仕事のミスで落ち込む!そんな時に立ち直る方法8選!

仕事のミスで落ち込む

「仕事上のミスで落ち込んでしまった」という経験ありませんか?

どんな仕事でもミスは付き物なわけですが、大切なことは「いかに立ち直るか」ですよね。

世の中の人々は、仕事のミスによる落ち込みから立ち直るために、一体どのような事をしているのでしょうか。

今回は、「仕事のミスで落ち込んだ際、立ち直るためにしている事や考え方について教えて下さい。」というアンケートを19人に実施し、それぞれが立ち直るためにしている事を8個にまとめてみました。

仕事のミスによる落ち込みから中々立ち直れないという方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.話を聞いてもらう

男性
(男性24歳:プログラマ・IT情報)

落ち込みから立ち直るためには、とにかく人に話を聞いてもらうことです。

これは男女関係なく言えることです。

落ち込んでいる時に一番悪化させるのは、見えを張って独りよがりになってしまうことなので、できるだけ早く実行しましょう。

できれば聞いてもらう人は変にアドバイスや励ましをする人ではなく、真剣に話を聞いてくれる人がいいでしょう。

運が良ければ相手の失敗談も聞けて、自分だけが失敗しているのではないと知ることができるのでだいぶ気持ちが落ち着きます。

また、仕事をする上での考え方として、考えや気持ちに余裕を持つことが大切です。

イメージとして3割くらい空けてあげるのが良いと考えます。

突発的な出来事が合った時に慌てずに対応できます。

日頃から落ち込みを防ぐことにもつながりますので、是非実践してみてください。

 

話を聞いてもらう②

女性
(女性24歳:製造業、技術職)

ミスをした後はなるべく先輩に話を聞いてもらい、何故自分がミスをしたか、どうすれば防げたかについて考えます。

一度したミスはもうしたくないと思うので、落ち込んでいて、あまり人と話したくない気持ちにもなるのですが、先輩からアドバイスをもらうことで勇気付けられたりしますし、よくあるミスだから気にしないでなどと言ってもらえると、早めに立ち直れます。

自分の考えでは、一度目のミスはそんなに深く落ち込む必要はないし、無駄に落ち込んでいるとさらなるミスにつながってしまうとおもっているので、その日の仕事は前向きに考えて、後で反省するように考えています。

また、出来るだけ多くの人に相談することで似たようなミスも防げると思います。

 

2.ミスの原因を追究する

男性
(男性27歳:営業)

先ずは何故ミスをしてしまったかをとことん追求し、次からミスをしないためにはどうしたらいいかを考えます。

その方法がわかれば次回からはそれを実践し、対応策が思いつかない場合は同じ事は繰り返さない様に意識して業務に励む。

対策を思い付く事ができない様な問題をくよくよ悩んでいても、悩んで精神をすり減らし、もっと簡単な事でミスをする様になってしまい、余計にこんがらがってしまうだけです。

割り切ってしまうのが一番気楽になります。

何事もポジティブであろうとする事が第一です。

ミスをしてしまったのならそのミスを悔やむのではなく、そのミスから学べた事があると考えるべきです。

真逆に考えるだけで同じ物事が違って見えて来るはずです。

 

ミスの原因を追究する②

女性
(女性40歳:飲食業 接客)

「失敗は成功の元」なんて言葉がある様に、失敗して分かることや気づかされることもあるという事です。

失敗をそのまま放置しないで、なぜ失敗したのかを考えることで同じ失敗を繰り返さずにすむことができるはずです。

誰だって間違えることはあるのですがその間違えを繰り返さない様にすることが一番たいせつなことではないでしょうか?些細な失敗でしつこく怒るような人がいれば、そんな人は心が狭い人だ!かわいそうな人だ!と思う事にしています。

自分が先輩になり反対に失敗する部下に直面したとしてもガミガミと叱るのではなくそういった時こそうまくフォローしてあげるよう出来ればと思っています。

自分が取った行動か必ず形を変えて自分の元へと返ってくると信じています。

 

ミスの原因を追究する③

男性
(男性40歳:製造業)

まずなぜ失敗したのか、なぜミスをしたのかを書き出します。

原因がつかめるまでこの作業は確実に行い、忘れないように記録しておきます。

ここまで出来たらその失敗やミスは一旦忘れます。

やってしまった事をずっと考えていても元には戻らないし取り戻す事も出来ないからです。

大切なのは繰り返さないで次回はどう進めていくかです。

同じようなケースは必ずまたあるため、その時に繰り返さない準備だけはちゃんとしておきます。

ただし、そのことばかりを考えているのではなく、必要な時に必要な知識と経験を積み重ねておき、必要な時にその知識と経験を取り出すことを心がけておきます。

一度成功すれば繰り返したり、更に進化出来るよう改良を重ねていく事も出来るはずです。

必要以上に落ち込まない事も大切です。

 

<スポンサーリンク>

 

3.忘れる

男性
(男性28歳:自営業)

仕事のミスで落ち込んだ際に立ち直るためにしている事や考え方は、ミスの再発防止策を練り、お酒を飲んで寝て忘れるようにしていることです。

私は挑戦することや仕事をする上でミスは付き物だと考えています。

ミスで落ち込むことは避けて通ることは出ないと思いますが、落ち込んでいるばかりではしょうがないと思いますので、次にミスをしないための再発防止策を練ることを心掛るようにしています。

そして十分に再発防止策に関して練ることが出来ましたら、立ち直るためにミスしたことをお酒を飲み、寝て忘れるようにしています。

これが一番の効果がある方法だと思います。

落ち込んでいる時間を考えてしまえば、忘れて次のことに切り替えることの方が適切だと思います。

 

4.思う存分落ち込む

女性
(女性28歳:飲食店)

ミスをしたら、私は落ち込みます。

なのでミスをしたその日、まず落ち込みます。

これは短時間で。

ずっと落ち込み続けるのはだめです、へこめばへこむほど無限ループに陥ります。

解決にはなりません。

それから何がいけなかったのかを自分なりによく考えます。

それが見えてきたらそのミスを修復するために徹する、もしくは今後どうすれば良いかなど+の方法を考えます。

1度-に思考を持っていったらあとは+に持っていく。

時間は戻らない、時間は足早に過ぎていくんだということを常に頭に思い描く、そうすることで時間を有効に使おうと思えるからです。

そして絶対にミスをして落ち込んだ気持ちや悔しさはずっと忘れない、でも次の日に落ち込んだ気持ちは持ち越さない。

ずっと忘れないのはそれをバネにして自分が成長できるからだと思っています。

持ち越さないのは、-思考でいることによってまたミスをしたりうまくいかなくなる気がするからです。

+思考でいることのほうがたくさんのメリットがあるからです。

 

思う存分落ち込む②

女性
(女性33歳:パート)

ミスなどで落ち込んだときは、その気持ちに任せていったんしっかり落ち込みます。

正直色々とネガティブなことも考えてしまいます。

が、負けず嫌いなところがあるのでとことん落ち込んだ後は、コノヤロー見返してやる!という気持ちで挽回できるように今まで以上に頑張る気持ちが湧いてきます。

そうすることで今まで悪い方向に考えていたこともポジティブになるし、ちょっと反抗的な気持ちであっても結果的にいい方向に向かうので、悪いことではないと思っています。

私はうっかりミスが多い欠点があるので、ミスをしたあとはとことん落ち込み、そのあとは一つでもミスが無いようにくまなく見返しや確認を行いようにしています。

ずっと落ち込んでいても仕方ないので、ある程度落ち込んだらしっかりと上を向くことが大事だと思います。

 

思う存分落ち込む③

女性
(女性37歳:看護師)

ミスのレベルにより落ち込み度は違いますが、だいたい私がおこなっている立ち直りをご紹介します。

思いっきりまずは落ち込みます。

泣くときもあります。

メソメソ泣くときもありますが、ワンワン泣くときもあります。

食べたり、飲みに行くこともあります。

一旦はこれで少し回復するのですが、スッキリはしない。

少し時間が経つと人間冷静に振り返ることができるものです。

私は時計を順番に戻します。

ここが問題だったを何箇所か探し、自分がおこなった行動を振り返ります。

この時、こう動けば、発言すれば、考えれば違ったんじゃないかを考えると次同じようなことが起きた時に同じことはしません。

1人で振り返るのが難しければ、関わっている人に助言をもらうと違う視点からの意見がもらえるので勉強になります。

人はミスするものです。

ミスしたあとにどう考え、行動をするかで成長が違ってくると思います。

 

5.心を落ち着かせる

女性
(女性29歳:SE)

とにかく、心がもやもやしているのが、整理してクールダウンすることを優先します。

マインドマップソフトで、何が嫌だったのか?どういったミスをしたか?原因や、対策をどんどん思いつくままに書いていきます。

そうすることで、心のもやもやが整理され、大抵のことは落ち着いた状態までもっていけます。

そのなかで、次に同じようなミスをしないように、対策をとるために、参考書籍を探して読んでみたり、先輩や上司に相談したりするようにします。

ただ、どう考えても対策が取りようがないし、むしゃくしゃする時は、ジョギングをいつもより多めに走って、汗を流すようにします。

血流がよくなると、嫌なこともどこかへ流れていってしまうような気がするので、スカッとします。

 

<スポンサーリンク>

 

6.頭を切り替える

女性
(女性39歳:専業主婦)

仕事で、ミスをしてしまった時は、かなり落ち込みますし、引きずってしまうのですが、いつまでも、暗い顔をして、落ち込んでいては、逆に周りの皆さんの迷惑になってしまうとも思うので、しっかり反省し、ミスをしてしまったことを自分の中でよく考えて、もう同じミスをしないように、頭を切り替えます。

それでも、またひとりになると、クヨクヨと気分が沈んでしまうのですが、それもやはり、時間が解決してくれるので、また気持ちを新たにして、仕事に対して集中力をもって、ミスをした分まで、仕事を取り返すくらいの気持ちで、頑張ります。

仕事をしている上で、大なり小なり、ミスは誰にでもあることだと思うので、大事なことは、その後の仕事対する姿勢だと思います。

 

頭を切り替える②

男性
(男性49歳:主夫)

まずは、素直にそのミスを受け入れる事。

また、迷惑をかけてしまった人がいる場合には、その人に心より謝罪する。

基本、ミスでトラブったとしても必ずやり直すチャンスは来る…。

その際には一層の集中力を持って業務に取り組む。

どんな辛いトラブルであったとしても、他人のせいにしない事。

他人の悪口を言わない事…それは最低限のマナー。

基本、必ずやり直すチャンスはあるので、異常に落ち込むのではなく、やり直すチャンスの時にどういうう事をして、名誉挽回をするか…自分の仕事で依頼者に笑顔になってもらい喜んでもらうか…等々プラスのイメージをする。

あと、ヤケ酒…だけは絶対にしない事。

ヤケ酒は更に墓穴を掘ってしまう事が多いと思いますので絶対にしない事を提言します…。

 

7.自分で考える余裕を作る

男性
(男性41歳:介護士)

まず、他人との距離をとります。

あまり話をしたりしないようにします。

仕事に割り込まれたり、自分のペースを見出せれてごちゃごちゃと干渉されないようにします。

また、ミスをした仕事から距離をあけます。

落ち込むくらいミスした仕事にこだわると余計に失敗すると思うので。

そして基本的で作業的な仕事を一人で黙々とやるようにしています。

あえてゆっくりと一つ一つ丁寧にやっていきます。

仕事のリズムを取り直すようにするつもりでやっています。

また、出来ることを、見つめなおすようにしています。

これも出来る、あれも出来るという感じで、自分の出来る事を構成しなおすようにして、仕事に対する自信やくずれた精神面を建て直すようにしています。

 

8.ポジティブ思考を意識する

男性
(男性44歳:フリーター)

とにかく気持ちをどんな事をしてもいいのでポジティブシンキングに持っていく事に専念していた。

生きていてミスをしない失敗しない人なんて私自身聞いた事はないしそんなパーフェクトな人間は絶対いないと思っているので私の場合はとにかく次の日にいつものように落ち着いて業務に向かう事が出来るように持っていく事のみ考えて色々な事をした。

バッテイングセンターに行って無茶振りするくらいボール目掛けて振った事もあったし、勇気を出して1人カラオケに行き取り敢えず知っている限りの歌を歌いまくった事もあったし、パチンコに行って勝ち負けは度返しで全財産を使って台とにらめっこした事もあった。

発散するだけ発散して明日は大丈夫問題ないと思いながら眠りについて切り替える。

全部が全部上手く行ったということは勿論ないのだがこのやり方だけは変えずにやり通した。

それが正解かどうかは今になっても確信が持てないが他のやり方でも正解を導き出す術を私は知らないのでこの考え方で頑張りました。

 

まとめ

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

仕事上のミスは、大なり小なり誰にでもあることです。そして、誰でもミスをしてしまうと落ち込みます。

ミスを完全に失くすことは難しいですから、「いかに早くミスによるショックから立ち直るか」が重要であるのは当然ですよね。

今回は、みなさんに自分流のショックからの立ち直り方について教えて頂きましたが、大切なことは、”自分ならでは”の立ち直り方を見つけるということでしょう。

ぜひ上の方々の意見を参考にして、自分流の立ち直り方を見つけてください。

 

★こちらも読まれています

仕事が嫌すぎる!という方に提案する4つの対処法と経験談

飲み会に行きたくない理由8選と断り方まとめ

嫌いな同期との付き合い方3パターン

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

<スポンサーリンク>