専門学校を辞めたい!そんな時に考えて欲しい5つのこと

専門学校 辞めたい

折角入った専門学校夢にまで見た場所なのにすぐ辞めてしまいたい思う人もいるでしょう

そんな風に思う自分に対して自己嫌悪感を抱いて悩んではいませんか

それではストレスばかりが溜まってしまいます

辞めた方がいいのかそれとも続けていくべきかと1人で考え込んでいる貴方はこれからご紹介する5つの考え方を参考にしてください

読み終えた頃にはきっと貴方の中でこれからどう進んでいくかの覚悟が決まっている事でしょう

<スポンサーリンク>

 

1.辞めたい理由を把握する

まずは自分はどうして折角入学した専門学校を辞めたいのかという理由について考えてみましょう

この理由によっては別に辞めなくてもいいや考えを改められるかもしれませんし反対によしスッパリ辞めよう決意を固められるかもしれません

辞めたいけど辞めるのはでも辞めたいなんて悩んでばかりいる状態こそが一番いけないのです

専門学校を辞めたいなら辞める辞めたくないなら続けると決心がつくようにちゃんと自分の辞めたい理由を知ってください

 

12.メモに書きだしてみる

頭の中であれこれと考えていても考えがまとまらないかと思います

こんな時はひたすら無心で自分が専門学校を辞めたい理由紙へ書き連ねてみてください

例えば、

専門学校で友達が出来ない

専門学校の授業がつまらない

バイトに追われて講義に出られない

という理由でもいいでしょう。

 

また、

専門学校に飽きてしまった

やっぱり自分には合わない気がする

他にやりたい事が見つかってしまった

というものでもいいのです

とにかく、思いつくままにどんどん不満や愚痴を書いていけば自ずと専門学校を辞めたいと思っている理由が整理できるはずです

 

2.辞めたい理由への解決策を探る

辞めたい理由が明確になったのであれば次はその辞めたい理由への解決策を探してみましょう

専門学校で友達が出来ない専門学校はお友達を作る所じゃなくて貴方の学びたい知識を得る場所ですよ

それに友達は作るものではなく気づいたら傍にいる存在なのです

無理をして仲間を見つけようとしなくとも貴方が自然体で過ごしていればいつの間にか親しい人が出来ています

専門学校に飽きてしまったという理由もよくある事です。

きっと熱しやすく冷めやすい性格の方なのでしょう

そこから更にどんな所に飽きたのか飽きてない部分はないか探してみてください

飽きていない部分があるならばそれについて夢中になる事で辞めたいという意識が薄れるものなのです

このように1つずつ原因と解決策を探っていくという地道な努力を試してみてください

 

22.自分で解決出来ないなら周りの助けを借りる

学費を稼ぐ為にバイトをしているけれどバイトに追われて専門学校の講義に出られないという事が辞めたい理由になる人もいます

ご両親や親戚の方だったりもしくは奨学金制度などの頼れそうなものはあるか調べてみましょう

専門学校でいじめを受けているという場合これはそのままの状態では貴方が精神的に参ってしまいます

専門学校の教員で信頼できる人へ相談するもしくはこころの電話相談‎や学生職業センターなどに話しをしてみましょう

 

<スポンサーリンク>

 

3.辞めても後悔しないかを考える

専門学校を辞める前に一度このまま辞めてしまっても自分は後悔しないだろうか考えてみましょう

辞めたい辞めたいとばかり考えていると、どうしても後悔なんてしない辞める方に考えが傾いてしまいがちですが深呼吸をして落ち着いてください

自分の部屋でもお風呂の中でもトイレでも自分が1人きりで静かに考えられる場所で後悔するかしないかを思考するのです

 

32.後悔するなら辞めるべきではない

例えば休学届を出して疑似的に自分は専門学校を辞めてしまったという状況を体験してみましょう

その期間中にもしも

専門学校を辞めるのはちょっと惜しい気がする

まだもう少しだけ続けてみようかな

思うのであれば辞めるべきではありません

「覆水盆に返らず」ということわざを知っていますか

地面へこぼしてしまった水はいくら後悔しても決してコップへ戻る事はないという意味です

ほんのちょっとだけでも惜しい気持ちがあるのに専門学校を辞めてしまうと辞めた後に必ず後悔してしまうでしょう

 

33.後悔しないなら辞める選択肢もアリ

休学届を出して疑似的に専門学校を辞めた気持ちになってみたりもしくは何日間か辞めた場合について考えてみたとしましょう

しかし専門学校を辞めた方が自分は自分のままでいられる思うのであれば後悔しないなら辞めるという選択肢もアリです

専門学校を辞める事について後悔をしない貴方はこのまま専門学校へ通い続ける方が後からあの辞めておけばよかった別の後悔をする可能性が高いでしょう

過ぎた時間はどうやっても戻ってきてくれませんから後悔しないと思えるなら思い切って辞めてもいいのです

 

4.専門学校の学費は誰が支払っている

専門学校の学費は一体誰が支払いをしているのでしょうか

貴方自身ですか

それとも貴方のご両親といった方達でしょうか

もしも貴方自身が専門学校の学費を支払っているのではない場合学費を出してくれているまずは相談するべきです

専門学校の学費は決して安い物ではありません。

何十万何百万というお金を貴方の為に出してくれているのだと自覚しましょう

そして実はこういった理由で辞めたいと思っている辞める前に相談をして双方納得のどうするか決めるのが最適でしょう。

 

5.期限を決めて通ってみよう

専門学校をすぐ辞めてしまいたい気持ちもあるしかといって辞めても今度は何をすればいいのか解らないどうすればいいのかと決められない人もいるでしょう

そんな時は後半年だけ通ってみようせめて1年は通ってみよう期限を決めて専門学校へ通い続けてみる事をおすすめします

後何年も通わなければいけない思うから終わりが見えない事に辛さを感じてしまうのです

それならば後○年だけ通ってみよう切り替える事でその期限中に本当に辞めるか辞めないかを決められるようになります

 

【まとめ】専門学校を辞める前に一度考えてみよう

専門学校を辞めたいと思ってすぐ辞めてしまっては正直勿体ないのです

どうして辞めたいのかという理由を探り辞めたい理由への解決策をあみ出し辞めても後悔しないかを考えましょう

そして学費と言うお金の問題は大人と共に解決しどうしても決断できないなら取りあえずの所は期限を決めて通い続けてみます

何もすぐ辞める辞めない決めなければいけない事はありませんから貴方のペースでゆっくり決断して下さい

<スポンサーリンク>