旅行を好きな理由や心理10選!旅行の魅力とは?

旅行が好き

ここでは、「旅行が好きだという方の理由」についてまとめています。

旅行は、ホテルの予約や現地までの移動、湯水のごとく飛んでゆくお金など、何かと苦労することが多い事は言うまでもありませんね。

しかし、苦労することが多くても「旅行に行くのが大好き!」という方はたくさんおられます。

旅行好きな方々は、旅行の一体どんな所に魅力を感じているのでしょうか。

今回は、「あなたが旅行を好きな理由や、 旅行の魅力について具体的に語って下さい。」 というアンケートを実施し、旅行好きな方々の意見をまとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.異なる文化に触れることが出来る

異なる文化に触れることが出来る①

男性
(男性20歳)

旅行することにより、普段触れることのできない文化に触れることができると思う。

日本にいるだけでは、動画などを見ても伝わりきらないところと言うものは確かにあります。

その現地の雰囲気を味わうためにも、実際に現地に行くと言う行為が非常に大切になってくると思うのです。

私が夏にタイを訪れた際も、実際の寺院は雰囲気があり、観光パンフレットに乗っている写真だけでは伝わらないようなことを感じることが出来ました。

タイは日本人向けの観光地としてとても魅力的なので、ぜひ一度訪れてみてください。

 

異なる文化に触れることが出来る②

女性
(女性29歳)

鎌倉によく旅行に行きます。

電車で2時間でいけるので、日帰り旅行でもよいですよね。

鎌倉は長谷寺や江ノ電、江ノ島など見る場所が多く、観光客もたくさんいます。

その土地に行かないと食べれない食べ物や文化を体験出来るのがとても魅力です。

目的地を決めて、そこに行くというのも楽しいですが、Googleを使用してその場で行き先を決めてノープランの旅行も楽しみのひとつです。

まだまだ行ったことのない場所があるので、時間を見つけて旅行に行きたいです。

 

異なる文化に触れることが出来る③

女性
(女性32歳)

実際にその場所に行く事で、写真や画面では伝わらない空気感を感じる事ができるからです。

またその土地土地での食事をする事も楽しみの一つです。

おすすめの場所は茨城県の大洗です。

この場所はアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台であり、町のあちこちに作品の世界観が感じられます。

また、町を挙げて作品を盛り上げているので、心から楽しむ事ができます。

ここでは名物のアンコウ鍋を食したり、アニメに出てきた場所を巡ったりなど、楽しみがたくさんあります。

 

2.考え方を変えられる

女性
(女性22歳)

私は旅行に行くのが大好きです。

ただ観光するのも好きですが、私は考え方を変えることができたり、旅行に行くことによって目標や今までになかった頑張ろうという気持ちができるから好きです。

初めてイギリスに旅行に行った時にロンドンへ行きました。

とても素敵な街で本当に感動しました。

一緒に行った友人ともいろんな話を本音で話すことができ、これからも頑張ろうという気持ちにロンドンはさせてくれました。

これからもいろんな旅行に行って、自分を磨きたいです。

 

3.非日常的な経験が出来る

非日常的な経験が出来る①

男性
(男性22歳)

旅行というのは、普段の生活から離れた非日常的な経験をすることができます。

知らない土地に行き、見たことのない景色を見て、味わったことのない料理を食べる。

単純に自分自身の世界観や価値観が広がるのではないでしょうか。

一生のうちに過ごせる時間は限られているので、いつも同じ風景を見るより、違うたくさんの風景を見て人生を終えたほうが最後は充実しているなと感じます。

その充実した人生を送る手段として、旅行というのは最適な手段だと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

非日常的な経験が出来る②

男性
(男性23歳)

私は山間部、特に北アルプス周辺へ旅行に行くのが好きです。

山の中でいつもと違った非現実感を味わったり、いろいろな表情を見せる山々の景観が魅力的です。

また、そのような旅行の中で行く先々の人々と話したり、現地の料理を楽しむのも好きです。

北アルプス周辺では川魚や山菜、あとは日本酒も美味しいものが多くゆったりとそういったものを飲んだり食べたりしているととても幸せな気分になれます。

その他にも山間部ということもあって温泉なども多く、そういったところをめぐるのも私が旅行をするときの楽しみの一つです。

 

非日常的な経験が出来る③

男性
(男性35歳)

私は国内、海外問わず、いろいろなところに旅行しています。

旅行の一番の魅力は、日常では味わえない非日常の体験をすることができることです。

私は大阪市に住んでいますが、公園などの緑が少なく窮屈な思いをして過ごしています。

しかし、旅行に出かけることで、世界遺産などの旧跡を巡ったり、日本では決して見ることができない風景や現象を海外で見ることができるのです。

また、旅行の計画をしているときも、自分のごほうびとして目標を設定することができ、日々の仕事にもやる気がみなぎります。

 

非日常的な経験が出来る④

女性
(女性35歳)

旅行のいちばんの魅力は、なんといっても非日常を味わわせてくれるところだと思います。

普段の何気ない退屈な毎日から離れて、刺激がある楽しい時間を過ごすことができます。

ひとり旅も良いですが、私は夫と旅行するのが好きです。

夫とたくさんの刺激ある旅行をして、たくさんの思い出を共有したいと思っています。

また、旅先での買い物も楽しみの1つです。

旅先でしか買えないものもありますし、旅先で偶然出会ったもの、出会ったお店を知る楽しみもありますし、それを買うことで思い出の品を家に持ち帰ることも価値があります。

また旅先で陶芸体験などをして、その完成品を持ち帰るのも楽しいです。

思い出の品を家にたくさん増やしてゆくのが私の旅行の楽しみ方のひとつです。

 

4.日常を忘れられる

男性
(男性49歳)

旅行は日常から離脱することができ、仕事や生活を忘れさせてくれます。

そして日々見ている景色と違う景色や、街並み、山野、寺社仏閣等を巡ることで、新鮮な知識や遠い昔に思いを馳せることができます。

また、その土地の自慢の名物を美味しく頂いたり、様々な物産品、お土産と触れることは脳の活性化にもなると思います。

とにかく日常から非日常へ逃避することが、旅行のいい処であり、最高のストレス解消になると思います。

費用面は考慮せずの話ですが。

お勧めの旅行先でもう一度行きたいのは飛騨高山です。

古い街並みに美味しい食事と温泉、最高でした。

 

5.日常の素晴らしさを再確認できる

女性
(女性31歳)

日常から離れ新しい世界に触れることで、心のリフレッシュと「まだまだ知らないことがたくさんあるのだ」、「世界は広いんだ」という楽観的な気持ちになります。

ハワイなどのリゾートでゆっくりするのも良いですが、ニューヨークなどの大都会やインドなどの混沌とした雰囲気も、新しい視点を広げるという意味でとても楽しく有意義な旅行経験をすることが出来ます。

なにより、異国から自分の街に帰って着た時のホッとする気持ちが、日常の大切さを改めて感じさせてくれます。

 

<スポンサーリンク>

 

6.気分転換出来る

気分転換出来る①

女性
(女性24歳)

色々と大変なことがある日常生活の中で、ふと見知らぬ土地に行って美味しいものを食べて美しい景色を見て、ゆっくりと温泉に浸かったりして心身ともにリフレッシュできるので、旅行が好きです。

その土地の名物をお土産に買って帰ると家族や職場の人にも喜ばれますし、話のネタにもなります。

ペットと一緒に行って、ゆっくりとできる宿泊施設も増えてきたので楽しみが広がりました。

軽井沢は夏でも涼しく最高の避暑地だと思います。

 

気分転換出来る②

女性
(女性29歳)

私が旅行が好きな理由は、日頃、仕事を一生懸命頑張っているので、たまには今まで行ったことのないところや、前に行って楽しかったところに行って、遊んだりゆっくりしたりして気分転換をしたいからです。

知らないところに新しい発見ができることも魅力だと思います。

その中で、一番おすすめで心に残っている旅行先は、ハワイです。

新婚旅行で行きまして、色んなハプニングがありましたがそれも今では良い思い出となっています。

気温が高かったのですが日本と違って湿度は低いので、カラッとしていて過ごしやすかったです。

 

気分転換出来る③

女性
(女性35歳)

普段行かないところを見て泊まってゆっくりして、現実逃避できるところです。

行ったことあるところでも日常生活を忘れられるなら何度でも行きます。

旅行に行くことで、その土地の文化に触れて自分の知識や視野が広がり、その土地の食べ物を堪能して満足感を得られます。

温泉があればなお良く、体と心をほぐせます。

私は国内では特に北海道に行くのですが、本州にはない湿度の少ない爽やかな空気を吸うだけで、既に満足できるので好きです。

 

気分転換出来る④

女性
(女性37歳)

私が旅行を好きな理由は普段の生活から離れ、現実から離れることが出来るからです。

普段の生活とは違って開放的な気持ちになれるので、心身ともにリラックスすることが出来ます。

きれいな景色、見たことのない景色、その地域の名産やお土産、イベントなどを満喫することがとても大好きです。

自分が普段悩んでいること、辛いと思っている現実がとてもちっぽけに思えてくる時があります。

また、知らない街の情報を得ることで視野が広がるような気がします。

 

気分転換出来る⑤

女性
(女性40歳)

旅行すると炊事などの家事をせず、リフレッシュできる。

旅行前には観光地や食事するところを前もって調べ楽しみができる。

また、宿泊先でマッサージやエステがあるとそれも楽しみになってくる。

おすすめの旅行先は伊勢です。

伊勢神宮にお参りしているといい人になった気分になる。

伊勢を観光した後、大阪や名古屋に行って観光もできる。

海の幸山の幸の両方がある。

予約はとりずらいけれど南海急行の電車もでているので、鉄道マニアの人にも楽しめます。

 

<スポンサーリンク>

 

7.友人と一緒に楽しめる

男性
(男性26歳)

国内旅行なら大体のところに行きました。

友人と車で旅行に行くのですが、まず道中の車内が楽しいです。

友人と久しぶりに会い、他愛もない会話が盛り上がります。

また旅行の目的についてですが、ご当地のご飯を食べに行くのが目的です。

現地の人にオススメのお店を聞き食べて飲んでをひたすら繰り返します。

オススメは九州ですね。

特に博多はご飯が美味しいので何度も足を運んでいます。

旅行は普段疲れた身体を癒す効果が私にはあるので、暇があれば旅行に出かけてしまいますね。

 

8.自己理解が深まる

女性
(女性36歳)

自分のよく知っているわけではない場所を訪れることで、自分自身の思いがけない一面を発見できたりすることがあるのが旅行の魅力だと思います。

予定通りにいかない・道に迷う・天候のことなど「ちょっとしたトラブル」を切り抜けたりする経験を積むことで「私ってここまでできるんだ」ということも多くなります。

また、そこでしか味わえない食べ物やその土地ならではの雰囲気といったものはガイドブックやテレビ映像などだけではわかりません。

そういうことを実際に体験できるのも旅行のいいところだと思います。

 

9.遠出自体が好き

遠出するのが好き①

男性
(男性41歳)

車やバイクの運転が好きなので、あちこちに出かけるのが好きになったというのが一番の理由だと思います。

公共交通機関もたまに使いますが、自分で運転して行く旅行が殆どです。

旅行を通して得られるものも多く、綺麗な景色を見て癒されたり、その土地の美味しい物を食べたり、地元の人との触れ合いもあったりと日常では経験できない事もあるので、心の栄養になったり考え方の幅が広がったりするのも旅行の魅力です。

おすすめの旅行先としては京都の寺社巡りですね。

季節によっては国宝の特別公開もあります。

 

遠出するのが好き②

男性
(男性58歳)

電車に乗って、遠くに行くことが好きです。

急行ぐらいがいいかな。

車窓からの景色を眺めたり、人の乗り降り見たりするのも好き。

最初に訪れたところや知らない町をぶらぶらするのが好き。

特に個人で行くのが好きでどちらかというとコースを大まかに決め行き当たりばったりの雰囲気が好きで行く先で店員さんや駅員さんとしゃべるのも良いかな。

電車とは別に車でドライブしながらの旅行も好き。

思いがけない雰囲気の良いレストランや食事処を見つけ入るのがいいかな。

 

10.同行者との関係が深まる

女性
(女性45歳)

いつも家族5人で行きます。

主人、私、子供二人、母。

旅行をすると家族のテンションがあがり、普段話せないことなど何となく話せる雰囲気になります。

また家族全員で同じ部屋に泊まるので、絆が深まる様な感じがします。

年に2回は行くのですが、子供は長女が12歳、次女が7歳なので、まだ親と一緒に行動してくれますが、いずれ手を離れて友人と遊びに行ったりする時期が必ずくるので、今できるだけ親子で旅行に行ける機会を作るようにしています。

お勧めの場所は、子供がいれば伊豆高原。

遊ぶ場所もあり、大人は温泉が楽しめるからです。

すでに6回は訪れています。

 

★こちらも読まれています

旅行を嫌いになる理由10選!疲れるから行きたくない?

海を好きな理由や心理・エピソード14選まとめ

海水浴はいつまで出来る?遊泳期間が終了する時期まとめ

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

<スポンサーリンク>