定年後の過ごし方20選|貯金額が定年後に大きく影響する?

定年後 過ごし方

ここでは、定年後の過ごし方や定年後にやりたい事についてまとめています。

今回は「あなたが定年後に考えている過ごし方・定年後にやりたい事について教えてください。」というアンケートを20名に実施してまとめました。

幅広い年代の方々にお答え頂きましたが、みなさん経済的な事情から定年後の生活を考えている方が多いようです。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

定年後の過ごし方に対する意見まとめ

定年後の過ごし方1

男性
(男性 21歳)

自分が定年の場合、年金がどうなっているか定かではありませんので働いていると思います。

この時代は、恐らく平均寿命も今より長くなっているでしょうから、定年制の考え方も変わっていると思います。

なので、定年前から働いている会社に正規雇用されながら働きたいですね。

そうでなければ、非正規でも働きます。

また、いろんなところを旅行していきたいですね。

47都道府県を隅から隅まで歩いて渡りたいという夢があります。

自分の生きている間に成し遂げたいです。

 

定年後の過ごし方2

男性
(男性 21歳)

私が定年後にやりたいことは、今やってる職場でのアルバイトを定年した後でも元気にやりたいことです。

今私は地元の酒屋でアルバイトをしています。

学生である今だからこそだと思いますが、とても楽しくアルバイトをしています。

そして、程よく忙しい程度にお客さんがやってきます。

お客さんの車へビールケースを運んだり、また運送業者の運んできた商品を店頭へ出す仕事などがいいトレーニングにもなります。

アルバイトであれば、老後でも自分のペースで働かせてもらえるだろうと思うので、できればやりたいです。

 

定年後の過ごし方3

女性
(女性 25歳)

沖縄の離島でのんびり年金暮らしを送りたいです。

旅行で離島などに行くのですが、よく言われるように、時の流れがゆっくりでのんびり落ちつきます。

現地の人によく話を聞くのですが、旅行で離島が気に入って引っ越してくる人が結構いるみたいです。

私もその気持ちがわかるので、そうしたいなあと話すと、定年まで頑張って仕事をして終わったらくればいいと言われました。

皆せかせかしてないし、お金もかからなそうだし、のんびり過ごすには島がいいなと行く度に感じます。

 

定年後の過ごし方4

女性
(女性 27歳)

わたしは、定年後は今流行りの終活をしようと思っています!

もちろん旦那とゆっくりのんびり暮らしたい、ちょっと遠い地域に旅行に行ってみたいなどの願望もありますが、もし認知症になったり、介護を受けることになった場合に旦那やこどもに迷惑をかけたくないからです。

なので、終活をして自分の葬儀や亡くなった後のこと、財産や土地の相続などをあらかじめ決めておいて、尚且つ費用も貯めておけたら、旦那やこどもに最低限の労力で済むと思い、定年後はまず終活をしようと思います。

 

定年後の過ごし方5

女性
(女性 29歳)

夫とはスピード結婚し、すぐに子供を授かったので、デートらしいデートをしたことがありません。

今もお互い地元を離れて暮らしているので、子供の預け先がなく、夫婦二人の時間はほぼ取れないため、旅行も外食も、どこへ行くにもすべて子供同伴なので、定年後は夫婦二人でゆっくりと出掛けたりしたいです。

夫はお城巡りが趣味なので、今も観光がてら家族でお城を巡っているのですが、今度は二人きりで全国各地のお城を一緒に回りたいなぁと思っています。

<スポンサーリンク>

定年後の過ごし方6

男性
(男性 33歳)

とにかく、ゆっくりと誰にも煩わされることなく生活がしたいですね。

質素でもいいから、静かに生きていたいと思います。

本を読むのが好きなのですが、今は仕事などでどうしても後回しになってしまっているのが残念です。

ゆっくりとコーヒーでも飲みながら、日がな一日読書三昧に耽っていたいものですね。

それからもうひとつ、絵を描くことが好きなので、誰にも認められなくてもいいけど、納得のいく1枚が生涯のうちに描けたらいいなと思います。

 

定年後の過ごし方7

女性
(女性 34歳)

音大でピアノを専攻していたので、自宅で初心者向きのピアノ教室を開きたいと考えています。

1日2~3人くらいのゆとりのあるレッスンにして、ハノンやチェルニーはやらずに生徒さんが弾きたい曲をやらせてあげたいと思っています。

作曲も行っているのですが、定年したら時間も沢山出来るので曲作りもしたいですし、自費出版でかまわないから小作品集を出版したいと思っています。

仕事で忙しいと音楽に携わる機会も減ってしまうので、定年したら音楽漬けの毎日を送りたいです。

 

定年後の過ごし方8

女性
(女性 34歳)

旦那と一緒に、1年はのんびり過ごしたいです。

今まで行きたかったけど、行けてない場所に旅行したりもしたいです。

朝に喫茶店に行ってモーニングを食べたりして、ゆったりしたいです。

その後はボチボチ、旦那と2人で庭を耕して作物を育てて家庭菜園を楽しみたいです。

今は子育てなどで皆忙しく、なかなか集まれていないので定年後は友達夫婦を何組か呼んで、皆で料理をしたり、魚を釣りに行ったりしてバーベキューなどを楽しみたいです。

 

定年後の過ごし方9

女性
(女性 34歳)

子どもたちもそれぞれ独立していると思うので、夫婦水入らずで、行き先を決めずに日本各地を無期限でのんびり旅してまわりたいと思っています。

ご当地のおいしいグルメを食べたり、穴場の観光スポットを回ったり、たくさんの景色やそのまち特有のイベントを体験したりと、やりたいことを手当たり次第にしたいです。

お互いにラーメンがすきなので、47都道府県全てのラーメンも食べて味比べを楽しみたいです。

今までずっと誰かのために生きる忙しい日々におわれてきたので、老後は自分のために生きたいです。

 

定年後の過ごし方10

女性
(女性 35歳)

定年後は子育ても終わっているので、都会を離れて夫と静かにゆっくりのんびり過ごしたいと思っています。

贅沢な暮らしというよりかは、便利な暮らしがしたいですが、おそらく貯蓄もそんなにできてなさそうなので、夫婦で無理のないアルバイトをしているように思えます。

体力的に辛いかもしれませんが、家に引きこもっているより、外に出て働いているほうが生き生きしてそうな気がするので、それはそれでありなのではないかと思っています。

<スポンサーリンク>

定年後の過ごし方11

女性
(女性 36歳)

アメリカのグリーンカード保持者で現在日本に住んでいる者です。

定年後にはアメリカに戻って、コツコツ貯めたお金でフロリダ海外に家を購入して、そこで余生を過ごしたいと考えています。

ただ、アメリカには日本のような年金が存在しないので、自分で老後の資金を貯めなければなりません。

もちろん保険なども自分で描けなければならないので、そういう意味で、ある程度今働けるうちにお金を貯めたいと思っています。

一年中温暖なフロリダで老後を過ごせれば、これほど幸せなことはないと思っています。

 

定年後の過ごし方12

女性
(女性 40歳)

できるだけ裕福に暮らしたいと思っています。

といっても、あまり貯金もないし、どういった生活になるのかも想像がつかないのですが、結婚もしていませんし、一人で自由気ままにのんびりと暮らしたいと思っています。

田舎住まいはきっと無理だと思うので、そこそこ貯金して、なるべく街中に住んでいたいと思います。

できればかわいいペットでも飼って、たまに一人旅に出かけるという、一人だけどいろんなものを見て、楽しめる定年にしたいなって思います。

関連:独身の老後の不安とは?独身の方々12名の意見まとめ

 

定年後の過ごし方13

男性
(男性 40歳)

今現在、自分自身でもやりすぎだと思うくらい努力し、仕事に邁進しています。

ちょっと高めに90歳、寿命と考えて65歳から25年40年以上努力し続けて、それ以上頑張り続けるイメージが湧きません。

何もしないと言うより何もしたくないと言う方が正しいかも知れませんが、今現在の心境としては定年後は何もしたくないし、何も考えられないと言う方が正しいかもしれません。

ゆっくり定年後の自分自身のしたい事を考え、したい事を我慢しなくて良い定年後を送れるようにしていきたいと思います

 

定年後の過ごし方14

女性
(女性 42歳)

定年後にはすでの子供たちが独立している予定なので、夫婦共々健康で元気でいるのであれば、主人と二人で色々なところに旅行に行き思い出を作ってみたいと思っています。

結婚式も新婚旅行の行っていないことには後悔はないですが、主人と子育てが終わり働く時期も終わった思い出に、健康でお金に余裕があるならば、主人と近場でも短くてもいいので、二人が行きたい場所に旅行ができたらうれしいと思っています。

特にやりたい趣味などもないので、主人と二人でゆっくり暮らしていけたらと思っています。

 

定年後の過ごし方15

女性
(女性 43歳)

定年後に余裕ができたら、英会話を習得して、ハワイやオーストラリアに長期滞在して、現地の生活にふれてみたいです。

今は長期休暇が取れないので海外旅行へもいけませんが、友人がオーストラリアに住んでおり、現地の様子や情報をSNSで教えてくれます。

人生100年と言われる昨今、老後破産など暗いニュースを耳にしますが、第2の人生を謳歌できるよう過ごして行きたいです。

この年になり英会話が楽しいものだと気づけたので、この先の目標になります。

<スポンサーリンク>

定年後の過ごし方16

男性
(男性 44歳)

今は子供の教育費や生活費で大変なので、お金に余裕がありません。

旅行が好きでもっともっとオーストラリアやハワイなどにたくさん妻と2人で行きたいです。

あと国内の北海道や沖縄や温泉地にもたくさん行きたいです。

それと一人で各地の海に行き大好きな釣りを毎日やりたいです。

あとは一週間ぐらい何もしないで、ゆっくり図書館で借りた本を読みまくりたいです。

後は、可愛い孫と一緒に、ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどに行きたいです。

 

定年後の過ごし方17

女性
(女性 46歳)

現在も趣味等もないため、まずは元気で過ごせるように、趣味を見つけて習い事始めるのも良いですね。

後は、日々のんびりと静かな所で、過ごせたらそれでいいかなと思います。

孫が出来たら孫孝行がしたいです。

離婚後、仕事、仕事だった私は、母に甘え、娘にはとても寂しい思いをさせてきたとおもうから、その反省の気持ちもあるから、娘を支えていきたいです。

家族旅行らしいこと娘としたことも無いため、旅行も行きたいですね。

 

定年後の過ごし方18

女性
(女性 50歳)

自由な時間が増えるので、忙しい時に出来なかった事にトライしてみたいと思っています。

まず、年を取って字が汚いままだと恥ずかしいので、書道を習いに行って年賀状を綺麗に書けるようになりたいです。

そしてハーブが好きなので、たくさんの種類を育ててお茶や料理に使って楽しみたいです。

人の役に立つ事もしたいので、ボランティアもやってみたいです。

街や公園などの清掃をしている団体があるようなので、参加してみたいと思っています。

関連:年賀状を出さないという方々の理由20選!意味が無い?

 

定年後の過ごし方19

男性
(男性 58歳)

住宅ローンや子供のこともあるので働くしかないのです。

年金に依存することはでききません。

とにかく月収30万円は最低キープするような働き方をしないと、この先どうなるかわかりません。

国の財政もひっ迫しているので、今の預貯金をうまく取り崩しながら生活するしかないと思うのですが、そのためにも稼げるうちは稼いでおかないと健康上、よくないと思います。

しかし、そうはいっても有効求人倍率が高いとは言っても、老人ではなかなかないのが実態です。

 

定年後の過ごし方20

男性
(男性 60歳)

今までスポーツを特に野球を若いときから続けてきたので、これからも野球をしながら暮らしたいですね。

今は還暦の野球チームも多くあり、野球をする環境は整っているので、まだまだ野球をすることは可能です。

今まで一緒に行って来た仲間たちと楽しい定年後を過ごし、健康の為にも野球を続けたいと思います。

何も趣味のない世界は考えられないのです。

これからまだまだ伸びしろは有るのだと思います、野球は奥深いところが沢山ありますから頑張りますよ。

 

★こちらも読まれています

脱サラの失敗体験談と後悔した事15選!重要なのは何?

転職して後悔した理由15選!出戻りを考えてしまう環境とは?

人生でもっとも後悔している事は何?14名に聞いてみた

転職活動の辛い経験談20選!会社を辞める前に考えるべき事とは?

<スポンサーリンク>

関連コンテンツ