大学生のお小遣い額の平均が月8万円って本当なの?

大学生 お小遣い 平均

サークルや旅行など、何かとお金がかかる大学生活。

一人暮らしの大学生たちは、家賃が必要になるので多くの仕送りを受け取っているわけですが、実家暮らしの大学生たちは、平均いくらのお小遣いを受け取っているのでしょうか。

ここでは、実家暮らしの大学生たちの平均お小遣い額についてまとめてみました。

ちなみに、一人暮らしをしている大学生たちの平均仕送り額については、以下の記事にまとめています。

参考⇒大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

 

<スポンサーリンク>

 

大学生のお小遣い額の平均は月8万円?

まず、平成26年度学生生活調査(JASSO)の結果を引用し、大学生の平均お小遣い額について詳しく見ていきましょう。

この調査は、全国の約4万5千人もの大学生たちを対象に行われたものですので、データの信頼度はかなり高いと考えられます。

そしてこの調査によると、実家暮らしの大学生の「家庭からの給付」は、年間約101万円であるそうです。

これを月間に変換すると、101万円/年 ÷ 12カ月 ≒ 8.4万円/月 となります。

したがって、実家暮らしの大学生のお小遣いは、月に約8.4万円であると分かるんですね。

 

実家暮らしの大学生の月収内訳

次に、実家暮らし大学生の月収の内訳についてみていきましょう。

ここでも平成26年度学生生活調査(JASSO)を引用し、分かりやすく円グラフを作ってみました。

 

大学生 平均収入 内訳
家庭からの給付 約8.4万円/月
奨学金 約3.1万円/月
アルバイト 約3.0万円/月
その他 約0.5万円/月

いかがでしょうか。

実家暮らしの大学生たちの平均月収は約15万円ほどであり、もっとも大きい収入源は「家庭からの給付(お小遣い)」であることが分かりますね。

また、アルバイトの平均月収が約3.0万円ほどになっているのは、この調査にアルバイトをしていない学生たちも含まれているからです。

アルバイトをしている学生たちだけに限ると、大学生の平均バイト月収はもっと高くなります。

詳しくはこちら⇒大学生のバイト代の平均は5万円前後?

 

私立大学生はお小遣い額が多い?

実家暮らしの大学生と言っても、国立大学生なのか公立大学生なのか、はたまた私立大学生なのかによって、お金事情が大きく異なってきます。

大学生のお小遣い額について、学校別でより詳しく見ていきましょう。

 

大学生 お小遣い 学校別
国立 約5.0万円/月
公立 約4.9万円/月
私立 約9.0万円/月

いかがでしょうか。

私立大学生は、国公立大学生たちに比べて多くのお小遣いをもらっていることが分かりますね。

したがって、大学生全体の平均お小遣い額を押し上げているのは、私立大学生であると言えるでしょう。

しかし、これは仕方がない傾向でもあります。

一般的に、私立大学の学費は国公立大学と比較した場合、約2倍もの差があります。

なので、学費分も「お小遣い」の中に含まれた結果、私立大学生と国公立大学生たちのお小遣い額に2倍近くもの差がついてしまったのでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

お小遣い額が高過ぎない?

この調査結果による大学生のお小遣い額は、いささか高すぎないかと疑問に思う方もいるでしょう。

その疑問の原因は、この調査に「学費援助のお金」が含まれていることにあります。

一般的な「お小遣い」のイメージでは、学費援助分のお金は含めないでしょうから、この調査で言うところの「家庭からの給付額」は高すぎる印象を受けてしまうのです。

それでは、学費援助分を除いた、世間一般で言うところの平均お小遣い額はいくらなのでしょうか。

 

実際のお小遣い額は平均月2.5万円ほど?

「就職みらい研究所」さんが4千人の大学生を対象に行った『大学生の実態調査2016』によると、大学生の一カ月の平均お小遣い額は、2.51万円になったそうです。

この調査結果は、質問の形式的に、おそらく学費の援助分を除いた大学生の平均お小遣い額であると考えられます。

したがって、一般的なイメージでいうところの大学生の一カ月の平均お小遣い額は、約2.5万円ほどであると言えるのではないでしょうか。

 

女子大学生の約6割はお小遣い無し?

「STUDENT LAB」さんが行った調査によると、興味深いことに、女子大学生の約6割がお小遣いをもらっていないという結果が出たそうです。

また、女子大学生のお小遣い額でもっとも多かったのは「1万円程度」で、次に多かったのは「5千円程度」だったのだとか。

 

大学生 女子 お小遣い

女子大学生の5人に3人が、親からお小遣いをもらっていないということですね。

学費分はさておき、女子大学生の大半は生活費をアルバイト代でやりくりしているようです。

想像以上にシビアな大学生活を送っている女子大学生たちが多いことが分かりますね。

アルバイト以外の活動が忙しい学生や、門限が有る学生は特に大変そうです。

関連⇒女子大学生の門限の平均は何時?アルバイトはどうしてる?

 

まとめ

いかがでしょうか。

家庭からの学費援助額も含めた場合、平均お小遣い額は8.4万円ほどですが、学費援助額を除いた、一般的なイメージで言うところの大学生の小遣い額は、平均2.5万円ほどであることが分かりますね。

また、今回は実家で暮らしている学生を取り上げて平均お小遣い額を調べましたが、一人暮らしをしている大学生は家賃分の収入も必要になり、必要な仕送り額も増える傾向にあります。

参考⇒大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

お小遣いは大切にやりくりしていきたいですね。

 

★こちらも読まれています

大学生の仕送りの平均額|いくらにするべき?

大学生がバイトをしないのはアリ?就職活動への影響は?

大学に行く意味とは?|4つのメリットから考えよう

大学生の一人暮らしにかかる費用の平均は?

<スポンサーリンク>