SNSの怖い体験談15選!身を守るために必要なことは何?

SNS 怖い

TwitterやFacebook、Instagramなど、多くの方がさまざまなSNSを利用されていますよね。

しかし、利用者が多いからこそ、悪意を持って近寄ってくる方が多いのも事実です。

そこで今回は、SNSで怖い思いをした体験をテーマに、

SNSで経験した怖いエピソードと、それに対してあなたが取った行動を教えてください。」

というアンケートを15人の方々に行い、各々の体験談を教えて頂きました。

SNSで怖い経験をされたことがあるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

 

SNSで経験した怖いエピソードまとめ

経験談1

女性
(女性20歳)

私は、SNSで一時知らない男性フォロワーと頻繁に話をしている時期がありました。

向こうから私のつぶやきに対したくさんの反応をしてくれ、よく見てくれているという安心感が段々と通話で話をしてみたいという気持ちにさせていきました。

ついに、実際にその方と通話をする機会がきました。

最初はたわいもない世間話から始まったのですが、段々電話越しに息が荒くなってきました。

そして「どこに住んでるの?」から始まり、「会いたい」の連呼が始まりました。

ずっと執拗に「会いたい」、「どこにいるの」、「会いたいよ」と繰り返される言葉に恐怖し、思わず通話を切りアカウントをブロック。

それ以降はその通話アプリすら使用していません。

軽い気持ちでSNSの人と繋がることの怖さを身近に感じた出来事でした。

 

経験談2

女性
(女性25歳)

高校生の頃、私はブログをやっていました。

閲覧数もそんなには多くなく、限られた友達にしか教えていないような趣味のブログです。

当時付き合っていた彼氏がいたのですが、その彼氏をよく知るという人から何度も何度も中傷されました。

同じ頃非通知で無言電話もかかるようになり、気味が悪かったのでブログでわざと相手を煽るようなことを書きました。

嫌がらせが続くようなら携帯端末を警察で調べてもらうという内容も書いたと思います。

後からわかったのですが、彼氏の元カノが振られた腹いせに私にも嫌がらせをしていたようでした。

ネットでは相手の顔を見ずに傷つける言葉をいくらでもいうことができるので怖いなあと思います。

 

経験談3

女性
(女性26歳)

ツイッターは非公開にしていたのですが、大学入学が決まり友達が欲しかったので同じ大学の同じ学部の人から申請がきたら絶対に承認にしていました。

何人か顔とアカウントが一致しない人がいましたが、そのうち分かるだろうと思いながら生活してました。

その中で、毎日のつぶやきに必ず返信してくる人がいました。

「今日の〇〇先生のシャツが素敵!こういう人と結婚したいわー」と書くと、「〇〇先生の授業とっているんだね。楽しいよね」などの返信が返ってくるのです。

あたりさわりのない返信だったので放置していましたが、ある時、人が少ない食堂で「今日もAランチー!安くてうまー」とツイートすると「僕もAランチだよ」とすぐに返信がきました。

周りを見渡しても、皆もくもくと食べているだけ。

「今食堂いるの?」と返信をしたら「いるよ」だけ。

顔が分からないのが怖かったので、「一緒に食べようよ!」と送ったのですが返信がなくなりました。

結局、未だに誰だったかわかりません。

 

経験談4

女性
(女性26歳)

LINEで友達のアカウントが乗っ取られたらしく、普段連絡をあまりとらないような人から、「今暇?」というような連絡が来ました。

そのあと、友達が何か対策をしたのか、友達のアカウントはなくなっていました。

自分ではその時友人に対して何もしなかったので、メールか何かで教えてあげればよかった、と思いました。

また、そのあと自分でも怖くなり、パスワードをより長いものに変えるなど対策をとるようになりました。

乗っ取られると考えただけで怖いです。

 

経験談5

女性
(女性27歳)

共通の趣味を通じてツイッターで知り合った人と、リアルでも会いました。

何度か会って話をするうちに、周りの人間関係や、性格、考え方を知って「この人とは合わないな」と感じるようになりました。

私よりも随分歳上の方でしたが、精神年齢が中学生レベルだったのです。

こちらは社交辞令を含む大人の対応をしていたつもりでしたが、相手には全く通じておらず、会うと気持ちがしんどくなるほどでした。

少し距離を置こうと思い、リアルでもツイッター上でも交流を避けていました。

しかし、その人は私のすべてのツイートに対して「いいね」を押すのです。

他愛もない「眠い、疲れた」などの一言ツイートにもいいね。

私が友達に送ったリプライにすら、いいね。

何かをツイートするたびに、数分以内でいいねが飛んでくるのです。

あまりに気持ち悪くて、怖くて、私はツイッター自体を避けるようになりました。

それでも恐怖は消えなかったので、先日その人をブロックしました。

反応は特にありません。

大切な方とも繋がっているアカウントなので、新しく作り直すことは考えていないのですが、またその人からコンタクトがあったらどうしようと現在も不安を抱えています。

 

<スポンサーリンク>

 

経験談6

女性
(女性29歳)

過去に、普通にSNSを使っていたところ何でも真似してくる女性がいました。

例えば、新作のコスメや人気のあるお店に行ったとかそういう話ならかぶることもあるでしょうが、それがあまりにも頻繁すぎます。

私が新しい趣味を始めれば彼女も始め、プロフィールや画像もそっくりの物に。

私も共通の友人も言いましたが本人には悪い事をしているという意識も無く気味の悪さを感じましたので、サブ垢でしたし私が退会しました。

彼女は、その後また他の女性を見つけて同じようなことをしていたそうです。

 

経験談7

女性
(女性30歳)

ツイッターで粘着されたことです。

私は今、未就学児2人を育児中の専業主婦なのですが、独身だった頃、7年ほど前に数回オフ会で会っただけの素性もそこまでわからない男性に、3年前から最近までずっと嫌味なツイートをされ続けていました。

なぜかというと、彼自身が普段から悪い言動を取っていたのを、私との共通のオフ会仲間に批判されたからのようで、私もまとめて逆恨みされた形のようです。

お互いにフォローはしていなかったので、相手のツイートは見なければよいものではあるのですが、とても40代の大人がやるようなこととは思えませんでした。

ツイートの内容は、私だとわからないように「専業主婦は働けよ」だとか「育てられる子供がかわいそう」だとか、他にも醜い言葉で誹謗中傷して、一見誰のことを言っているのかわからないように名前を濁す卑怯なやり方でした。

私は主人に頼まれて専業主婦をしていますし、子育ても特にかわいそうと他人に言われるようなことはしていないつもりです。

というよりも、その粘着してきた彼自身には子供がいないだけでなく、独身です。

知った風に何か言われる筋合いはありません。

なので、とりあえず彼をこらしめるために彼のツイッターやその他のSNSを調べ上げ、本名と職場を割り出しました。

「こんな人を雇っているのですか」と専門の機関に問い合わせをすると、それが功を成したのか、すぐに鍵アカウントになりました。

彼の本名の話をこちらのツイートでちらつかせたせいもあったかもしれませんが、悪いことをしている自覚があったのでしょうね。

あれだけ個人情報を晒しておいてよく人のことをこきおろせたものです。

 

経験談8

女性
(女性30歳)

当時21歳の時でしたが、とあるSNSで友人を検索していた時に、多数の方のページに足跡を残してしまいました。

トップページの画像を自分のプリクラにしていたのですが、足跡をつけてしまった方の1人からタイプだから仲良くしてほしいとメッセージが届きました。

当時”ブラック”とかはなくただ無視をしていましたが、それについて「どうして無視をするのか」、「君が好きなのに」と明らかに気持ちの悪いメッセージを送ってくるようになりました。

さらに画像を変更して無視を続けましたが、次はやや怒り気味のメッセージが届き、怖いと思いながらも無視をし続け、やっとメッセージが来なくなりました。

 

経験談9

女性
(女性32歳)

SNSを利用した際に、自分の彼氏や男友達が、私の記事に対して「いいね!」をしている友達に対して友達申請を必ずして友達を取られました。

私は、友達から私に対して「○○って誰?」と聞かれることが多くなり、初めて事態を知りました。

そして、今まで「いいね!」をしてくれた友達からの「いいね!」はなくなりました。

やはりSNSやリアルの世界でも礼儀は必要だと改めて感じました。

友達申請するのにも、「なぜ申請したのか」などメッセージを送る相手を気遣う心は必要ですね。

 

経験談10

男性
(男性33歳)

インターネットで自分の名前を検索すると、私を誹謗中傷するようなネガティブキーワードが予測変換したときに意図的に出てくるように改ざんされてしまいました。

地元の警察のサイバー犯罪捜査室にメールで相談しましたが、「実際の家にまで被害が及ぶようでしたらまた来てください」とはぐらかされたので、今では弁護士に相談して係争中です。

インターネットで簡単に友達が出来る時代になりましたが、世の中には変な人もいるので人を信用してはいけないのだと1つ学びました。

 

<スポンサーリンク>

 

経験談11

男性
(男性35歳)

高校卒業後、全く交流が無かった友人から突然フェイスブックの友達申請が来た。

特に何も考えずに承認したが、彼の投稿内容は「素晴らしい人と出会って人生が輝いた」とか、「ビジネスで成功してラスベガスに行った」などの自己啓発系を髣髴させる物だったが、特に害がないと思い放置していた。

しかし、自分が位置情報をつけて投稿した内容で居場所を見つけたその友人が「今、たまたま近くにいるんだけど」と偶然を装ったメッセージが来て、なし崩し的に喫茶店で落ち合ったら、強引な自己啓発トークを始めた。

また、「偶然僕の先生が近くに来ているんだけど。」と上司みたいな人と2人がかりで自己啓発セミナーの勧誘を受けたので、怖くなって振りほどいて帰宅した。

帰宅後即ブロックした。

 

経験談12

女性
(女性36歳)

今の主人と付き合う前に13年ほどお付き合いした元彼がいました。

その元彼とは出会い系サイトで知り合い、会ったその日から付き合うようになりました。

最初はまあまあな顔立ちで特に嫌う要素はなかったのですが、ある日ケンカをした時に突然蹴られ、私が仰向けに倒れたその上に馬乗りになり、首を絞められました。

その時はすぐ手を離しましたが、それからDVがひどくなり、3年前に警察の人に同行してもらい、別れ話をしてようやくその生活ともお別れすることができました。

それから主人と出会い、結婚し、今はお腹に赤ちゃんもでき幸せに暮らしていました。

ところが先日、Facebookを通じて元彼から連絡がきました。

内容は、同棲していた時に飼った犬が病気になり、尚且つ自分も体調を崩し面倒が見れないから相談したいというもの。

心臓が止まるかと思いました。

あれだけDVをしておいて、それに私が知らない時に携帯をチェックし、当時友達だった主人の連絡先や男友達の連絡先をメモり、私の悪口を言って苦しめようとしたのに、本当に恐怖です。

犬は可哀想とは思っていますが、病気が真実かもわかりません。

連絡してきた時の名前が別人だったから。

私だけ幸せになってるのを憎んでるような気もします。

これで連絡を取ってしまったら命の保証はないような気もします。

なので、今はFacebookもセキュリティをかけ、連絡をしないようにしています。

ラインや電話番号もブロックをかけていますし、これ以上探られないように気をつけたいと思っています。

 

経験談13

男性
(男性36歳)

何気なくつぶやいたことがあんなことになるなんて考えもしませんでした。

ある時、つぶやいた一言で1人の人からクレームらしきものをもらいました。

毎日のように嫌がらせのメールを送られたりしていました。

メールだけの話ならまだ無視しとけばいいと思っていたのですが、私の本名や住所を特定されて家にまで嫌がらせの電話などをされました。

さすがにこれは怖いと思い、警察にも相談しました。

相手にもその事を伝えたら嫌がらせは無くなったのですが、本名や住所を知られたのでまた何かされるのではないかと今も気にしています。

この件でSNSは辞めました。

 

経験談14

女性
(女性39歳)

LINEで全く知らない人から、「知り合いかも?にいたので、友達申請させてもらいました。この携帯は社用なので、良かったらプライベート用の携帯のLINEのID検索して登録お願いします」というメッセージをもらいました。

IDが載ってあったので検索して登録してしまったら、速攻で「登録ありがとう!次は、ここにアクセスして下さい」とホームページのアドレスが載ってありました。

ようやく怪しいと気付いてそのアドレスにはアクセスせず、ブロックして通報しました。

 

経験談15

女性
(女性40歳)

女性にはよくある話かとは思いますが、SNSのメッセージ等でしつこく付きまとわれてしまうことです。

その当時は写真も載せていたため、男性の方からのメッセージが多かったのですが、きちんと断れば離れていく人がほとんどの中、一人だけ何度もメッセージを送って来る方が居ました。

余りにもしつこく、ブロックをかけてもアカウントを何度も変えていたためにサイトへ通報しても何も変わらず、最終的には私自身がそのSNSを辞める形で終了しました。

 

アンケートに答えてくださった方々、ありがとうございました。

みなさん、SNSを使っていて意外とディープな危険に遭遇された経験を持っているようですね。

SNSは匿名性が高いとはいえ、アップしている写真や友人関係から身元を割り出される危険は多いにあります。

SNSのパスワードは定期的に変更し、関わりたくない相手はすぐにブロックするよう心がけたいですね。

こちらも読まれています。

SNSのめんどくさい事10選とその対処法

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

結婚生活の幸せエピソード20選!幸せを感じる条件とは?

飲み会での失敗談10選!みんなの恥ずかしい経験まとめ

<スポンサーリンク>