倦怠期の乗り越え方を経験者20人に聞いてみた

倦怠期の乗り越え方

ここでは、倦怠期の乗り越え方についてまとめています。

付き合いが長くなると、ドキドキ感が薄れる一方で相手に慣れを感じてしまうもの。

そして倦怠期とは、相手との関係が「非日常」から「日常」へと変わる過程なわけですが、この倦怠期を乗り越えるために必要なことはなんなのでしょうか。

今回は、「倦怠期を迎えた際、どのように乗り越えましたか?」 というアンケートを20人の方に実施し、倦怠期の乗り越え方についての意見をまとめてみました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

倦怠期の乗り越え方・経験談まとめ

経験談1

女性
(女性18歳:倦怠期間約1ヶ月)

倦怠期だから、早く抜け出さなきゃとか何も思わずに自然と時間が解決してくれるものだと私は思っていたので、これと言って深く考えたりはありませんでした。

時間が経てばお互いの大事さに気づくことができたので、気づいた時に好きだよ。

とか愛情表現をするようにして乗り越えてきました。

倦怠期の時期が全く彼と同じとは限らないので、片方が倦怠期になってもそこまで深く考えなくていいと思います。

 

経験談2

女性
(女性19歳:倦怠期間約1年)

毎日ちゃんと「好きだ」ということを伝える。

言葉で表さないとわからないので、ハグやキスだけではなく言葉にすること。

デートがマンネリ化するので新しいところに行ってみる。

感謝の気持ちをしっかり伝える。

「お前」とか「バカ」とか、付き合いたてのときには言わなかったことを言うと愛情がないのかと疑われてしまうので、そういう言葉使いはしない。

 

経験談3

男性
(男性20歳:倦怠期間約2ヶ月)

会えずとも、電話やSNSでコミュニケーションをとり、お互いを励まし合って乗り越えた。

自分だけが、疲れているという認識を捨てて、相手のことにも気を使い、癒しあえると、お互いに幸せを感じられる。

会えた時は、あまり動かず、美味しいものを食べにいったり、旅行をしたり、一緒に疲れを休めれる事をして、お互いを励ましあった。

 

経験談4

男性
(男性21歳:倦怠期間約2カ月)

とにかくいろんなところへ遊び行っていました。

倦怠期のまま、会わずにいると、多分この関係は終わってしまうのではないかという焦りもあったため、遊ぶ機会、二人で会う機会を増やしていました。

そのデートで私は彼女を楽しませようと、雰囲気作りに努力を注ぎました。

その結果、今では倦怠期を乗り越えられた気がします。

 

経験談5

女性
(女性22歳:倦怠期間約3ヶ月)

私達の場合はお互いに距離を置くことにしました。

連絡をとることもほとんどせず、学校などで会ってもとくに会話を交わさない状態でした。

そのお陰でお互い勉強に集中することができました。

受験が終わり約3ヶ月間距離を置いていたので気持ちも冷めたかと不安はありましたがお互い冷めていた気持ちも復活し、倦怠期を乗り越えました。

<スポンサーリンク>

経験談6

女性
(女性22歳:倦怠期間約1ヵ月)

私の場合は、倦怠期だなあと感じると付き合い始めの頃の気持ちを思い出したり、始めの頃行った場所にまたデートに行ってみたり、一緒にいれることに感謝・感動していた頃の気持ちを大事にしなければなあと自分にも相手にも再確認させて貰えるような行動をとりました。

一緒にいることが当たり前じゃない、そう思うことが大事だと思います。

 

経験談7

男性
(男性24歳:倦怠期間約2ヶ月)

倦怠期を乗り越えるためには満足しない、努力するということが大事だと思います。

倦怠期というのは結局自分次第なところがあります。

満足する、しないというのは自分の気持ち次第で変えることができますし、相手を思った言動を心がけるように努力すれば倦怠期が来ることはないです。

なぜならそうすることは飽きてしまうような状況を作らず、新鮮な気持ちを維持することにつながるからです。

 

経験談8

女性
(女性24歳:倦怠期間約1ヵ月ほど)

別れるとか離婚とか別居ではなく少し距離を置いてみてお互いの存在を確かめたり、それぞれの時間を作ったりして倦怠期を乗り越えてきました。

また、あえて自分の意見はいわず相手がやりたいようにさせたこともありましたし、お互いの言いたい事を言い合って喧嘩をすることで仲直りしたこともあります。

まず大事なのはお互いの存在がどれだけ大切なものなのか確認することだと思うので、少し距離を置いてみることだと思います。

 

経験談9

女性
(女性28歳:倦怠期間約1ヶ月)

やっぱり、出会った頃を思い出して、相手がいることのありがたみや、一緒にいれることの幸せを思い返すことです。

あとは、少し会うペースを減らして1人の時間を作るとより相手の大切さや、会いたさ、愛おしく感じることが増えると思います。

あとは、思いやりのある言葉かけがお互い大事です。

いつもありがとうや、好きという言葉を口に出すことです。

 

経験談10

男性
(男性28歳:倦怠期間約1年)

私の場合、とにかく我慢しました。

倦怠期になってきていることを客観視して、理解するように努めました。

彼女が素っ気なくても今は倦怠期だからと思い、イライラしないように気をつけていました。

また、倦怠期を悪くとらえず、恋愛のステージが変化してお互いがドキドキする存在ではなく、家族のような一緒にいて落ち着ける存在へと変わっていっているとポジティブに考えるようにして乗り越えました。

<スポンサーリンク>

経験談11

女性
(女性31歳:倦怠期間約1週間から6ヶ月)

倦怠感の時はなにもしないでゆっくり充電し回復するまで気分転換をしながら楽しむこともしてストレス発散して下さい。

どしゃ降り突風の嵐の中を突っ走り崖道歩いて大怪我するくらいなら、雨風しのいで寄り道遠回りもしなきゃ精神的にも肉体的にも持たないですよ。

休める時に休む!に、限ります。

命あってこそですから無理せずマイペースにですよ。

 

経験談12

男性
(男性31歳:倦怠期間約5ヶ月)

カップルのほとんどが、どちらかが語り手でどちらかが聞き手という事が多いので、うまく聞き手側が語れる環境を作ってあげれるようにする。

人にもよりけりですが、相手の性格や行動を考えて思いやりを見せれば、互いに互いの話を聞いたり喋ったりでき。

会話の間がなくなり倦怠期のようにならなくなる。

また、他の事に夢中になる場合は相手がそれに興味があるかどうか、あれば一緒にやれるし、無ければそれに時間を使うことを理解して貰えれば、互いに倦怠期という考えではなくなる。

 

経験談13

女性
(女性32歳:倦怠期間約6ヶ月くらい)

やはり、相手に対する思いやりは常に持っているべきだと思いました。

ずっと一緒にいると会話をする回数も初めに比べて少なくなると思うので、兎に角話すことは大事だと思い、話すことを増やしました。

そしたら、向こうからも話して来るようになり、会話から倦怠期を乗り越えられたと思います。

大切に相手の事を思う気持ちは初めから変わってない人がほとんどだと思うので、そこを続けていけるかが大事だと思います。

 

経験談14

男性
(男性33歳:倦怠期間約1ヶ月)

倦怠期を乗り越えるためには、新たな刺激を感じることが最も有効な方法であると思います。

例えば、いつもは自分からかけていた電話を相手からかけてもらうとか、週末に会うことが多かったのであれば平日の仕事終わりに会ってみるなど、いつもと違うパターンを味わってみると良いのではないでしょうか。

必要ないと思いがちなそんな変化によって相手の新たな一面に気づくことができたり、改めて大切に感じたりすることもあります。

新しい気持ちを感じることが出来れば、倦怠期など忘れることができるでしょう。

 

経験談15

男性
(男性35歳:倦怠期間約半年)

私の場合は、別に奥さんが嫌いな訳ではないので、このまま倦怠期が長引くと離婚してしまうと思い、初めは一言二言でもいいので、話す事から始めました。

それからどんなに疲れてても、子育てを進んで手伝うようにして毎日が同じではない日々を作るようにしました。

あとは、刺激も必要です。

ちょっとしたサプライズをしたり、なるべく一緒に行動したり。

お互いがお互いを一生思いやり続ければ、倦怠期は必ず乗り越えられます。

お互いが無理でも、片方に思いやる心があれば、心配ないと思います。

<スポンサーリンク>

経験談16

男性
(男性35歳:倦怠期間約1か月)

付き合っていったり、一緒に生活していく中で初めて直面するような行動であったり、文化もあると思います。

それを自分の固定観念だけにとらわれて否定するのではなく、新しいことに出会ったという新鮮な気持ちで受け入れることが大切だと思います。

時に受け入れがたいものも出てくるとは思いますが、そういった時には相手がなぜそのようなことをするのか尋ねると良いと思います。

そうやって話を聞いたり、受け入れていくことで相手を理解すること、これが倦怠期を乗り越えるコツだと思います。

 

経験談17

女性
(女性39歳:倦怠期間約2週間)

まずは、絶対に深く悩んだり深刻に捉えすぎないことです。

難しいかもしれませんが、このことを頭に叩き込んでおくことです。

実際に、以前どこかでカップルに来る倦怠期は脳科学か生物学上か忘れましたが、仕方のないことだと聞いたことがあり、私自身納得できます。

なので、倦怠期だとかなるべく考えないようにしている時は私の場合はいつも自然とうまく関係が壊れることなく進んでいました。

それと、逆にこの倦怠期をチャンスのように考え、この人と本当に一緒に居たいのかどうかを見極める時間として使うこともできます。

思い切って距離を置いてもいいですし、内心密かに考えを巡らしてもいいと思います。

倦怠期とかで別れるぐらいなら、所詮その程度の関係だと私は思います。

 

経験談18

女性
(女性40歳:倦怠期間約2年)

倦怠期を乗り越えるためにはほんの少しの努力が必要です。

ほんとはお互いに努力するのが理想なのでしょうけど、男の人にとってはそう言うことには鈍感なところがあると思うんです。

倦怠期にでさえ気づいていないかもしれません。

我が家はそうでした。

なので恋愛していたころのことを思い出して、女性側からその時の行動に戻せばいいと思います。

子供がいても親としてだけではなくて、親と恋人の両方を使いこなすことでうまくやっていけました。

子供は預けてたまに二人でデートまでいかなくても一緒に出掛けたりすること、大切です。

あとは子供の前ではお父さん、お母さんでもいいですけど、子供が生まれる前のようにお互い名前で呼び合うことも忘れずに。

 

経験談19

男性
(男性55歳:倦怠期間約3ヶ月)

家庭内で夫婦の会話がほとんど無い時期がありました。

でも、毎日顔を合わせているのですし嫌いになっている訳でもありません。

どちらからともなく何か楽しもうじゃないかという提案をしたと思います。

私達は旅行をすることにしました。

パックツアーとかではなくて、二人で自家用車で気ままに廻るドライブ旅行です。

もちろん宿は取っているのですが、スケジュールは自由にしました。

道の駅に寄ったり、目を引いた店に立ち寄ったり、自由気ままな時間を過ごせました。

自然と夫婦の会話がはずんできて、いい想い出を作ることができたと思っています。

 

経験談20

男性
(男性60歳:倦怠期間約4,5年くらい)

嫌だと思ってもお互いに話す事が大事だと思います。

仕事を持った奥さんの場合、家事と子育てと仕事で頭がいっぱいになります。

夫のことなどとても考えていられません。

「自分でやってよ」という世界です。

なので、ご主人は家事育児でできることを応援し、少しでも奥さんの負担を軽減してあげることではないでしょうか。

最近の若い人達はこの辺りがうまくいっているような気がしています。

奥さんが少し心に余裕を持った所で、話題豊富に色々な事をお話しする時間を持つことです。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

★こちらも読まれています

倦怠期はいつから来る?時期や期間を経験者20人に聞いてみた

同棲に対して感じる不安8選!この不安を解消できる?

彼女が友達を優先する!そんな時の彼女の心理とは?

キスを嫌いな理由や心理13選!特に口臭や菌がダメ?

<スポンサーリンク>