海老沼匡の出身高校や身長、兄は?所属や嫁、子供についても調べてみた!

ここでは、海老沼匡(えびぬままさし)選手のお嫁さんや兄、出身高校についてまとめています。

ロンドンオリンピック銅メダリストであり、海外選手から”サムライ”とすら呼ばれている海老沼匡選手。

まずは海老沼匡選手のプロフィールから見ていきましょう。

海老沼匡選手のプロフィール

©JAPAN JUDO FEDERATION

【出身】栃木県小山市

【生年月日】1990年2月15日

【所属】パーク24

【階級】66kg級

【身長】170cm

【学歴】世田谷学園高校 → 明治大学

 

兄の影響で5歳のときに柔道を始めたという海老沼匡選手。

幼稚園年長のときに、柔道大会の小学一年生の部に出場して優勝した経験があるそうです。

そしてこの時の道場の先生は、海老沼匡選手が早々に敗退するだろうと考えて、海老沼匡選手を小学一年生の部に出場させたそうですが、海老沼匡選手が優勝してしまったことで運営に叱られたそうです。笑

幼稚園年長ということは、海老沼匡選手が柔道を始めて約1年後ぐらいのころでしょうか。

そんな短い間で大会に優勝するまで実力を伸ばすなんてすごいですね。

 

そしてその後、海老沼匡選手は小学校を卒業すると同時に、東京都世田谷区にある柔道の私塾である「講道学舎」に入り、中学生時代に全国優勝を成し遂げています。

 

世田谷学園高校での活躍

中学校を卒業した海老沼匡選手は、東京都世田谷区にある「世田谷学園高校」に進学します。

「世田谷学園高校」は曹洞宗が運営する中高一貫校で、男子校です。

柔道部はインターハイ優勝などの全国タイトルを30回獲っているほどの強豪で、以前は「講道学舎」から進学する学生が多かったそうですが、今では柔道部は一般性のみで構成されているようです。

卒業生にも柔道のオリンピッックメダリストが多く、まさに柔道の名門校と言えるでしょう。

そして海老沼匡選手は、高校2年生のときに「アジアジュニア」で優勝しています。

ちなみに、リオオリンピック柔道(73kg級)日本代表の大野将平選手も「講道学舎」からこの「世田谷学園高校」に進学しています。

<スポンサーリンク>

海老沼匡選手の兄について

海老沼匡選手には2人の兄がいますが、このお兄さんたちも柔道で大きな実績を残しています。

長男の海老沼聖選手は73kg級で活躍してきた選手で、海老沼匡選手と同じく「パーク24」に所属しています。

「全日本学生柔道選手権(73kg級)」を2004年と2005年で連覇していることからも、その実力が伺えますね。

そして次男の海老沼毅氏は81kg級で活躍されていた方で、「全日本ジュニア選手権」で準優勝した経験を持っています。

まさに柔道一家ですね。

 

海老沼匡選手の嫁、子供について。

海老沼匡選手は2014年に、旧姓・阿部香菜さんと結婚されましたが、香菜さんも柔道界の第一線で活躍されていた柔道選手でした。

香菜さんは選手時代にグランドスラム優勝3度、世界選手権団体優勝など、輝かしい実績を残されており、結婚を機に柔道選手を引退し、今は妻として海老沼匡選手をサポートしているそうです。

 

おふたりの出会いは柔道大会である「アジアジュニア」で、当時海老沼匡選手が高校2年生、香菜さんが大学3年生として出場していました。

この大会でお互いに知り合ったふたりは、ここから約6年間の交際を経て結婚に至ったそうです。

大会で出会って結婚まで進むなんて、なんだかロマンがありますね。

 

さらに海老沼匡選手は白いリムジンを借りて車内でプロポーズしたそうです。

真面目そうな海老沼匡選手からは予想できないプロポーズだったでしょうね。

だが、そこがイイ!!

 

そして結婚から約2年がたった2016年現在もおふたりの仲はとても良好だそうで、子供はまだいないようです。

おそらく、赤ちゃんはリオオリンピックという大きな山場を越えてからになるのではないでしょうか。

前回大会のロンドンオリンピックでは惜しくも銅メダルだった海老沼匡選手。

奥さんのサポートもある今回はぜひとも金メダルを獲って欲しいですね!!

 

!!必見!!

大野将平の性格や彼女について!出身高校や天理大学、身長についても。

ベイカー茉秋の姉や彼女について!大学や出身高校、身長についても。