ジェットコースターが怖い!という方々15名に理由を聞いてみた

ジェットコースターが怖い

ここでは、ジェットコースターに恐怖を感じる理由についてまとめています。

ジェットコースター嫌いな方々は、ジェットコースターのどんな所に恐怖や不安を感じてしまうのでしょうか。

今回は「あなたがジェットコースターに恐怖や不安を感じる理由について具体的に教えて下さい。」というアンケートを15名に実施してまとめました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

ジェットコースターが怖いという方々の理由や意見まとめ

理由と意見1

女性
(女性 20歳)

一番の理由は浮遊感です。

日常生活で例えるとすれば、エレベーターの浮遊感です。

以前はエレベーターに乗っても、何とも思いませんでしたが、あるアトラクションに乗ってから、完全なる恐怖になりました。

浮遊感を感じると、まず、怖すぎて声が出ません。

更には、脚に力が入らず感覚もなく、震えてしまいます。

また、浮くその時には、内臓がどこかへ行ってしまうような、口から出てしまうような、そんな気持ち悪さが襲ってくるからです。

 

理由と意見2

女性
(女性 21歳)

私の友人たちはジェットコースターが好きで、遊園地などへ行くと無理やり乗せられてしまいます。

ジェットコースターが動き出した瞬間、体が硬直し目を開けることができなくなります。

坂を上がっていく時はまだいいのですが、登り切り下がる瞬間に体が浮くような感じがすると声を出すこともできません。

スピードが速くなってくると、終わることだけを願っているという状態になってしまいます。

友人の中には、ジェットコースターに乗ると手をあげたりする人もいますが、怖さだけしか感じない私には絶対に無理です。

 

理由と意見3

女性
(女性 23歳)

昔は家族で遊園地に行ってどちらかというと、子供向きのジェットコースターに乗ったのを覚えています。

子供の頃はジェットコースターも楽しく乗れていて、自分は平気なんだと思っていましたが、大人になるにつれて昔平気だったものが怖いと思うことが増えました。

ジェットコースターに乗るとエレベーターでもよく感じると思いますが、身体の中がふわっと浮いた感覚に襲われることと、もし途中で落ちてしまったらどうしようと考えてしまい、何故かつい下を見てしまいます。

守ってくれるものがあっても、どうしても落ちてしまうこととかよくない方向に考えてしまうので、大人になってからジェットコースターに乗れなくなってしまいました。

 

理由と意見4

男性
(男性 24歳)

クルマや電車と違い、速さが時速何十キロとでている乗り物にも関わらず、自分の体が外にむき出しになっている点で単純に身に危険を感じます。

また、ジェットコースターによってはレバーがあまりからだにフィットしないものがあり、ジェットコースターの角度が変わると体が揺れて外に放り出される感覚に陥ります。

特に、高く上がった後に一気に急降下するようなジェットコースターでは、宙に浮いたような感覚もあり、最も恐怖を感じます。

 

理由と意見5

女性
(女性 31歳)

まず、高いところが苦手です。

なぜ苦手なのかというと、「もしここから落ちたら…」と勝手に想像してしまうから。

ジェットコースターだとその高いところに常にいるわけで、そこですごいスピードで移動したり急カーブで振り落とされそうになったりしますよね。

その“振り落とされそうになる”という感覚もまた、怖いんです。

以前かなりはげしめのジェットコースターに乗ったときは、その“振り落とされそうになる”感覚を何度も味わてかなり焦りました(笑)

私としては、金払って乗るもんではないですね。

<スポンサーリンク>

理由と意見6

女性
(女性 32歳)

ひっくり返ったり、宙ぶらりんになったり、ジェットコースターはどうも好きになれません。

テレビやテーマパークで楽しんでいる人のあの笑顔、私にはキープできず恐怖でひきつった顔になってしまいます。

一度小さめのジェットコースターに乗ったことがありますが、首筋がゾゾゾと寒くなる不快感、目まぐるしく変わる景色に、もう二度と乗らないと決めました。

地に足着いた状態が好きなので、あの空中でキャーキャーと騒ぐ余裕がありません

 

理由と意見7

女性
(女性 33歳)

事故が起きる確率がゼロではないことが一番大きい不安です。

たまにニュースなどで「ジェットコースターが途中で止まってしまって救出された」などと聞くと、「もし、空中で宙吊りにされてしまってそのままジェットコースターが止まってしまったら」などとあれこれ考えてしまい怖くて乗れません。

自動車事故などもゼロではありませんが、歩道を歩くのは生活に必要なことで、ジェットコースターはエンターテイメントで生活に必要がないので、わざわざスリルを楽しむために乗らなくても良いかなと感じます。

 

理由と意見8

女性
(女性 34歳)

まずは日常生活では感じることのないスピード感が苦手です。

また、人道的な乗り物なので事故が起きる可能性もあるし、そう考えるとわざわざお金を払ってまで乗りたいと思えません。

最近のジェットコースターは、私が子どもの頃に乗ったものよりも進化していて、立ったまま乗るタイプのものや、後ろ向きに高速で進んで回転するものもあるそうなので、考えただけでゾッとします。

刺激を求めるタイプの人にはたまらないのかもしれませんが、私はのんびりしている性格なのでジェットコースターには向いていないと思います。

 

理由と意見9

女性
(女性 35歳)

ジェットコースターは幼少時から遊園地などへ行くと必ず乗るかどうかの選択を迫られていましたが、私はまずガタンゴトンという大きな音が怖く、続いて滑車がレールから外れてしまうんじゃないかとさえ思ってしまうほどの揺れ方が怖いです。

てっぺんまでゆっくりと登って行く時には特にそう感じてしまい、乗ったことを後悔することも多かったです。

その後の垂直に近い落ち方や、顔や体全体を直撃してくる風圧などは、わけもわからないくらいの恐怖の中でのことなので怖いのですが、意外とあっという間に終わってしまいます。

 

理由と意見10

女性
(女性 36歳)

10代の頃はジェットコースターが大好きでした。

しかし年齢を重ねるにつれてジェットコースターを乗ることに恐怖感を覚えるようになりました。

おそらく年をとって視覚や平衡感覚が子供の時より衰えてきていることから、恐怖に感じるようになってきたのではないかと自分で分析しています。

今ではジェットコースターには他の人からお願いされても絶対に乗りません。

<スポンサーリンク>

理由と意見11

女性
(女性 36歳)

高い所が怖い。

下を見ると足がすくむ。

体を止めているのが外れたらどうしようとか、ジェットコースターの機会が壊れて落ちてしまうんじゃないかと思う。

心臓が飛び出そうになる。

スピードが早すぎて息が出来なくなる。

ぐるぐる回って自分が落ちてしまうんじゃないかと心配になる。

回ったときに一番上で止まったらどうなってしまうんだろうと考えてしまう。

 

理由と意見12

女性
(女性 40歳)

スピードと高さが怖いです。

三半規管が弱いので、すぐに気持ちが悪くなってしまいます。

体重も軽いほうなので、ふっとばされないように遠心力に負けずに必死につかまっているだけで、目を開けることもできず楽しむ余裕などまったくありません。

事故のニュースを見たり聞いたりすると、とさらに怖くなります。

それなのにお金を出してまでなぜ乗ろうとするのか、乗らないで下から見ていてもきゃーという悲鳴が恐怖で何が楽しいのかさっぱりわかりません。

 

理由と意見13

女性
(女性 42歳)

若い頃は大丈夫でしたが、現在はジェットコースターに乗ると目が回ってしまい、体調が悪くなってしまうことや、もし脱線したらどうしようと思うようになり、恐怖を感じ始めてしまったので今はジェットコースターに乗ることが恐怖でしかありません。

落ちるのも速いのも胸がどきどきして、最後まで乗っていられるのか気持ち的にも不安になるので、できるならば恐怖心しかないジェットコースターにはもう乗りたくありません。

 

理由と意見14

女性
(女性 44歳)

滑って行くときの、下腹部にかかる圧力がたまらなく嫌です。

自分の意思に反してカーブを滑っていくのも嫌ですし、「もっていかれる」感覚が本当に苦手です。

今から圧力かけて滑り出しますよと言わんばかりの、上へゆっくりと登っていく時もドキドキして苦手です。

滑り出した時に、周りの人達のテンションが上がってきて手を離したりすることがありますよね。

それをこちらにも要求されるのも大変です。

怖くて出来ないし、出来ないから若干しらけて空気になってしまいますし。

怖くて叫んでしまうんですが、一緒にいった人が恥ずかしそうになるので申し訳なくなります。

 

理由と意見15

女性
(女性 46歳)

高いところも怖いですし、スピード感や上下左右がわからなくなる目が回る感じが怖いです。

ショックで気絶したらどうしようとか・・・。

また、短い時間とはいえ自分で好きなタイミングでやめたり降りたりできないところも嫌です。

これは飛行機なども同じ恐怖感を覚えます。

あの過激で負担の大きそうな動きをする機械がいつかは壊れるのではないかという恐怖もあります。

途中で止まって降りれなくなったりしたらどうしよう?などと考えてしまいます。

時々そういうニュースなどを見るとやっぱり怖いと改めて思います。