出産が怖い!不安を失くすためのアドバイス15選まとめ

出産が怖い

今回は、「出産の恐怖や不安を和らげるためにはどうすればいいと思いますか?」というアンケートを15人のママさんたちに実施し、「出産に対する恐怖や不安」をテーマにまとめてみました。

みなさん、出産に対する様々なアドバイスをしてくださりました。

 

「出産ってかなり痛いんでしょ?」

「出産が怖い・・・。」

 

と不安を抱えている方々の参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

 

1.恐怖は感動に変わります

女性
(26歳:初産時24歳)

今まで体験することができなかったことを経験するのは悪いことではないと思います。

なのであまり陣痛や出産に対して構えるのではなく、むしろ予定日が近くなっても全く気にしないほうが精神的にはかなり楽です。

今の時代、スマホでなんでも調べられますからついつい陣痛の痛みはどんなものかとか、出産までどれくらい時間がかかるかとか調べたくなると思います。

ですが、そんなの十人十色です。

痛みが全くない人もいれば、短時間でポンと産めちゃう人もいるので全く参考になりません。

出産時の呼吸法とかもそうです。

書いてある通りにできる人なんていません。

自分と赤ちゃんが楽に呼吸できればそれで良いんです。

本番となればそこまで頭が回りませんから、助産師さんや立ち会ってくれる旦那さんに助けてもらえば良いのです。

身構えれば身構えるほど損だと思います。

恐怖なんて生まれてしまえば感動に変わりますから。

 

2.苦しいのは自分だけじゃない

女性
(27歳:初産時24歳)

私も出産予定日が近づくにつれて恐怖や不安が増していきました。

でも「やっと赤ちゃんに会える」、「早く会いたい」など楽しみな気持ちももちろんありますよね。

なので、とにかく「赤ちゃんと会えるのが楽しみ!」とだけ思うようにしていました。

それと、自分の母や祖母、近所のおばさん、友人、多くの女性が経験していることです。

テレビでよく見る大家族のお母さんなんて何人も出産しています。

10代で出産した若いお母さんもいます。

そう考えると、「自分もきっと大丈夫!」と自信を持てるようになりました。

そして妊娠中、助産師さんから言われた「出産の痛みや苦しみはお母さんだけじゃない。赤ちゃんだって暗くて狭い道を必死に出ようと頑張るのよ。」という言葉がずっと胸にあり、私が怖がってる場合じゃないと思えました。

 

3.赤ちゃんも頑張ってる!

女性
(41歳:初産時30歳)

出産の不安でいっぱいだった私に、助産師さんはこんなことを言って励ましてくれました。

「出産の時、お母さんも痛いだろうけど赤ちゃんはその何倍もの力を振り絞って産道を降りてくるんだよ。頭が変形するくらいにね。だから、お腹が痛くて仕方が無くなったら産まれてくる赤ちゃんと一緒に頑張ってるんだって考えてごらん。」

初産の不安からとてもナーバスになっていたのですが、「出産はおなかの赤ちゃんと一緒にするものなんだ!」という気持ちになれたことで、出産の不安が和らぎました。

いざ出産という時になって、陣痛の痛みが押し寄せるたびに一生懸命に外に出ようと頑張っているおなかの赤ちゃんの事を考えました。

「赤ちゃんも頑張っている!一緒に頑張るんだ!」という強い気持ちで出産に臨めたことが、その後の子育てにもとても良い影響を与えてくれました。

助産師さんの励ましの言葉に大変感謝しています。

 

4.赤ちゃんの事を想像する

女性
(51歳:初産時24歳)

初産の時は、予定日が過ぎても産まれず促進剤の点滴、更に風船の様な物を使用しての出産でかなり時間がかかりました。

初めは、やっと子供と会える喜びで一杯でしたが、なかなか産まれず痛みより不安が募る様になりました。

とにかく心音は、聞こえていたので健康なんだと思い、この音を聞き産まれて来た時の事ばかり考えて過ごしました。

性別は分かりませんでしたが、女の子と決め込みどんな洋服を着せよう、あそこに連れて行こう、習い事は、何をさせようさせようなどと妄想して痛み、不安を忘れる様にしてました。

家族も周りにいてくれたので話に付き合ってもらいとにかく気を紛らしました。

結局、最後は、痛みに耐えられず無我夢中で何も考えぬまま出産してました。

関連:子育ての楽しいことは何?|経験者10人に聞いてみた

 

5.出産は痛いけど

女性
(28歳:初産時27歳)

「いつか終わる。いつか終わる。」と自分に言い聞かせてました。

陣痛は本当に痛いです。

でも、「これさえ乗り越えれば、可愛い我が子に会え楽しく幸せな毎日が待ってるんだ!!」と思って陣痛に耐えていました。

あとは、『新山千春さんの出産の動画』を見るとかなり勉強になると聞いていたので、YouTubeを見て勉強しました。

出産前に呼吸法の練習や体操などがあるので、それはやっておいた方がいいですね。

出産のイメージトレーニングも大事だと思います。

本を見ながら、この場合はこうでああでとかいろんなシチュエーションでイメトレしてました。

あと、陣痛中に旦那さんにはどうしておいて欲しいとかも伝えとくといいと思います。

手を握って欲しいとか腰をさすって欲しいとか。

あとホッカイロはあるといいと思います。

腰が痛くなるのでそこを温めるだけで違ってきます。

もうその時になったらなるようにしかならないので、頑張るしかありません!

みんな耐えてきたのですから、大丈夫です。

<スポンサーリンク>

6.気分をポジティブに

女性
(31歳:初産時30歳)

何もしていないと様々な想像、考え事ばかりをして不安が大きくなることがあります。

わたしはお笑いが好きなので、明るい気持ちになるように過ごしていました。

また、気分転換に散歩をしたりなどをしていました。

体に負担がかからない程度に日頃から動いていると、赤ちゃんが下がってきやすいという話もきいたことがあります。

友達などから聞いた話で参考になったことは、音楽をきいたり好きなドラマや映画をみたりすることです。

気持ちが穏やかになるように過ごすど良いみたいです。

ある芸能人は陣痛中にさんまさんが出ている番組をみていたそうで、かなり気分が楽になったとききました。

初めての出産は未知の世界に飛び込むような感覚で不安もあります。

しかし、お腹の中の赤ちゃんも頑張って出てきてくれて出会える、その先の喜びを想像するのも大事だと思います。

 

7.出産は痛いけど一瞬です

女性
(31歳:初産時30歳)

どんなに恐れても、どんなに痛くても、どんなに辛くても生まれます。

自然に任せていれば、生まれます。

だから安心してください。

ちなみに、痛いです。

これまで経験したどんな痛みよりも、私は痛かったです。

眉毛に刺青をいれたときよりも、アンダーゾーンの脱毛の出力を上げられたときよりも、痛かったです。

けれど、終わります。

必ず終わります。

陣痛、苦しかったです。

けれど、痛すぎて一瞬です。

子宮口がひらくのにあと3時間はかから、と言われても、まだ何時、まだ何時、と指折り数えることもありません。

一瞬です。

痛すぎて。

眠すぎて。

だから大丈夫です。

女性の体は出産に耐えられるようできています。

痛いのも苦しいのも間違いないですが、一瞬でした。

だから大丈夫です。

 

8.赤ちゃんが聞いてるよ!

女性
(33歳:初産時29歳)

「赤ちゃんが聞いているよ!」と自分で強く思うことです。

私は29歳で初めて出産を体験しました。

陣痛は、想像以上に気絶しかけるほど辛く、陣痛を耐えながら涙が止まらないほどでした。

陣痛の波が来るたび、声を抑えきれずに「ギャァァァ・・・・!!」とか「痛い痛い痛い・・・!!」とか叫んでいたのですが、あるとき看護師さんに一喝されました。

「赤ちゃんが聞いてるよ!!」と強く言われ、ハッとしました。

そうだ、赤ちゃんが聞いている。

痛いなんて言ったら赤ちゃんが出てくるのを怖がってしまう。

一人で出産するんじゃない、赤ちゃんと一緒に出産をするんだ!と強く思うことができて、痛みも恐怖も不安もなくなりました。

それから出産を終えるまで一度も「痛い」など叫ぶことはありませんでした。

「赤ちゃんが聞いているよ!」と強く自分で念じれば、ひとりじゃない、と不安を払拭することができます。

 

9.不安や悩みを相談しましょう

女性
(33歳:初産時27歳)

私が臨月の時、出産の不安がピークで破水する夢をみたり、赤ちゃんを産む夢をみたりしました。

もちろん、どんな風に破水するのか、出産するのかわからなかったので今思えばおかしな夢ですが。

その当時、まだ仕事をしていたので、同じ職場の出産経験のあるママさん達に、夢をみること、不安に思っていることを相談しました。

そのママさん達も当時は私と同じ経験をしたこと、出産はとても痛いが、数ヵ月もすれば忘れてしまうこと、「そのママさんの友達もみんな同じ事を言っている。」と聞いて、

私だけじゃないんだ。みんな同じなんだ。

と思ったら、自然と不安が和らぎました。

とにかく、一人で抱え込まずにちょっとしたことでも何でも話を聞いてもらうのがいいと思います。

特に、出産経験のある方には、親身になって聞いてもらえると思います。

 

10.乗り越えられない試練は無い

女性
(34歳:初産時31歳)

子供を授かることができると、喜びと同時に不安を抱いてしまうものです。

特に初めての出産となると、何もかもわからない状況のため、不安で押しつぶされそうになることもあります。

初めてのことが多すぎて、またどんどん自分自身の体の変化に戸惑ってしまう場合も多くあります。

こういった出産を迎えることによる、さまざまな不安や恐怖を解消するためにはご自身のお腹に宿った命の大切さを考えるとそれらを和らげることができます。

お腹に宿った命は、本当に奇跡の連続です。

自分のお腹に宿ってくれたことに感謝し、子供が生まれてからのさまざまな楽しみや出来事を想像するだけでワクワクしてきます。

神様はその人のに乗り越えられない試練は与えないので、必ず乗り切れると自分を信じることが大切です。

<スポンサーリンク>

11.誰だって不安はある

女性
(35歳:初産時28歳)

『私と似たような体型の人がお母さんになっている』

『私よりあんなに痩せてるのに何人も産んでるんだ』

『私より小さな人でもしっかり産めている』

私の出産の不安が和らぐようになったのは、お店などを歩いているときに見掛ける、色々なお母さん達の存在のおかげです。

出産を乗り越えて母親になった人達を見ていると、『自分一人だけが特別なんかじゃない!みんな不安・恐怖は同じ!』という気持ちになり、不安が和らぐようになりました。

結局、女の人の体は、しっかり子供を産めるようなつくりになっているわけなので、あとは妊娠中の自分の体の管理には気を付けつつ、お腹の赤ちゃんの為にもリラックスして過ごす事が出来ればいいのではないかと思います。

『気持ち』の持ち方は、本当に大切な事だと思います。

母親になろうとしている人なら大丈夫です!!

しっかり乗り越えられます。

 

12.出産のイメトレをしておくと良いかも

女性
(36歳:初産時31歳)

初めての出産、「無事に元気に生まれてくれるかな」、「痛くないかな」と不安でした。

私が初めての出産時不安を和らげるためにしたことの1つは、妊娠・出産についての本を1冊読むことです。

出産の時の呼吸法についてや、赤ちゃんがどうやってでてくるのかも書かれていましたので、これを読み返し、当日こんな感じかなぁと何度も想像しておきました。

また、もう1つしたことは、赤ちゃんが一番苦しいということを忘れないことです。

「生まれてくる際、赤ちゃんは自分で体を回してでてくる。圧迫されることで大変苦しい。赤ちゃん自身も頑張っている。」という話を聞いていたので、自分が苦しい時、赤ちゃんはもっと苦しんでいる。

しっかり深呼吸して、酸素を届けて、赤ちゃんの手助けをするんだ、と思うようにしました。

おなかの中で頑張っている小さな命を意識することで、不思議と不安は和らぎ、つらい痛みも乗り切れました。

出産は赤ちゃんとの共同作業なんですね。

生まれた後も「痛ったー・・・い」と思わず言ってしまいましたが、元気に泣く我が子がかわいすぎて、無事に生まれてくれた安堵感で幸せいっぱいになりますよ。

無事ご出産されることを祈っております。

 

13.とにかく落ち着きましょう

女性
(41歳:初産時35歳)

なかなか赤ちゃんが降りてこなくて陣痛導入剤を使った出産でした。

痛みの強かった時間は3時間ぐらいだったと思います。

出産の恐怖や不安を和らげる方法ですが、私は呼吸法でした。

とにかく吸って吐いて、落ち着いて。を繰り返していました。

あとは、冷静になることです。

いくら痛くても、体がさける訳ではないし、もちろん死んだりもしないし、この痛みはいつか終わる痛みだと、理解しておくことが大切だと思います。

旦那さんの協力も大切です。

旦那さんが近くにいても痛いことには変わらないのですが、やはり少しは勇気が出ます。

痛くて絶叫するので意外とのどが渇きます。

飲み物を口に持ってきてもらうだけでも助かります。

お産は命がけです。

でもその後はご褒美が待っています。

美味しい食事とかわいい赤ちゃんが待っていますので、頑張ってください。

 

14.出産は一人じゃない

女性
(45歳:初産時29歳)

出産する時苦しいのはあなただけじゃありません。

赤ちゃんも一緒に頑張ってくれるんです。

赤ちゃんは、産道を通過する時、体を回転させて出やすいように協力してくれるんです。

すごいことです。

まだ生まれていないのに、お母さんが少しでも苦痛を和らいでもらえるよう、自分で工夫してくれるんです。

出産はひとりじゃありません。

生まれてくる赤ちゃん、そして病院のスタッフが全力であなたに協力するんです。

陣痛の痛みや苦しみは必ず終わりが来ます。

いつまでもその痛みが続くわけではありません。

この痛みを乗り切れば、あなたはお母さんです!人って、つらい時は励ましの言葉や応援、やさしさが重要だと思います。

私は初めての出産時に、一緒にいてくれた看護師さんに、もっと励まして~!と甘えちゃいました。

彼女は一生懸命私に声掛けを続けてくれて、どんなに心強かったことか計り知れません。

ご主人が立ち会ってくれるのなら、こんなときは私を励ましてねって事前に伝えておくといいかもしれません。

 

15.早く赤ちゃんに会いたいという気持ち

女性
(46歳:初産時27歳)

初めての経験はどんなことでも不安がつきまといますね。

27歳で最初の子を産みましたが、出産の恐怖というのはなかったです。

「とにかく早く自分の子に会いたい」と、それを考えていたような気がします。

お腹の赤ちゃんもお母さんに会いたいと思っているはずです。

赤ちゃんは一生懸命出てくるので、お母さんも一緒にがんばりましょう!そんな風に考えれば怖くなくなりませんか?

二人目を産むとき、陣痛で苦しんでいたのですが、弟から「ファイト!」って一言、短いメールがきました。

そのあと、なんだか元気が湧いてきて、母親としてがんばるぞ!と思うことができました。

これから赤ちゃんのお母さんとして、子どもを育てていくんです!

覚悟を決めて怖がらずに頑張って産んでくださいね!!

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

出産で恥ずかしいと感じた経験談10選!対策は可能?

子育てで辛いと感じることは何?|経験者10人に聞いてみた

専業主婦が暇な時間にしている事10選!おすすめは何?

パートが行きたくないほど辛い!そんなときの対処法とは

<スポンサーリンク>