LINE(ライン)の失敗談20選まとめ!最も後悔した事は何?

LINE(ライン)の失敗談

ここではLINE(ライン)の失敗談についてまとめています。

今回はLINE(ライン)を使っていてやってしまった失敗談や、後悔した経験について教えてください。」というアンケートを20名の方に実施し、答えていただきました。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

失敗談1

男性
(男性 19歳)

自分がまだ中学生だった頃、好きな人に対して告白をLINEでしたことがあります。

その際、トーク履歴として残ってる文を、その女性が他の女性の人たちに送っていました。

もちろん、その女性には振られました。

後日、学校に行くと、色々な人たちから嫌味を言われました。

そして、告白の内容や普通の会話も全て暴露されてしまいました。

また、付き合った女性に対していちゃいちゃしてるLINEをずっと送りあっていたのですが、別れてからものすごく恥ずかしくなり、この世の中から完全に消せるなら消したい過去になりました。

 

失敗談2

女性
(女性 24歳)

ラインを使っていてやってしまった失敗談は、当時連絡していた異性の方がいて、その異性の方とのやりとりをスクショして、自分の友達に送ろうとして送ったら異性の方本人に送ってしまいました。

普通に間違った!って返したけど、多分気づいていると思います。

自分の方の画面では消せるけど、相手に送ってしまったら、取り消せないので、ものすごく後悔しました。

あとは、ラインを送る相手を間違って親に送ってしまったことがあります。

 

失敗談3

女性
(女性 26歳)

ひとり酒をしながら、友人とラインで旦那の愚痴のやりとりをしていた時、旦那から「今から帰宅する」とラインが入りました。

旦那のラインは後で返そうと思い、浮気している友人を元気付けようと浮気を肯定、浮気のメリットを示唆するような内容を送りましたが、後々そのラインは友人ではなく間違えて旦那に送ってしまっていたことが発覚。

その後しばらく旦那から、浮気をしているのではないかと疑われる日々が続いてしまいました。

 

失敗談4

男性
(男性 26歳)

LINEで何人かの女の子と連絡を取っていた時に、1人1人に「好きだよ」とか「会いたい」とか送って好感度をあげようとしていて、ある日、忙しい時にLINEを返信していたら送る相手を間違えて修羅場になったことがあります。

LINEのスタンプなども名前付のスタンプなどを購入して使っているので、違う女の子に使ってしまって他に女の子が居ることがバレてフラれる事がありました。

複数の女の子とLINEするときには、きちんと確認して送らないといけないと感じました。

 

失敗談5

女性
(女性 26歳)

ラインで好きな人と連絡を取っていながら、どう返事をしようと友人にラインで相談していた時のことです。

好きな人とのラインのトーク画面をスクリーンショットして、友人にこうやって来たんだけどどう返したらいいかな?と送ろうとしたのですが、間違えてそれを好きな人に送ってしまいました。

ラインは送った瞬間既読になり、とても焦りました。

ごまかしてもしょうがないと思い、本当のことを言いましたが、あの時は本当に恥ずかしかったです。

 

失敗談6

女性
(女性 27歳)

返事を返すのに困る人のLINEを間違えて開けてしまい、返事をすぐに返さないといけない状況になってしまい困りました。

開くと既読がつくのでつかないアプリをとろうかとも思いましたが、結局めんどくさくなり現在もそのままです。

返事を早く返さないといけない相手のLINEは、開かない方が良いことを再確認しました。

また、ホーム画面の画像を変更すると「自動的にタイムラインに変更しました」と載るのを解除するのを知らず、気付くまでずっと変えるたびにタイムラインに載るのが嫌でした。

 

失敗談7

女性
(女性 28歳)

当時付き合っていた彼氏と喧嘩をしてしまった時の事です。

些細な事から喧嘩をしたのですが「別れる、別れない」の話にまで発展してしまってかなり落ち込んでいました。

私はまだ彼氏の事が好きだったので別れたくなかったのですが、彼氏は別れたいと思っているようでした。

それを友達に相談しようと思ってLINEをしたのですが、その相談を間違って彼氏本人に送ってしまいました。

彼氏からは「人に相談する程、俺との事、悩んでるの?」と言われてしまい、本当に失敗したなと思いました。

結局、その彼氏とは別れてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
お役立ち
ギガヤク