人生でもっとも後悔している事を14名に聞いてみた

人生 後悔 お役立ち

ここでは、人生でもっとも後悔を感じている事についてまとめています。

今回は「人生でもっとも後悔を感じている事を教えてください。」というアンケートを14名に実施してまとめました。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

人生で後悔していることまとめ

後悔していること1

女性
(女性 22歳)

私は19歳の時に1度できちゃった婚をし、妊娠中に仲の良い私の友達と同居していた部屋で浮気をしていました。

更に、ストレスと仕事により流産してしまい。

どん底へ落とされてしまいました。

あの頃に戻れたらあの頃に出会っていなければ、私の人生は変わっていたのかもしれない今は、離婚し別々な生活を送っています。

相手にはもう、彼女がいるようです。

何もなかったかのようにやりたい事をやり遊んでいます。

過去を後悔しているのは、痛みを経験した女性側だけなんだなと思い、あの頃からやり直したい。

あの頃に戻れたら何か変わっていたかもしれない。

 

後悔していること2

女性
(女性 50歳)

人生の半分を超える年齢になって、今までの自分がかなり悲観的だった事を後悔しています。

スピリチュアル系の本を読むと、思考は現実になるから物事を肯定的に考えた方がいいと書いてありますが、納得はしたものの実行する事はありませんでした。

そのせいか、やっぱり不運な事が多かったです。

最近は考え方を改めて楽観的に過ごすようにしたら、小さいラッキーが続くようになりました。

今までの自分はかなり損をしていたんだと思います。

 

後悔していること3

女性
(女性 51歳)

今の夫と結婚したことです。

若いころは、お金に興味がなく、金銭的なことは考えずに結婚してしまいましたが、やはりもっと金銭面を考えるべきだった。

それでも、人間的に尊敬できるとか、自分と気が合うとか、そういった良い点があればまた違うと思いますが。

それもなかったです。

こんなに常識がなかったのかとか、モラハラだとか、結婚してみてから気づくことばかりです。

若いころの自分に忠告するならば、人間性と金銭面をしっかり見ろ、と言いたいです。

関連:結婚生活で辛いと感じること7選!どこまで我慢が必要?

 

後悔していること4

男性
(男性 52歳)

今、無職になってしまい、手に職がないので大変困っています。

かと言って、そんなに体力的に自信がありませんし、根性もないのでなかなか就職先が見つかりません。

ですので、若い頃にもっと勉強して公務員になったり、手に職をつけて何があっても食べていけるようにしておかなかったことに本当に後悔しています。

後ギャンブルで200万円も使ってしまい、貯金を使い果たしてしまい、生活がものすごく厳しくなったので、あの時ギャンブルをしなければよかったと後悔しています。

 

後悔していること5

男性
(男性 53歳)

高校の時に、もっと英語を勉強しておけば良かったと後悔してます。

会社がグローバル化する中、英語が出来ればもっと海外も行けたし、外国人の方とも積極的に会話ができて、視野を広げることができ、人生ももっと豊かになったと思います。

実は、中学までは英語が嫌いではなく、むしろ好きで、ほかの教科もできたので高校も楽勝と思ってしまったのが間違いでした。

高校の授業について行くには、何かを捨てないと追いつかなかったので、英語を捨ててしまったのが敗因です。

その後も、英語から逃げるように生きてきてしまいました。

何回も英語をトライしょうと思ったのですが、高校の基礎力がないため、すぐに断念する繰り返しでした。

再度挑戦できるなら、恥を捨てて英語にトライします。

スポンサーリンク

後悔していること6

女性
(女性 54歳)

若い頃に学生の時に付き合っていた人と結婚をし、子供を2人授かりました。

しかし、結婚生活も9年で終わりに。

その後出会った人と24年位事実上は付き合っていたいたのですが、付き合って間もない頃、自分の気持ちは冷めていましたが、生活の為、お金の為に我慢してダラダラ付き合いを続けましたが、相手が58。

私が48の時に他に女が居たことが発覚して、5年位喧嘩の日々。

元々自分から連絡はほとんどして居なかったので。

段々と音信不通になり、今年の初めから1度も連絡が来なくなりました。

援助を受けていたのに、気が強いので相手を許す事は出来ず。

触れられるのも嫌になり、生活が苦しいのに、探す気にも慣れず。

今に至ります。

 

自分が馬鹿過ぎで嫌になります。

付き合いながらも、他の人生も考えていれば良かったです。

元々常識は無かった人だと解っていたはずなのに。

何処。

自分に奢りがあり。

今は惨めな思いをしています。

 

後悔していること7

男性
(男性 55歳)

今22歳の子供が小学生ぐらいの時の話です。

私の言うことを聞かなかったときに、つい頭にきて体罰を与えてしまったことです。

(私も私の父から体罰を受けていたためつい手が出てしまったのです)。

今、その子供は社会人となり、会社員をしていますが、未だに子供の所作をみていると、小さいときに教えていたはずの身の周りの片づけや食事のマナーが全然なっていないので、社会人の先輩として何を教えてきたのかと反省させられることが多々あります。

今頃になって、反省しても遅いかもしれませんが、子供に可愛そうなことをしてしまったと日々反省しています。

たまたま、今大相撲でも体罰問題がニュースとなっていますが、体罰では何も変わらないことを実感しています。

 

後悔していること8

男性
(男性 56歳)

20代のころ好意を持っていた女性がいたが、相手からのアプローチに気づかないふりをして放置してしまった。

そのまま転勤になり離れてしまい、1年ほど通勤途中にお互いに通勤の車ですれ違いが続き、お互いを認識しながら会釈をするだけの状態が続いた。

1年後、昔のグループでスキーに行くことになり、その中に彼女もいたが大人数のグループでなかなか会話をするタイミングを見つけることが出来ず、結局そのまま会えない人となってしまった。

関連:転勤したくないと感じてしまう理由や心理19選

 

後悔していること9

男性
(男性 57歳)

なんと言っても、楽器を弾ける様に若い時から早く始めていたかったです。

子供達がピアノレッスンを受けて少しずつ弾ける様になる姿を見ながら、自分自身もピアノを弾いてみたいと思って40歳を過ぎて半年間、毎日1時間は練習しましたが、小学生向けの曲が一曲弾けただけでした。

それもとてもたどたどしくて、決して人に披露できるレベルではありません。

あきらめて練習を止めてしまった今は、もう全然指も動きません。

高齢でも、上手にピアノを弾けている人を見ると羨ましくて仕方がありません。

人生を損した気分になるのです。

 

後悔していること10

女性
(女性 57歳)

中学校時代や高校時代の同期会が、40代から何度か開催され、必ず参加しています。

が、当時付き合った事がないので、甘酸っぱいような、懐かしい思い出がありません。

元彼に会う、どきどき感を、味わいたかったなと、思います。

初めての彼氏と、結婚したので、元彼がいません。

20代前半の時に、彼氏とデートや旅行をしておけば良かったと、後悔しています。

バブル時代に、OLをしていましたが、バブルとは程遠い地味な生活をしていました。

バブル時代を、謳歌しなかった事を、後悔しています。

関連:同窓会に行きたくない理由や心理とは?20名の意見まとめ

スポンサーリンク

後悔していること11

男性
(男性 58歳)

わたしが人生でもっとも後悔しているのは、会社選びです。

今みたいに売り手市場ではありませんでした。

また第二新卒という言葉もなく、「三年で辞める奴はロクな奴がいない」ということで、無理して在籍しておりました。

お給料をくれた会社には申し訳ないのですが、結果的にそのまま居座っているのが現在の私です。

自分の職業人生はそういう意味では残念な結果だったと思っています。

しかし、「決まったところに行け」という大学就職課の圧力にも屈しました。

しかし、こうやって人のせいにしている自分が情けないです。

関連:転職が決まらない!そんな時は20名の経験談を参考にしよう

 

後悔していること12

男性
(男性 62歳)

私は若いときから野球をしていますが、それもキャッチャーをしていたのですが、20代の時にピッチャーに出したサインが今でも後悔しています。

打者は好打者でホームランもあるバッター、得意なコースは内角の低め、そのことは知っていたのですが、もしかすると低めをもう少し低い球でせめて、内角もボール球でもしかすると打てないのではと思って、そこのコースにサインを出したのです。

ピッチャーもそこに投げてきたのですが、見事にホームランを打たれてしまいました。

40年経っても後悔しています。

やっぱり正攻法で行けば良かったですね。

 

後悔していること13

男性
(男性 62歳)

私が人生で一番後悔してるのは、大学を中退したことです。

なぜなら、大学を卒業して資格を取得して公務員になりたかったのです。

公務員になっていれば、生活も安定して退職後も安心して生活できたことでしょう。

女房も、パートで働くなどということもさせずにすんだものだと思います。

また、私も精神的にも安定して生活できたはずです。

私の精神が病むこともなかったはずです。

穏やかな家庭生活を送れたことだと思います。

要するに、収入の安定が、生活の安定と幸せな家庭を作れたのではないかと後悔しています

 

後悔していること14

男性
(男性 71歳)

一生懸命勉強して、難しい試験も合格して、次の人生はこれだと思って定年退職に迎えていた。

合格はしたが、この資格を活用するには協会の加入が義務づけられて、しかも年会費もあり、「果たして年会費に相応するそれだけの収入が合うのか」どうか迷った。

しかしながら、今から思うと、その資格は世間にだんだん理解されており、ユーザーも増えているとのことである。

定年後、仕事をすることに抵抗を感じたかもしれないが、年金だけの生活を思うと、もう少しあのとき、なんでもっと新しい仕事にチャレンジしている気持ちがなかったのかと後悔している。

 

★こちらも読まれています

自分を嫌いになる理由20選!あなたのコンプレックスは何?

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

脱サラの失敗体験談と後悔した事15選!重要なのは何?

アラフォーの婚活の現実とは?14名の経験談まとめ

スポンサーリンク
関連コンテンツ



お役立ち
ギガヤク