朝がだるい!体のだるさや睡眠欲を解消する方法20選!

朝がだるい

スロースターターな方など、「朝が弱い」という方はたくさんおられます。

みなさんは朝の体のだるさや睡眠欲をどのように解消し、その日のモチベーションを上げているのでしょうか。

今回は「あなたは、朝の体のだるさや睡眠欲をどのように解消し、その日のモチベーションを上げていますか?」というアンケートを実施し、20名の方に答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

朝のだるさ解消法1

男性
(男性 21歳)

1日の朝の行動を毎日同じようにすることです。

起きる時間はバラバラでも、これをやれば必ずだるさは取れます。

私の場合、顔を洗う。

ご飯をしっかり食べる。

歯を磨く。

また顔を洗う。

そして着替えて髪の毛を軽く整えるという順序でやっています。

毎日同じことをしていれば、体が慣れてくるので良い方法だと思っています。

そして、アラームの音をドラゴンクエストの序曲にしています。

朝から元気なメロディーが流れるので、気分良く起きることができます。

 

朝のだるさ解消法2

女性
(女性 22歳)

朝の眠気は、精神的な気の持ちようでは解決できなていので、物理的な方法で解決しています。

例えば、昔はアラーム設定を「実際に起きる時間の30分前」にして、30分間だけ2度寝出来る制度を作って気を楽にしようとしたこともあります。

しかし、2度寝をすると余計眠くなるので逆に精神的に辛いことになってしまいました。

なので、スマホを寝具から遠いところへ起き、うるさいアラームは歩いて取りに行かないと切れない仕組みにしました。

面倒でも、アラームを切らないとずっと煩いままなので絶対に起きる事が出来ます。

私の場合、一度身体を起こせば二度寝することは無いので確実だし1日の精神も安定する方法でした。

 

朝のだるさ解消法3

女性
(女性 23歳)

私は、朝起きたらすぐにぬるめのお湯をゆっくり一杯飲みます

体が暖かくなりリラックスでき、その後の家事へスイッチが入っていきます。

この時期はなかなか眠さが抜けず、朝起きるのがしんどいのですが、アラームの音をテンションが上がるようなアップテンポのものに変えて、1日がんばるぞー!と喝が入ります。

それでも眠い日は愛犬と一緒に朝軽くランニングをします。

外の空気を吸い、頭が動き出すので、家に帰る頃にはお腹も空いて、ご飯を食べるとだるさや睡魔も解消されます。

 

朝のだるさ解消法4

女性
(女性 24歳)

子どもがいるので毎日5時に起きています。

朝起きたら布団にある状態で軽いストレッチ、その後起きてから動画サイトのラジオ体操を見ながら体操。

それで寝起きの体のだるさを解消しています。

その後温かい飲み物、しっかり食材を取り目を覚まします。

食材をしっかり噛んでいると目覚めがいい気がします。

いつもより早く起きた日は、食事前に町内1周ぐらいの軽いウォーキングなどすると更に1日の始まりモチベーションが上がってきます。

 

朝のだるさ解消法5

男性
(男性 26歳)

眠気はやっぱり朝に顔を洗うことが大切だと思います。

自分も前までは顔を洗わずに仕事に行ってたりしてましたが、顔を洗うことによって一時的には眠気がなくなります。

その後はしっかりご飯を食べる事です。

朝ご飯を食べると体の中が動き出すのでだるさなどが出にくくなります。

カフェインは30分後に効果が出てくるので、朝にコーヒーを飲んで行く事もオススメです。

仕事終わったらこれをしようあれをしようなど、用事が終わった後の娘とを考えてモチベーションをあげています。

<スポンサーリンク>

朝のだるさ解消法6

女性
(女性 29歳)

毎朝日の光を浴びて目が覚めます。

自然と目が覚めます。

そして、布団をすぐに畳んで、寒くっても暑くても窓を全開に開けます。

外の空気をいっぱいに吸い込んで、深呼吸をします。

すると、1日のやる気がでて頑張ろうって思えるのです。

そのつぎに、とっても冷たい水で顔を洗い、さらに目を覚まします。

毎朝これを繰り返すことによって、すっきりとした朝を送ることができ、目覚めもよく、1日のやる気をだしてくれます。

朝の目覚めってとっても大切だと思います。

 

朝のだるさ解消法7

男性
(男性 29歳)

毎日の疲れが溜まってくると朝が非常につらい日が多いですよね、私も疲れに弱い体質ですので、朝起きて辛い日は「今日は定時で帰れるように仕事を頑張ろう」で朝のモチベーションを上げます。

とりあえず会社にさえ出社してしまえば、どんなに体調が悪くても眠くても仕事をしないといけないので、あとは定時になるまで仕事をバリバリこなすだけです。

この方法であれば定時に帰れるので、疲れもとれますし朝のモチベーションも上げれて一石二鳥です。

 

朝のだるさ解消法8

男性
(男性 32歳)

朝起きるのが苦手なので、できるだけ気持ちを高めて起きることができるように音楽を利用して起きるようにしています。

しかもできるだけテンポの早い曲をかけることによって気分が高まります。

毎日音楽を変えると新しい気分で起きることができるので、朝起きた時の睡眠欲を解消することができました。

ただ、体のリズムを整えることができるように曜日によって音楽は変えています。

起きた瞬間に今日が何曜日であるのか確認できるので便利です。

 

朝のだるさ解消法9

女性
(女性 33歳)

私は、朝目が覚めたらまず、身体全体を上下に引っ張り「伸び」をするようにしています。

腕を上に伸ばし、足首を上下にさせて伸ばしたあとに、足を広げて股を開いたり、足をねじって股関節を動かしたりなどとにかく身体のストレッチをやります。

これをすることによって、目が覚めただけで身体全体はまだ眠ったままの状態となっている全身に血を送り、身体全体を温めることで徐々に頭も起きてきます。

またストレッチをするとコリや緊張も逸れるので、気持ちがいいというのもあります。

次に意識的に朝陽を浴びに行き、自然の光や窓の外の景色を見ることで脳を活性化。

お気に入りのドリンクや前日に仕込んでおいた材料を調理し、温かな出来立てご飯を食べることで元気とモチベーションを上げています。

 

朝のだるさ解消法10

女性
(女性 33歳)

私は起きたらすぐに自分の好きな音楽を聴くようにしています。

特に選ぶこともなくお気に入りからランダムで流しています。

すると自然と体が起きだして歌を口ずさみ気分が上がってきます。

そのまま顔を洗いさっぱりしたら、眠気もとび朝から快適に過ごせるようになっています。

ちなみに、自分の好きな音楽はケーポップで朝からダンスミュージックなど聴いてウキウキしています。

私はもともと寝起きが悪かったのですが、この習慣以来寝起きは良くなりました。

<スポンサーリンク>

朝のだるさ解消法11

女性
(女性 33歳)

私は朝は苦手ではない方なんですが、たまにものすごくだるく感じる時はあります。

しっかり寝たはずなのに身体がだるくて何もする気が起きない時やダラダラしてしまう日そんな時は音楽をかけます。

洋楽が好きなんですが好きなアーティストの音楽を音量上げて聴いてます。

聴きながら化粧や家事をやりこなす時があります。

音楽を聴くとモチベーションが上がるんです。

静かなしんみりとした音楽は逆効果なんで、ノリノリ系な音楽を聴いてます。

 

朝のだるさ解消法12

女性
(女性 33歳)

私はとにかく雨戸を開けて太陽の光を浴びます

そして深く深呼吸。

昔何かで人間は日光を浴びると体内時計が動き出すと聞いた事があるからです。

鼻から朝の空気をたくさん吸い込んで口から吐き出すとそれだけで頭がスーッと冴え渡るんです。

冬はとくに良いです。

鼻から冷たい空気を体中に送り込んで、まだ寝ぼけている体を起こしてあげるとやっと一日を始められる気がします。

日中でも眠いなと感じたら、深呼吸する事が多いですね。

深い呼吸は頭も体も落ち着いて、全身がリラックス出来ると思います。

 

朝のだるさ解消法13

女性
(女性 34歳)

毎朝目覚めると、まずは背伸びをして体の筋肉をほぐします

それから冷たい水で3回顔を洗い、眠気を和らげます。

カーテンを開けて太陽の光を部屋の中に取り込むと、気分が高まり、これで睡眠欲はかなり緩和されますが、テレビをつけて朝の始まりのニュースを聞き、温かなミルクティーを作って飲み干します。

あとは化粧をし出したら、ビューラーで睫毛をあげたりするので、眠気もとんで、メイクしたことによりモチベーションもあがります。

 

朝のだるさ解消法14

女性
(女性 39歳)

寝床から起き上がり、朝のトイレをふらつきながら済ませた後、何か温かいものを口にするようにしています。

手軽に済ませたいときは、お気に入りのインスタントコーヒーを熱々の熱湯で飲みます。

この熱々コーヒーがマグカップの半分ぐらいになった頃、頭がクリアになってきて、朝食の準備をする気持ちが出てきます。

生理痛が自分はひどいので、生理中はコーヒーをグリーンティーに変えて飲んでいます。

それから犬の散歩ですね。

自分の場合は犬を飼っているからですが、朝の散歩で良いと思います。

どんなにだるくてもふらふらしても、5分も足を動かして朝の冷たい空気に皮膚をあてたら、風邪や病気でない限り、通常運転になります。

 

朝のだるさ解消法15

女性
(女性 42歳)

朝は好きな曲を目覚ましにして起きています。

目が覚めたら、布団の上で寝たままできる軽いストレッチをしてゆっくりと身体をのばします。

そして、体のだるさがなくなって気持ちよくなってきてから、起き上がります。

起床後の朝ごはんには、朝起きて食べるのが楽しみになるような好物を準備しています。

眠くても起きるのが嫌でも、食べるのが楽しみで起きることができるし、朝から好物を食べてモチベーションがあがり、機嫌よくその日を過ごすことができます。

<スポンサーリンク>

朝のだるさ解消法16

女性
(女性 42歳)

朝が苦手で目覚まし時計でも起きれず、夫に起こしてもらってもその後二度寝してしまい、どうしても起きれませんでした。

子供達が幼稚園時代なら登園も遅めで、少し遅刻しても大丈夫でしたが、子供が小学校に上がるのを機に、このままではまずいと思いました。

そこで、朝5時過ぎに出る夫を車で駅まで送るようにしました。

毎日の送迎は大変ですが、おかげで絶対起きるようになり、二度寝もなくなりました。

夫も、それまで雨でも雪でも自転車だったため、喜んでくれてます。

 

朝のだるさ解消法17

女性
(女性 42歳)

朝起きたら温かいお茶を一杯飲み朝食を食べたら、すこし家事などをして体を動かしたり、時間があれば携帯のゲームをして目を覚ますようにしています。

朝食を食べて歯磨きと洗顔をすれば大体目が覚めますが、どうしても目が覚めない時はシャワーを浴びたりストレッチをして無理矢理にでも目が覚めるようにしています。

これらのことを行っているうちに眠気はなくなりますが、通勤中に自分が欲しいものをスマホで見ていると絶対に眠気がなくなり欲しい物のために頑張る気持ちになります。

 

朝のだるさ解消法18

女性
(女性 49歳)

私は朝の目覚ましアラームを、2段回にわけてセットしています。

1段階回目は、振動のみで時間を知らせるだけです。

2段回目は、5分後に振動と音楽のダブルでセットします。

音楽のタイトルは『女神』です。

満ち溢れていく光がイメージできます。

この、5分間の間、ふとんの中で、おもうそんぶんウダウダしながら、ときどき、足首を伸ばしたり曲げたり、腕を上げて背を伸ばしたりします。

身体を起こすためのウォーミングアップです。

この方法で、モチベーションを上げています。

 

朝のだるさ解消法19

女性
(女性 50歳)

目覚めたら布団の中で身体をねじったり、背伸びをしたりの簡単なストレッチを行います。

布団から出たら布団をたたみ、睡眠の誘惑を断ち切ります。

軽いストレッチをしつつキッチンに向かい、朝のジュース作りの味のイメージをしつつ食材を組み合わせを考えている頃にはスイッチが入ります。

ジュースを飲み干したらストレッチをしつつ洗濯など家事を始めます。

テレビなどつけながらの作業は気が散ってしまうのでやらず。

運動音痴なので日常の中にストレッチを多く取り入れ、動ける身体をつくりだるさの予防をしています。

 

朝のだるさ解消法20

女性
(女性 53歳)

自分なりのルーティーンを決めてあるので、調子が悪い日でも必ず実行するようにしています。

出かけない日であれば、

身支度→洗濯→ゴミ出し→朝食の支度→TV放送に合わせてラジオ体操→朝食→後片付け→軽く掃除

で終了です。

動くのが億劫な日もありますが、「全部終われば休憩できるから」と自分に暗示をかけて体を動かすようにしていて、動いているうちに不思議とテンションは上がっていきます。

私の場合は、習慣づけることで続いていることも多いです。

 

★こちらも読まれています

眠い、だるい!眠気を解消するおすすめの方法19選!

家事のめんどくさい事20選!掃除と食器洗いがネック?

飲み会でめんどくさいと思う事6選と対処法まとめ

結婚を諦めた時の年齢と理由は?独身15人に聞いてみた

<スポンサーリンク>