残業したくないのは甘えなの?理由と意見21選!

残業 したくない

ここでは、多くの方たちが「残業したくないと考える理由や心理についてまとめています。

今回は「あなたが「絶対に残業はしたくない」と考える理由を具体的に教えて下さい。」というアンケートを21名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

残業したくない理由1

男性
(男性 21歳)

私のところは1日8h×5日の40hが定時です。

自分の場合、不文律というのが大嫌いです。

例をあげますと、「~だからこうしなければならない」などです。

つい最近、とある記事をみました。

「先輩が残業してるのに、お前はなぜ定時で帰るんだ」という旨を言われたとの記事です。

もちろん、先輩に任された任務を中途半端でほったらかして定時で帰るというのはいけないと思います。

ただ、あらかじめ自分の1日の業務が完了し、先輩からもなんの指示も仰いでない中帰ろうとする時に先述のことを言われるのは明らかにおかしいです。

傲慢であると思います。

自分自身、毎日残業をしている先輩がおります。

ただ、この先輩はダラダラと業務を毎日こなしているのです。

皆さん、てきぱきと業務をこなしている中にも関わらずです。

残業しているほど会社に貢献しているという文言も耳にしたことはありますが、実際、残業されたら残業代も支給しなければならないですし、そう考えますとむしろ会社に負荷をかけているという意識に変えていくべきだと思います。

 

残業したくない理由2

男性
(男性 24歳)

絶対に残業したくない理由は自由時間が減ってしまうからです。

例えば8時から16時までの仕事の場合では、この時間を基準に一日の大まかな予定を立てて仕事をするので、時間外労働や残業が入ってしまうとそれが崩れてしまいます。

そうすると、自分の中でのペースも不規則になり他の日に疲れとなって出たり、作業のペース遅くなってしまったり、少なからず影響が出てしまい納得のいく仕事がしにくくなってしまいます。

以上の理由から絶対に残業はしたくないです。

 

残業したくない理由3

男性
(男性 26歳)

私がこの会社で残業を絶対にしたくない理由は、自分自身、あまり残業をしたいタイプでは無く、早く家に帰って家族サービス、自分の事に時間を費やしたいタイプだからです。

ですが、会社によっては残業しないといけない会社もありますが、自分的に将来性の無い会社一切貢献するつもりはありません。

この会社で残業しない理由をまとめると、将来性がない、やっても見返りがない、残業すると反感を買う、などです。

将来性のある会社ならまだやりがいも有るはずですが、この会社では一切ありません。

 

残業したくない理由4

男性
(男性 27歳)

私は絶対に残業はしたくないと考えております。

なぜならば、私が正社員として雇用されている当社は、残業に対して正当な残業代を払うべきだとしているのにも関わらず、私が所属する部署における上司は私に対して残業をするならば、その残業はサービス残業とするべきであるように仕向けるからです。

私は勤務に対する対価は正当に得たいと絶対的に感じております。

サービス残業とは、自身の労働が価値のないものだと認めることに他なりません。

であるからして私は絶対に残業はしたくありません。

 

残業したくない理由5

女性
(女性 28歳)

会社の経営状態が悪く、残業をしても100%サービス残業ということがわかっているので、全く残業をする気になれません。

そもそも、仕事量のわりに人員が不足していることを一向に解決しようとしない会社が悪いのであって、今の人員で仕事をこなさなければならないのなら、残業代はきちんと払うべきだと思います。

残業代がきちんと払われるならば、多少の残業をしても良いと思いますが、今の会社で残業は絶対にしたくありません。

<スポンサーリンク>

残業したくない理由6

女性
(女性 28歳)

業務内容が何にしろ残業をすることで自分の私生活の時間が減ってしまいます。

生活面の時間が減ることでしなくてはいけない家の掃除、炊事、洗濯などをする時間が限られてきます。

ただ単に時間が減るだけならまだしも、それらのことが精神的ストレスに繋がることになります。

完璧主義者なので、少しの作業にも手を抜きたくありません。

作業効率をあげるためにもタイムスケジュールを大切にして、残業せず、自分の持ち時間を有効的に使いたいものです。

 

残業したくない理由7

女性
(女性 30歳)

仕事に明け暮れる人生よりも仕事は仕事、プライベートはプライベートのメリハリをつけて人生を楽しみたいです。

残業ばかりの人は疲れていて自分に余裕のない人が多いと思います。

やる気に満ち溢れてる人がいたらその考えは変わるのでしょうけど、そんな方には出会ったことがないです。

そんな人生を自分は送りたくないです。

1日24時間しかないのなら他にもたくさんやりたいことがあるし、自分の時間も必要です。

残業をしないように自分で工夫して残業をしないようにするのが自分の働くスタイルです。

 

残業したくない理由8

女性
(女性 30歳)

プライベートを最優先にしたいからです。

夫と共働きをしていますし、ある程度貯金ができる程度の収入があれば仕事よりプライベートに時間を割きたいです。

残業して帰りが遅くなると夕飯を用意することも難しくなるため、食材がもったいないことになったりよけいお金がかかったりすることもストレスに感じます。

自分で調整のうえ残業をする分にはまだいいのですが、当日いきなり残業が必要と言い渡されると立てていた計画が崩れるので大変困ります。

 

残業したくない理由9

女性
(女性 33歳)

私は面倒臭がりなので、できるだけ働きたくないので、絶対に残業はしたくないです。

残業する事によって、自分の予定が狂うのも嫌ですし、残業したら保育園などのお迎えも遅くなってしまい、ご飯の時間も遅くなって、子供が可哀想だからです。

残業代が出るところもありますが、それでもやはり面倒臭いので嫌です。

職場の人ともあまり一緒にいたくないです。

残業したら疲れてしまい、家事がおろそかになって旦那さんに怒られるのも嫌な理由です。

 

残業したくない理由10

女性
(女性 33歳)

残業してしまうと逆に気になることがどんどん出てきて、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と仕事が増えてしまうので嫌です。

あと、上司が残業代を払うのが嫌みたいで、少しでも残業をしようとすると嫌な顔をされます。

一生懸命やっても特に評価されるわけでもないし、なにより上司が嫌です。

好きな仕事ではないので早く帰って休みたいです。

それに、家に帰ってから料理、洗濯、掃除など家事をこなさないといけないので残業はしたくないです。

<スポンサーリンク>

残業したくない理由11

女性
(女性 34歳)

理由は色々あるのですが、1番の理由はシンプルにさっさと家に帰りたいからです。

犬を飼っていて一人で留守番させているので、それが心配なので残業は絶対にしたくないです。

また、周りの人に「残業OK」な人と認識されるのも嫌だからです。

残業してくれると思われるとキャパ以上の仕事を押し付けられそうな気がしますし、仕事は就業時間内に収まるように時間配分や工夫をして取り組みたいという気持ちもあるので、絶対に残業はしたくありません。

 

残業したくない理由12

女性
(女性 34歳)

残業をすると体の疲れがひどくなるからです。

もともと定時までと思って仕事をしているので、その分スピードを意識して業務を行っています。

もし残業することが前提であればもう少しゆっくり仕事を進めることができるので、予想しない残業はしたくありません。

もちろん事前に言われていたとしても、それなら業務を早く終わらせて帰りたいので基本的には断ります。

プライベートの時間の方が大切なので、残業はしたくないと思っています。

 

残業したくない理由13

女性
(女性 36歳)

金銭的に困っていないので、残業してまで自分のプライベートの時間を仕事に取られるのがいやです。

残業したからといって、評価されるどころか悪くとられる事もあることと、残業するということは仕事が遅いというイメージにもつながると思います。

普段の生活スタイルと継続するには、仕事に関しては必要以上に時間を取られないで自分の楽しみの時間を大事にすることが一番だと考えてします。

残業してストレスも溜まり美容的にも良くないと思うので、絶対に残業はしたくないです。

 

残業したくない理由14

女性
(女性 37歳)

私が残業をしたくないと考えるのは、自分は家庭を持っているためです。

夕飯の支度や、買い物、洗濯などを帰ってから行うためです。

また、自分の時間も大事にしたいと思っています。

例えば、残業を行う上で、1時間以上で残業代などと、マニュアルで時間制限を設けられており、30分以内あると残業代が支払われることがなく、サービス残業していることが、精神的、肉体的にも大変になってくるのではないかと思います。

時間内で行う作業が、手抜きと思われる日本も問題かと思われます。

時間内に仕事が終えられるように、仕事をしていくことが大切だと思います。

 

残業したくない理由15

男性
(男性 38歳)

小さい子供との時間を大事にしたいからです。

仕方がない残業はいいですが、ダラダラ仕事を非効率にこなして会社の利益から損益を出すのは反対です。

色んな意見がありますが、残業して労働すれば対価として残業代が発生しますが残業せずにそのお金が賞与という形で頂ければいいですよね。

いかにして効率よく効果的に働き生産性を上げていけば残業なんて日々発生するもんではないはずです。

残業が続く会社は業務の見直しをするべきだと思います。

<スポンサーリンク>

残業したくない理由16

男性
(男性 39歳)

給与体系が年俸制に変更されたため、残業しても残業代が出ないからです。

また自分は仕事以外の時間はプライベートの充実や、仕事のための情報インプット、知人との交友を深めることに費やすと決めているため、ダラダラ仕事せずに時間内に終わる仕事は時間内で終わらせて帰宅できるように就業時間内は効率よく仕事を頑張っています。

「残業代が」と皮算用し始めると、仕事の集中力低下や職場環境のモチベーション悪化につながる経験も影響しています。

 

残業したくない理由17

女性
(女性 40歳)

夜間帯の仕事なのに日勤帯がバタバタとして、夜勤の人はぼーっとしているだけで何もしてくれなく、残業代は全くでないです。

申請したところで、上司からはなんで遅くなったのか?どうしてそうなったのか?と色々聞かれて、そしてその残業代はカットされます。

何百時間と残業で職場に貢献した所で、職場自体の環境は変わらない状況と、残業した自分がとても悪いという状態になってしまい、すごく惨めな状況になります。

そんな状態になるなら、絶対に残業はしたくないです。

 

残業したくない理由18

女性
(女性 40歳)

残業そのものを忌み嫌うわけではありませんが、残業というものはそもそも仕事量と内容と能力がフィットしていない時に発生しがちだと思います。

確かに残業すればいつかは終わると思いますが、犠牲にした自分の時間はどうなるのでしょう。

体を休めたりリフレッシュする時間を十分に取れないと人間は疲弊してゆくものです。

そこから過剰労働になるように思えます。

また、残業すれば解決できるという気のゆるみにもつながりますし、残業への対価が保障されているとは限りません。

私は残業が日常的に強いられ、残業しないなんてというブラック企業にいたこともあり、体調を崩してしまったので残業はしたくありません。

 

残業したくない理由19

女性
(女性 41歳)

自分は仕事をするために生きているわけではありません。

業務外の時間は、自分がしたいことをするために使う時間にしたいからです。

ある日突然、自分の身に何か起こったとして仕事をすることができなくなると仕事をやめざるを得ません。

景気が悪くなって会社の存続が難しくなったとしたら、会社は従業員をクビにせざるを得ません。

会社が嫌いという訳ではありませんが、何かあったときは会社は自分を守ってくれません。

自分の身は自分で守らなければなりません。

そうであるのに、どうして自分の貴重な時間を使ってまで会社のために働かないといけないのでしょうか?

 

残業したくない理由20

女性
(女性 43歳)

私がすれば仕事がはかどるのですが、他の人の仕事をとって収入を削減させて、スタッフのモチベーションを下げたくないです。

また、私自身夜中からの勤務になるため、残業をすると体力、精神的共にダメージが大きいです。

主婦で育児中なので家庭との両立もあり、自分の時間は限られています。

残業でその貴重な時間を取られてしまうのは、とてもストレスに感じます。

残業すると疲れ果ててしまい、家に帰宅するとソファーでうたた寝してしまって、子ども達とのコミュニケーションもままなりません。

 

残業したくない理由21

女性
(女性 44歳)

私は子供が2人いますが、親と同居をしています。

それでもお母さんが残業などで帰りが遅くなると、寂しいのか、精神的に不安定になって、言動が明らかに乱暴になります。

毎日そういう生活をつづけたら、子供達が健全に育たないと思います。

残業をしてお金を稼ぐことより、大事なことが家庭にはたくさんあると思います。

時間内に集中して働き、残業せず働く方が、会社の為にも自分の成長の為にもなると思います。

家庭と仕事の両立は内容の濃い仕事をしても必ず実現できると思います。