好きな漫画はグットモーニング・キスです。

この漫画はグットモーニング・コールという漫画の続きなのですが、私の今の年齢や境遇と重なるところがあってとても読んでいて楽しいです。

漫画は絵がついていて読みやすく、自分の頭の中でセリフを再生してキュンキュンできるのもいいなと思います。

グットモーニング・キスは発売後すぐに手に入れて読むようにしています。

「早く続きが出ないかな」と発売日を待つのも楽しみで、おかげで毎日を頑張れそうな気がします。

 

パワーをもらえる②

女性
(女性32歳)

◆好きな作品:『ONE PIECE』

子供の頃から親しんできましたが、まずは読みやすさ。

そして物語の中の住人になったかのようにワクワク感を共有できることが一番の理由です。

子供の頃は純粋にそれが面白かったのです。

成長するにつれて、見方は少し変わりました。

その物語自体に励まされ、日常へのパワーをもらっているかのような気がします。

更に、ひとつの物語としては完結せず、その中にこめられたメッセージ、教訓のようなものが、自分の生活に生かされるという機会が多かったりします。

漫画はそういったことを比較的簡単に受け止めされてくれる存在だと思います。

 

4.簡単に気分転換出来る

簡単に気分転換出来る①

女性
(女性24歳)

◆好きな作品:『よつばと!』

小学生の頃から漫画が大好きで、お小遣いをもらっては握りしめて本屋さんへ走っていき、漫画を選んで購入していました。

漫画のいいところは、何と言っても日常生活の中で手軽に気分転換ができるところです。

内容も漫画によって様々ですからその日の気分によって読むものも決めることができますし、恋愛や日常の疑似体験ができドキドキしたり笑えたり、泣けたるするところも魅力だと思います。

漫画から得られる知識や刺激も多かったです。

 

<スポンサーリンク>

 

簡単に気分転換出来る②

男性
(男性39歳)

◆好きな作品:『青の祓魔師』

漫画は、幼い頃より大好きで自分の世界に入り込めて没頭できるのでストレス発散になっています。

昨今、漫画を読む人口が減ってきていると聞きますが、同じものでもアニメにはない世界感があり、動画にしてしまうと味気なくなるシーンが沢山あります。

動画は動画で楽しいのですが、漫画の効果音の表現やキャラの細かい表情などは動画では楽しめません。

動きがない分、想像での世界が広がります。

あとは、好きな時にすぐ読めて短時間でも楽しむことができるのが醍醐味だと思います。

 

簡単に気分転換出来る③

女性
(女性40歳)

◆好きな作品:『名探偵コナン』

手軽に読めて、気分転換になること。

少し行儀が悪いですが、ご飯を食べながら、おやつを食べながらなど、片手間に読めるのが、いちばんのメリットだと思います。

好きな部分から読みはじめて、好きなところで中断できるのが、とても便利です。

また、イラストで好き嫌いが判断できるので、試し読みをしなくても、表紙の絵だけで買うか買わないか、読むか読まないかを判断することができます。

絵があるぶん、世界観に入り込みやすく、非現実をより身近に体感することができます。

 

簡単に気分転換出来る④

女性
(女性44歳)

◆好きな作品:『スキップビート』

マンガは私にとっての癒しです。

イライラしたり、不安になったときにマンガを読んで気分転換することも多くあります。

主人公と一緒になって、笑ったり泣いたり、ドキドキはらはらするうちに、嫌な気分を吹き飛ばしてくれます。

何も出来ずに落ち込んでも、主人公が頑張っているところをみて自分も頑張ろう、と思えます。

また、幸せな恋愛や体験も出来ますよね。

自分では出来なかったことを創作上のキャラクター達が見せてくれることで、自分が明日からも希望を持って生きていけるのがマンガの最大の魅力だと思います。

 

5.作品数が豊富

男性
(男性32歳)

◆好きな作品:『BLEACH』

漫画の魅力の一つは選択肢の多いところです。

漫画は世の中に溢れていますので、自分好みの漫画というのも無数にあります。

漫画雑誌を読める場所もたくさんなりますし、今ならインターネットで第一話を無料公開している作品も少なくありません。

そういった面で映画や小説に比べると内容を確認しやすく、自分の好きな作風かどうかが分かりやすいと思います。

難点であった「コレクションすると場所を取る」という部分も、電子書籍化が進んだことで解消されてきましたしね。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

アニメを好きになる理由や心理7選!声優と躍動感が魅力?

アニメが嫌いだという方の理由5選!原因は何?

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

SNSを嫌いになる理由10選まとめ!SNSに意味はあるの?

<スポンサーリンク>