料理が苦手?料理下手を克服するためのアドバイス20選!

料理 苦手

ここでは、料理をするのが苦手だという方に参考にして欲しい、料理下手を克服するためのアドバイスについてまとめています。

今回は「あなたが料理技術を上達させるために実践している事、またオススメしたい方法があれば教えてください。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

アドバイス1

女性
(女性 19歳)

私が、料理技術を上達させるために実践していることは、「レシピを見ながら基本に忠実に料理をする」ということです。

レシピには、分量から火の加減、切り方や切る大きさまで事細かく書いてあるものもあります。

どのくらい書いてあるのかは、レシピにもよるとは思いますが、少しわからないことがあってもネットで簡単に調べることができます。

経験を積めば、目分量やレシピを見なくてもできると思いますが、経験が少ないうちは、レシピに忠実に作ることが上達への近道だと思います。

 

アドバイス2

男性
(男性 23歳)

僕は一人暮らしをしてから料理に興味を持ちました。

今ではほぼ毎日自炊しています。

学生の時は飲食店でアルバイトをしていたため、社員の方に色々と教えて頂きました。

やはり、料理人の方はネットなどでは簡単に見つからないような知識を沢山知っているので、そういった専門の人に聞くのが効果的だと思います。

同じ食材でも自分と料理人の方が切るのでは断面が全く違い、それによって火の入り方が変わるそうです。

もし周りに専門の人がいるのであれば、積極的に質問する事をお勧めします。

 

アドバイス3

女性
(女性 27歳)

料理は見て覚えるという言葉があるように、教えてもらうよりも上手な人の料理を見て自ら実践する事で上手になっていきます。

また、料理が上手くなるためには毎日苦手でも自炊することが上手になる近道だと思います。

料理する頻度が高いほど、どんどん上達していきます。

苦手でもいいので、まずは自分で料理します。

そして、身近な人に食べてもらい感想を言ってもらいます。

褒められたら自信になるし、指摘してもらうと反省点を生かし次はもっと美味しい物が作れます。

 

アドバイス4

女性
(女性 28歳)

自炊を始めた際、最初は料理レシピのアプリを見て作り始めたのですが、完全な初心者だった私はレシピ通りに作ったつもりでも仕上がりがイマイチになることが多々あった為、まず市販の料理本、それも基礎的なことに重点を置いたものを数冊読んで実践しました。

料理レシピのアプリにはプロのレシピもありますが、あくまでも素人の方が作ったものが多いので、慣れた人が感覚で書いているものも多いです。

また、市販の料理本も一冊だと知識が偏るため、複数冊読むのがポイントです。

料理レシピのアプリは、基本を習得した後に見るとレシピを増やすことが出来て便利だと思いました。

 

アドバイス5

男性
(男性 29歳)

私は料理が全くできない人間でした。

実際私が料理を作るようになり、料理技術が向上したきっかけは妻です。

以前、私は全くといっていいほど家事手伝いをしていませんでした。

これではまずいと思って妻に料理を教えてほしいと言いました。

最初はびっくりしていた妻ですが、快く了解してくれました。

最初はカップラーメンしかつくれなかった自分ですが、今ではカレーや肉じゃがなど様々な料理を妻と一緒につくっています。

上達のコツはやはり上手い人のまねをする。

これが一番手っ取り早いと実感しています。

<スポンサーリンク>

アドバイス6

女性
(女性 30歳)

料理が面倒だなと思う時は、単純なものを作るのがいいと思います。

包丁で切るのが面倒で、例えば野菜ならピーラーで薄くニンジンを形状に薄く切ったら包丁で細切りにすると、何の料理にでも使えて光熱費の節約になると思います。

細くピーラーと包丁で切った野菜を電子レンジで加熱すると、アク取りをしなくてもいいし、すぐに料理が出来るのでおすすめです。

具材の下準備は電子レンジで全て行うと便利だと思いました。

細く切るのと、電子レンジを使うというのが一番です。

 

アドバイス7

女性
(女性 30歳)

料理は、日々の練習が必要不可欠だと思います。

毎日1度は野菜を細かく切ったり、魚を捌いたり、煮込んだりすることを心がけて、継続していくことが大事です。

複数の調味料を混ぜて自分だけの味を作ってみることも料理の1つなので、美味しい料理を作ろうと意気込むのもいいですが、まずは調味料を一通り揃えてみてそれぞれの味や特徴を覚えることをしてみてほしいです。

調味料の味が頭に入ってくると料理本を読むのも楽しくなりますし、自主的に色んな料理をしてみたくなると思います。

また、最新の調理器具についての情報を調べるのも大切です。

驚く程技術が進化しているので、頼ってみるのもよいかもしれません。

 

アドバイス8

女性
(女性 30歳)

料理が苦手な人の特徴があります。

料理が苦手な人に限って、レシピ通りに料理を作ることをしないのです。

ちゃんとレシピを見ること、計量を行うこと、手順を省略しないことをすることをおすすめしたいと思います。

料理のためのレシピは、誰が作っても同じように作れるように作成されています。

また、料理苦手な人の特徴として、何故か難しい料理にチャレンジしたがる傾向があるように思います。

初心者向けのレシピ(カレーやシチューなど)から始めてみるのが良いと思います。

 

アドバイス9

女性
(女性 31歳)

まずは簡単に作れそうで、自分が食べたいモノやデザートなどを考えます。

簡単に作れそうな物が決まったら、レシピをネットで探し出します。

レシピに書いてある分量を正確に計って、レシピに書いてある順番を守って食材などを切ったり調理したりします。

あまり料理が得意ではない方は、最初はレシピを見てレシピ通りに作ることが大切だと思います。

最初はレシピを見てそれに従うことで、どれくらいの食材や調味料をどれくらい入れるとどうゆう味になるのかが分かるのでいいと思います。

 

アドバイス10

女性
(女性 32歳)

私が料理を上達させる為に実践している事は、外食を控えてなるべく1日1回は台所に立つ事です。

料理が下手だと台所に立つ事も億劫になってしまいますが、私は自分を追い込んで毎日手料理を作るようにしています。

それと、料理の本を買って料理を作る時に必ず本の通りに作ってみて、次に作る時は復習の意味で本を見ずに作れるかどうか試しています。

1回作っただけでは忘れてしまうので、何回も作ってみる事で初めて自分のものにできると思います。

<スポンサーリンク>

アドバイス11

女性
(女性 32歳)

とにかく、色々な料理を試しに作ってみるようにしています。

いきなり難しい料理は逆にやる気をなくしてしまう可能性があるので、レシピサイトなどをみながら、「鍋に具材を入れて煮込むだけ」など簡単なものから試していきます。

家族がおいしいと言ってくれたら、そのレシピを繰り返す事で自然と段取りなどが頭に入って料理するのも楽しくなってきます。

他にも、家事代行サービスなどの動画などを見て、てきぱきと家事をこなしておられるスタッフの動きを見ていると、自分も上手くなったような気になるのでお勧めです。

 

アドバイス12

女性
(女性 33歳)

私も料理が苦手で、自分の作る料理はあまりおいしく感じられなかったので、あまり好きではありませんでした。

結婚して毎日やらなければいけない状況になったとき、自分に言い聞かせていたのは、料理は化学だ、ということです。

いきなり上手になるわけはないし、調味料を本のとおり正確に測っても、火加減を間違えれば料理本とは違うものになってしまいます。

しかし、これは化学実験だと思えば、次回はここを変えてやってみよう、と失敗も楽しく感じることができました。

出来上がったものを食べることで、結果の検証になります。

長年の研究がやっとの思いで実を結ぶのが研究者ですから、一度や二度の失敗でめげなくなりました。

家事は慣れです。

いつかは必ずできるようになります。

 

アドバイス13

男性
(男性 36歳)

作ったことがない料理や自信のない料理をする際には、しっかりとレシピを見ながら作るようにしましょう。

我流の方法ではいつまでたっても上手くならないからです。

まずは料理を始める前に、一度、最初から最後までの工程を読んでみることが大事です。

一通りの段取りを頭に入れておけば、余裕を持って作業が進められます。

実際に料理を始めるときも、いつでもレシピを確認できるように傍にページを開いて置いておきましょう。

計量はしっかりと行ってください。

目分量でやるとかならず失敗します。

いずれ料理に慣れてくると目分量でも作れるようになりますが、それにはある程度の経験が必要です。

最初のうちは面倒でも計量するようにして下さい。

あとは、自分勝手なアレンジをしないことです。

基本が一番おいしいことを知りましょう。

 

アドバイス14

女性
(女性 36歳)

元々はりんごの皮剥きもできないほど、私も料理の技術は無かったのですが、母の代わりに実際に台所に立ち、料理をすることで徐々に技術を向上していきました。

やはり、実践あるのみです。

今は手軽にレシピも検索でき、ローストビーフのような一見すると手の込んだ料理のように思えるものでも簡単に調理できるよう紹介されているので、チャレンジすることが大事だと思います。

高い授業料を出してスクールに通うのもいいですが、普段の生活の中で無理なく、作りたいものを調理する。

これが上達の秘訣だと思います。

 

アドバイス15

男性
(男性 38歳)

何か1つ自分の得意料理を作れるようにするために自分は好きな料理を美味しいと評判のお店が近くにあれば1度行ってみて、特別なことをしてるならこっそりこつとかを聞いてみます。

あとは自分で作ってみる。

とりあえずやってみることから始まると思うのでネットで作り方のレシピを見たり、クックパッドとかなら同じ料理でも色々アレンジがあったりするから自分が食べてみたいのを真似をして作ってみる。

自分が下手だと思ってるなら美味しい物を真似するのが上手になる近道だと思います。

<スポンサーリンク>

アドバイス16

女性
(女性 42歳)

料理が下手で嫌いではないのであれば、とにかく自炊を続けることをおススメします。

私は高校生から独り暮らしで自炊せざるを得ない環境にあったので、毎日作っていたら自然にほぼ目分量で何でも作れるようになりました。

今はクックパッドやレシピのアプリもたくさんあり動画も簡単に見られ、また100円均一にも調理器具がたくさんあり非常に便利な環境でハードルも下がっていると思います。

動画や写真がたくさんあふれているから、どういう状態までどうすればいいのかがとても分りやすいですよね。

自分で自分の食べるものを作るのはほぼ1からの健康管理ですし、安心して食べられます。

最初から全てを作るのは疲れてしまうかもしれないので、市販でカットされているものや、既製品を活用して少しずつ、自作のものを増やしていけば良いと思います。

 

アドバイス17

女性
(女性 46歳)

料金が苦手なので、ネットで調べていろいろな料理に挑戦しています。

クックドゥなどの料理の元はなるべく使わず、面倒でも自分で味付けなどをするようにしています。

食材もいろいろ使えるようになりたいので、旬のものはなるべく取り入れるようにしています。

スライサーは持っているけど、なるべく包丁で切るようにしていたら、包丁の使い方はかなり上達しました。

包丁がよくきれないとイライラするので、マメに研ぐようにしています。

よく切れる包丁を使っていると、料理も少し楽しくなります。

その他、鍋などの調理器具も自分の好きなものを少しずつ集めました。

好きな道具を使っていると、料理も楽しくなります。

料理が楽しくなってくると、少しずつ上達するような気がします。

 

アドバイス18

女性
(女性 46歳)

料理の技術を上げるため私が日々やっている事です。

誰でも最初は何も出来ません。

分かりません。

当然です。

先ずは苦手意識を捨てる事から始めましょう。

何度も失敗を繰り返し、少しずつ上手くなって行くのです。

最初は簡単に出来そうなもの、食べてみたい、作ってみたいなと自分が思ったものから始めて見ましょう。

上手くなったら作ってあげたいどなたかの笑顔を思い浮かべるのもいいかもしれませんね。

有難い事に現代は、インターネットと言う強い味方がついています。

説明や写真だけでは分かりにくいと感じた箇所も、動画を見るとあっさり解決したりします。

後はとにかく練習あるのみ。

頑張って下さいね。

 

アドバイス19

男性
(男性 48歳)

一人暮らし歴が長い人は、自動的に上手になると思います。

なぜなら、毎日外食ですと、お金が掛かるうえ飽きてしまいます。

創作料理は、冷蔵庫の中にあるものだけで、工夫して作るので在庫整理が出来てゴミが出ません。

最初から材料を沢山買ってしまうと、外食よりも高くなってしまうので、簡単な料理からスタートした方が良いですね。

野菜スープが余ったら、次の日は継ぎ足してカレーにして、ご飯が余ったら、次の日はチャーハンにするとロスがありません。

 

アドバイス20

男性
(男性 49歳)

食材を切る技術を上達させるにはとにかく数を切って実践する事が大事だと思います。

ただやみくもに切るのではなく、本や動画を参考に熟練した人の画像を見て切り方も色々ありますので必要だと思った切り方を覚えていけばいいと思います。

切れが悪い包丁を使っていては怪我の元にもなりますし、食材もうまく切れませんのでよく切れる包丁を使う事が大事です。

煮物に関しては食材により火が通る時間が違いますので、火が通るのに時間がかかる物から順に入れていき煮崩れや煮過ぎを防げます。

火が通りにくい物に関しては、包丁で十字などに切り目を入れれば味も染みやすくなります。