海が怖いのはなぜ?海に恐怖を感じる理由5選!

海が怖い

夏が訪れると、海水浴シーズンが始まりますよね。

しかし、このシーズンの到来を喜ぶ方もいれば、あまり好ましく思わない方もたくさんいるのです。

その中には、「海は怖いから行きたくない」という方もいるでしょう。

海が怖いという方々は、一体、海のどんな所に恐怖を感じてしまうのでしょうか。

今回は、「海のどんなところに怖さを感じますか?また、海で怖い経験をしたことはありますか?海に恐怖を感じる理由を教えてください。」というアンケートを20人の方に行い、まとめてみました。

「海が怖い!」という方や、「海が怖いという気持ちが全く理解できない」という方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.足が底に付かないのが怖い

足が底に付かないのが怖い①

男性
(男性20歳)

海は、まで浅瀬だと思っていたところから急に深くなるところがあり怖いです。

急に足がつかなくなる怖さは計り知れないものがあります。

また、どこまで続いているのか終わりが見えず、一度海に入ってしまうと波に引き込まれて元いた場所に戻って来ることが出来なくなるような気持ちになります。

浅瀬から離れてしまうともう奥に奥に流されてしまうと思ってしまいます。

小さい頃、海で親とバナナボートで遊んでましたが、ボートから落ちた時はどうすることもできず溺れ死んでしまうのではないかという経験をし、そこからも海に恐怖感を感じています。

 

足が底に付かないのが怖い②

男性
(男性24歳)

死んでしまうんじゃないかということに恐怖を感じます。

小学2年生の時に海で溺れた経験があります。

足がつくと思っていたところが深くなっていて、一瞬何が起きてたのかわかりませんでした。

幸いなことに一緒にいた祖父と一緒にいた友達のお母さんに助けてもらいましたが、未だに海に対してトラウマを感じることがあります。

こういった経験をしているためもしかしたら溺れて死んでしまうんじゃないか、という思いから海に対して恐怖を感じてしまいます。

 

足が底に付かないのが怖い③

女性
(女性24歳)

小学生の頃に海で泳いでいる際、足がつかなくなりそのまま水を飲み溺れて死にかけたことがあるので海に行くのが怖いです。

足をつけるぐらいだったら行きますが水着を付けてとか行くのが怖くなりました。

また、周りには信じてもらえてませんが、以前1度海辺で霊的なものを見た気がしたので海には極力行かないようにしています。

行ったとしても浜辺で遊び、海の中に入らないようにしています。

プールと違い波があり恐怖症になってしまいました。

 

足が底に付かないのが怖い④

男性
(男性47歳)

海はプールと違って、深さに限りがないところが怖いと思います。

プールなら水深1.2mといったように深さがわかっているので、自分の能力に応じて入ることができます。

しかし海の場合は深さが一定でなく、知らない間に足がつかないところへ流されてしまうこともあります。

さらに私は泳ぐことができないので、身長と同じくらいの深さでもおぼれてしまうと思います。

以前つま先立ちしていなければ、呼吸ができない深さのところに行ってしまったことがあります。

このときは「生きて帰れない」と思うくらい恐怖に感じました。

 

2.海の生物が怖い

クラゲとサメが怖い①

女性
(女性24歳)

一つ目はクラゲに刺されるんではないかと思うことです。

クラゲに刺さると処置などが大変なので2つ目はやはりサメがいるんじゃないかという恐怖心があります。

サメの映画はとても大好きなんですが、実際に自分がサメと会ってしまったら速攻で死んでしまうと思っています。

最近では「こんな所でサメ被害が!」というようなニュースもあったので余計怖いです。

ただ、海を眺めるのは好きですし、なにより夜の海はとても好きです。

波打ち際までなら全く問題ないです

 

クラゲとサメが怖い②

女性
(女性30歳)

子供の頃から海が怖くて、海に入ることが出来ません。

海の波の音、とくに荒波の音を聞くと、自分が飲み込まれてしまうのではないかという恐怖心があるのです。

また、海にはたくさんの魚やクジラ、鮫がいるので、その生き物たちが住んでいるところに人間が入るなんて、考えただけでゾッとします。

もし運が悪ければ、鮫に襲われることもあるのではと思ってしまうのです。

1度、家族とキャンプに行ったときに海に入るようにと説得され、仕方なく入りましたが怖くて5分くらいで砂浜に戻りました。

たった5分なのにクラゲに刺されてしまいました。

これからもずっと、私は海に近付くことはないと思います。

 

サメが怖い

男性
(男性31歳)

31歳になりましたが、正直今でも海には行きたくないです。

まずひとつがサメというなの生き物にいつ遭遇するかわかりません。

あの生き物に生身の状態で出くわしたら人間なんて手も足もでません。

むしろ食い切られて終わりです。

あとひとつは自分が幼い頃(小学校低学年)に家族で海で溺れたのがトラウマです。

記憶では必死こいて「たすけてー!」叫び一緒に来ていた父親に声が届いたのか泳いで助けに来てもらって難を逃れました。

まずひとりじゃ岸に上がれなかったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
お役立ち
ギガヤク