年賀状を出さないという方々の理由20選!意味が無い?

年賀状 出さない

ここでは、「年賀状を出さない」という方々の理由についてまとめています。

今回は「あなたが年賀状を出さない理由について教えてください。」というアンケートを20名の方に行い、それぞれ答えて頂きました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

理由と主張1

男性
(男性 20歳)

今となっては、メールやlineその他のSNSで新年の挨拶をすることができます。

まず、それが1番の理由です。

また、年賀状を出すためには、相手の住所を知る必要があります。

1人に出すだけなら大丈夫ですが、年賀状となると多くの人に出すことになります。

そう考えると、それだけ多くの人の住所を集めなければなりません。

それがとてもめんどくさいです。

また、印刷をしなければなりませんし、1枚1枚買わなければなりません。

それに比べて携帯電話を使えば楽で簡単なので年賀状をだす必要もないと考えます。

 

理由と主張2

女性
(女性 22歳)

私は文字を書くのが苦手なので、あまり手書きで文字を書きたくないという気持ちが強いからです。

あと、ハガキ一枚出すのにもお金がかかるので、そこまでしなくても良いと思います。

年賀状だと、貰った人は、記念にもなるし、取っておく事も出来るから喜んで貰えるかも知れないけれど、メールやラインで簡単に正月の挨拶を送ったり、スタンプで気持ちを簡単に伝える事ができる時代なので、わざわざ年賀状を出さなくても良いのかなと思います。

 

理由と主張3

女性
(女性 26歳)

1つ目に友達の住所が分からない事が多いです。

「〇〇に引っ越ししたんだ。」と話は聞くのですが、細かい住所等は聞かない事があるので、確実に連絡が取れるSNSで新年のご挨拶を済ませてしまいます。

2つ目は、事前準備がとても簡単だからです。

年賀状では「はがきを買う」、「宛名を書く」、「郵便局まで届ける」という3つ工程があるのですが、SNSだとテンプレートを探して一斉送信してしまえば、後は必要な工程が少ないので、忙しい時期などはとても助かります。

 

理由と主張4

女性
(女性 27歳)

小学生、中学1、2年までは年賀状出しておりました。

書くのが楽しかったですし、色々アレンジしたりして凝ったものにしていた記憶があります。

しかし、中学3年生になり高校受験が終わると、携帯電話を買ってもらう事ができ、いつのまにかメールでの新年の挨拶が定番化してしまいました。

親しい友達数名とは年賀状を出し合っておりましたが、高校生になり暫く経った頃にはほとんどなくなったかと思います。

現在、仕事上の間柄での年賀状はあるかもしれませんが、友人同士は周りもほとんど出していないように感じます。

 

理由と主張5

女性
(女性 28歳)

年賀状は印刷して、一言書かなくちゃいけないし、絵柄を選ぶのにも迷ってしまいます。

ハガキ代もありますし、郵便に出しに行かなきゃいけないなど、社会人になってから毎日忙しいので年賀状作る時間がないです。

出しても返ってこないことがあったり、こっちがもういいやと思い、出さなかったら年賀状届いたりだとか、いい気分にならなかったりするので送らなくてもいいんじゃないかなと思うようになり、今はLINEやメールというすぐに送れる手段があるので、年が明けてから送るようにしています。

<スポンサーリンク>

理由と主張6

男性
(男性 28歳)

幼少期に友達数人に年賀状を出したのですが、誰一人として返ってこなかったからです。

どうやら私の片思いだったようです。

向こうは私を友達とは思ってなかったようで悲しい限りです。

その時の一件がトラウマになり、いかに仲良くなった人でも年賀状を出さない事にしました。

正確には出さないではなく、出せません。

怖いです。

もしも仲良くしてる人が返してくれなかったら、あの時みたいになったらどうしようと考えると、どうしても尻込みしてしまいます。

 

理由と主張7

女性
(女性 30歳)

年賀状に対しての想いが深くないのもありますが、年末の忙しい時期に年賀状に力を入れることができません。

今はSNSが当たり前の時代になってしまい、年賀状を出したところでSNSやメールでも新年のご挨拶をしています。

何度も新年の挨拶をする必要はないと思います。

思い出として大切に残しておく方もいないと思うので、年賀状に手を取られたくないです。

年賀状を出すくらいなら、直接顔を見て挨拶した方が気分も良いと思います。

 

理由と主張8

男性
(男性 30歳)

生まれてから1度も年賀状を出したことがありません。

理由に関しては『相手に押し付けている』そんな気がしまして、なかなか出せないところもありますし、無闇に色んな人に年賀状を出してしまうと、来年も再来年もと交流が少ない人にも毎年送らないといけなくなるプレッシャーや、逆にどう思われているのかの恐怖心もあります。

身内くらいならと考えた事もありますが、最近ではSNSの普及もあり、余計に年賀状を出さなくなりました。

年賀状を出す事でのメリットが見出さないのも本心です。

 

理由と主張9

男性
(男性 31歳)

まずひとつ言えるのは、年賀状を出す意味が分からないです。

最近では特にメールや電話さらにはSNSが発達した為、いちいちハガキを印刷してや購入してなどと面倒なことが多い上に、一言を手書きで書くなど何を書いていいかなど気を使うことも多いので不要なことだと思います。

特に大人になってからだと会社の人に出した方が良いとか言いますが、社会人になると年末年始の休みもそれほど長く会わないわけではないのに、年末付近に来年の正月に届くように今年も宜しくお願いしますとかどうでもいいように思えます。

 

理由と主張10

女性
(女性 33歳)

私が年賀状を出さない理由は、毎年、出す人出さない人を決めることと、喪中かどうか確認する手間が非常に面倒くさいのと、送っても返事がない人がいる時の精神的ストレスがあることと、正直書面で送りあってもお互い嬉しいとか思わないのではないのかと考えるからです。

また、写真付き年賀状にしても、送ってる側の自己満足に過ぎず、送られた相手からしたらそんな写真見ても…、というむなしさが残るからです。

全体的にコスパが悪いと感じます。

<スポンサーリンク>

理由と主張11

女性
(女性 33歳)

今はメールで新年の挨拶を出来ます。

住所までは知らない、知らせたくない、住所を知っていてもそこまでのお付き合いをしたくない関わりの方も居ますし、年賀状を書く手間と時間とお金を掛けてまで出そうとは思いません。

住所を知る親しい方のみに年賀状を出したとして、それを住所は知っているけれど親しいとは言えない方が知ると不快な思いをされるかもしれません。

それならば、最初から誰にも年賀状を書かないと宣言してしまう選択をすれば不快な思いもかけませんし、年賀状を頂いて申し訳ない気持ちになったり、焦って年賀状を書き返す必要も無くなりました。

 

理由と主張12

男性
(男性 35歳)

一言で言うと、面倒だからということに尽きます。

相手から来る場合は流石に返しますが、絶対に自分からは出しません。

この35年の人生で、一度も自分から出したことがありません。

出さなかったからといって関係が終わるわけでもなく、気まずくなることもないので出しません。

過去にそのことで両親から注意を受けたことがあります。

仲の良い友達に一度くらいは出したらどうかと。

それでも改めることなく出したことはありません。

面倒なのでこれからも出すつもりはありません。

 

理由と主張13

男性
(男性 36歳)

私が年賀状を出さない理由は、ここ最近はメールやラインで済ますので特に出していません。

確かに一年に一度の挨拶ですのでお世話になった方への感謝の気持ちを言葉で表すのはとても良いことですが、これだけネット社会が広がっている現在、いかに早く気持ちを伝える事が大事だとおもいます。

また、テレビでも最近良く聞きますが、輸送に掛かる負担もかなり大きいと思うので、時代のニーズに沿って年賀状も進化していくべきだと思います。

 

理由と主張14

男性
(男性 38歳)

普段は自称アナログ人間と言っていますが、年賀状は出さないし、もらいたくもないです。

21世紀になってからは一度も出した事がありません。

理由は2つあって、まず字下手過ぎる事。

字にコンプレックスを持っているのでわざわざ下手な字を正月早々見せたくないです。

21世紀になった頃から、携帯電話のメール機能がありますので、年賀メールは何度か送った事があります。

二つ目の理由は、30歳を過ぎた頃から友達が極端に減った事です。

自分から交友関係を断ち切った人もいますが、この年になると人間関係が鬱陶しいので、他人のご機嫌を伺ってまで交友関係広げたいという気持ちがさらさらないのです。

数年に一度、年賀状が届く事もありますが、お返しはしません。

失礼な奴ですけど、そういう行事ごとも嫌いですので、とにかく年賀状はもう書かないと思います。

 

理由と主張15

女性
(女性 41歳)

年賀状を出さない理由は、メールで済ませてしまうためです。

ある時、年賀状を出す相手の多くは普段はほとんど会うことのない、以前勤めていた会社の人などだということに気づきました。

なんとなく惰性で出している感じで文章も心を込めて書くというよりも、書くことが見つからないため毎年定型文のような形で送るようになってしまっており、それでは逆に相手に失礼だと感じ年賀状を出すのをやめました。

そして親しい友人にはメールで挨拶するようにしています。

<スポンサーリンク>

理由と主張16

女性
(女性 46歳)

先ずは、年末年始は仕事で忙しく、年賀状を作成している時間が無いためです。

あとは、年賀状は保管するのにがさばるし、いつまで取っておいたら良いのか、私自身分からないからです。

今は携帯電話やスマートフォンなどでのご挨拶も気軽にできるので、それですませてしまっているのも現実です。

パソコンも持っていないので、自作の年賀状もなかなか作るのも難しい現実もあります。

時代が代わりましたよね。

通信機器が進化しているので、それに頼ってしまっています。

 

理由と主張17

男性
(男性 50歳)

私が近年年賀状を出さない理由は、一般的な意見ではないかもしれませんが、離婚をした事が大きなきっかけ、理由になっていると思います。

自営(フリーランス)の仕事をしている事もあり、関わる人間関係が比較的多かった為、ごく親しい人以外は隠していた所もあります。

5年位は主体的に出していません。

次第に数も少なくなっています。

それでも毎年丁寧に送ってくださる方には、電話やメールで挨拶する事で対応しています。

遅れて届くよりいち早く直接新年の挨拶した方がいいと思います。

 

理由と主張18

女性
(女性 55歳)

知り合いや親族とのお付き合いも薄くなり、形式だけにものであれば出す必要がないのではないかと思います。

昔は年賀状で近況を報告しあったりしますが、今はSNSやメール,LINEなど簡単に連絡を取り合うことのできる方法があります。

また、メールやLINEで年賀状を出すこともできるようになっています。

ネットを使えばただで年賀状を出せ、ハガキ代、印刷代の節約にもなります。

しかし、一番の理由は面倒だということかもしれません。

 

理由と主張19

女性
(女性 58歳)

改めて、年賀状で近況報告をしなくもよいと思っています。

少し若いころは、自分の子どもの写真を自慢げに送ってくる人がいました。

その波が過ぎると、孫ができたその写真を年賀状にて送って来ます。

わざわざ会ったこともない、会うこともない子どもや孫を見せてほしくないし、自分はそんな年賀状は出さないと心に決めています。

本当に用事のあるかたや縁のある方は、年賀状なしでも付き合っています。

年賀状の利益の片棒をかたがなくてもとも思うのです。

 

理由と主張20

男性
(男性 62歳)

親戚や友達も近くに住んでいるので、特に年賀状を出さなくても近況はよくわかっているので、特に年賀状は打しません。

それに私は障害が有り、字を書くのが上手く書けないので、特に年賀状も暑中見舞いも出しません。

普段は電話で十分近況を連絡し合っているので、特に年が変わったからと言っても何もないのですから、年賀状は出しません。

もう10年くらい年賀状は出していませんが、そのことでどうしたということもないので、毎年出していません。