クリぼっちを回避する方法とは?20人の意見まとめ

クリぼっち 回避

ここでは、クリスマスぼっちを回避する方法についてまとめています。

今回は「クリスマスを一人で過ごさないために、あなたが気をつけていることを具体的に教えてください。」というアンケートを20名の方に実施し、まとめました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

クリぼっちの回避法1

男性
(男性 19歳)

クリスマスを1人で過ごさないために、彼女や彼氏がいない人と一緒に外食に行くことをおすすめします。

お互いクリぼっちになってしまうため、意見が一致しており、共に寂しさを共感することができます。

また、仕事やバイト、派遣やボランティア活動などをすることにより、クリぼっちではない言い訳を作ることができます。

他にも、会社の同僚や、バイト仲間との飲み会を開くなどをすると、クリぼっちの人たちは自動的に集まることになります。

 

クリぼっちの回避法2

男性
(男性 21歳)

彼女がいれば、確実にクリスマスを一人で過ごすことは回避できると思います。

しかし、彼女がいない場合は、諦めて普通に家で課題などをやっています。

家にいれば家族がいるので、よほど一人暮らしでなければ、問題なくクリスマスを一人で過ごすことは回避できると思います。

12月を過ぎても、彼女がいないとなると、現実的にはクリスマスを一人で過ごすことになる可能性が高いので、なんとかして家で課題や家でできる趣味をやれば、なんとか回避できると思います。

 

クリぼっちの回避法3

女性
(女性 24歳)

まず、一か月ほど前にSNS上でクリスマスは予定が入ってないことをさりげなく、面白く乗せますそこにコメントしてきた誰かがいたら、個別に返信してクリスマスの予定を入れます。

こんな感じですんなりいければいいんですが、SNSにあげても何も起きなかった場合は職場で同じくクリスマス一人の人を探します。

さりげなく会話にもりこみつつ、相手の予定を聞き出します。

そして、もしぎりぎりまで予定が入ってなければ、みんなでパーティーしない?と軽くアポを取っておきます。

ぎりぎりになって自分にも予定が入ってなければ、クリスマスパーティーしないと聞いてみます。

 

クリぼっちの回避法4

女性
(女性 25歳)

私がクリぼっちを避ける方法は3つあります。

1つ目は、同じクリぼっちになりそうな友人を誘い、ご飯を食べに行き楽しむことです。

2人で居れば寂しくもないし、意外と同じ感じの異性の方からお声がかかり出会いの場も作れたりします。

 

2つ目は、仕事をみっちり入れて稼ぐ事です。

クリスマスを過ごしている人がお金を使っている時に自分は稼いでいるんだ!!と思うと意外と苦ではなかったです。

 

3つ目は、王道かもしれませんが食料を買い込み家でクリスマスが過ぎるのを待つ方法です。

意外と自分の時間を作ることもできて楽しいです。

 

クリぼっちの回避法5

男性
(男性 26歳)

まず、朝起きて連絡しても良い時間に友人に連絡して暇な人を探し、居た場合はその人の自宅に行くか、あえて外にでて何処かに出かけ、夜まで遊ぶことです。

もし、暇な人が居ない場合は自宅に居ることが多いですが、今のご時世ネットで知り合い、ネット上で電話することができ、今年のクリスマスはその人たちと一緒になって通話しながらゲームをしたり遊んだり話したりして、クリスマス自体の存在を忘れるかの如く遊びに夢中になる事です。

昔は実家に住んでいたころは、家族と過ごしていたので特に気にもしなかったです。

<スポンサーリンク>

クリぼっちの回避法6

女性
(女性 26歳)

家族や友達と早めに予定を入れておくことです。

夜は家族とご飯に行きイルミネーションを見に行くなど、昼は家族と昼ごはんを食べに行き映画を観に行くなどと、細かい予定を早めにたてて約束しておくことが大事です。

約束をする友達にもし彼氏ができても、絶対約束は守ってよなどと言っておきます。

ジョークっぽく言えば相手から変に思われません。

後はクリスマス近くにロマンチックな映画などは見ないようにしています。

孤独になったり彼氏がほしくなるからです。

 

クリぼっちの回避法7

女性
(女性 27歳)

私は職場でも全然出会いがなく、出会いの場に行っていた友人も結婚してしまい、おととし一人でクリスマスを過ごしました。

去年は、「今年こそは」と思い、クリスマスの前から恋活アプリに登録しました。

その結果たくさん出会いがあり、時期的にも相手もクリスマスに一人が嫌な人も多かったのでよりガツガツ?していました。

私は夏頃から始め、秋に入るころにその方とデートをし、交際に発展しました。

今でもお付き合いしているので、その彼とクリスマスを過ごしたいなと思っています。

 

クリぼっちの回避法8

女性
(女性 27歳)

まずは、前もって友達とパーティの企画をします。

それがダメならば、クリスマスを含めた前後の期間限定のアルバイトをします!

一緒に頑張る仲間や目標があれば、一人だと言うことを気にしませんし、同じような境遇の方とも知り合って仲良くなれるので。

もしアルバイトが出来なければ、ゆったりとしたカフェで読書をします。

クリスマスですから、カップルや家族連れは出かけていますし、わざわざカフェや本屋さんには行かないでしょうから、逆にゆっくり出来るのでオススメです!

 

クリぼっちの回避法9

女性
(女性 28歳)

もともとアパレルの仕事をしていてシフト制で働いているので、クリスマスイブやクリスマスは他のスタッフに休みを譲るようにしています。

そして、自分はクリスマスに一人で過ごさなくて良いように仕事を入れます。

私の職場は同じように考えているスタッフも多いので、仕事が終わった後はスタッフと一緒に食事や飲みに出掛けます。

みんな一人でいたくない人たちなので、その日が土日だろうが平日だろうが仕事をして食事が定番の流れです。

 

クリぼっちの回避法10

男性
(男性 28歳)

まず日々己を磨いてます。

音読をして脳を活性化させて、コミュニケーション力の向上をさせています。

コミュニケーション力があがればモテるのではないか、という想いが私の中にあります。

後は鏡を見て私の顔を美しい、可愛い等と誉めたりもしてます。

己を誉める事によって、自己肯定があがって自信がつき、結果として女性相手にも臆する事なく接する事が出来るようになり、それがクリスマスボッチ回避に繋がると信じてるからです。

ですがまだ成果は出ていません。

けれどもこれらの事は続けるだけでも、自分にはプラスになりますのでおすすめです。

<スポンサーリンク>

クリぼっちの回避法11

女性
(女性 28歳)

どんな些細であっても、用事をつくって家から出ることです。

とにかくショッピングモールやファミレスなど、人がいるところにいきます。

自分へのご褒美だとおもってホテルを予約してスパを楽しんだり、シャンパンを飲んだりします。

ケーキも予約しといてホールで買います。

一人でクリスマスケーキを堪能します。

この世の中このご時勢、将来独身率が高まることや少子化や晩婚化、一人の世帯が増えていくのでお一人様クリスマスが流行るのではないかと思います。

 

クリぼっちの回避法12

女性
(女性 28歳)

とにかく仕事をします。

絶対に休日にしません。

私は友達が少なく、クリスマスパーティーなどしたことがありません。

それでもやはり、クリスマスを家で一人で過ごすというのは寂しいものです。

せめて誰かと一緒にクリスマスの雰囲気を味わいたいと思い、クリスマスは絶対に仕事をすることにしています。

クリスマスに全く関係ない仕事でも、クリスマスの日はまかないでチキンを頂いたり、ケーキまで頂けることもあるので、休憩中にみんなでまかないを食べるだけでも十分にクリスマス気分を味わえます。

レジなど人前に立つときは、サンタの帽子をかぶったりもするので、コスプレまでしてリア充気分も味わえます。

お金も稼げて、一人じゃなくて…クリスマスに仕事をすることは良いものです!

 

クリぼっちの回避法13

女性
(女性 29歳)

彼氏と付き合った記念日がクリスマスなので、一人になることはないと思いますが、もし彼氏がどうしても外せない会社の飲み会など入れてしまった場合は、クリスマスの前後は予定を入れないようにしてもらいます。

25日が別の飲み会でも23、24日で一緒に過ごしてもらえれば不満になりにくいと思います。

25日単体と考えず、イヴも視野に入れるとボッチクリスマスにはなりにくいのかなと思います。

自分の気持ちの問題だけだと思いますが…。

 

クリぼっちの回避法14

女性
(女性 32歳)

現在は結婚して子供がいるので一人でクリスマスということはあり得ませんが、独身の頃はとにかく何でもいいので予定をいれていました。

クリスマスの時期にはいつも彼氏がいたので、大体は彼氏とデート。

相手の都合がつかない時は友達(もちろん彼氏なしの)を誘ってカラオケに行ったり、自宅でちょっとしたパーティー(ケーキをみんなで作るなのど)をしました。

友達も彼氏も都合がつかない時は妹を捕まえてクリスマスパーティーをしていました。

とにかく一人にならないよう、先手必勝で早めに予定を確保することが大事だと思います。

 

クリぼっちの回避法15

女性
(女性 33歳)

私はクリスマス一人で過ごさないために、11月には独り身友達何人かとクリスマスパーティーをするように約束しています。

ポイントは何人かで約束しているので、その中の一人や二人彼氏ができてパーティーに参加しなくても、私が一人になることはありません。

クリスマスギリギリまで私自身もコンパに行ったりと最後まで足掻いて頑張っています。

意外とクリスマスまでに彼女がほしい男性もたくさんいるので、最後の最後まで気を抜きません。

<スポンサーリンク>

クリぼっちの回避法16

女性
(女性 36歳)

当日が仕事であれば、職務を全うするのみです(笑)

お店の接客などではないので人に会う事もないので。

休みだったらば、近くのコンビニやスーパーなどでクリスマス仕様の料理などで食べたいものを買って、美味しいもの独り占め感を楽しみながら、テレビでは何かしらスペシャル番組がやっているので、コタツでぬくぬくしながら美味しいクリスマス料理を食べて、お酒も飲みながら眠くなったらそのままゴロゴロも出来るという幸せ感で過ごします。

とにかく、繁華街に出てしまったらいつも以上にカップルがいる気がして嫌なので、見ないためには明るいうちに買い物するならして、家でのんびりする事ですかね。

 

クリぼっちの回避法17

男性
(男性 37歳)

非リア充で、クリスマスぼっちが予想される場合、とりあえずぼっちを防ぐにはバイト一択です。

飲食店などでアルバイトしている場合は、クリスマスは客入りが非常に多い上に、リア充がデートやパーティーなどで抜けるため、クリスマスイブ~26日あたりの出勤は非常に重宝されます。

バイトをしていない人でも、ケーキ屋やスーパーなど、クリスマス前後で人手が必要で臨時募集しているアルバイトを事前に探しておくと良いでしょう。

一緒に過ごすパートナー探しよりも、断然簡単です。

 

クリぼっちの回避法18

女性
(女性 42歳)

現在は家族がいるので、一人でクリスマスを過ごすことはないですが、独身時代や子供が大きくなる数年後には一人で過ごすクリスマスになると思うので、独身の頃にいつもやっていたのは、欲しいものを探して外に買い物に行くという方法です。

一人っきりで過ごしている気分にはならず、欲しいものを自分のプレゼントとして購入できるので一石二鳥です。

もしくは、相手を探すのに時間がかかりそうですが、独身の女友達を誘って朝まで遊ぶと一日中楽しく過ごすことができ、一人のクリスマスも回避できます。

 

クリぼっちの回避法19

女性
(女性 43歳)

実家があれば、帰って家族で過ごすのがいいと思います。

本来クリスマスは家族で楽しむものです。

わざわざ友達と約束して、恋人だらけの外へ出掛けるのもなんだかなーって感じなので、友達と会うにしても宅飲みがおすすめです。

あとは残業をめちゃくちゃするとかでしょうか。

どうしても一人の場合は、家から出ないで息をひそめているのが一番いいと思います。

年を取れば一人のクリスマスなんてどうってこともないのですが、お若いうちはクリスマスってとても一大イベントですものね。

 

クリぼっちの回避法20

男性
(男性 44歳)

クリスマスは彼女や彼氏や家族がいないと寂しいですが、一人でも少しお金を使ってリラクゼーションのマッサージ店に行って会話したり、パチンコ店で賑やか感を味わったり、クリスマスだということを忘れることのできる趣味に没頭したり、両親とまったりクリスマスを満喫したり、仕事が終わったり学校が終わったら速攻でチキンやケーキやシャンパンを買って、たらふく食べて飲んであったかい風呂に入ってテレビは一切つけずにすぐあったかい布団で寝てしまう。

これに限る。