星奈津美が病気の手術から復帰。バセドウ病で甲状腺全摘!?

ここでは『リオデジャネイロオリンピック水泳(女子200mバタフライ)』の日本代表に出場する星奈津美(ほしなつみ)選手と、彼女の持病であるバセドウ病の手術についてまとめています。

星奈津美選手のプロフィールから順を追って見て行きましょう。

 

<スポンサーリンク>

星奈津美選手のプロフィール

【出身】埼玉県

【生年月日】1990年8月21日

【身長・体重】164cm・     54kg

【泳法】バタフライ

【学歴】春日部共栄高校→早稲田大学スポーツ科学部

【所属】ミズノ

【ベスト記録】

  • 200mバタフライ:2分04秒69(日本記録)

【主な戦績(女子200mバタフライ)】

  • 2008年:北京五輪(10位)
  • 2012年:ロンドン五輪(3位)
  • 2015年:世界選手権(優勝)
  • 2016年:日本選手権(優勝)

 

大会では専門的に「女子100mバタフライ」と「女子200mバタフライ」に出場している星奈津美選手。

高校1年生のころから、インターハイ「女子200mバタフライ」で優勝するほどの実力を持っており、高校3年生の時には日本代表として北京オリンピックにも出場しています。

その後早稲田大学スポーツ学科に進んだ星奈津美選手ですが、自身の実力をめきめきと伸ばし、2010年の『アジア大会(200m)』では2位入賞。

ロンドン五輪日本代表内定を決めた2012年の『日本水泳選手権(200m)』では”2分4秒69”で優勝。この記録は日本記録になっています。

 

以上のように、日本で屈指のバタフライ選手である星奈津美選手ですが、ロンドン五輪本戦でもその自身の実力を遺憾なく発揮し、「女子200mバタフライ」で見事銅メダルを獲得しています。

大学卒業後は「ミズノ」に所属し、2015年にロシアで行われた『世界水泳選手権(水泳界では五輪に次ぐ権威を持つ)』の「女子200mバタフライ」では、”2分05秒56”で見事優勝。この大会によって『リオ五輪(女子200mバタフライ)』の日本代表権を獲得しました。

そして2016年4月に行われた『日本水泳選手権(200m)』を”2分06秒32”で優勝したことで、星奈津美選手は『リオ五輪(女子200mバタフライ)』日本代表に選出されました。

 

<スポンサーリンク>

星奈津美選手のバセドウ病について

1歳の頃からスイミング教室に通いだした星奈津美選手ですが、高校生2年生の頃からバセドウ病を患っているそうです。

バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気で、”甲状腺”という言葉から分かるように、特に”のど”や”首”に負担がかかります。

甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を活発にするホルモンですので、それが過剰であるということは、常に異常にエネルギーを消費している状態だといえます。

あまり動いていなくても、凄く動いてるときのように体力を消費しているようなものですね。

また主な症状として動悸や集中力低下、筋力低下などがあり、アスリートである星奈津美選手にとってはまさに最悪の病気と言えるでしょう。

実際、星奈津美選手は階段を上がるだけで息が切れることもあったそうです。

 

根本的に治すことは難しいと言われているこのバセドウ病ですが、血液中の甲状腺ホルモンの量を正常にコントロールしていれば、健康な人とまったく変わらない生活ができるそうで、星奈津美選手も薬によってホルモンバランスをコントロールしていたそうです。

しかし2014年10月の定期検査で星奈津美選手のホルモンバランスが崩れていることが発覚し、同年11月21日に甲状腺全摘の手術を受けました。

手術の結果、首に12センチの傷後が残った星奈津美選手ですが、手術後に無事復帰。

復帰したばかりの頃は恐怖から首をかばい、バタフライを泳げなかったそうですが、手術後に指導をお願いした平井コーチの助けと自身の努力により、自身の主戦場であるバタフライでもタイムを伸ばしていったそうです。

また、現在でも毎日3錠の薬を常飲しているようです。

 

苦しい復帰練習を乗り越えて掴んだ『世界水泳選手権2015(女子200mバタフライ)』の金メダルとリオ五輪への切符。

この大会で優勝直後、星奈津美選手は以下のように語っています。

 

「手術の影響はない。良くなった実感はあるし、不安要素がなくなったことが大きい」

「ここからが大事。ここからがスタート」

引用:http://www.nikkansports.com

 

本当に前向きな発言で、彼女のリオ五輪への意気込みが感じられますね。

彼女の活躍は、自身の病気と闘っている全国の方々を励ますことにもつながるでしょう。

星奈津美選手の活躍に期待せずにはいられません。

 

!!必見!!こちらの記事も読まれています。

金藤理絵の出身高校やコーチ、経歴は?所属は東海大学からJakedへ。

萩野公介のゴーグルや血液型、出身高校は?コーチや所属についても!

入江陵介のコーチや出身高校、ベスト記録は?経歴についても。

<スポンサーリンク>