親戚付き合いのめんどくさい事と経験談15選!

親戚がめんどくさい

今回のテーマは「親戚付き合いの面倒くさい事とその対処法について」です。

親戚の方々と良い関係を築くことは、日常生活で困ったことが起きた時や子育てで悩んでいる時などに、大いに役立ちます。

そのため、一般的には「親戚付き合いは大切にするべき」だとされているわけですが、やはり「面倒くさい」と思ってしまうこともありますよね。

そこで今回は、15人の方に「親戚付き合いの面倒だと思う事を教えてください。また、どのような事に気をつけていますか?」というアンケートを行い、親戚付き合いのめんどくさい事とその対処法についてまとめてみました。

親戚付き合いで精神的に疲れているという方や、なかなか親戚付き合いについて周りに相談出来ないという方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

経験談1

女性
(女性26歳)

田舎だからというのもありますが、やはり何かある度に親戚が集まって顔を合わせることが面倒です。

嫌いな人とは親戚でも付き合いをしたくないものですが、田舎ではそうはいかず正月やお盆などは必ず会いますし、お祝いなどがあると呼ばなくては行けないし、呼ばれるため必ず会います。

顔を合わせる機会が何かと多いのは面倒です。

また、嫌なことや理解出来ないことがあってもあまり強くは言えないことです。

やはり親戚で田舎などで付き合いはずっと続きますし、嫌なことがあっても、関係を続けていくには我慢していい顔をしていないといけなく、カッときやすい私はそこだけ気をつけています。

 

経験談2

女性
(女性28歳)

お盆や年末年始の挨拶、お年玉やお祝い事のやり取りが面倒だと思います。

冠婚葬祭は別として、小学校の入学祝い貰ったからあげないととか兄弟がいっぱいいるとお年玉の総額がどうしても高くなるので、その分相手には1人あたりの額を増やして同じ位の金額のやり取りになるように気を使っています。

また、それならいっそ無くしてしまえばいいのではとも思うのですが、自分が子どもの頃もらって嬉しかったことを思えばそうもいかないのも分かります。

ただ、気の遣い合いや相手の出方の探り合いかとても面倒だと思います。

付き合いなのでやりますが。

 

経験談3

女性
(女性28歳)

やはり、近況報告です。

私が大学生3年~4年の時、就職氷河期でした。

私と同年代の親戚はおらず、この就職氷河期の苦しみはなかなか理解されず、胸に刺さるような言葉を言われました。

就職が簡単に出来た世代の人達に何を言っても無駄だとは感じでいたので、あまり連絡には応じないようにしていました。

家も離れているので、連絡に応じなければ関わらなくて済むのが良かったです。

連絡が来ても、母親には適当に流してもらうように頼んでました。

現在は、何とか都内で一人暮らしが出来るくらいの独立は出来ました。

また、安定した途端あまり連絡は来なくなりました。

多分、もう少ししたら「まだ結婚しないのか」とまたプレッシャーをかけられると思いますが、今の所は平和に過ごしています。

 

経験談4

女性
(女性29歳)

家の祖母の葬式があったのですが、そのうるさい親戚の人が「ああしたらいい」「こうしたらいい」と家のおばあちゃんの葬式なのに、まるでその親戚の人が自分の子供かのように振る舞っていたら、家の父がキレてしまいました。

ちょっと不謹慎な言葉もあったので当然の事だと思いました。

しかし、そのうるさい親戚の人が、葬式が終わってからも電話で「この方がきっと良かった」とかいつまでもしつこく意見を言ってきて、もう疎遠になりたいなと思いました。

めんどうな口出しは勘弁して欲しいです。

 

経験談5

女性
(女性30歳)

やはり、義弟嫁にプライベートを根掘り葉掘り聞かれることです。

こちらをすごく意識されてて、いつもブランド物の鞄を見せつけるかのように置いてみたり、結婚指輪のブランドを聞いてきたり、「どんな生活をして、どんな家に住んでいて、間取りは?」など聞かれたりとかなり面倒です。

私は、義弟嫁の事はまったく気にもしていないのですが、毎回そのように対抗してくるので、義実家に行くのが嫌でたまりません。

姑や旦那が一緒にいる時は聞いて来ないので、なるべく一緒に行動してモヤッとさせられる質問が出来ないように行動しています。

 

<スポンサーリンク>

 

経験談6

男性
(男性30歳)

直接連絡先を知っている親戚はいませんし、あまり頼られるほうでもないので普段は特に面倒はありませんが、法事や年末年始の集まりなどでは、その「場」にいなければならないので息が詰まるような思いをします。

ずっと寡黙に接してきたので、「今さら世間話もなあ・・・」と思ってしまいますし、同年代の親戚もあまりいないので居心地はあまりよくありません。

ただ、嫌いな訳ではないので、そのような場面では親戚の子供の面倒を見たりしています。

幸い子供には好かれるので、それを自分の役割としてやり過ごしています。

 

経験談7

男性
(男性36歳)

年賀状やお歳暮を送るのがめんどくさいです。

普段会うことがないので仕方ない部分もありますが、なければ楽になると思います。

また、何年かに1度会うと、話の終わりが見つからないのも困ります。

普段の生活共通点がないので、同じ昔話を聞くことくらいか出来ないですし、おじいさん達の武勇伝や自慢話をこれでもかというくらい毎回聞かされるので面倒です。

ただ、本人達はそれが気持ちいいみたいなので、必ず嫌な顔しないで、相槌し話を盛り上げるように気を付けています。

 

経験談8

女性
(女性38歳)

面相だと思うところは、うちの父が長男で跡取りなため、いつも父の兄弟家族をもてなす側でうんざりします。

お盆やお彼岸、法事など、仏様のために色々準備をするのはもちろんのこと、親戚のために食事を準備したりお茶を出したり忙しいしお金もかかります。

「同じ兄弟なのに、どうして長男家族だけがやらなければならないのだろう。」とずっと思ってきました。

しかし、気が利かない娘だと思われるのも嫌なので、母と一緒にテキパキと親戚をもてなすように心がけています。

 

経験談9

女性
(女性39歳)

叔母は地元ではなく県外に住んでいますが、法事などがあると地元に帰ってきます。

法事ではいくら仲の悪い母と叔母でも、お互いに顔を合わせなければなりません。

そういう時に親戚付き合いが面倒だと思います。

また法事などの行事前になると、母の心身のバランスが悪くなり易くなります。

数年前は、プレッシャーがきっかけで体調を崩し入院した事があります。

ですから日頃から母の様子をみて、母の不安やプレッシャーを取り除くように気を遣ってます。

 

経験談10

女性
(女性39歳)

親戚の集まりがあると、食事、お酒の用意、お酌までしないといけないのが面倒です。

男連中は飲み食いして騒いでいるだけで、全ての片付けをしないといけないのがしんどいです。

子供たちははしゃぎ回っているので、気をつけて見ていないとケガでもされると大変なので目を光らせています。

お年寄りの話し相手にもならなくてはいけないので一向に気が休まりません。

しかも頻繁に集まりがあるので本当にストレスが溜まります。

また近々行かなければならないので憂鬱です。

お年寄りを嫌いになる理由と苦手な所8選まとめ!

 

<スポンサーリンク>

 

経験談11

男性
(男性43歳)

冠婚葬祭の際に「誰を呼ぶのか?」「席はどうするのか?」などを考える際に「面倒くさい」と感じます。

皆が仲が良いというのは稀なケースですが、こんなことを考えるくらいなら、いっそのこと行事を家だけでやれば良いとすら思ってしまいます。

過去に親戚の結婚式で、仲の悪い親戚同士が同じテーブルになってしまい、非常に気まずい思いをしたことがあります。

「こんな気まずい思いをするなら行かなきゃ良かった」「何も考えないで席を決めたの?」とお祝いの席で考えたくもない思いをしました。

 

経験談12

女性
(女性45歳)

自分の思い通りに私達を動かそうとする親戚が多くて困っています。

親が子供を思い通りにしようとするのと同じで、他人であれば要求しないことまで要求してくるので面倒です。

親戚であっても、もっと個人を尊重して欲しいと思います。

葬式の時に取った行動、例えば事情があって早めに帰ったことで口うるさくあれこれ文句を言われたことがあります。

こちらは何も言わないのに、色々言われるばかりでストレスがたまりました。

なるべく距離を置き親しくならないように気をつけています。

 

経験談13

女性
(女性49歳)

お盆、年末、連休など家族とどこかに出かけたいものですが、主人の実家に行って親戚の相手をするのが当たり前のようになっていること。

主人は自分の懐かしい人や親、兄弟といれるので悪くない気持ちでしょうが、ハッキリ言ってこんな誰なのかもわからない人達と貴重な休みを一緒に過ごすくらいなら、家で子供と昼寝してる方がまだ人間らしいと思う。

飲んで酔っ払った男らをなだめるながら車で家に送り届けるのも嫁である私の役目。

親戚達とひとつ屋根の下で同じ時間を過ごす事その物が面倒くさい。

 

経験談14

女性
(女性56歳)

主人の地方の風習と自分の生まれ育った実家の地方の風習とが違う事が多々あり、まごつきます。

たとえば、お盆法要などの仏壇の祭り方など全く違います。

同じ仏教でも宗派によってさまざまなのです。

主人の実家に行く際は、その地方の風習や宗派の行事の行い方を事前に予習しておきます。

一人間違った作法をしてしまうと注意されますから。

とにかく離れたところで暮らしていますから、年に一回あるかないかの行事が忘れたころに行われるので、日頃から前回はどうだったか、とか次は何回忌だからこうだ、とか考えておくようにしています。

最近思いついたのですが年忌法要などの時に写真や記録を細かく残すようにしておくと、次回の予習に役立ちます。

親戚の方々のその時の近況なども記録しておきます。

そうすると次回にお会いした時に何となく会話がスムーズにいくのではないか、と思います。

 

経験談15

男性
(男性62歳)

特に面倒だとは思いませんが、冠婚葬祭のお付き合いが大変ですね。

葬式のようなことは突然のことですし、本当に多くの親せきが集まると、どの様な親戚かもわからない時や上下関係などで困ることがあります。

近い親戚だとお金も多くかかりますし、その後の法要などでもお金が掛かかりますからね。

しかし、一族がそろうのはこのような冠婚葬祭時しかないですから大切にしています。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

嫌いな親戚との付き合い方と経験談15選!

うざい姑と上手く付き合っていく方法と注意点(経験談)

義父を嫌いな理由12選!付き合い方の注意点は?

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

<スポンサーリンク>