卒乳後の寝かしつけ方法おすすめ4選まとめ

卒乳 寝かしつけ

私は現在4歳と2歳ともうすぐ1歳になる三人の息子を育てています。

現在三人とも卒乳(断乳)していますが、兄弟といえども、三人それぞれに個性がありますので、それぞれ卒乳後の寝かしつけは違っていました。

寝かしつけといえば、暗くした部屋で背中をとんとんしながら寝かしつけるというのが一般的だと思いますが、それでも上手くいかない時にためして欲しい、寝かしつけの仕方をいくつか紹介します。

お子さんにあった寝かしつけを見つけられるといいと思います。

<スポンサーリンク>

※この記事は寄稿です。

 

1.抱っこひもで寝かしつけ

寝かしつけ だっこ紐

これは、眠いと布団にもぐってしまう、日中の昼寝も抱っこひもで寝かしつけているという子におすすめの方法です。

暗い部屋で背中をとんとんしていると、自分も寝てしまって気付けば朝という事がよくあります。

「子どもを寝かした後、やりたい事もたくさんあるし、やっと一人の自由の時間なのにテレビも見れなくて・・・」

という時など、たまにですが私は抱っこひもで抱っこして、立ったままゆらゆらしながらテレビを見て寝かしつけをしていました。

たまには自分の見たいテレビを見ながら寝かしつけするのも、育児のストレスがたまらない方法だと思います。

 

2.おしゃぶりで寝かしつけ

寝かしつけ おしゃぶり

今までおっぱいを吸って寝ていた子にとって、卒乳後は口寂しく感じるようです。

現在4歳の息子が赤ちゃんの時、入眠する際、自分の指をしゃぶるのではなく、私の指をかむ事が多々あり、困っていました。

そんな時おしゃぶりを与えてみました。

最初は抵抗があるようで、すぐにぽいっと放り投げていましたが、毎日与え続けるうちに受け入れるようになりました。

おしゃぶりは歯並びが悪くなると言われていましたが、眠ると口からはずし、隠しておくと、日中おしゃぶりを欲しがる事はありませんでした。

そのうち、月齢が上がるにつれ、おしゃぶりがなくても眠れるようになりました。

 

3.家庭用プラネタリウムで寝かしつけ

プラネタリウム

これは、真っ暗な部屋が怖い子におすすめの方法です。

これは現在2歳の次男の時に実践していました。

次男は暗い部屋が怖く、部屋の電気をつけたまま寝かしつけをしていましたが、長男は部屋が暗くないと眠れないタイプでしたので、困っていました。

そんな時家庭用プラネタリウムの存在を知り、購入してみました。

インターネットで2000円程で購入しました。

プラネタリウムをつけると、長男も次男も大喜びで、「天の川はどれかな」などとお話ししながら寝ていました。キラキラ星を歌いながら寝たりもしました。

プラネタリウムをきっかけに星座にも興味を持ち、星座の図鑑を買った程です。

お勉強にもなるので、おすすめです。

 

4.バランスボールで寝かしつけ

バランスボール

これは我が家の息子達には通用しませんでしたが、友人の子はこれで一発で寝ると言っていました。

抱っこして、バランスボールに座ってぽよんぽよんしていると、振動が気持ちよく寝るそうです。

 

 

まとめ

寝かしつけの仕方を紹介しましたが、何をしてもダメな時はあります。

そんな時は寝かせようとするのではなく、眠くなるのを待つのが親も子もストレスが溜まらない一番の方法です。

少し暗くした部屋で、絵本を読んだり、遊んだりして、眠くなるのを待つのがいいです。

私も第一子の時は21時までには寝かさなきゃ成長ホルモンが出ない!と思い、必死に寝かせようとしていました。

夜お散歩に行ったり、自転車に乗ったり、車でドライブして寝かせた事もあります。

でも眠くない子を無理やり寝かせてもすぐ起きて、また寝かすの繰り返しです。

眠くなるまで待てば寝かしつけも一回で済みます。

日中たくさん遊ばせて、お昼寝を早めの時間にさせたり、お昼寝の時間を短くする。夕方寝をさせないなど、日中の活動で睡眠をコントロールするのもひとつの手だと思います。

 

こちらもどうぞ

保育園はいつから預けるのがベストなの?

ママ友ができないと悩んでいる方に提案する8つの行動

子育ての楽しいことは何?|経験者10人に聞いてみた

<スポンサーリンク>