マクドナルド低糖質ランキング(バーガー編)

マクドナルド 糖質

マクドナルドが通常販売している全27種類のバーガー商品。

この中で、もっとも糖質が少ないバーガーは何なのでしょうか。

ランキング形式でまとめてみました。

※注意:データは記事公開当時のモノです。

<スポンサーリンク>

27位~11位まで

名前 糖質
27位 ビッグレックファスト デラックス 82.8g
26位 チキンフィレオ 47.2g
25位 ホットケーキ 46.4g
24位 えびフィレオ 43.5g
23位 チキチー 41.2g
22位 マックグリドル ソーセージエッグ 40.7g
21位 マックグリドル ベーコンエッグ 40.6g
20位 マックグリドル ソーセージ 40.3g
19位 てりやきマックバーガー 39.3g
18位 ビッグマック 39.0g
17位 チキンエッグマフィン 37.3g
16位 ビッグレックファスト 36.4g
15位 ダブルクォーターパウンダー・チーズ 35.8g
14位 チキンクリスプ 35.6g
13位 クォーターパウンダー・チーズ 35.2g
12位 フィレオフィッシュ 35.0g
11位 チキンクリスプマフィン 34.0g

 

10位 : バベポ

糖質:32.6g

低糖質ランキング10位にランクインしたのは、『バーベキューポークバーガー(バベポ)』です。

『エグチ』、『チキチー』とともに、2015年10月に「おてごろマック」としてレギュラーメニュー入りを果たした『バベポ』。

発売開始当初から、安定した人気を誇っているバーガーのひとつですが、糖質が少ないのはうれしいですね。

 

9位 : ベーコンレタスバーガー

糖質:31.5g

低糖質ランキング9位にランクインしたのは、『ベーコンレタスバーガー』です。

低カロリーランキングTOP10では圏外でしたが今回は見事にランクインしました。

カリカリに焼かれたスモークベーコンが魅力的なバーガーで、熱烈な固定ファンが多いバーガーでもありますね。

 

8位 : ダブルチーズバーガー

糖質:29.6g

低糖質ランキング8位にランクインしたのは、『ダブルチーズバーガー』です。

クリーミーなチーズと、2枚のビーフパティが魅力的なこのバーガー。

ランキング内では、はじめて糖質30gを割ってますね。

 

7位 : エグチ

糖質:29.3g

『ダブルチーズバーガー』との差は、わずか0.3g!!

低糖質ランキング7位にランクインしたのは、『エッグチーズバーガー(エグチ)』です。

『バベポ』、『チキチー』とともに、2015年10月に「おてごろマック」としてレギュラーメニュー入りを果たした『エグチ』。

なんと、低カロリーランキングTOP10にもランクインしています。

 

6位 : チーズバーガー

糖質:29.1g

『エグチ』との差は、わずか0.2g!!

低糖質ランキング6位にランクインしたのは、『チーズバーガー』です。

『ダブルチーズバーガー』がランクインしていた時点で、予想されていた方も多かったのではないでしょうか。

『ダブルチーズバーガー』1個分の価格で、2個以上も買えてしまうこの『チーズバーガー』ですが、糖質量では『ダブルチーズバーガー』と0.5gしか差がないんですね。

思わず食べ過ぎてしまうことがないように気を付けましょう。

<スポンサーリンク>

5位 : ハンバーガー

糖質:28.6g

『チーズバーガー』との差は、わずか0.5g!!

低糖質ランキング5位にランクインしたのは、『ハンバーガー』です。

マクドナルドを代表するもっとも”シンプル”なバーガーですから、この順位は少し意外ですね。

ちなみに、この『ハンバーガー』は、低カロリーランキングではTOP3の中に入っています。

 

4位 : メガマフィン

糖質:28.2g

『ハンバーガー』との差は、わずか0.4g!!

低糖質ランキング4位にランクインしたのは、朝マックの『メガマフィン』です。

ここでついにマフィン系バーガーがランクインしましたね。

ベーコンや卵、さらにソーセージパティが2枚も入っているにもかかわらず、この糖質量!!

マフィン系バーガーには、北アメリカやイギリスの朝食でよく見られる「イングリッシュ・マフィン」がバンズの代わりとして使われており、これが低糖質に貢献しているようです。

 

3位 : エッグマックマフィン

糖質:24.9g

『メガマフィン』との差は、なんと3.3g!!

低糖質ランキング3位にランクインしたのは、朝マックの『エッグマックマフィン』です。

低糖質ランキングでは、無類の強さを誇るマフィン系バーガーですが、4位と3位の間には見えない壁が存在するようですね。

ちなみに、『エッグマックマフィン』は、低カロリーランキングで3位にランクインしています。

 

2位 : ソーセージエッグマフィン

糖質:24.8g

『エッグマックマフィン』との差は、わずか0.1g!!

低糖質ランキング2位にランクインしたのは、朝マックの『ソーセージエッグマフィン』です。

『エッグマックマフィン』との差はあってないようなものですが、やはりマフィン系バーガーの強さを見せつけられましたね。

 

1位 : ソーセージマフィン

糖質:24.7g

『ソーセージエッグマフィン』との差は、わずか0.1g!!

低糖質ランキング1位に見事ランクインしたのは、朝マックの『ソーセージマフィン』です。

100円という圧倒的な低価格と、バーガーとしてのクオリティの高さから、朝マックで高い人気を誇っているこの『ソーセージマフィン』。

『ソーセージエッグマフィン』から卵を除いた、この『ソーセージマフィン』ですが、糖質量ではわずか0.1gしか差がないようですね。

朝マックには普段行かないという方にも、ぜひ食べて頂きたいオススメのバーガーです。

<スポンサーリンク>

まとめ

この低糖質ランキングでは、バンズの代わりにイングリッシュ・マフィンを使用しているマフィン系バーガーは圧倒的です。

TOP3にランクインしているバーガーはすべてマフィン系バーガーですし、さらにTOP3はそれぞれ0.1gずつしか糖質量に差がないという点にも注目ですね。

また、マクドナルドのバーガー間には大きな糖質量の差はないことも分かります。

糖質量82.8gを誇る『ビッグレックファスト デラックス』は例外ですが…

 

そして意外なことに、マクドナルドで販売されているバーガー商品の大部分は、ご飯1膳分の糖質も含んでいないんです。

ご飯1膳分には約55gの糖質が含まれているとされていますからね。

ちなみに成人1食分の糖質摂取基準(目安)は約120gほどで、必要最低量は約35gほどだと言われています。

マクドナルドのバーガー商品を食べる際は、糖質についてあまり考えなくていいかもしれませんね。

番外編の高糖質ランキングTOP3もどうぞ。

 

高糖質ランキングTOP3

おまけです。

低糖質ランキングTOP10に続き、低糖質ランキングTOP3についても詳しくまとめてみました。

 

高糖質3位 : ホットケーキ

糖質:46.4g

バーガー高糖質ランキングで3位に入ったのは、朝マックの『ホットケーキ』です。

『ホットケーキ』が3位であることについて、意外に思った方も多いかもしれません。

しかし、『ホットケーキ』の主原料は小麦粉です。

炭水化物のかたまりである小麦粉が主原料ですから、『ホットケーキ』の糖質が多いのは当然ですね。

また興味深いことに、この『ホットケーキ』は低カロリーランキングで2位に輝いています。

つまり『ホットケーキ』は、低カロリー高糖質なバーガー商品なんですね。

 

高糖質2位 : チキンフィレオ

糖質:47.2g

3位の『ホットケーキ』との差はわずか0.8g!!

バーガー高糖質ランキングで2位に入ったのは、糖質が多いようにはとても見えないこの『チキンフィレオ』です。

一般的に糖質が少ないといわれている鶏肉を使用したパティが使われており、なぜ糖質が高いのか謎です。

もしかすると、使われているソースの糖質が多いのかもしれませんね。

 

高糖質1位 : ビッグレックファスト デラックス

糖質:82.8g

バーガー高糖質ランキングで栄えある1位に輝いたのは、朝マックの『ビッグレックファスト デラックス』です。

600円という単品価格も衝撃的ですが、なによりも他のバーガーを圧倒する糖質量が目を引きますね。

この『ビッグレックファスト デラックス』の糖質が多い理由は、『ホットケーキ』が含まれているからです。

ちなみに、この『ビッグレックファスト デラックス』から『ホットケーキ』を除いた、『ビッグレックファスト』という商品もあります。

『ビッグレックファスト』は糖質36.4gですから、いかに『ホットケーキ』の存在が糖質量に大きな影響を及ぼしているかが分かりますね。

 

<スポンサーリンク>