飲み会をドタキャンする際に使える理由3選!オススメは?

飲み会をドタキャン

「どうしても飲み会に参加したくない!ドタキャンしたい!」と思った経験ありませんか?

会社や知り合いとの飲み会など、気乗りしない飲み会に参加する時に、思わず憂鬱な気持ちになってしまう事ってありますよね。

そんな時、一体どんな理由・断り方で飲み会をドタキャンすればいいのでしょうか。

今回は、9人の方々に「どのような理由・言い訳でよく飲み会をドタキャンしますか?」というアンケートを行い、それぞれ答えていただきました。

飲み会をドタキャンする際の理由に悩んでいるという方は参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

 

1.忙しいアピール

「仕事が忙しい」や「急用が出来た」など、忙しいアピールをすることによって飲み会を断るという方法ですね。

同じ会社の人間には通用しにくい手でしょうが、それ以外が相手であれば有効でしょう。

女性
(女性26歳)

あまり乗り気ではない知り合いの飲み会に誘われたとき、「行けると思います」と連絡していました。ずっとどうしようかと悩んでいましたが約束の30分前くらいにドタキャンを決意して、メールにて「残業していて行けない」旨メールしました。

相手からは「頑張ってね。終わったら来てよ。」と返信がありましたが、2時間後に再度メールにて「まだ終わらない」と連絡をし、2次会へも行かなくてすむようにしました。

相手には申し訳ないことをしましたが仕事関係を理由にすると断りやすいので、残業の他、上司から無理矢理誘われたなど言い訳に使っています。

 

2.自分の体調不良を演じる

「急に体調が悪くなった!」など、体調不良を理由にして飲み会を断る方法ですね。

体調不良を理由にすると相手も深くツッコむわけにはいきませんから、ドタキャン理由としてよく使われるようです。

しかし、何度も使っていると仮病であることがバレてしまいますので、多用は厳禁ですね。

男性
(男性48歳)

私は去年の忘年会の飲み会をドタキャンしました。

体調が悪いと言い訳してドタキャンしたのですが、本当の理由は嫌な同僚と飲み会をしたくなかったのが本音です。

もともと飲み会は好きではないのですが、会社の飲み会があったら義理で出席していました。

しかしその時は、どうしても嫌な同僚がいたため、「体調が悪い」と言い訳をして飲み会には参加しませんでした。

ですが、会社の上司は私の仮病に気付いていたようで、その後の反応はあまり良くありませんでした。

私は会社の飲み会があるたびに嫌な思いをしています。

【関連】嫌いな同期との付き合い方3パターン

 

女性
(女性30歳)

介護職の女性ばかりの職場なので、飲み会の前日・当日から生理で体調が悪いフリをしながら演じ、生理痛がひどくてお腹も痛くて飲み食いできそうもないから帰って休んでもいいですかと言えば成立します。

恥ずかしいですが、男性の上司であっても生理を理由にすればぐうの音も出ないはずです。

友人同士の飲み会でも使える言い訳です。

飲み会のメンバーがよくなくて、お金がもったいないし、私はお酒に弱いので行きたくない気持ちが強ければ利用します。

相手の反応は普通にじゃあしょうがないよねとなります。

 

男性
(男性27歳)

飲み会をドタキャンする言い訳は、基本的には「体調不良」です。

体調が悪いといっても風邪だと微妙なので、「急性胃腸炎で、朝から吐き気と下痢が止まらず今は一切酒が飲めないし、食べる事が出来ないから」などと伝えます。

急性胃腸炎は理由として効力が高いです。

 

女性
(女性29歳)

「急に体調が悪くなり、飲み会に行けそうにないです。もし良くなりそうなら少し顔を出そうと思っていますが。念のために今から病院に行くので今日はちょっと厳しいかもしれないです。またこういう機会があったら、次は体調万全にしておきます。」という言い訳をします。

相手の反応は、病院に行くと伝えたので結構体調が悪いと思われたようで、「病院にまで行かないけない状態なら今日はいいよ、無理せずにゆっくり休んでね」と怒られずに了承されました。

 

<スポンサーリンク>

 

女性
(女性32歳)

もともと、飲み会などの時には気分が乗らない時など行きたくないものなので、「最近体調が悪くて。」と、事前に話しておきます。

そして当日、気分が良ければ飲み会に行きますが、「行きたくないな」と思ったら、「今日体調悪いから、お酒飲んだら迷惑かけそうだからやめておくね、またの機会に」と言って断ります。

相手からも、特に嫌がられたことはないです。

 

女性
(女性25歳)

実際体調は万全ではなかったのですか、ドタキャンするほどでもないながら当日になって飲み会に気乗りしなくなってしまい、「急で申し訳ないのですが昨日から体調が悪く、明日も仕事が早いので今日は参加できません。」と当日のお昼頃にお断りのメールをしました。

相手方からは「了解です。お大事に!」と心配そうな顔文字付きですぐに了承して頂くことができました。

余計な心配をかけてしまうのはよくないですが、お互いに大きく気分を害することなくお断りできました。

 

3.家族の体調不良を装う

自分ではなく、家族の体調不良を理由にして「看病」という名目で飲み会を断るという方法ですね。

こちらも、相手から深くツッコまれにくい理由です。

女性
(女性36歳)

本社から部長が来社して夜に食事会(飲み会)がありました。しかし、私はその部長が嫌いで行く気がせず、憂鬱な感じがしていました。その日のお昼頃、彼氏から「夜ご飯に行かない?」とお誘いの連絡がありました。

人間関係的に重要な部長との飲み会だからどうしようと迷っていましたが、「これはラッキー」と思い、支店長には「母が体調が悪いみたいなので欠席させてください」と嘘をついてしまいました。

支店長は「それは仕方ない」と承諾してくれましたが、少し罪悪感が残りました。

 

男性
(男性46歳)

「妻と子供が寝込んでいる。一番下の子だけ元気。だから家帰っていろいろやらなくてはならない。」

これだけ言うと、早く帰ってあげたほうが良い。

となってみんなから同情されました。

特に女性陣からは、ドタキャンにもかかわらず好印象で職場を去ることができました。

ついでに翌日もお休みにさせてもらいました。

その後出勤した日には皆から声がけまでしてもらいました。

少し罪悪感はありましたが、結構使える言い訳だと思います。

 

まとめ

いかがでしょうか。

今回答えて頂いた方々の多くは、飲み会をドタキャンする際の理由として「体調不良」をよく使われるそうですね。

しかし、ドタキャン理由として「体調不良」はメジャーすぎるものなので、使いすぎると逆に怪しまれてしまう可能性も高いです。

頻繁に飲み会をドタキャンしたい際は、「仕事が忙しい」などの「忙しいアピール」を使ってみてはいかがでしょうか。

しかし、頻繁に飲み会をドタキャンしていれば、相手からのイメージが悪くなることは避けられませんから、頻繁に飲み会をドタキャンするつもりがあるのであれば、率直に「行きたくない」と言ってしまった方がいいかもしれませんね。

 

こちらも読まれています

嫌いな同期との付き合い方3パターン

うざい友達との付き合い方11選!実践者が多い対処法は?

<スポンサーリンク>