トイレのティッシュ詰まりを解決する方法と確認事項

トイレ ティッシュ

今回は、トイレにティッシュが詰まってしまった時の対処法についてまとめてみました。

ラバーカップなどを使い、自力でトイレの詰まりを解決できるのであれば問題はないわけですが、自分ではどうにも解決できないという場合にはどうすればいいのでしょうか。

トイレが詰まってしまった場合の確認事項から、業者の選び方まで、分かりやすく簡潔にまとめてみました。

<スポンサーリンク>

 

トイレが詰まった時の行動と確認

トイレの水が逆流して床にまでこぼれてきたりした等緊急事態な場合を除き、

「いつもより水はけが悪い」

と感じた場合は、慌てずに、まずはホームセンターでラバーカップを購入して試してみましょう。

たいしたことのない詰まりは、ラバーカップで解消される場合もあります。

業者を呼んで修理をしてもらうと、たいしたことのない詰まりでは最低料金で対応してくれることがほとんどですが、やはり1万円弱はかかりますので、ひとまずラバーカップをお試しされる事をお勧めいたします。

 

〇本当に詰まっているのでしょうか?

トイレットペーパーが流れない、便が流れないという事を仰る方もいますが、それ本当につまりが原因でしょうか?

場合によっては、タンクから出てくる水が通常よりも少ないがために、ペーパーや便等が流れて行かないケースもあります。

こういう場合は、「詰まり」が原因というのではなく、タンク内の不具合というものが考えられます。

タンク内部の部品の劣化に伴い、タンクに水が溜まらず便器の中にチョロチョロと流れ続けているケースもあります。

こうした場合、

「いくらレバーを引いてもタンクから少量の水しか出てこない」

「タンクから全く水が出てこない」

という症状となり、水量が少ないことによりペーパー等が流れないことが起こります。

 

〇戸建の場合、下水を見てみましょう

戸建にお住まいの方でよく、トイレが詰まるとトイレが原因と思う方がいらっしゃいますが、トイレが原因というわけではない事もあります。

トイレに限った話ではありませんが、水回りが詰まった場合は一度外に出てみて、外マスをご覧になってください。

場合によっては、外マス(下水)からトイレットペーパーや汚物があふれ出ている事があります。

一概にトイレの詰まりではなく、下水詰まりのケースもあります。

 

<スポンサーリンク>

 

対処法 ~自己判断は非常に危険です~

ご自身の対処法としてご提案するならば、本当にトイレの詰まりによるものなのかなど、何が原因でその症状が起きているのかをまず見極めるましょう。

前述の通り、ラバーカップで試しても、市販の薬剤を使っても解消されない場合など、ご自身で手に負えない場合は業者をすぐに呼ぶべきです。

仮にトイレの不具合であったとしても、自己判断でトイレを触ったりすることで思わぬトラブルとなってしまうケースもあります。

例えば、

「タンクと壁をつないでいる給水管の)止水栓を締めて詰まりの状況を確認しようと試みたが、止水栓がかたかったので力づくで回したところ今度はパイプが折れてしまい、パイプから水が噴き出してしまった。」

ですとか、

「タンクの中をのぞこうとタンクをあけたはいいけれど、タンクの部品を少しだけ触っただけでタンクの水が急にあふれてきたり、タンクの水が便器に勢いよく流れ続けてトイレの床が水浸し、他の部屋にまで水浸しとなってどうにもできない。」

などというパターンですね。

このような二次被害を起こさないためにも、ご自身で改善できないと判った時点で業者を呼びましょう。

 

修理業者を選ぶ際のポイント

水道業者は様々です。

まずは電話をして、電話を受けた方にどのような流れで作業をしていただけるのか確認をしてみましょう。

たいがいの業者は出張点検見積までは無料で対応している所が多いです。

しかし、中には出張費から料金が発生する業者もいますので、事前に料金体系は聞いておくと良いと思います。

ラバーカップで解消されなかった詰まりは、高圧洗浄機を用いて除去する方法か、もしくは便器を外して(便器脱着)詰まりを除去するケースがあります。

きちんとしている業者ならば、作業前の見積りの段階で「○○が原因なので、○○な作業が適切です。そのためには〇○円かかります」という説明があり、それに同意をしてから作業という流れになります。

悪徳業者の場合は少しでも高くお金をとろうとしますので、「トイレが古いので交換しましょう」と理由もなく提案をして来たら怪しいと思って作業を断ってください。

そして、良い業者の場合でも、トイレが古いので交換をした方が良いという提案をされるケースもありますが、「修理だけで直してほしい」と望まれる場合は、依頼の時に「修理だけの作業を希望している」という旨をきちんと伝えることも大事です。

「修理だけ」といっておけば、交換を強く勧められる事もありませんし低価格で対応してくれます。

ご参考ください。

 

ちなみに、オススメの業者さんは「水の救急サポートセンター」さんです。

この業者さんの強みは、365日年中無休でコールセンターに連絡できることや、日本全国に対応していることなどたくさんありますが、一番のポイントは、修理の最安価格が1万円を切ることです。

基本料金はほとんど4千円で、これに作業料金が加わるのですが、調整作業やパッキン交換などの作業料金は4千円ほどです。

つまり、最安修理価格がたったの8千円になるのです。

公式ホームページに、作業や修理の料金体系が明確に示されているので、一度確認してみてください。

【水道トラブル】トイレ詰まり・水漏れ!年中無休、安心価格で全国素早く対応

 

<スポンサーリンク>