共働きの子育てが辛い!無理をしないための経験者20名のアドバイス

共働き 子育て 子育て

ここでは、共働きの子育てに悩んでいる方々の参考になるよう、共働きの子育て経験者の意見をまとめています。

今回は「共働きでの子育てに疲れている方々に対し、ストレスを減らしながら共働き子育てをするための助言など、経験談を交えたアドバイスをお願いします。」というアンケートを、共働きで子育てをしている(した)20名に実施してまとめました。

どうすれば共働きの子育てのストレスを減らすことが出来るのでしょうか。

経験者の意見を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

共働きで無理をしないために気を付けている事20選

共働きで無理をしないために1

女性
(女性 27歳)

わたしが共働きの家庭にオススメするのは時短家事道具です!

仕事をしながら子育てをするのは本当に大変ですよね。

ですから、少しでも家事の手間を減らすことが出来る道具は本当に便利です!

中でも一番良かったのは圧力鍋です。

短時間で煮込み料理やカレー、おでんなどが出来上がります!

忙しい中で毎日手の込んだお料理をするのは大変ですが、「栄養も気になる。」「高いオーブングリルは購入出来ない。」という方には本当にオススメですよ!

楽にしっかり頑張りましょう!

 

共働きで無理をしないために2

女性
(女性 29歳)

最近は夫の家事・育児参加が当たり前になりましたが、参加している本人たちはどのように家事育児を行えば効率よく動けるのかを、お互いにあまり理解できていません。

私もこの状態で、旦那とうまく連携出来ずにすれ違いが多くストレスが溜まっていました。

お互いに家事育児と仕事を両立させるためには、二人でしっかりと話し合いを行って、お互いの長所短所を理解した上で家事育児の分担を行うようにしたほうがいいと思います。

どうしてもお互いがわがままになってしまうので、しっかりとした話し合いを行って意思の疎通を行うことで、互いの求める仕事(家事育児)を理解することが出来ると思います。

 

共働きで無理をしないために3

女性
(女性 29歳)

今年の4月から娘が保育園に入園したので、私も働き始めて共働きになりました。

働き始める前までは1日中ずっと娘と一緒にいるのが当たり前の生活だったので、今は私の方が寂しいです。

娘との時間が減ってしまい、仕事が終わって保育園のお迎えをして帰宅してからも晩御飯の準備とお風呂、寝かしつけと平日は毎日バタバタで、一緒に遊んであげる時間がありません。

しかし、土日や祝日は私も仕事が休みなので、家事は冷凍食品などで手抜きをして、その分娘とたっぷり遊んでストレス発散しています。

 

共働きで無理をしないために4

女性
(女性 30歳)

私は、30歳の1児のママです。

私たち夫婦は共働きをしていて、いつも忙しい日々を送っています。

子供を見ながら働くのは大変ですが、その分、夫婦で協力し合って子育てと仕事をすることでストレスが軽減できることもあります。

一日中子供といると少し憂鬱になる時もあるので、たまに離れてる時間も必要だと思います。

アドバイスとしては、息抜きとしては義理の両親、自分の両親に子供を見てもらうことが一番いいと思います。

他には一時預かってもらうこともいいと思います。

 

共働きで無理をしないために5

女性
(女性 30歳)

やはり夫婦で家事、子育てを協力し合う事は言うまでもありません。

共働きでも必然的に女性の負担の方が大きくなりがちなのは事実です。

子供が小さいと尚更、目に見えない負担も大きいと思います。

なので家事分担は大事です。

勿論男の方の仕事も大変だと思うし、たまにの休日家族みんなでという日も勿論いいと思いますが、半日でもいいのでどちらかに子供を任せ、一人の自由な時間を交互にとってみるのも息抜きやストレス発散になると思います。

スポンサーリンク

共働きで無理をしないために6

女性
(女性 33歳)

私は10歳と8歳の男の子がいます。

子どもが三ヶ月の時から仕事復帰をしました。

子どもたちをお迎えに行き、家に帰って来たらもう夜。

そこからご飯支度をしてお風呂に入れて…。

自分の時間なんて本当にありませんでした。

いっぱいいっぱいになると子どもにもあたってしまい、その後なんでこんな事で怒ったんだろう…と後悔したりもしました。

そんな時いつも相談に乗ってくれていたのが歳の離れた職場の先輩で、飲みに連れ出す為に私の旦那に触接『今日飲みに連れてくから』と言ってくれ毎日の愚痴を聞いたりしてくれました。

誰かに悩みを聞いてもらえるってこんなにスッーっとするんだなって思いました。

 

共働きで無理をしないために7

女性
(女性 33歳)

朝、仕事に行かないといけないのに「子供が保育園に行かない」「制服を着ない」という時は大変です。

そんなときは、子供の気持ちに寄り添い、「パパもママも仕事でいないけど、保育園に行けばお友達がいるし楽しいよ」と子供に言い聞かせて、納得させるようにしています。

普段は保育園に通わせているので、子育てで悩みがあれば担任の先生に相談するようにしています。

そうすることで自分の気持ちに余裕ができ、ストレスも減らすことができます。

 

共働きで無理をしないために8

女性
(女性 34歳)

共働きで子育てをするのは本当に大変です。

朝は秒単位でバタバタと忙しいし、帰ってからはすぐに夕飯の準備に取り掛からなければいけません。

日々の生活は手の抜けるところは抜いていいと思っています。

「完璧じゃないといけない」という考えは捨てました。

自分の中でこれだけは、というルールを決めてそれだけしっかり実行していれば、他のことは気にしないようにしています。

大切なのは他の家と比べないこと。

ただでさえ忙しいので、気持ちまで疲れないように工夫しています。

たとえ一緒にいられる時間がたくさん取れなくても、愛情はちゃんと伝わっていますので頑張りすぎず、仕事も子育ても楽しくできたら良いと思います。

 

共働きで無理をしないために9

女性
(女性 35歳)

共働きでは、男性はともかく、女性は仕事をして家事をして子育てとなると本当に大変です。

働くことにより、女性の負担の方がより大きいからです。

共働き家庭では、旦那さんの家事協力や育児協力は必ず必要です。

家事や育児に協力してもらえないのであれば、共働きは必要ないと思います。

女性の負担が多くて、女性がノイローゼや頭がパンクしがちになるからです。

適度に趣味をもち、気晴らしや気分転換も必要です。

旦那さんに休日は、子供をみてもらい一人で買いものや映画を楽しむのも良いと思います。

関連:旦那が育児をしない!そんな時に考えてほしい3つの事とは

 

共働きで無理をしないために10

女性
(女性 38歳)

どんなに仕事でクタクタになって帰ってきても家事、育児が家に帰れば待っている事です。

せっかくの休日も日頃、手抜きになっている掃除や子供たちの体操服のゼッケン付け。

部活動の試合。

子供が熱を出せば休まないといけないので会社にも気を使います。

主人もなるべく協力はしているようですが、私の負担はあまり減りません。

ストレスを溜め込まないように、定期的に仲のイイ友達と食事会をしています。

あとは、家族が寝静まった後に好きなDVDを観たり本を読んだりして、なるべく少しでも自分の時間を取るようにしています。

スポンサーリンク

共働きで無理をしないために11

女性
(女性 38歳)

毎日毎日時間に追われて生活をしており、平日は100%と言っていいほど自分の為の時間などほぼとれません。

そんな生活を約9年間送っているので、手抜きの仕方もかなり知恵がついてきました。

まず、毎晩帰りが遅い旦那の夕食は作りません。

その代わり、毎日生協のお弁当を宅配してもらってます。

栄養バランスも考えられており、旦那も美味しいと言って食べてます。

そのお陰で、食器洗いの量もだんぜん減り、メタボだった旦那も順調に痩せてきてます。

1食600円程で少々割高ですが、買い物に行く時間と料理をする時間など考えると、その分子供と一緒に遊んだり、ゆっくり一緒にお風呂に入ったりする時間が増えるので良かったと思います。

 

共働きで無理をしないために12

女性
(女性 39歳)

仕事をしながらの子育てはとにかく忙しく、掃除・洗濯・食事何を取っても大変だと思います。

私の場合、朝の支度も夕飯帰ってからも慌ただしく、自分の体調を気にしている暇さえありませんでした。

保育園に通っていたのですが洗濯物がとにかく多く、朝5:00から洗濯機を回していました。

部屋はあっと言う間に散らかるし、何をやっても中途半端…もうイライラしっぱなしです。

しかし、そんな日常も子供が小さい数年だけ。

数年の我慢だと思って過ごしました。

無理に完璧にしようとすると何をやってもうまくいかないので、家事はやれる範囲でやってうまく手抜きをして乗り切ればいいと思います。

 

共働きで無理をしないために13

女性
(女性 39歳)

とにかく時間がないことが一番のストレス源になると思います。

時間さえあれば、もっと子供に手がかけられるのに。

もっと家事がちゃんとできるのに。

もっと配偶者の気持ちを思いやってあげられるのに、そんな風に感じてしまうのではないでしょうか。

そんな時には、有給を目いっぱい使って休んでもいいと思います。

子供が病気がちな時期は有給を残すのも大変ですが、休める時は丸一日休めるのが働いている人の特権です。

気負いすぎないように、上手に休んでリフレッシュして翌日からの家事や子育てに備えましょう。

 

共働きで無理をしないために14

女性
(女性 39歳)

育児休暇を経て、仕事復帰する前はとにかく不安だけがひとり歩きしていました。

いざ復帰してみると、育児で培われた目配り力や複数のタスクを同時に進行する力、そして段取り力が養われていた自分に気づくことも出来ました。

働きながらの育児はとにかく時間に追われることにはなりますが、一日を無事に終わる事が出来れば合格だと思っています。

夫婦での家事分担など時には意見がぶつかることもありますが、その時はとことん話し合い、チーム家族がレベルアップ出来る時でもあります。

子供も親もみんなが頑張ってるからこそ働くことが出来ると思っています。

 

共働きで無理をしないために15

女性
(女性 41歳)

母親は朝起きてから、子供寝かしつけるまでフルスロットルです。

どうしても家事の割合は母親が多くなってはしまうけれど、ゴミ集め、ゴミ捨て、お風呂掃除など力仕事は絶対に父親に。

そしてオムツ交換やお皿洗いなどは手が空いてるほうがやるというように、どちらも家にいるときは座ることなく家事をこなすようにします。

そして全部終わったら、二人でゆっくりするようにしました。

最初はパパもできない家事がたくさんあったけど、ママが根気よく教えればいつか何も言わなくてもやってくれるパパに成長しますよ。

スポンサーリンク

共働きで無理をしないために16

女性
(女性 41歳)

共働きの中での子育ては、とにかく時間が足りなくて毎日バタバタして、思う通りに事が進まないとイライラしがちです。

前は、それでもがんばって手作りのバランスのよい食事、片付けられた室内を保っていましたが、結局がんばるのは母のみでストレスがたまる一方でした。

そこで、たまには気を抜いて店屋物や買ったお惣菜などで済ませたり、明日がんばろうと片付けもそこそこに早めに寝たり、頑張る日々の中にたまに頑張らない日を1日入れるようにしてます。

それだけでかなりリフレッシュできます。

人間、働き続けることはできませんからね。

 

共働きで無理をしないために17

女性
(女性 43歳)

共働きで何が大変かというと、帰ってからの食事作りです。

私は最初、休日に下ごしらえをしていましたが、疲れた休日に料理の準備ばかりできず、挫折しました。

そこで利用したのが生協です。

最近では近所付き合いもないので、班には入らず、お金はかかりますが個別配送にしています。

生協には半調理品や冷凍食品も豊富で、しかも週単位で計画しながら注文できるのでとても便利で、私には合っています。

帰ったら玄関先に届いているので、買い物に行く手間も省けるのも良いところですね。

 

共働きで無理をしないために18

女性
(女性 44歳)

世の中の共働きのお母様方お疲れさまです。

毎日毎日、仕事と家事と子育てに奔走していて大変ですよね。

淡々とこなしていると、ふと気が付くと自分だけがものすごく疲れているということが多いですよね。

そして、「私だけが何故こんなに苦労しなければいけないんだ」と思いますよね。

私もそうでした。

しかし、ある時から考え方をかえました。

まず、しなくていいことを減らすように心掛けました。

掃除は毎日ではなく、二日に一度にしました。

又、要らないものをおもいっきり捨て、物を減らしました。

管理しなくてよくなるからです。

それだけでも、随分と楽になりましたよ。

 

共働きで無理をしないために19

女性
(女性 45歳)

最初の子供ということもあり、全て自分で頑張らないと!

という変な責任感がでていて、仕事に復帰した後も「子育ては私の仕事だから」と言い聞かせながら、寝る間も惜しんで頑張っていました。

それを見ていた主人がちょこちょこお手伝いをしてくれたのですが、全てが雑。

しかし、ぐちゃぐちゃだろうが雑だろうが、主人にお手伝いしてもらう事がどんなに自分を楽にするか経験をもって解りました。

基本、男の人は適当にしているように見えますが、それはそれで頑張っているのです。

それを理解した上で、ぜひ旦那さんに出来る事はどんどん手伝ってもらいましょう。

少しでも自分の時間を作り、ストレスを軽減させるべきです。

 

共働きで無理をしないために20

男性
(男性 53歳)

うちは双子で、0歳児から預ける必要がありました。

送り迎えが大変と考え、子供が生まれる前にまず保育園の近くに引っ越しをしました。

それにより、ドアツードアで保育園に送り迎えができたので、ギリギリまで働いていても大丈夫でした。

また実家も遠方であったため、何かあった時も実家の母が来た時も、送り迎えのストレスなくやってくれました。

あとは、家内と相談して役割分担をしっかり把握する事で、家事と育児をどこまでやれば良いのかが分かり、お互いに仕事のスケジュールも立てやすくなりました。

 

★こちらも読まれています

ママ友はいらない!という子育て経験者20名のアドバイス

イヤイヤ期の対応についての体験談20選|子育てに疲れないために

幼稚園の役員の大変な事とは?経験談20選まとめ

子育ての楽しいことは何?|経験者10人に聞いてみた

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
子育て
ギガヤク