占いを信じる方々の理由や体験談15選!

占いを信じる

ここでは、占いやスピリチュアルなものを信じるという方々の理由や意見についてまとめています。

今回は「あなたが占いやスピリチュアルなモノを信じる理由について教えて下さい。」というアンケートを15名に実施してまとめました。

占いスピリチュアルなモノを信じる方々は、なぜそれらを信じるのでしょうか。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

占いを信じる理由や体験談まとめ

占いを信じる理由1

男性
(男性 ?歳)

自分の精神状況に依存しますが、例えば自分が試験に臨む時・プロジェクトでの打ち合わせ時。

結果がまったく見えない状況下で、なんとか自分を落ち着かせる、自分自身を肯定させたいがために占いなど、非科学的なことを信じようという潜在意識であると思います。

それ以外の場合でも、占いが1位という知らせを受けたときは「今日はいいことが起きるかもなー」との思いで過ごせますし、おみくじ等の結果でも「書かれている通りに頑張ってみよう」と自分自身を躍起するサポートともなっています。

 

占いを信じる理由2

男性
(男性 21歳)

自分自身にスピリチュアルな体験があるからですかね。

あまり大っぴら言う事ではないかもしれませんが、私は予知夢をちょくちょく見ます。

TVのニュースみたいな大きな事柄じゃなく、自分が生活しているときの光景のワンシーンっていう小さな事柄ですが。

小学3年生の時に夢で見た光景が初めて現実で起こった時に、そういう非現実的な物を信じ始めるようになりました。

一般的な占いは、正直信じてはいません。

順位付けなんかは、人間が決めているものですから。

ですけど、生まれ変わりだとかドッペルゲンガーだとか、そういう人間の手が絡まないようなものだったり、タロット占いとか多少の偶然が絡むようなものは信じています。

 

占いを信じる理由3

男性
(男性 21歳)

私は、毎日やってるテレビ番組の占いはあまり信じていません。

しかし、以前インターネットで無料の占いを試しにやって見た時に、びっくりするくらい自分の事が丸裸にされて当てはまっているなと感じる事が起きました。

インターネット上で、名前を打ち込んだだけなのに占い師の方からの評価が驚くように当たっていて、それから朝の占いでさえも気分転換と思いながらも少しずつ信じるようになりました。

また、私が利用する公共バスにも占いがあり、それもチェックするようにしています。

 

占いを信じる理由4

女性
(女性 22歳)

彼氏との関係がうまくいかない時期に、どうしたらいいんだろう、いつ頃関係が良くなるんだろうと悩みに悩んでネットで調べているときに、占いに出会いました。

占星術というもので、さっそくアプリをとっていろんなことを占いました。

ひと月分のカレンダーがあって、いいことがある日、気をつけておいた方がいい日、うまくいかない日などがアバウトにですが書いてありました。

「ひと月先のことなんて…」と始めは思っていましたが、当たっている日や出来事が多く、信じるようになりました。

今では、毎日ではなく、気になる日がどんな日と占われているかを見る程度ではありますが、絶大な信頼を寄せています。

 

占いを信じる理由5

女性
(女性 23歳)

突飛なことが好きだからです。

私はよく休みの日に解き放たれたかのように街を歩き回ったり、思ったら即行動したい衝動的な性質を持っており、ルーティンワークなどが嫌いです。

その分、スピリチュアルなものは私に非日常を与えてくれ、占いは新しい視点を与えてくれるので、信じた方が人生が豊かになり楽しく感じるようになりました。

言葉で説明しきれないものがあった方が絶対面白いので、私はそれを信じて非日常に駆け出すことが好きです。

<スポンサーリンク>

占いを信じる理由6

女性
(女性 23歳)

元々、私の母が霊感を持っているという話を小さい頃から聞かされていたので、スピリチュアル的なものは信じる質でした。

横浜の中華街で好奇心から占いの館に行った際、何も言わなくても私の考えていることや好みなどを言い当てられたことも大きいです。

さらに、その時した恋愛相談で、年上であること、私をとても可愛がってくれ尚且つそれを口にしてくれることなど複数の条件をあげられ、そんな感じの彼氏ができると言われたのですが、1ヶ月後にその条件全てに当てはまる彼氏が出来たので、さらに信じるようになりました。

 

占いを信じる理由7

女性
(女性 26歳)

「目に見えるものだけでなく、目に見えないものも存在するのではないか」と幼い頃から何となく感じていたからです。

もっと具体的に言えば、人の話している言葉を表面的な意味だけでなく、その言葉が話されている際の気持ち(=目には見えないもの)も気になるといった些細なきっかけからくるものです。

「占いやスピリチュアルなモノ」は、それぞれの人の生まれ持った性質や能力、才能等を生まれた日やその人の持つエネルギー等で知ることが出来るので、自分自身の性格や色々な人の性格を知ることが出来ますし、時間をかけて占ったり、スピリチュアルな次元とつながったりして書かれた占いやスピリチュアルなモノを扱った記事を読むと、「こんな風に言葉を丁寧に扱いたいな」、「話している言葉は目には見えないけれど、生きているのかもしれないな」と思わせて下さるきっかけにもなります。

 

占いを信じる理由8

男性
(男性 28歳)

亡くなるのが怖いからです。

私は亡くなってそれっきり、「無」が怖くてたまらず、そうあって欲しくないからスピリチュアル的なものを信じる、あって欲しいと願っています。

一種の逃避とも言えるかも知れません。

後は、知人が亡くなった際の悲しみを和らげる為というのもあります。

最愛の人が亡くなった場合でも、あの世があって、自分を見守ってくれていると思えば気持ちがかなり和らぎます。

結局の所は、自分自身の恐怖やショックを軽減させる為なのかも知れません。

 

占いを信じる理由9

女性
(女性 29歳)

以前は信じていなかったが、年末年始のおみくじで待ち人遠からず、という判定が出てから恋人ができて、次の年には結婚していたから。

今思えばその内容と合致していたし、それ以来毎朝の占いをみているが、順位が低い日は気分が重くなるせいかもしれないが、実際に仕事でミスをおかしてしまうことが多々あるから。

占いやスピリチュアル的なものを信じる心があれば、よい方向に心も体も向いていくと思うし、実際にそうだから信じています。

 

占いを信じる理由10

女性
(女性 34歳)

元々は全く信じていませんでした。

ある日、細木数子さんや江原啓之さんがテレビで出ているのを見ていました。

自分でも気づかないうちに、どんどん引き込まれ見入っていました。

それ以来スピリチュアルな事をやっている番組を興味津々で見ていました。

そうすると、どんどん面白くなって本当にスピリチュアルなモノって存在するんだと、完全に信じきってしまっていました。

ある日、彼氏とドライブ中に大きな事故をしました。

しかし、重傷が当たり前のような事故でしたが、奇跡的にかすり傷で済んだんです。

その前にコンビニでペット缶のブラックコーヒーを買ったのですが、買った時は何も無かったのに、車に乗った途端にプシューという音がしました。

コーヒーを見ると、内側から尖ったもので開けられたような穴が開いていました。

凄く不思議に思っていたら事故にあい、かすり傷で済んだうえに私の誕生日だったんです。

もしかすると事故にあう事を知らせてくれ、守ってくれたんだと思いました。

やはりスピリチュアルなモノは信じざるをえません。

<スポンサーリンク>

占いを信じる理由11

女性
(女性 35歳)

10代の頃は占いやスピリチュアルなモノをまったく信じておらず、どちらかというと理論的にはっきり証明されていることや科学を信用していました。

占いやスピリチュアルなモノは、見えないものなので信じられないじゃん!というのが本音です。

しかし、何故いまは信じるようになったかというと、歳を重ねて世の中を考える機会が増え、あるとき宗教がなんのためにあるのかを考えたことをきっかけに、占いやスピリチュアルなモノを否定するのは損をしているのかもと思ったからです。

ここで宗教を語ると非常に胡散臭くなってしまうので控えますが(笑)、人は信じるものがあると強くなれます(なれるようです)

ですので、占いもスピリチュアルなモノも、頭ごなしに否定するのではなく、いいところだけ受け入れて、それを自分のプラスに変えたほうが得をするなと思いました。

「これは甘い薬です」と言われ、実は多少苦い薬でも人間は甘いと感じるようです(催眠みたいな?)。

例えば、その薬を説明したのが親なら?医者なら?偉大なる医者なら?神なら?となると、後者にいくにつれて人間は「この人が言っているのだから、甘い薬なんだろう」と、信じてしまうようです。

人間って単純ですね。

長々書きましたが、誤解してほしくないのは、けっして占いやスピリチュアルなモノに崇拝しているわけではありません。

ただ、すべてを否定するのは勿体ないなと思ったことで、占いやスピリチュアルなモノを多少受け入れられるようになりました。

 

占いを信じる理由12

女性
(女性 40歳)

子供の頃勉強が好きではなく、勉強してもよく理解できませんでした。

しかし、夜寝ていると教科書のこのページがテストに出るとなんとなくわかる感じがして、テストはいい点がとれていました。

実力はないのに、テストや試験には受かってしまうので、これではまずいと無理やりにでも勉強するようになりました。

今でも仕事などで行き詰まると、必ずと言っていいほど夢に出てきて何かしらのヒントをくれます。

翌朝急いでその方法を試してみると、大体うまくいくことが多いので、夢に感謝しています。

 

占いを信じる理由13

女性
(女性 42歳)

サービス業に従事しております。

『○○様は最近どうされてるのだろう』と思うと、2~3日以内にはそのお客様が必ず来店されます。

また、プライベートでも『○○ちゃん元気かな』と思った直後に電話やメール(LINE)等があります。

昔からそうだったので至極当然の事だと思っていたのですが、たまたま同僚とその事について話す事になり、当たり前ではなく直感力に優れていると指摘されてから、スピリチュアルなモノを信じるようになりました。

 

占いを信じる理由14

女性
(女性 46歳)

父の仕事の都合で全国各地に引っ越しを繰り返してきました。

ずっと同じ場所にとどまっている人に比べて、人生がサイコロのすごろくのように変化していくような展開です。

心が不安定になることもあり、何か確固たる啓示のようなものが欲しかったからかもしれません。

占いに書いてあることを手帳などに書いて記録しておき、迷った時にはその通りにしてみることにしています。

他にも、何か心配なことがある時にはなるべく神社にお参りに行き、お願いするようにしています。

心が落ち着き、前向きに生きるパワーをもらえる気がします。

 

占いを信じる理由15

男性
(男性 57歳)

占いやスピリチュアルは信じないことにしていましたが、確率的にはとても低いことに何回も遭遇しました。

特に、12星座占いで有名な石井ゆかりさんの本に出会って、星の動きや月の動きがどうも人生にいろいろ影響を与えていることらしいことを知って、これは完全に無視するわけには行かない。

なにか自分自身にも星の動きが影響を与えていることを感じます。

すべての占い師を信じてはいませんが、遠くを見通す感性を持った人は確かにこの世に存在すると思っています。

 

★こちらも読まれています

占いは当たらない?占いを信じない方々の理由と意見15選

人生でもっとも後悔している事を14名に聞いてみた

人付き合いに疲れたときに参考にしたい意見20選まとめ

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

<スポンサーリンク>

関連コンテンツ