住宅ローンで後悔してしまった経験談15選|どんな事に気をつけるべき?

住宅ローンで後悔

ここでは、住宅ローンで後悔してしまった!という方々の経験談や意見をまとめています。

今回は「組んだ住宅ローンのどんな所に後悔していますか?また、これからローンを組む方はどんな事に気を付けるべきでしょうか。」というアンケートを15名に実施してまとめました。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

住宅ローンで後悔したこと1

男性
(男性 25歳)

新築住宅を契約して、住宅ローンの契約もして、支払いが始まったときに、離婚しました。

こんなことなら、住宅ローンを組まなければよかったと後悔しても、ローンの支払いが始まってしまいました。

今では住みたくもない家に、ローンの支払いが残り、借金地獄です。

 

これからローンを組む人は、一生で一度の大きな買い物で、将来的に自分はどうなっていくのかを、しっかりイメージしなければいけないと思いました。

あとは住宅ローンであれば、絶対に離婚はしない、という確信が必要です。

 

住宅ローンで後悔したこと2

女性
(女性 29歳)

住宅ローンの月々の支払いを少なくするために、もっと頭金を出しておけば良かったなと思います。

住宅購入を決めたときには結婚したばかりで子供もいなかったのですが、子供が産まれると予想以上に月々の出費が多く大変です。

これからローンを組む方で子育て世代の方は、子供にかかる教育費などをきちんと計算して無理のない予算で住宅ローンを組むべきだと思います。

家を建てたからと言って生活が苦しくなるのではなく、楽しく暮らすために建てるべきだと思うので予算組みには気をつけた方が良いです。

 

住宅ローンで後悔したこと3

女性
(女性 31歳)

購入した物件が中古で築35年経っていたため、ローン選びには苦労しました。

金利の安いネット銀行にいくつか申請を出しましたが、築年数のせいか一次審査でアウトが続出でした。

まさかここで引っかかるとは思っていませんでした。

 

かと言って金利の高い地方銀行にするのもなぁ…

と諦めずネット銀行にトライし続け、5社くらい申請をしてやっと1社からオッケーの返事をもらいました。

物件の購入の前に、家自体のことも勿論大事ですが、ローンが組みやすいかどうかも不動産屋にしっかり確認しておけばよかったと思いました。

 

住宅ローンで後悔したこと4

男性
(男性 33歳)

月々の返済額と返済計画が妥当なものか、住宅ローン返済以外の支払い全てを計画にいれた上で、時間をかけて細かくシミュレーションしたうえで決定するべきでした。

親持ちの家が無くなる為、早期に住まいを確保しなければならない理由があり仕方なかったのですが、仕事が忙しいなか、いまなら安く出来る、との住宅メーカーと銀行の言葉にのせられ、細部まで検討できないなかでそのまま契約してしまったため、月の返済額の多さで苦慮しています。

 

住宅ローンで後悔したこと5

女性
(女性 35歳)

注文住宅で、建設会社に勧められるままローンを組みました。

他にも組める銀行等があるか検討もせずにローンを組んでしまったため、JA共済になりました。

JA共済は近くにATMがなく、お金の預け入れが面倒なこと。

また、もっと金利の低い銀行があることを知らなかったこと。

 

これからローンを組むかたは、いろいろな銀行を比較検討して組むことをお薦めします。

金利が低い今は変動ではなく、固定金利もお得なので併せて検討するとよいと思います。

 

住宅ローンで後悔したこと6

女性
(女性 35歳)

今の金利は私たちの時よりも1%近く低いので、あと2,3年待って頭金1000万貯めてから購入すればよかったと後悔しています。

毎月の支払いが今よりぐっと減るので、あと数年待っていれば生活にもっと余裕ができたんじゃないかと思います。

これからローンを組む方は毎日の生活に余裕があればあるほどいいので頭金を出来るだけ貯めて、絶対あせって購入してはいけません。

将来設計をよく考えてから購入することをおすすめします。

 

住宅ローンで後悔したこと7

女性
(女性 42歳)

子供が生まれる前は生活に余裕があったので、七万以上年2回のボーナス払いを組みました。

子供の習い事や付き合いなど出費もかさむし、ボーナス年2回ありから年俸制に変わったので、毎月少しずつ増えた収入を前もって貯金して残しておいてボーナス月支払い時に支払うなど管理が難しく、スムーズに捻出しにくいためマイホーム購入という事で気持ちは大きくなるけれど、無理のない返済方法を先の事をよく踏まえてするべきです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
家族
ギガヤク