和食といえば何?30名のイメージ・意見をまとめてみた

和食といえば何 お役立ち

ここでは、日本が誇る和食のイメージについての日本人の意見をまとめています。

今回は「「和食」といえば何をイメージしますか?あなたが和食でイメージするモノを教えて下さい。」というアンケートを30名に実施してまとめました。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

和食といえば何?1

男性
(男性 21歳)

和食といえば、焼魚、煮魚です。

私が魚料理が好きだからイメージがすぐ湧きましたが、和食といえばやはり焼魚、煮魚かなと思います。

塩焼きや西京焼き、味噌煮などが一般的に日本全国で食べられていると思います。

テレビやその他メディアで和食を取り上げられる時も、ご飯と味噌汁と魚が出てくると思います。

そのイメージが強いので、私は和食に焼魚、煮魚をイメージします。

 

和食といえば何?2

女性
(女性 21歳)

わたしは「和食」といえば焼き魚をイメージします。

子どもの頃はあまり和食が好きではなかったのですが、大人になってから特に焼き魚が好きになり、最近はよくチェーン店などで焼き魚の定食のランチを楽しんでいます。

 

和食といえば何?3

女性
(女性 22歳)

外国でも流行っている、お寿司だと思います。

ですが、テレビを見ていて、お寿司が流行っているあまり、間違った物を提供している所もあるのが現状です。

ちゃんとした、日本のお寿司が伝わる日がくれば良いのにと思います。

 

和食といえば何?4

男性
(男性 24歳)

和食といえばやっぱり寿司でしょう。

なせならば、今では回転寿司という形ですがリーズナブルな価格で多くの人に支持された食べ物になっているからです。

子供からお年寄りまで誰でも望めば食べることができるので、これくらい多くの人たちから支持されている和食は他に考えられないので、私は和食といえばまず寿司をイメージしてしまいます。

それに寿司は今では海外でも有名な和食の一つとして定着していることも私が和食といえば寿司をイメージ一因でもあります。

 

和食といえば何?5

女性
(女性 24歳)

和食といえばサバの味噌煮です。

味噌を使うと和の味になるし、サバの味噌煮はコクがあってとても美味しいです。

サバの味噌煮がメインならば、主菜副菜も和のテイストが合うので私の家ではサバの味噌煮をよくします。

みんなサバの味噌煮は大好きです。

 

和食といえば何?6

男性
(男性 29歳)

和食と言えば、お味噌汁を思い浮かべます。

お味噌汁一口に言っても地域や家庭によって様々な味付けや濃さがあって全く同じモノはないと思います。

私の家の場合は赤味噌と白味噌を別々に買ってきて、作る時に母の加減で混ぜていました。

具はワカメだけとシンプルなのですが、合わせた味噌の味と、出汁とで味に深みが出てたまに実家に帰るとこんなに美味しかったんだとシミジミ思う事が多いです。

 

和食といえば何?7

女性
(女性 30歳)

わたしが「和食」と聞いて、真っ先にイメージするのはお寿司と天ぷらです。

外国人旅行客に人気の和食特集などがやっていると必ず出てくる「SUSHI!」「TEMPURA!」という単語そイメージが強いのかもしれません。

 

和食といえば何?8

女性
(女性 31歳)

和食でイメージするのは定食です。

焼き魚と、ほうれん草のおひたし、ごはん、みそ汁、玉子焼きです。

栄養バランスがよくて健康にいいので意識して和食を食べるようにしています。

みそ汁は毎日飲んでいます。

その時は

 

和食といえば何?9

女性
(女性 32歳)

和食と聞いて、まっさきに私がイメージするのは、料理人の服装です。

あの白い短い帽子と、作務衣のような白い服からのぞく白いTシャツ。

結婚式の模擬披露宴にいったときの洋食と和食の料理人の服装の違いにビックリしてしまいました。

洋食はかっこいいのに、和食はなんかおじさんっぽいや。

と和食好きなのにがっかりしたのをよく覚えています。

 

和食といえば何?10

女性
(女性 32歳)

お寿司、煮物、天ぷらのイメージです。

外国人に好まれるのが天ぷらとお寿司がダントツだと思うので、日本の料理はその2つで、私が良く作るのが五目煮や肉じゃがなどの煮物なので、和食と言えばこの3つをあげました。

スポンサーリンク

和食といえば何?11

女性
(女性 34歳)

天ぷらです。

懐石料理や仕出し屋さんのお弁当の定番だからです。

子供のころ和食があまり好きではなく、法事などの後に行く料亭の料理が和食ばかりでがっかりしていました。

でもそのなかで唯一嬉しかったのが天ぷらだったので、わたしの中では和食=天ぷらになっています。

 

和食といえば何?12

女性
(女性 34歳)

イメージするのは肉じゃがです。

醤油、みりん、酒、砂糖という、和食の基本の調味料を全部使って、肉と野菜を煮込んだやさしい味は、老若男女問わず親しまれている味だと思います。

ごはんに合う料理としても最高です。

 

和食といえば何?13

男性
(男性 35歳)

和食といえば、「肉じゃが」を最初に思い浮かべます。

和食というと、出汁をベースにした醤油味で野菜をふんだんに使う料理というイメージがあるため、私が良く食べる料理の中でそのイメージに最もぴったりな和食が肉じゃがだからです。

 

和食といえば何?14

女性
(女性 35歳)

和食といえば、昔ながらのご飯に味噌汁、鮭などの焼き魚、マグロやイカなどの刺身、味付海苔、茶わん蒸し、野菜や魚の天婦羅です。

旅館や民宿で出てくる料理を思い浮かべます。

海が近くにあるとこのような料理が出てきます。

 

和食といえば何?15

男性
(男性 36歳)

私にとっての和食のイメージは、赤みそのお味噌汁とのり、納豆とアジの開きなどになります。

このメニューは、基本的に毎週食べているものなので、和食のイメージはこのメニューです。

他には、刺身やたくあんなども一緒に食べたりすることもあります。

 

和食といえば何?16

女性
(女性 36歳)

和食のメニューはたくさんありますが、やっぱり和食といえばダシだと思います。

初めてあごだしのにゅう麺を食べた時は衝撃的でした。

ダシひとつでこんなに美味しくなるのかと驚いてしまいました。

美味しく作れる様、料理によってダシを変えるようになりました。

 

和食といえば何?17

女性
(女性 37歳)

私の「和食」のイメージは「刺身」です。

私は以前、海外に住んでいたのですが、海外で和食の店に入ると必ず刺身を食べていました。

海外の友人を和食の店へ連れて行くときには、必ず刺身が新鮮で美味しい店を選びます。

世界中で一番刺し身が美味しい国は日本だと思うので、和食と言われると必ず刺し身がうかびます。

 

和食といえば何?18

女性
(女性 38歳)

おそばをイメージします。

箸で食べ、あの音を立てて食べる感じがザ・和食という感じがします。

おそばやさんでよくあるメニュー、天ぷらやだし巻き玉子も和食という感じがして、日本独自のお料理という感じがします。

やはり、だしを使うのが和食だと思います。

 

和食といえば何?19

女性
(女性 39歳)

ご飯と味噌汁、漬物をベースに主菜が焼き魚副菜が野菜の煮物をイメージします。

生卵と味付け海苔が付いていたら完璧です。

宿に宿泊した時の朝食で和食を選んだ時の印象があるからです。

家での朝食はパンで済ませてしまうので、旅行をしたら必ず和食を選びます。

 

和食といえば何?20

女性
(女性 39歳)

私にとって和食といえば、ご飯とお味噌汁です。

ほかほかの炊きたてご飯とあったかいお出汁の良い香りがするお味噌汁があれば、あとはどんなおかずがついていようが「和食」という感じがします。

祖母の家で、ご飯とお味噌汁と、食卓の真ん中に置かれたお漬け物や煮物をそれぞれで小皿に取って食べるというご飯の食べ方が、私の和食のイメージです。

スポンサーリンク

和食といえば何?21

女性
(女性 41歳)

トータルで言うとやはり一汁三菜がそろった定食をイメージしますが、もし単品でと言われたら焼き魚ですかね。

私は子供の頃から和食があまり好きではなかったのですが、それは焼き魚が嫌いだったから。

未だに和食イコール焼き魚イコール嫌い…というイメージにつながってしまいます。

 

和食といえば何?22

女性
(女性 42歳)

お刺身定食です。

よく和食のランチには行きました。

フライもの等、調理法によっては和にも用にもなるかと思うのですが、刺身は必ず和だと思います。

両親と外食するときは決まって和食のお店を選びますが、やはり刺身、特にまぐろを必ず注文している気がします。

 

和食といえば何?23

女性
(女性 42歳)

和食と言われて一番に想像する料理はお寿司です。

そのほかにも煮物やてんぷらなどもありますがお寿司こそが和食のイメージそのものの料理であり最近は外国の方々も日本に来るとお寿司に興味を持つ方が多いそうなので新鮮な刺身を酢飯に乗せてお醤油で食べるお寿司こそ和食のイメージそのもののお料理だと思います。

日本人でお魚が苦手な方以外はほとんどの方が好きなこともお寿司だからこそだと思います。

 

和食といえば何?24

女性
(女性 42歳)

和食といえば、お出汁の美味しさです。

最近見つけた和食のお店があり、お出汁だけをたっぷりとかけたシンプルなお浸しを頂いたのですが大変美味しかったのです。

マナーが悪いかもしれませんが、そのお浸しのお出汁を飲み干してしまうほどでした。

余計な味付けなどいらない、お出汁だけで美味しい和食って素晴らしいです。

 

和食といえば何?25

女性
(女性 44歳)

和食というと会席料理をイメージしますね。

というのも、実家の母が全くお肉が食べられない人で基本的に和食中心の人だったんです。

それで外で外食をする和食というと、たいてい会席料理だったのでイメージ的にそうなってしまっています。

 

和食といえば何?26

女性
(女性 47歳)

茶碗蒸しです。

コンビニでもスーパーでも売っていますから、それを使うのもいいかと思います。

ですが、我が家は銀杏が苦手なので銀杏抜きにしてあります。

味付けもここは関西で外で食べる茶碗蒸しは、薄味のものですが、自宅では思い切り関東の味にしています。

 

和食といえば何?27

男性
(男性 48歳)

魚料理が、和食のイメージがあります。

焼き魚、刺身なんかは、太らないので好んで食べています。

日本人の体質に、一番合うのが、魚料理だと思います。

その他、天ぷらも和食だと思います。

タコの唐揚げがとても美味しいです。

 

和食といえば何?28

女性
(女性 49歳)

和食といえばやっぱり煮物だと思います。

出汁を丁寧にとり、薄味で素材の味を活かせる素朴なところが好きです。

四季を感じられるのも和食の良いところだと思います。

見た目もよく、飾り切りなど、工夫のできる料理だと思います。

 

和食といえば何?29

男性
(男性 50歳)

お寿司や鍋料理なども思い浮かびますが、私は一般的に朝食にラインアップされる素朴で基本的なものが、いわゆる ‘和食’ としてイメージされます。

即ち、①ご飯 (米)、②お味噌汁 (汁物)、③焼き魚や玉子焼きなど (焼き物)、④海苔・梅干し・漬物・納豆など (保存食)、それに⑤煮物や和え物です。

 

懐石料理やおもてなし料理などは、これらを基本に旬の素材や郷土の食材などをアレンジするものと思います。

例えば、ご飯→松茸ご飯、味噌汁→お吸物や豚汁、焼き魚→和牛焼き などのように。

日本は季節及び郷土の食材が豊富なねで、その組み合わせは限りないと感じます。

 

和食といえば何?30

男性
(男性 53歳)

「和食」の原点は私にとっては「塩むすび」でしょうか。

ご飯に塩という究極のシンプルさですがこれを空腹時に野外で貪る幸福感は何とも言えません。

ただし、米と塩の選択、ご飯の硬さ塩のまぶし方、握り方が全てなので意外に侮れなかったりするのです。

 

★こちらも読まれています

料理が苦手?料理下手を克服するためのアドバイス20選!

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

ママ友はいらない!という子育て経験者20名のアドバイス

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
お役立ち
ギガヤク