店長が嫌い!バイトを辞める前に考えるべき対処法4選

店長 嫌い

アルバイト先の店長のことが大嫌いだという方、多いと思います。

バイト仲間たちは良い人たちばかりなのに、ただただ店長がうざい!

バイト先で店長との人間関係ストレスを減らすためには、一体どうすればいいのでしょうか。

今回は、そんな悩みを抱える方々のために、バイト先の店長と出来る限りストレス無く付き合っていくための方法を、4つまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

1.店長よりも働く目的の方が大切

アルバイトを始めると、目上の方、特に社員の方や店長は特別な存在になります。

店長や社員の方々との関係もあくまで人間関係ですから、当然、その中で相性の問題はあります。

「あの社員の人は話しやすいから好きだけど、店長は怒ってばかりでどうも苦手だ。」

などと感じることもあるでしょう。

店長に対して一度でも苦手意識を持ってしまうと、そればかりが気になってしまって仕事が手につかないこともあるかと思います。

しかし、そんな気持ちでいると後々仕事でミスをしてしまって更に店長に怒られてしまったり嫌な気持ちになってしまう、という悪循環に陥ります。

それを防ぐには、まず第一に自分は何のために働いているのかを思い出しましょう。

きっとアルバイトを始めたきっかけは、「自由に使えるお金がほしい」「貯金したいから」など様々な理由があるはずです。

それを思い出して初心に帰り、店長という存在から気を逸らして目的を持って働くことで、はじめて前向きに仕事に取り組むことが出来るはずです。

何も目的が無い、ただなんとなく働いているという方は、お給料をもらうことに対してやスキル向上などに対して目を向けてみましょう。

 

2.自分が成長するタイミング

店長が嫌い。

人には相性があるので、それは仕方がないことなのかもしれません。

しかし、一度立ち止まって視点を変えて考えてみましょう。

嫌い=どこが嫌なのか、なぜそれが嫌なのか、嫌いだと思った時自分に非は無かったのか…。

「落ち着いて振り返ってみると、案外そんなに思いつめる程なのか?」

「本当に嫌な人なのか?」

といった考えも浮かぶでしょう。

店長も自分もお互いに知らないことが多いが故に、気持ちがすれ違ってしまっているだけかもしれません。

店長も同じ人間です。

感情の無いロボットではありません。

あなたと同じように、あなたに対して苦手意識を持っているかもしれません。

店長も「悪いことをしてしまった」「怒りすぎてしまったかな」「仕事をする上では必要なことだったけど申し訳ないことをしてしまったな」と悩んでいる可能性もあります。

店長をやっている方々の中には、そんな方も多いかと思います。

店長も同じ職場の仲間です。

たくさんのアルバイトたちをまとめるために、大変な思いをしています。

上司と従業員に挟まれて歯がゆい思いをしていることもあるでしょう。

そう考えてみると、接し方・考え方を変えてみようかなという思いが少し出てきませんか?

嫌いだと思うことは悪いことではなく、自分が成長出来る良い機会だと考えることで、働く環境はとてもよくなります。

自分が一つ大人になることで、見え方や相手の人が180度変わることはあります。

人として相手の立場に立って考えられるような思いやりの心は常に持っていることが大事です。

 

<スポンサーリンク>

 

3.どうしても店長を好きになれないなら

あれこれ悩み実行してみたけれども、どうしても店長を好きになることは出来ない。

大嫌いなままだ。

そんなことも当然あるかと思います。

そんな時は気持ちを切り替えて、ひたすら仕事に打ち込みましょう

「店長に何も言われないぐらい、仕事を完璧にこなせるようになるぞ」と思うことです。

悔しさは確実に力に変わります。

頑張った分だけ自分にきっちりと返ってきます。

時には、暴言を吐くような店長もいることでしょう。

辛くてやめたいけど、今の仕事・仲間が好きだから仕事はやめたくない。

そんな気持ちを持っている人がほとんどだと思います。

しかし、店長は仕事が上手く回れば喜びます。

あなたが一生懸命働くことで回りの仲間も感化されて頑張るようになり、仕事は上手く回ります。

そうすることでおそらく店長は機嫌がよくなり、あなたが嫌な思いをすることも減るでしょう。

仕事のスキルが上がり、嫌な店長は機嫌が良い。

職場はとても居心地の良い空間になるかもしれません。

 

4.店長と真っ向勝負

店長が嫌いだということは、おそらく「店長本人」「お店・経営のシステム」などに不満があるはずです。

ここで、どうもしても新しい職場を探すという選択肢を取れないのであれば、なかなか勇気が必要になりますが、いつまでも嫌な気分でいることは不快なので思い切って真っ向勝負を挑みましょう。

真っ向勝負といっても、積もり積もった怒りをそのままぶつけるわけではありません。

しっかりと自分の意見を伝えるのです。

例えば自分だけに対して当たりが強い気がすると思うのならば、なぜ怒られたのか・自分に足りないものは何なのか、しっかりと店長に意見を求めましょう。

人間誰だって自分の欠点には案外気付かないものです。

店長も何か思うところがあるのでしょう。

怒りに任せるのではなく、しっかりと大人の対応をしましょう。

そこで打ち解けることだってあるかもしれません。お互い誤解がある場合だってあります。

話さなければわからないことはあるので、話し合いをしましょう。

万が一、一人で行動に移せない場合は仲間に声をかけてみましょう。

同じ気持ちを持った人がいるかもしれません。

ただし、誰かに頼んで人づてに話をすることはいけません。

とこかで話が食い違ってしまって更に亀裂を生んでしまう場合があります。

必ず伝える場合は自分の口で直接伝えることが大切です。

 

まとめ

いかがでしょうか。

どんなに嫌いな店長であっても、店長も人の子です。

あなたが店長を苦手としているのと同じように、店長もあなたに「嫌われていないか」と怖がっている可能性もあります。

また、基本的にバイト先の店長は「面倒くさい存在」であることが多いです。

「バイト先の店長 = うざい」

これは普通の感覚なのです。

しかし店長としても、仕事を円滑に回すために、アルバイトたちに嫌われてでも利益を出すために指示を出さなければなりませんから、これは仕方の無いことなのです。

「店長のことが大嫌いだ」という方で、以上の4つの方法を見てピンとくるものが無かったという方は、バイト先を変えるという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

 

自分にあったアルバイトを探そう

「新しくアルバイトを始めたいけど、どの求人情報サイトを利用するべきか悩んでいる。」

そんな方は、まず「マッハバイト(旧:ジョブセンス)」で求人を検索してみましょう。

マッハバイトは東証一部に上場している『リブセンス』のサービスで、「マッハボーナス」と呼ばれる採用祝い金システムを持っています。

マッハバイトの強みはこの「マッハボーナス」で、採用が決定すると全員に低5千円~最大1万円のお祝い金が送られるのです。

また求人情報数も19万以上と求人業界トップクラスですから、きっとあなたに合った求人を探すことが出来るでしょう。

「バイトル」や「タウンワーク」も求人情報数が多い大手サイトですが、お祝い金サービスが有る「マッハバイト」から求人情報を探すことをおすすめします。

ちなみに短期バイトであれば、ヤフージャパンとリクルートが協力して運営している「ショットワークス」が有名です。

 

★こちらも読まれています。

バイトが楽しくない!そんな時は原因から解決しよう

大学生のバイト勤務時間は平均どのくらい?

大学生のバイト代の平均が月5万円前後って本当?

<スポンサーリンク>