山口美咲(水泳)の経歴、記録は?

ここでは、山口美咲(やまぐちみさき)選手についてまとめています。

山口美咲選手のプロフィールから順を追って見て行きましょう。

<スポンサーリンク>

山口美咲選手の経歴・記録・プロフィール

【出身】長崎県

【生年月日】1990年1月20日

【身長・体重】165cm・60kg

【泳法】自由形

【学歴】近畿大付高→近畿大

【ベスト記録】

  • 50m自由形:25.35
  • 100m自由形:54.43
  • 200m自由形:2:00.26

 

北京五輪水泳「女子800mフリーリレー」に出場した経験を持つ山口美咲選手。

2009年9月12日に行われた「第64回国民体育大会」の「100m自由形(長水路)」で”54秒43”というタイムを記録し、「100m自由形(長水路)」の日本記録を更新したこともあります。

 

リオ五輪水泳「女子400mフリーリレー」に出場予定の山口美咲選手ですが、今回のリオ五輪は北京五輪以来2度目のオリンピック出場となります。

リオ五輪水泳「女子400mフリーリレー」への出場を決めたのは、2016年4月に行われた「日本選手権」の「100メートル自由形」。

山口美咲選手はここで4位に入り、リオ五輪水泳「女子400mフリーリレー」の日本代表選手の座を勝ち取りました。

 

そして彼女は、リオ五輪への意気込みとして以下のように語っています。

 

「チョコレートも、ケーキもやめて、寝る前には腹筋も毎日しました。いろいろな人に支えられて頑張ってこられたので、最高のパフォーマンスをしたいと思います」

引用:http://www.nikkansports.com

 

なかなか彼女のお茶目な面が垣間見えますね。

<スポンサーリンク>

リオ五輪水泳「女子400mフリーリレー」

前回のロンドン五輪水泳「女子400mフリーリレー」では、日本代表が決勝へ進出したものの、惜しくも決勝7位という記録で幕を閉じています。

そして今回のリオ五輪「女子400mフリーリレー」の日本代表選手たちは以下の通りとなっています。

 

メンバー:

  • 池江璃花子
  • 内田美希
  • 松本弥生
  • 山口美咲

池江璃花子の海外の反応や評価・人気まとめ(リオオリンピック水泳編)

内田美希(東洋大)が可愛い!経歴とメドレーリレーでの活躍は?

松本弥生の経歴と記録、性格は?水泳自由形で女子リレーに貢献!

 

現役高校生の池江璃花子選手は「100m自由形」で”53秒98 ”という高校記録を持っており、とても期待が持てる選手です。

ちなみに池江璃花子選手は「女子100mバタフライ」、「女子400mメドレーリレー」、「女子400mフリーリレー」、「女子800mリレー」の4部門に出場します。

 

内田美希選手はロンドン五輪水泳「女子400mフリーリレー」への出場歴があり、今回のリオ五輪を含めて、オリンピック2大会連続で「女子400mフリーリレー」へ出場することになります。

「100m自由形(長水路)」で”53秒88”(日本記録)という驚異的なタイムを持っている彼女ですから、山口美咲選手にとってもとても力強いチームメイトになるでしょう。

 

松本弥生選手もロンドン五輪水泳「女子400mフリーリレー」への出場歴があり、日本水泳界のベテラン選手です。

 

 

若手有力選手が続々と出てきており、世代交代が進む日本女子水泳界。

そんな中でリオオリンピック行きを掴んだ山口美咲選手。

山口美咲選手は日本水泳界のベテラン選手として実力も経験も豊富な選手ですから、リオ五輪水泳「女子400mフリーリレー」では、その実力を遺憾なく発揮できるかどうかがメダル獲得へのキーポイントになるでしょう。

ぜひともその豊富な経験を実力で、「リオ五輪水泳(女子400mフリーリレー)」日本代表メンバーたちを引っ張って欲しいですね。

 

!!必見!!こちらの記事も読まれています。

金藤理絵の出身高校やコーチ、経歴は?所属は東海大学からJakedへ。

萩野公介のゴーグルや血液型、出身高校は?コーチや所属についても!

入江陵介のコーチや出身高校、ベスト記録は?経歴についても。