年金を払いたくないと感じる理由や心理19選!

年金 払いたくない

ここでは、「年金を払いたくないと考えてしまう理由や心理についてまとめています。

今回は「あなたが国民年金を払いたくない(払っていない)理由について具体的に教えてください。」というアンケートを19名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

年金を払いたくない理由1

男性
(男性 21歳)

会社の厚生年金に加入していて、毎月給与から天引きされています。

今年9月、厚生年金額の上限を突破しました。

給与明細をみるとなかなか大きい額。

もちろん、会社との折半ですので会社も同額負担していただいております。

先日、私自身が老齢厚生年金をもらう場合のシミュレーションをしてみました。

その結果、もらえる額ではぎりぎり生活できるか否かといった額でした。

もちろん日本年金機構が破綻しないという前提条件です。

私自身、ニュース等で年金機構が赤字の決算等のニュースを聞きますと、より破綻の色が濃くなるように思えません。

これからは、貯金で老後の生活ができるか否かにかかっていくと思います。

 

年金を払いたくない理由2

男性
(男性 23歳)

私は国民年金を払っていますが、出来ることなら年金を払いたくありません。

なぜ年金を払いたくないのかと言うと、将来自分が年金をもらえる歳になったときに本当にもらえるかわからないからです。

将来、絶対に年金がもらえる保証があるなら、払いたくないと考えることは無いでしょう。

しかし先ほども言ったように、もらえるのかわからない。

つまり、払うだけ損なのではないかと考えてしまうのです。

年金を払うくらいなら、その分を貯金した方が有意義だと考えてしまうため、私は国民年金を払いたくありません。

 

年金を払いたくない理由3

女性
(女性 24歳)

国民年金は毎月16000円もかかるので、正直生活に負担が大きいです。

そんな状況なのに、ニュースを見ているともらえる年齢が引き上げられたり、金額が少なくなったりと、自分が定年になる時に一体どういう状況になっているのか心配でたまりません。

いつまで生きているかというのも実際分からないことなので、それだったらその分自分で貯蓄をして、老後のために備えておいた方がいざという時に安心なのでは?と思ってしまいます。

可能なら国民年金は払いたくないものです。

 

年金を払いたくない理由4

女性
(女性 25歳)

今年の7月に前の会社から転職をしたのですが、その際に転職先が自営業のような形だった為、社会保険への加入手続きをスムーズに進めてくれませんでした。

私の方も、今までそのような手続きは会社に任せきりで、転職する時に国民年金の加入手続きをしなければいけないという意識が薄く、平日が仕事でなかなか市役所に手続きに行く暇がなくズルズルと伸びていってしまいました。

また現在の職場に確認をとったところ、現在手続きを行なっている途中だという回答をもらい、もうすぐ厚生年金に加入できるのなら、今こちらで手続きをすると二度手間になると思いまだ払っていません。

 

年金を払いたくない理由5

女性
(女性 26歳)

今ご年配の方は年金が貰えているからいいと思いますが、私達若い世代が年金を受給出来る年になったら貰えないか貰えても片手で足りる位だとニュースで観ました。

貰えるかも分からないのに、毎月支払うのはバカらしいと思っています。

今は旦那の扶養に入っているので厚生年金ですが、毎月引かれるので仕方ないですが個人で支払う制度でしたら絶対に払ってないです。

それだったら自分達で貯金した方が老後も安心だと思っています。

確実に貰えるという保証が欲しいです。

<スポンサーリンク>

年金を払いたくない理由6

男性
(男性 26歳)

私が年金を払いたくない理由は、将来貰えるか分からないのに、そんな金払う程アホらしい事はないと思うからです。

政治家の言葉を聴いてたら払う気がなくなり、実際国民年金機構の不祥事なども耳にします。

実際、払ったはずの年金が行方不明になったりして信用がなく、そんな支払う位なら自分で、民間の保険会社の年金保険を掛けた方がマシな気がするのです。

また、現時点で受給金額が少なすぎますし、今の年金の金額では将来とても生活して行けません。

今の受給金額を聞いてると、政府に「早く亡くなって欲しい」と思われているとしか考えられません。

 

年金を払いたくない理由7

女性
(女性 27歳)

まず、そもそも高すぎるし自分達が高齢者になった時、本当に貰えるのだろうか?と思ってしまいます。

国民健康保険も高すぎますが、保険証がなくては病院には行けません。

ですが、国民年金は貰えるか分からない上に先が長すぎるし、納めるのならばせめてもう少し後にしてもらいたいです。

国民健康保険と国民年金をセットにして2万円以内に収まれば非常に嬉しいのですが、実際は3万円を越えてしまいます。

高すぎないでしょうか。

出来れば払いたくありません。

 

年金を払いたくない理由8

男性
(男性 32歳)

個人的には、年金と言えども投資の一種だとみなしています。

そのため、今から保険料を払い続けても元本割れがほぼ確実なものに、お金をつぎ込む意義を見いだせません。

また、国家が国民の面倒をみるという、福祉国家的な考えも個人的には納得していません。

今なら、確定拠出年金などを使えば、自分の老後の年金は自分で用意することができます。

有無を言わさず、高い保険料を支払わせること自体に納得がいきません。

以上の理由から、国民年金に対してはあまり払いたくはありません。

 

年金を払いたくない理由9

女性
(女性 33歳)

今でも年金を貰える年齢引き上げが話題になっているのに、自分達が一体いくつになってから年金が支払われることになるかが不透明だから。

また、貰える金額もこの先変わる可能性もあり、年金だけでの生活は今後成り立たないであろうことが簡単に予測できる点からも、国民年金の必要性に疑問を感じています。

であるならば、自分でお金のことをよく勉強して、長期投資や株でお金を増やしていく方が堅実のように最近は思えるからです。

 

年金を払いたくない理由10

女性
(女性 33歳)

私は国民年金を払いたくありません。

理由は私は何歳まで生きるか分からないし、私が歳をとったときに本当に年金制度はきちんと機能しているかがわからないからです。

今や世の中は少子高齢化です。

なので、今後日本はどうなっていくかなんて誰も想像がつかないと思います。

なので、国民年金を払う位ならきちんと自分で管理して貯金したいと思います。

うちの両親も年金はきちんと払っていましたが、所得があると言うことで65歳の現在も年金を受け取ってはいません。

<スポンサーリンク>

年金を払いたくない理由11

女性
(女性 35歳)

今から払った所で、将来かえってくる金額は微々たるものか、もしかしたら払われない可能性もあります。

ですから正直、払うことに意味があるのかと疑問に思って払っていません。

「必ず月15万円は保証します」となってくれたら考えて払いたいとは思いますが、今の状態では払いたいとは思いません。

他の税金もしっかり払って結構な金額取られているのに、これらはどこへ消えているのか。

これらの財源を年金や高齢者の方にもまわせたら、年金の保証も出来て、支給額も増額できるのではと思います

 

年金を払いたくない理由12

男性
(男性 36歳)

私が国民年金を払わない、払いたくない理由は、テレビでも良く聞きますが、受給年齢の引き上げや貰えるかどうかも分からない物に、自分で稼いだお金を払うのがおかしいと思うからです。

今の高齢者の方はしっかり十分な額の年金を貰えるのに、将来、私がキチンと支払った金額以上に貰えるとは到底思えません。

また職業柄、現在国民年金を経済的にも支払うのが厳しい状況で、今現在減免申請を出している所です。

しっかり支払った分を保障してくれるのでしたら、喜んで支払います。

 

年金を払いたくない理由13

女性
(女性 37歳)

仕事をしている時より、無職である場合に国民年金を支払わなくてはいけないことが大変だと思います。

失業の場合には免除の手続きなどがあるということを、ハローワークに行った時に教わりましたが、もっと周知されても良いかと思います。

年代によって、収入によって、金額の検討が必要になってくるかと思われます。

今後、未婚や少子化がすすみ、若い世代が、多くの高齢者の分の年金をまかなっていけるような時代が来ることがおそろしく思います。

制度の見直しが必要と思われます。

 

年金を払いたくない理由14

女性
(女性 39歳)

私が国民年金を払いたくない理由は、将来貰えるか分からないお金よりも今が大事だからです。

今若者が収入が少なくて結婚出来ないと嘆く中、そんなに搾り取って将来大丈夫?と思ってしまいます。

また、長生きするかも分からないのに、限られた収入の中夫婦それぞれに課せられる。

無帽です。

実は過去に滞納しすぎて年金事務所に行った事がありますが、担当の人にいい時計してますねと言われました。

「イヤミか?こんなんじゃ生活保護の方がマシだ」と言ったら、「じゃあ生活保護になればいいじゃないですか」と涼しい顔で言われました。

無謀です!

 

年金を払いたくない理由15

女性
(女性 40歳)

納めなければ将来貰えなくなると思い、ずっとに納めてきてはいますが常に不安があります。

外国人が年金を納めると、帰国する際には納めた分全額貰えると聞きます。

自分の母親は年金を貰うときに、「受給年齢を70歳に遅らせれば元が取れる」と年金事務所の職員に言われたそうです。

受給年齢を遅らせる間の収入をどうやって確保すればいいのか、教えて欲しいものです。

そして、サラリーマンの妻は3号被保険者になれば、保険料を納めていないのに年金を受給することができます。

1人分の保険料から2人分の年金を払っていたのでは、制度としておかしいと思います。

計算の方法も分かりにくく、制度が現在の働き方に合っているとは思えないのです。

<スポンサーリンク>

年金を払いたくない理由16

男性
(男性 41歳)

以前の高度成長期、バブル期であればインフレ傾向でもあり、平均寿命まで生きることができれば払った金額以上の年金を受給できたようですが、デフレ傾向、少子化の現状では、円の価値も上がらず、また次世代の年金を支払う層の人口も減っており、払った金額分の年金を受給できなくなっているという記事を読みました。

支払った金額が返って来ないのであれば、自分で貯蓄するなり、資産運用するなりして老後のために蓄えておく方が絶対に有利だと思います。

年金の支給年齢もどんどん上がってしまっており、自分が年金を貰う年齢になった時に幾ら貰えるのかまったく不明瞭です。

先に上げた記事などのように、どちらにせよ払い損であるという情報の方が多く、信ぴょう性もあるため、義務として支払ってはいるものの納得はできていません。

 

年金を払いたくない理由17

女性
(女性 43歳)

簡単に言うと、システムがよくわからなくて、払えてないのです。

以前は厚生年金に加入していたのですが、会社の都合で外されました。

その時点で、「市役所に手続きをして国民年金に」という予定だったのですが、健康保険が主人の扶養になったまま二重にかけていたみたいで、社会保険事務所に手続きに行かないといけないらしく、社会保険事務所に行きました。

しかし、そこで「市役所に行ってください」と言われ、いったいどうしたら良いのか分からないのです。

 

年金を払いたくない理由18

男性
(男性 49歳)

国民年金を払っていない理由は、毎月納められるだけの収入が無いからです。

「借金が無いだけ、まだ頑張っている方ではないか」というくらいに収入がありません。

食べていくだけで精一杯な人間からは流石に取り立てられないと思ったらしく、免除申請がスムーズに通るくらいに貧乏です。

おまけに収入は不定期かつ不安定で、当然ながら資産も貯蓄も皆無です。

払えるものなら払いたいのですが、無い袖は振れぬということわざ通り、無いお金は払えないというのが納めていない理由です。

 

年金を払いたくない理由19

女性
(女性 50歳)

払ってない理由は、現在決まった収入がなく、払えないので払うことが出来ないからです。

収入があったとしても払いたくないのは、払い込んだ金額に対して将来もらえる年金額が少なくなるだけでなく、受給年齢もどんどん引き上げられていくでしょうし、もらえる年齢になる前に自分が死んでしまうのではないかと思うからです。

また消えた年金問題などもそうですが、やっていることがすごく雑で全く信用できないので、将来年金は支給されなくていいので、国民年金を払わないで自分で貯金をして老後に備えるほうがましだと思っています。