子供はいらないという方々の理由とは?14名の意見まとめ

子供はいらない

今回は、「あなたが「子供が欲しくない」と考える理由について教えて下さい。」というアンケートを14人の方に実施し、「自分に子供はいらない」と考えている方々の意見をまとめました。

みなさん、経済的な理由など、さまざまな理由や経緯があるようです。

少しでも、子供を作るべきかについて悩んでいる方々の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

1.自分に自信が持てない①

女性
(女性20歳)

自分自身に自信がなく、子どもを育てるなんて自分には無理であると考えているからです。

自分のような親の腹に宿り、そして育てられる子どもは不幸になるのではないか、もしくは自分が不幸にさせてしまうのではないかということに怯えて、自分には子どもはいない方がいい、自分のような人間が子どもを持つべきではない、と考えています。

もし自分が子どもが欲しくなるとすれば、自分自身が子どもを育てられる自信が、例えば経済面やメンタル面でついた時でしょう。

 

自分に自信が持てない②

女性
(女性33歳)

もともと子供が好きではないからです。

よく、子供が嫌いでも実際に自分に子供ができたら、とてもかわいいと聞きますが、本当に自分がそうなれるか自信が持てません。

知人の知人には、自分の子供でもやっぱり子供は好きになれなかったという人がいると聞いた事があります。

もちろんその人は責任を持って育てているようですが。

私がそのようになった場合は、責任を持てるか自信がありません。

あと、子供がいないから自由に仕事して、遊ぶことができます。

私は今の生活を変えたくないからです。

 

自分に自信が持てない③

男性
(男性34歳)

子供は望んでいなくても出来てしまう所帯もあると思いますし、望んでも出来ない場合もあると思います。

自身は後者であり、現状で子供がいても幸せになれるかと言われると、幸せを感じるかわかりません。

結果的には、子供がいなくても幸せになるものの定義を発見することが出来ているからこそ、欲しくないと考えられます。

欲しくなるタイミングがあるのであれば、今の幸せな生活が狂うことなくいくという事が明確かつ望まない人が子供を育てる環境を設ける何かがあれば、話は変わると思っています。

 

2.仕事に集中したい①

女性
(女性22歳)

就職活動を通して、キャリアを積み仕事に集中したいと考えるようになりました。

その中で、子育てと仕事は両立するのが困難ではないかと考え、子供がほしくないと思いました。

育休などの制度を企業側は設けていますが、実際の働いている人の話を聞くと、大手の人手が足りている企業のみ、制度が活用されていると感じます。

なので、社会に出て働いた時に自分がそのような制度を活用できるのか不安があります。

以上のことから、子供は欲しくないと考えます。

しかし、周囲の知り合いが子供を授かり、子育てをしているのが分かると、欲しくなるのかなとも思います。

 

仕事に集中したい②

女性
(女性28歳)

子供が欲しくない理由は二つあります。

まず、仕事の都合で転勤が多いため安定が難しいことです。

それから、会社では出産休暇や育児休暇が認められていないことです。

転職するにしても今の給与レベルと同じくらいの仕事が見つかるかどうか分かりません。

また、パートナーの仕事も不安定な職種なので、今の段階で子供が出来ても困ります。

もし今後、働いている会社で出産や育児休暇が認められたりして、子供を産んだ後も仕事に復帰できる環境になれば子供を持ちたいと思います。

 

仕事に集中したい③

女性
(女性29歳)

現在、SEとして働いているので、仕事を続けながら子どもを育てるイメージがつきません

残業や休日出勤も多いし、その中で子どもを預けて働くというのは、24時間保育でないと無理なんじゃないか?と思っています。

知人の子育て風景をみても、すぐ散らかり、イライラしているところを見ると、やはり大人の時間をゆったり過ごしたほうが素敵なんじゃないか?と思います。

それに、子どもの教育費も高額だし、もともと、子どもが苦手だというのがあり、今のところは子どもが欲しいと思いません。

 

仕事に集中したい④

女性
(女性40歳)

私が子供が欲しくないと考える理由は、自分のやりたい事ができなくなるのを懸念するからです。

私は現在新たな仕事を立ち上げて、自身で会社を経営しています。

従業員も雇っていますので、出産をして仕事を休むわけにはいきません。

立ち上げたばかりでまだ方向性も見えないので、とても出産、育児について考えることができません。

現在、頭の中は仕事のこと一色なのです。

もう少し仕事が落ち着いてくれば、子供について前向きに考えられるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
子育て
ギガヤク