高藤直寿は耳と筋肉がチャームポイント?両親や出身高校、身長についても。

ここでは、耳と鍛え上げられた筋肉がチャームポイントの 高藤直寿(たかとうなおふさ)選手について取り上げています。

高藤直寿選手は出身高校や両親、身長など気になることが多いので調べてみました。

まずは高藤直寿選手のプロフィールからみていきましょう。

<スポンサーリンク>

高藤直寿選手のプロフィール

【出身】栃木県下野市

【生年月日】1993年5月30日

【所属】パーク24

【階級】60kg級

【階級別世界ランキング】3位

【身長】160cm

【学歴】東海大学

 

7歳のころから柔道を始めたという 高藤直寿選手。

小学校のときには、リオオリンピック柔道日本代表の海老沼匡選手と同じ、「野木町柔道クラブ」に通っていたそうです。

海老沼匡選手についてはコチラ

 

小学5年生のころにはすでに全国大会で優勝するほどの実力を持っていたそうで、小学6年生のときにも「全国小学生学年別柔道大会」で優勝し、2連覇を果たしています。

ちなみにこの「全国小学生学年別柔道大会(40kg級)」は、高藤直寿選手が初代チャンピオンです。

初代チャンピオンにして2連覇とは・・・。

 

そして「東海大相模中学校」に進学しても高藤直寿選手の快進撃は止まりませんでした。

高藤直寿選手の中学時代の輝かしい経歴のひとつに、中学3年生のときに成し遂げた「全国中学校柔道大会」での優勝があります。

この大会でより一層存在感を示した高藤直寿選手は、エスカレーター式の「東海大相模高校」へと進学しました。

 

「東海大相模高校」での活躍

「東海大相模高校」は中高一貫校の私立高校で、高藤直寿選手は内部進学したようですね。

毎年のように甲子園を盛り上げてくれる学校でもあるため、この高校の名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

しかし野球部だけでなく、柔道部も全国屈指の強豪校として知られています。

その証拠に、柔道部は2010年まで約3年間公式戦無敗記録を打ち立てており、さらに「インターハイ」も含めた高校柔道3大大会の総合優勝回数はトップです。

まさに高校柔道界の”巨人”とも言える学校ですね。

そして勿論、卒業生には柔道ゆかりの偉人が多く、国民栄誉賞受賞者やオリンピック金メダリストなどを輩出しています。

 

高藤直寿選手は高校一年生の時点で、16歳以下の柔道家世界一を決める大会である「世界カデ」で優勝しており、さらに高校3年生のときまでに「インターハイ」を2連覇しています。

きっと、小学生の時点で全国屈指の実力を持っていた高藤直寿選手は、中高一貫の「東海大相模中学校」へ入学する時点で、柔道家になるという確かな夢を持っていたのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

高藤直寿選手の両親

高藤直寿選手の父親は高藤憲裕さん。

柔道4段の実力者で、元警察官だった方だそうです。

柔道4段というとかなりの実力者ですから、きっと高藤直寿選手自身も柔道家として多くの面で支えられているのではないでしょうか。

そして母親の悦子さんも、高藤直寿選手が小さな頃からしっかりサポートされてきたそうです。

まさに両親の様々な助けがあってこその今の高藤直寿選手なんでしょうね。

ちなみに高藤直寿選手のお姉さんも柔道をされていたそうです。

 

高藤直寿選手の耳と筋肉!!

高藤直寿選手と言えば、まず目がいってしまうのはあの大きな耳ですよね。

 

そしてこの耳が関係しているのか、ネット上ではお笑い芸人「ナインティナイン」の岡村隆史さんに似ているというコメントも多く見かけます。

 

 

リツイート数が凄いことになってますね。笑

高藤直寿選手の人気がもっと高まれば、間違いなくこの耳がピックアップされるでしょう。

 

そして高藤直寿選手のもう一つのチャームポイントは、その鍛え上げられた筋肉です。

 

 

ボディービルダーのようなゴツゴツした筋肉ではなく、柔道に適した柔軟な筋肉をしているのが分かりますね。

やはり、胴着からチラっと見える彼の筋肉に魅力を感じる方も多いでしょう。

これからも高藤直寿選手の活躍に注目したいですね。

 

 

いつも励みになっています。