飲み会が楽しくない方必見!飲み会を楽しむ方法8選!

飲み会 楽しくない

「飲み会が楽しくない。早く帰りたい!」と思った経験はありませんか。

世の中、会社や知人との飲み会など、気心が知れた友人以外の方々と一緒に飲む機会は多いですよね。

しかし、そんな飲み会を楽しむのは中々に難しいことです。

一体、どうすればつまらない飲み会で楽しく過ごすことが出来るのでしょうか。

今回は、12人の方に「飲み会を楽しくするためにしている事」について聞き、まとめてみました。

参加必須のつまらない飲み会に疲れている方は、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.愚痴を言わない

男性
(男性26歳)

決して自分から愚痴を言わない事が大切です。

自身の愚痴というのは、自分にとっては言いたくて堪らない事でも、相手からしたら興味のない事かもしれないですし、他人の愚痴は基本的に聞きたくないでしょう。

逆に、相手の愚痴を聞いてあげれば相手は楽しく話をする事が出来ます。

そうすれば、その後の会話もしやすく、お酒が進む事でしょう。

また、普段私は割り箸袋で折り牛の箸置きを作ったり、お手拭きをヒヨコにしたりとするのですが、それを見た相手と話が盛り上がり、特に女性には受けが良いです。

 

2.こちらから話を振る

女性
(女性30歳)

私は、初めから楽しくなさそうな飲み会と分かっていたら、行く前にそれぞれのメンバーの最近の「触れてほしそうな話題、触れると気分を良くしてくれそうな話題」を考えていきます。

そしてそれを、まだお酒が進んでいないときに、自分から積極的に嫌らしくないように話題として提供します。

確かに、最初は私自身が気を遣って楽しめない時間もありますが、最終的にはみんな気分を良くしてくれ、話題も途切れないから安心して酔え、私もその場を楽しむことができます。

 

女性
(女性30歳)

例えば会社の飲み会だったら、後輩など発言しにくい立場の方がいれば話を降って中に入りやすくします。

また、自分からゆるい感じで世間話程度の話をしてみんなが話しやすい空気を作り、あまり沈黙状態にならないようにします。

上司と一緒であればなるべく聞き役に周り、お酒など足りないものがあればさり気なく注文をして周りのかたが気持ちよくお酒を飲めるように気を使います。

そして、話が愚痴っぽい話に向いていかないように、なるべく明るい話を中心にするようなします。

 

女性
(女性41歳)

ノリのいい人に、たくさん話をふります。

仕事の事やプライベートな事も聞いてみて、反応が少しでもあると、そこから質問したり、なんとか話をしようと努力します。

あと、にこにこしながら、よく食べます。

たくさん飲めないので、食べ物担当します。

と言いながら食べています。

すると、喋りやすいのか、話かけられたり、注文しますか?などのやり取りが出来て、ちょっと食べ物や飲食店の話などで盛り上がるように努力しています。

飲む人には、気がつくとお酒を注いだりします。

 

3.最初から

女性
(女性31歳)

わたしが飲み会で楽しむためにしていることは、まずお酒を飲んである程度酔うことです。

お酒が入っているのと、入っていないのでは気分の上がり方が違うので、つまらない飲み会であればなおさらお酒を飲んで早めに酔っ払った状態になります。

すると、楽しい気分になってきて饒舌になり、その場の雰囲気を楽しめるようになってきます。

それでもつまらない時は、席を移動したりして話す人を変えて、気分転換をはかって楽しめるように工夫しています。

 

4.質問カードを自作

女性
(女性32歳)

まず、よく使っているというか、同窓会などでも久しぶりだとなにを話せばいいかわからない時に、質問カードというのを手作りで作っていきます。

そこに、「あなたの趣味は」「合コンなら今まで苦かった経験」突っ込んでいけば「どうゆうタイプの異性が好きです」など、事前に話のネタカードを最初に使って、そこからいろいろ話が広がりますし、相手のことも知ることができるのでおすすめです。

あとは、緊張がほぐれたところでフリートークでいい感じにいけると思います。

【関連】同窓会で感じる格差10選!気にせず行くべき?

 

<スポンサーリンク>

 

5.食べることに集中する

女性
(女性35歳)

とりあえず、食べます。

美味しいものを食べては、飲めばどこでも楽しいです。

また、その中で話の合う人と一緒に食べて飲んで喋べれば、その場は楽しい飲み会になります。

「楽しくない」と思って飲み会に参加していると自分で楽しくなくなりますし、美味しいご飯もお酒も堪能出来なくなるので、せめて笑って食べたいと思っています。

これを心がけていれば、不味いご飯に不味いお酒しかでてこないところなんてほとんど無いので、大抵の場所で楽しく過ごすことが出来ます。

 

女性
(女性39歳)

楽しくない飲み会は、もう、食べることに集中するのが1番だと思います。

せっかく行くんですから、楽しくないばかりじゃ損だし、お金だってしっかり払っているんだから、飲みまくってペラペラしゃべってる人の分まで、たくさん料理を楽しもう!という意気込みで参加します。

例えば、お店のメニューで美味しかったのがあれば、家でも真似して作ってみようとか、なにか行ってよかったなーと思えることがひとつでもあれば、行った意味が見つかると思います。

 

6.率先して幹事役に

女性
(女性35歳)

私はお酒をまったく飲めないのですが、料理の注文お会計の割り勘の計算まで自ら進んでやるようにしています。

仕事柄、先輩や上司と飲むことが多いので、話す内容は仕事のことやプライベート、世間話いろいろ持ちかけて、アドバイスをもらう気持ちで質問系で話題を投げかけています。

それがどんなにつまらない話でも、「勉強になります」と感心した表情で聞くこと。

やっぱり上司や周りの方が楽しんでもらえると自然に気持ちが和らいでこちらもいい飲み会だったな~と思えるようになって行くものです。

後輩や同僚でも同じです。

最近の話題や悩み事、なんでも聞き出してみると、こちらも勉強になることや思わぬアイディアがぱっと浮かんだり。

やっぱりコミュニケーションを鍛えるには、いろんな人に興味を持って接してみることだと思います。

そうすると楽しくない飲み会はきっと少なくなるでしょう。

 

女性
(女性36歳)

聞き役に徹したり、飲み物のオーダー役に回ったりします。

また話題を振って相手の様子を見て、常に笑顔でいます。

楽しくなくても誰かが笑顔でいることで雰囲気が悪くならないと思うのでいつもしています。

それでもどうにもならない時にはトコトン食事を楽しみます。

今日は休み食べる日と決めるのです。

せっかくお金を払うのだから美味しいものを食べたいと思うので、食べることに集中します。

メニューを全部見て何にしようか選んでいると楽しい気分になります。

 

7.”飲めない”方の事も考える

男性
(男性46歳)

幹事としての立場から書きますが、まず飲み会といえども「飲めない人」も参加しているということを念頭に置きます。

会社の飲み会などは立場上どうしても断り辛いので、参加するという方も多いです。

飲み会に飲む目的で来られる方々は、おおよそ酒があれば満足します。

しかし、飲めないのにどうしても断れない方々が一番「楽しくない飲み会」を過ごすことになります。

かくいう自分自身もそうなので、自分が感じた楽しくなさを他の同じ立場の方々に味合わせないよう、まずはノンアルコール系が豊富なお店を選びます。

それから、スィーツが豊富なお店

今のところ、この2点で飲めない女性社員からクレームが出たことはありません。

あとは、愚痴大会にならないように心がけます。

開宴のあいさつでまずそれを言います。

愚痴は連鎖するので、それを気を付けているだけで場の雰囲気はずいぶんと良くなります。

ただ「悪口」は時と場合によるので難しいです。

 

8.共通して盛り上がることを実行

女性
(女性58歳)

飲み会を楽しむためには最初が肝心です。

まずは、声をそろえて乾杯します。

楽しくないと思うと本当に楽しくなくなってしまうので、そういう時はわざとらしくない程度に声を出して笑います。

声を出して笑うと不思議と楽しくなってきて、周りの人も大抵つられて笑います。

血液型を当てっこするのもおすすめです。

これは想像以上に盛り上がりますし、会話も弾みます。

暗い話や難しい話一部の人だけにしかわからない話は避けるようにして、みんなで盛り上がれる共通の話題を心がけます。

 

まとめ

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

「自分から話題を振ることで相手に喋ってもらう」とコミュニケーション重視の方がいる一方で、「食べることに集中する」というように、お得感を求める方もいるようですね。

”つまらない飲み会”はたくさん存在しますが、どんなにつまらない飲み会でも、「どうすればこの場を楽しめるか」と考えて過ごすことが出来れば、大きなストレスを抱えることなく過ごすことが出来るのではないでしょうか。

 

★こちらも読まれています。

飲み会での失敗談10選!みんなの恥ずかしい経験まとめ

仕事が嫌すぎる!という方に提案する4つの対処法と経験談

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

SNSのめんどくさい事10選とその対処法

<スポンサーリンク>