浪人生でもサークルに馴染める?年齢は同じでも先輩には敬語?

浪人生でもサークルに馴染める?年齢は同じでも先輩には敬語?

一度浪人して大学に入学すると、高校生時代に同級生だった学生たちは先輩という立場になります。

そして同時に、高校生時代までは後輩だった学生と同級生になります。

せっかく浪人してまで大学に入学したのに、なんだか取り残されたように感じる。

そんな環境で本当にサークルに馴染むことが出来るのか、不安に感じることもあるでしょう。

今回はそんな不安の対処法について、浪人経験者の筆者が語ろうと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

浪人生でもサークルに馴染める?

この記事を読んでいるのは、きっと浪人生活を経験した方で、さらにサークルに馴染めるか不安になっている方でしょう。

私自身一年間の浪人生活を得て大学に入学したわけですが、大学に入学し、サークルに入った当初はとても緊張したことを覚えています。

浪人生活を経て大学に入学すると、高校生までは後輩だった学年の方たちと同級生になりますし、また同じく、高校生まで同級生だった方たちが先輩になります。

これにはサークル入会当初、とてもとまどいました。

 

しかし安心して下さい。

元浪人生がサークルに入っても問題なく馴染めます。

 

そもそも、浪人を経験して大学に入学しているのはあなただけではありません。

入学式で隣に座っている学生が、実はあなたよりもずっと年上だったなんてことはよくあることです。

私もサークル入会当初、年下だと思っていた女の子が実は3つ年上だと知り、かなり驚いた経験があります。

さらに浪人生だけでなく、留年している生徒がサークルに入っていても大学ではなんら不思議ではありません。

年齢の異なる学生たちが入り乱れているのが大学なのです。

 

最初はガチガチに緊張していた私ですが、結果として3つのサークルを掛け持つほどサークルに馴染んでいました。

浪人生がサークルに馴染むことが出来るかどうかはあまり心配する必要はないでしょう。

 

同い年でも先輩には敬語?

浪人を経験してサークルに入ったとき、これはとても気になりますよね。

前述したとおり、あなたが浪人生活を経て大学に入った途端、もともと同級生だった方が先輩になります。

これには大なり小なり葛藤があると思いますが、いくら同い年であろうが先輩には敬語を使うべきなのは間違いありません。

 

”どうして一年前まで同級生だったやつに敬語を使わないといけないんだ”と心のどこかで感じてしまうのは仕方がないですが、一般的に、日本では先輩に敬語を使うのはマナーです。

最初はとまどってしまうかもしれませんが、慣れるまで頑張りましょう。

むしろアルバイトや就職を経験すると、例え10歳以上の年齢差があったとしても先輩には敬語を使うのが常識です。

このような習慣に早く慣れておくのは大切なことです。

 

浪人生がサークルを楽しむために必要なこと。

一体、何浪までならサークルに馴染むことができるのか、気になる方も多いでしょう。

そんな疑問に対して、具体的に”~浪まで馴染むことが出来る。”とは言い難いです。

しかし一応の例として、私が所属していたサークルには6浪の男友達がいました。

 

彼とはタメ語で普通に会話していましたし、一緒に食事に行ったりもしました。

勿論、むこうが年上でも大学では同級生ですから割り勘でした。笑

そんな彼を見ていて感じたのは、年下の同級生を決して侮らない姿勢の大切さです。

 

彼から見れば、私は6歳も年下の学生です。

しかし、そんな私が日常的にタメ口を利いても彼はまったく嫌な顔をしませんでした。

そしてそんな彼の態度から、私自身、彼と6つも年齢が離れているという事実を忘れてしまっていました。

たとえ歳が離れていても、それを感じさせない態度や余裕のある雰囲気を出すことが、浪人生がサークルに馴染む上で大切なことだと私は思います。

 

浪人経験者だろうが先輩だろうが関係なく、みんなに分け隔てなく礼儀を持って接することが、浪人生がサークルに馴染んで楽しく活動するためのコツだということですね。

元浪人生だということを気負うことなく、むしろ堂々とサークル活動に励んでください。

どうせ他人の年齢など、みんなそれ程興味は無いのですから。

 

<スポンサーリンク>

conn
都内で暮らす経営学部生です。 出身は岡山県。 現在はメディア運営を中心に活動しています。

いつも励みになっています。