野球をつまらないと感じる理由や嫌い・苦手な所19選!

野球がつまらない

ここでは「野球をつまらないと感じる理由や、野球の嫌い・苦手な所」についてまとめています。

メジャー、プロ野球、甲子園、どれも多くの人気を持っていますよね。

そんな日本で根強い人気を誇っている野球ですが、実は野球をつまらないと感じている方々もいるのです。

そこで今回は、「あなたが野球をつまらないと感じる理由や、野球の嫌い・苦手な所について具体的に教えて下さい。」というアンケートを19名の方に実施し、答えていただきました。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

野球嫌いになる理由1

男性
(男性 19歳)

私の野球の苦手な所は、まず多くの人数を野球をするために集めないといけないところです。

それに加えて野球をしている人の独特な精神論があったり、学生などのうちは指導者がとても厳しく、趣味や半分遊びでという中途半端なやり方が基本的にできない点があります。

次に、ほかの自分一人でするスポーツに比べ動かない時間が長く、何もしていない時間があるということであり、屋内なら暑すぎるということがないかもしれないが、屋外だと日光に当てられ、熱中症になる可能性もあるということです。

これらの点から野球がつまらないと感じます。

 

野球嫌いになる理由2

女性
(女性 21歳)

少年野球などは、小学校などのグランドを使って練習しているチームがたくさんあります。

野球ができる場所が他にあまりないので利用していると思いますが、野球と関係ない自分にとって迷惑な存在でした。

土曜日や日曜日に学校に遊びに行っても、少年野球のチームがグランドを独占していました。

鉄棒などで遊んでいると、邪魔だから「あっちに行って」と言われることもありました。

ボールが飛んできて友だちに当たっても、「野球をしているのに遊んでいるのが悪い」と言われてしまいました。

このような経験があるので、野球はつまらないスポーツだと感じるようになりました。

 

野球嫌いになる理由3

女性
(女性 22歳)

まず、小さい頃から野球に全く縁がないこと。

家族や友人にも野球をやっている人や、プロ野球のファンがいなかったので興味も湧きませんでした。

それだけならまだ無関心という程度だったのでしょうが、子供時代の、夏休みになると甲子園のせいで夕方のNHKのレギュラー番組がつぶれるという不満が反感の元になっているのかもしれません。

観戦するにしても、(他のスポーツにも言えることですが)時に何時間も続くという長ったらしさや、遠くから見るが故の迫力感・緊張感の欠如勝負の瞬間の短さタイムや交代にかかる時間の冗漫な感じが、つまらなさを感じる要因だと思います。

 

野球嫌いになる理由4

男性
(男性 23歳)

そもそも野球にまったく興味を持てない私ですが、なぜ興味を持てないんだろうと自問自答すると、スピード感がないからという答えにたどり着きました。

他のスポーツはバスケにしろサッカーにしろラグビーにしろ選手は試合中ずっとフィールドを駆け回っており、圧倒的なスピード感を感じることができます。

これは迫力があるということにもなりますが、野球にはそれがありません。

打ったら走り、走っては止まるといった形なのでどうにも気持ちがダレてしまいます。

 

野球嫌いになる理由5

女性
(女性 25歳)

野球で一番つまらないと感じる事は、試合時間が長すぎることです。

短い時間でも2時間位かかるようで、見に行きたいとは思いません。

ルールが難しくてよくわからないのも、つまらないと感じる理由です。

投手のピッチングフォームについても最近話題になりましたが、どこがいけないのかがよくわかりませんでした。

野球の試合が放送されると、自分の見たい番組の放送が遅くなったり放送されない事もありました。

ルールがよくわからないことや、予定が変更されてしまう事などで、つまらないスポーツだと感じてしまいます。

 

野球嫌いになる理由6

男性
(男性 29歳)

野球はテレビなどで「見る」分に関しては、やはり退屈でつまらないなと思わざるをえません。

まずは試合時間の長さです。

野球の試合は平均して2〜3時間かかるので、毎回見ようという気が起こりません。

そしてつまらない決定的な理由は「止まっている時間が長い」ことですね。

攻撃でも打者以外は基本的にベンチで座っており、守りもピッチャー以外は動きが極めて少ないですよね。

一球投げてから次に投げるまでも、時間がかなり掛かるので、見ていて「退屈だな」と思ってしまう事が多いです。

 

野球嫌いになる理由7

女性
(女性 30歳)

細かいルールが複雑で分かりにくいという理由が大きいですが、こどものころ、プロ野球の中継のせいで毎週楽しみにしていたアニメの放送がつぶれることがよくあったせいで、

「野球をやっているせいで見たかったアニメの放送がなくなった!」

「アニメが見られなくてつまらない&わくわくしていた気持ちが一転してがっかりした気持ちへ」

「野球=がっかり」

「野球はつまらないもの」

と、いうような長年の思い込みのようなものもある気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
これが嫌いシリーズ
ギガヤク