仕事の失敗談20選まとめ!新人に失敗はつきもの?

仕事の失敗談

仕事に取り組んでいると、「失敗」は当然のように起こりますよね。

失敗は、成功の元とも言われている程に重要なものです。

しかし、大きな失敗をしてしまった直後は、なかなか次の成功をイメージ出来るほどの余裕なんて持てないものです。

「こんな大失敗をしてしまうのは、自分だけなのではないだろうか」と不安になってしまうこともあるでしょう。

しかし、誰しもが仕事で大失敗をした経験を持っているのです。

そこで今回は、「あなたが今までに経験した仕事の中で、最も落ち込んだ失敗談を教えてください。また、どうすればその失敗を避けられたと思いますか?」というアンケートを20人の方々に行い、各々の体験談を教えて頂きました。

仕事の失敗で落ち込んでいるという方は、参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

失敗談:1

女性
(女性22歳:工業会社の一般事務職)

仕事内容を覚えたての頃、大事な取引先の方のお名前も憶えられておらず、電話を取ってもお名前と要件を聴いてすぐに先輩に代わっていた程度でした。

その頃、会社に自分以外が出払っていて誰もいない時がありました。

大事な取引先の方から電話がかかってきたのですが、社長と仲の良い方だったらしく、イタズラの様な対応をされたのでどなたなのか分からずに電話を切ってしまいました。

その後、帰ってきた先輩にその事を伝えたのですが、気にしなくて良いと言われました。

が、社長にはこっ酷く説教をされました。

今でもあの時の対応はどうすれば良かったのかわかりません。

 

失敗談:2

女性
(女性23歳:雑貨屋)

私が仕事先で最も落ち込んだ失敗談です。

雑貨屋で接客をしていた時、おじいさんとおばあさんが、ケース内の高い商品を指差して『〇〇〇〇〇ント!』と言い、手振りがプレゼントの形に見えたので私がそれをプレゼントだと思い、ラッピングをして渡しました。

そしたらおじいさんおばあさんが何かを言ってきたのですが、私は理解できず困っていたら店長が助けてくれました。

店長がその方たちの言葉を聞くと、『ディスカウント』と言っていたみたいで、その時言葉が分かったとしても、私はディスカウントの意味を知らなかったので、恥ずかしいのと申し訳なかったので胸がいっぱいになり落ち込みました。

高校を卒業してから勉強はしていなかったので、共通の英語くらいは勉強しておけば良かったなと思いました。

 

失敗談:3

女性
(女性24歳:製造業、技術職)

入社1年目にマシンオペレーターをしていたのですが、機械の操作を誤って刃物を折ってしまったことがありました。

その刃物は1本10万円もするものだったので、とてもショックでした。

周りからはしょうがないよとか大丈夫だよと言われましたが、気にしてしまいました。

私がぼーっとしていたのが原因なので、製品一つ一つを加工する時にもっと慎重になるべきでした。

また、入社してすぐのことだったので、わからないことはもっと先輩社員に聞くべきでした。

 

失敗談:4

女性
(女性25歳:配達業)

今は専業主婦をしておりますが、その前は配達業をしておりました。

その時に経験した失敗談を書かせていただきます。

配達は商品を確実に届けることも大事ですが、それと同じくらいに「早くお渡しする」ことも大事になってきます。

なのでトラックを降りて、少し駆け足でお家の玄関までいくことがほとんどでした。

ある日、いつも通りに受取人の商品を持ち、玄関までいこうとトラックを降りて駆け足で進みました。

門を潜りぬけたその時、後ろでパリーンといくつかの陶器物が割るような音がしたのです。

そうです。

駆け足で抜けた時に、通り道の脇に飾ってあった鉢植えに気づかずに手が当たってしまい、落として割ってしまったようでした。

その音を聞いた奥様が出てこられて、現状を見た瞬間にそれはもう大層叱られました。

何度も「これがいくらしたか分かってるの?」「責任感がないんじゃない?」と言われ、申し訳ない気持ちと初めてのことで戸惑う気持ちがいっぱいにって、お叱りを受けながらわんわん泣く私。

そんな私のあまりの泣きっぷりに後から来た旦那様が宥めてくださり、後日会社が弁償とお詫びの品を持っていくことでその日は解放されましたが、流石にその日からしばらくはずっと落ち込んでました。

立ち直るきっかけをくれたのは上司の存在です。

私は上司に恵まれていたようで「今後は注意して配達しなさい」の言葉だけで、落ち込む私を特に叱るようなことをしませんでした。

そのおかげでより今後は気をつけようという意識が持てた気がします。

後日2人で謝罪に行った時も帰りの車内で「そんなに高いものなら外に置いておくなっつーのな」と毒を吐きながら私を笑わせてくれました。

結婚を期に仕事は辞めてしまいましたが、今でも私を励ましてくれた上司には感謝の気持ちでいっぱいです。

配達のお仕事も最後まで嫌いにならずに、一生懸命やりとげることができました!

 

失敗談:5

女性
(女性26歳:飲食店での接客のアルバイト)

高校生の時の初めてのアルバイト時代のことです。

しゃぶしゃぶとうどんのお店だったのですが、お盆の時期でとても忙しくさらにピークの時間帯にお客様が帰られた後の片づけをして裏に食器等を乗せ、これでもかと積んだ台車をお客様のいるフロアのど真ん中で台車ごとひっくり返した時が一番落ち込んだ出来事です。

よりにもよってピークの時間かつ近くのお客様の一人に怒鳴られてしまい、涙腺も崩壊してしまい、そんな自分にも情けなく、なのに店長をはじめパートの方々がフォローしてくださり、それもまた申し訳なかったことを鮮明に覚えてします。

その後年齢を重ね就職後、色々失敗してもこの時ほどお落ち込むことはなかったので、この出来事はある種のトラウマとなっています。

何故こんな大惨事になったかと言えば、単純に私自身のキャパオーバーでした。

もともとそそっかしいのに忙しさに焦り、不注意で躓きひっくり返したのです。

どんなに忙しくても、平常心というのは中々実行するのが難しいです。

片隅にでも頭に置いておくのを実践しています。

 

失敗談:6

女性
(女性26歳:ソーシャルゲームのバグチェック)

ソーシャルゲームのバグチェックのバイトをしていました。

項目ごとに端末を操作をして異常がないかどうか調べるのですが、よく確認せずにゲームの日時を変更してしまい、何十人の人の端末上の日時を変更してしまって迷惑をかけてしまいました。

自分のだけではなく、全員のが連動しているとは思いませんでした。

全くの無知の職種で不慣れだったとはいえ、確認を怠たらずにすべきでした

それ以来トラウマになり、結局そのバイトは辞めてしまいました。

向き不向きがあるバイトだと思いました。

 

失敗談:7

女性
(女性26歳:塾講師)

やや難しい内容の授業を教えることになり、何日も前から予習をしたり、授業の練習を繰り返していました。

プリントも何回も作り直し、分かりやすいと生徒に思ってもらえるように準備を整えていました。

しかし、いざ本番でその授業を行なうと、ほとんどの生徒は携帯をいじったり、つまらなさそうにしていました。

頑張って授業を作ったつもりでしたが、生徒の求めている授業をすることができず、とても落ち込みました。

本番前に、一度上司に授業の練習を見てもらえば良かったです。

 

失敗談:8

女性
(女性28歳:小売販売/接客業)

お客様が3万円近い高価な買い物をされた際、商品に不備があり精算を取消する事になりました。

返金処理の最中”クレジットカードで精算された商品”という事に気がつかずに『現金を渡して』しまい、二重支払いに。

クレジットは取消されてプラスマイナスゼロですが、渡さなくて良い現金3万円を渡してしまったので当然レジはマイナス3万円になります。

気が付いた時には顔面蒼白、上司に直ぐに連絡しましたが心臓がバクバクしました。

その後、お客様に事情を説明し御宅まで出向いて返していただきましたが、大変な利益損失を起こしてしまう所でした。

完全に自らの確認不足というのが一番ですが、その後レジのシステム自体が変わり、全国に何千店舗もある大手企業ですが、自らのミスでクレジットカードの返金は注意書きが出る様になりました。

周りの方とも連携する事を覚えました。

 

失敗談:9

女性
(女性28歳:販売職、アパレル)

顧客様が来てくれて、名前をど忘れして、名前を呼べなかった時にとても悔しく、ちょっと待ってもらって名前を調べに顧客様の書類を見に行ったりしたことがあって、顔見てすぐ名前を思い出さないといけないのに失礼な事したことです。

お客様には分からないですが、来店されてすぐに「〜さん!」とか名前を呼ぶのが普通なのですが、その時は言えず落ち込みました。

それからは、絶対そんな事がないように、顧客様の名前は必ず把握するように全てメモしてる書類を見直しました。

 

失敗談:10

女性
(女性30歳:歯科衛生士)

患者さんに怒鳴られた時が一番落ち込みました。

保険証の確認するのを忘れてしまい、確認したいのでもう1度見せて欲しいと電話で話した所、「どうしてそんなことをしないといけないのか?何か調べられているようで気持ちが悪い」とずっと大声で怒鳴られたことです。

確かに私の確認ミスなのですが、ただ保険証を見せてくれるだけでいいのに、「そこまでグチグチと何分間も怒ることなのか?」と理不尽さを覚え、とても悔しくて涙が出ました。

 

失敗談:11

男性
(男性36歳:引っ越し業者の作業員)

個人宅の引っ越しを請け負って順調にさぎょうを進めていたのですが、ウォーターサーバーを抱えて細い階段を降りる際に足を滑らせて転落させてしまいました。

かなり上から落下したため、ウォーターサーバーは無惨にもタンクのみを残してバラバラに砕けました。

慣れた仕事でもありましたし、お客様のものを壊すことは言語道断だと知っていた私は、しばらくの間は自分の怪我の痛みも忘れていました。

実際のところは物損事故は年に数回は起こることのため、さほど珍しいことではありません。

だからこそ、大きな荷物は二人で運ぶべきですし、そうしていれば失敗はなかったと考えています。

 

失敗談:12

女性
(女性36歳:レンタル衣装の接客営業)

新郎新婦が結婚式で着る衣装のレンタルショップに勤めていた時のことです。

ドレスに一目惚れしたとのことで、衣装はすぐに決まりご契約頂いていました。

そのドレスは新作というわけではなかったので、他のお客様が袖を通したりもしていたと思います。

結婚式当日、披露宴に入場する前、美容室の先生が衣装を着せている時、背中のファスナーが噛んでしまい、完全にファスナーが壊れてしまいました。

壊れた後、すぐに駆けつけましたが時間内に修理するのは難しい状況だったので、応急処置をしてストールを羽織って入場して頂きました。

ファスナーの老朽化に気がついていれば、取り替えた状態で結婚式に準備できていれば、失敗は避けられたと思います。

 

失敗談:13

男性
(男性37歳:会社員)

昨年のことでした。

上司に、「このままの状態で頑張れば、早めに昇進することができるよ。そのために、社内評価を高めるように。」言われていました。

仕事の業績自体は上々で、周りからの評価も良かったのですが、一度だけ会議があることを忘れていて、欠席してしまいました。

正直、私が昨年したミスはその一度だけだったのですが、年度末の社内評価を見てみると「B」評価でした。

所属部内での評価はAだと部長から聞いていたので、安心していたのですが、うちの社内は最終的に更に上が決めるので、その会議の欠席がマイナスとなったようです。

悔やんでも悔やみきれません。

 

失敗談:14

女性
(女性38歳:事務)

仕事でお金を扱ったりもしていたので、会社の車で度々銀行に行くことがあったのですが、その銀行の駐車場は狭くて駐車しづらい所でした。

いつもは前進で出れるように駐車するのですが、その日は急いでいて、そのまま前から入って駐車しました。

そして用事が済んで車を出す時、何故か前ばかり気にして後ろはほとんど見ずに後進してしまい、隣に駐車していた車にぶつけてしまいました。

会社の上司と保険会社に連絡し、ぶつけた相手にひたすら謝り、上司にも叱られ、落ち込みました。

急いでいても車の駐車は常に前進で出れるように停めようと強く思いました。

何日か落ち込みましたが、起こったことは仕方ないので、これからは気をつけようと開き直りました。

 

失敗談:15

女性
(女性38歳:学童の指導員)

学童指導員として仕事をしていた時、自分たちで家に帰る子供たちと親が迎えに来る迎えに来る子供たちに分けて帰りの支度をさせていたのですが、親の迎えを待たなければいけなかった新一年生を誤って一人で家に帰してしまいました。

気付いた時にはもう遅くて慌てて追いかけましたが間に合わず、生徒が遠方の自宅まで無事に帰宅出来るのを祈るばかり。

後ほど連絡がついて何事もなく帰宅出来たのを確認しましたが、保護者の方には平謝りする事態になりました。

あんなに肝を冷やした失敗は他にありません。

あれ以来二度と同じ失敗をしないよう、子供の帰宅時はチェックを三重にするように徹底しています。

 

失敗談:16

女性
(女性40歳:スチールメーカー)

スチールメーカーの営業事務をしていました。

お客さんからの発注データを工場に流すのが主な仕事でした。

私は、ダブルチェックをしたにも関わらず、発注数のケタを間違い。

工場にど偉い数の生産をさせてしまいました。

お客さんへの出荷の時点で間違いに気付き、ある日何気に出勤した私は、営業さんから大目玉。

一気に目が覚めました!

幸い、在庫商品として安く先で売って貰う事になりましたが、本当に申し訳無い気持ちと気が引き締まる事件でした。

 

失敗談:17

女性
(女性40歳:貿易事務)

日本からの輸出業務を担当していた時に、海外からの注文納期を間違ってしまい、日本メーカーに発注してしまいました。

数量も多かったので、海外サイドの工場の生産ラインにも影響を及ぼしてしまいました。

結果、私の会社で費用を自己負担して航空便で商品を送ることで、海外の生産ラインを止めずにすむことができました。

海外から注文がきた時点で納期をダブルチェックしておけば、このような問題は起こらずに済んだと思い、反省しました。

 

失敗談:18

女性
(女性42歳:サービス業(飲食))

20年ほど前、学生寮の食堂に勤務していたたときのことです。

朝食に使うパンが前日の夕方に届くことになっていたのですが、定時に来ませんでした。

業者に確認すると、発注かかっていないとのこと。

大至急特便を出してもらうらうことになり、当日のオープン時間ぎりっぎりで何とか間に合いました。

発注表は所定のところに置く決まりでしたが、棚に荷物を載せたままの人がいたのです。

業者の人は気づかずにスルーとなっていたようです。

そのあとは棚ではなく、納入棚の横にクリアファイルを取り付けて、その中に入れることにしました。

その後は凡ミスをしなくなりました。

幸い大事に至りませんでしたが、今でも夢でうなされることがあります。

 

失敗談:19

男性
(男性44歳:パチンコ屋の中間管理職)

今は辞めてしまいましたが、以前パチンコ屋の主任として働いていました。

その日の営業終了後、交代で売上を近所の貸金庫に持って行くのが最後の仕事です。

油断していた自分が悪いのですが、強盗に襲われたのです。

2人組に囲まれ包丁を突きつけられ、バッグごと約700万円の売上を奪われてしまったのです。

幸いケガはなかったのですが、声も一切出せずにただ身体が固まって動けませんでした。

その後警察や会社に自作自演ではないかと疑われ、結局辞めてしまいました。

大金を夜中に一人で運ばせる会社が悪いと思います。

 

失敗談:20

男性
(男性52歳:運転手)

お客さんの荷物を破損したときです。

きちんとトラックに積むときに荷崩れとか転落防止とかいろいろ気配りしたら防げたかもしれない。

特に割れ物注意や取り扱い注意とかの荷物は積み込む場所とか考えて積むとか工夫したら破損は防げたかもしれない。

特に走行中に急ブレーキや急発進など走行中のトラブルもあるのでそういうときでも荷物が破損しないように工夫して積み込みをしたら破損は防げたかもしれない。

創意工夫で破損は少しでも少なくできます。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

仕事のミスで落ち込む!そんな時に立ち直る方法8選!

仕事で疲れた時は何してる?仕事疲れを癒す解消法14選!

仕事が嫌すぎる!という方に提案する4つの対処法と経験談

嫌いな同期との付き合い方3パターン

<スポンサーリンク>