お正月といえば何?お正月で特にイメージするモノ10選!

お正月といえば お正月

ここでは、お正月についてのイメージについてまとめています。

今回は「お正月といえば何をイメージしますか?あなたがお正月でイメージするモノを教えて下さい。」 というアンケートを30名の方に実施し、答えていただきました。

みなさん、お正月に対して主に以下の10つのイメージを持っている方が多いようです。

  1. お正月セール
  2. おせち料理
  3. お年玉
  4. 年賀状
  5. お雑煮
  6. 初詣
  7. 年越しそば
  8. 鏡餅
  9. スポーツ中継
  10. お笑い番組
スポンサーリンク

お正月といえば1

女性
(女性 19歳)

私はお正月セールをイメージします。

お正月は家族全員が仕事が休みになり、外に買い物に出かけて外食をすることが楽しみなのですが、その中でも、福袋や、可愛い服を安くで手に入れることの出来るセールはとても楽しみです。

 

お正月といえば2

女性
(女性 22歳)

私がお正月といえば、こたつに入って、家族みんなでテレビを見ながら、こたつに入っておせち食べたり、雑煮たべたりしているので、おせちと雑煮をイメージします。

コンビニとかでも、おせちの予約チラシをよく見るのでそう思います。

 

お正月といえば3

女性
(女性 24歳)

お正月と言えばお屠蘇です。

私の地域では赤酒というものをお屠蘇として使います。

赤酒は独特な甘みがあってとても美味しいです。

ついつい飲みすぎてしまいます。

子供の頃にもう美味しさを感じていましたが、酔っ払ってしまうのであまり飲めませんでしたので、成人してからたくさん飲むようになりました。

結婚してからこっちでは見ないので、実家に帰省してお屠蘇を飲むのがとても楽しみです。

 

お正月といえば4

男性
(男性 26歳)

お正月といえば子どもの頃はやはり「お年玉」でしょうか。

あとは母が手作りで作る「おせち」が毎年楽しみでしょうがなかったです。

今はもう大人にはなりましたが、今度はこちらがお年玉をあげる番になりお年玉を上げた時の子供の顔を見ると本当にうれしそうでした。

私も、子どもの頃はこんな嬉しそうな笑顔をしていたのかなと昔の頃を色々思い出す良いイベントかなと思います。

 

お正月といえば5

女性
(女性 26歳)

初詣とおせちをイメージします。

親戚一同が集まれるのが皆んなの職業や年齢的に最近ではお正月のみになってしまいみんなで祖母が使ったおせちを囲って食べるのが定番のお正月になっているためおせちのイメージが強いです。

 

お正月といえば6

女性
(女性 26歳)

お正月といえば、年越しそばやおせち料理など豪華な料理をみんなで食べるイメージです。

また、着物を着て神社に初詣に行きます。

お守りをかってそのあと、みんなで毎年記念の家族写真を撮りにいきます。

またその年の抱負を書く習字大会のイメージもあります。

 

お正月といえば7

男性
(男性 28歳)

静寂のイメージがあります。

外に散歩に出ても殆ど誰もいず、勿論正月なので作業してる人もいません。

静かです。

テレビ等を見ていても、正月用のCMはどこか静を感じさせるものが多い気がします。

ですから私の中では正月と言えば静のイメージです。

 

お正月といえば8

女性
(女性 30歳)

お正月といえば、おいしいおせちをイメージします。

子供のころは、おせち料理があまり好きではなく、もっといつもみたいな普通の料理が食べたいと思っていました。

しかし、年齢を重ねるにつれて、年に1度しか食べられないおせちが楽しみになってくるようになりました。

祝いの食事で豪華なものもあれば、普段あまり食べないような煮物などもありとてもおいしく感じます。

 

お正月といえば9

女性
(女性 30歳)

わたしが正月と聞いてイメージするのは、習字です。

わたしは、小さい頃から習字を習っていました。

冬休みの宿題の習字と習字塾の課題の習字で冬休みは、ほぼ習字をしていたのを覚えています。

高校生になってからは、小学生に書初め大会に指導者として、参加したりしていたのでわたしにとっては、正月と言えば習字です。

 

お正月といえば10

女性
(女性 31歳)

お正月といえばお年玉をイメージします。

子供の頃は、祖父母や親戚、両親からもらったお年玉で好きなオモチャや洋服を買うのを楽しみにしていました。

残りは自分名義の通帳に貯めていたのですが、大人になるまでに結構な額が貯まりました。

結婚して子供が出来た今では、我が子や親戚の子にお年玉を渡さなければいけないので、お金がかかって大変です。

スポンサーリンク

お正月といえば11

女性
(女性 31歳)

初詣ですね。

毎年テレビで特集されるので印象に残ります。

あとは、お雑煮とか、お正月にしか食べない食事も頭に浮びます。

それから、凧あげや福笑い・羽根突きと言ったお正月限定の遊びもイメージしました。

大人になってから遊んだことはないのですが…。

 

お正月といえば12

女性
(女性 32歳)

お正月になるとお餅がたくさん食べられるなと思います。

毎年つきたてのお餅が食べたいですが臼と杵があるような家庭ではないので切り餅をいかにおいしくするかしか考えていません。

今年も切り餅を何味にしようかとくるみを擦ったりゴマを擦ったりします。

 

お正月といえば13

女性
(女性 33歳)

お正月と言われ思い出すのはお年玉です。

子供の時は毎年お年玉をもらえることが嬉しくて仕方ありませんでした。

そのお年玉ですぐにバーゲンの福袋を買ったのが良い思い出です。

今はお年玉を配る方になってしまいました。

 

お正月といえば14

女性
(女性 33歳)

お正月といえば、初詣行ったりセールに出かけたり子供のころは、お年玉を楽しみにしていましたが今ではあげる側で悲しい気もしますが、親戚で集まったりお家で特番のTV見たり、のんびりおせちやお餅を食べて過ごすイメージです。

 

お正月といえば15

女性
(女性 36歳)

お正月というとおもちやお雑煮等の温かいものをイメージします。

窓の外ではしんしんと雪が降る寒い日にコタツに入りながら家族でおもちやお雑煮等をみんなで食べているホカホカするような温かい雰囲気を思い浮かべます。

 

お正月といえば16

女性
(女性 36歳)

お正月といえば、やはり豪華なおせち料理です。

子どもの頃は祖父母の家へ皆で集まり、結婚後は義父の実家へ皆で集まっています。

どちらも、食べきれない程のお料理が並べられて、残ったら各家庭で分けて持ち帰っていたほどです。

 

お正月といえば17

男性
(男性 37歳)

お正月と言えばスポーツ中継。

まずは元旦朝イチからニューイヤー駅伝を楽しみ、午後からサッカー天皇杯決勝。

2日は、箱根駅伝往路と全国高校サッカーにラグビー、3日も箱根駅伝復路…と、ずっとテレビで見ています。

 

お正月といえば18

女性
(女性 40歳)

お正月といえば、まずみかんの乗った鏡餅が頭に浮かびます。

そして、門松や凧あげ、こたつで寝正月というイメージです。

それから、お雑煮におせち料理、着物・和服を想像します。

あとは、帰省や定員オーバーの満員の新幹線、車の長い渋滞もイメージします。

最後にイメージするのは、年賀状でした。

 

お正月といえば19

女性
(女性 41歳)

私がお正月でイメージするのは、やはり正月の漫才番組ですね。

普段バラエティばかり出ているお笑い芸人が漫才をしていると、「あぁ、この人たちは漫才師だったんだ、意外とうまいんだな~(それが本職ですよね…)」なんて思ったりしてしまいます。

 

お正月といえば20

女性
(女性 42歳)

お正月と言えば年賀状です。

最近はメールやLINEなど手軽に済ませる方も多くなりました。

交流の多い友人ではそれもありかと思います。

しかし、年賀状は交流の少ない方からの挨拶も多く、その方たちの近況が分かることに新鮮さを感じます。

この新鮮さがお正月ならではだなと思います。

スポンサーリンク

お正月といえば21

女性
(女性 43歳)

お正月と言えば「お年玉」をイメージします。

小さいころはとにかくお正月になると「たくさんお金がもらえる」ことが楽しみで仕方がありませんでした。

家庭を持った今ではお年玉は専ら「あげる方」になってしまい出費が痛いです。

 

お正月といえば22

女性
(女性 46歳)

お正月のイメージは「お笑い番組」です。

お正月になると、漫才師さんや芸人さんが、テレビでネタを披露しているのをよく見かけます。

お正月は明るい気分で迎えたいですし、普段はあまりネタを披露しなくなったお笑い芸人さんのコントなどが見られるので楽しいです。

 

お正月といえば23

女性
(女性 46歳)

「お正月」といえば、凧、しめ縄、鏡餅、羽子板、神社でいただいて帰る破魔矢、初詣、獅子舞、ポチ袋、箱根駅伝、お年賀状、お正月だけの特別番組を思い起こします。

どれもみな、明るく華やかなイメージで、新年にふさわしいものとなっているように思います。

 

お正月といえば24

女性
(女性 47歳)

お正月というとやはりおせち料理です。

ここ数年は出来合いのものを買うことが増えましたが、それでも何品かは年末からおせち料理として作っています。

お正月の間はおせち中心で食事を別途用意しなくてもいいのが主婦にとってはちょっとありがたいです。

 

お正月といえば25

女性
(女性 50歳)

お正月といえばおせち料理です。

秋になると、通販を中心におせち料理の予約注文の広告を見かけるようになります。

早く予約をしておくと、割引率も高いようです。

私は毎年、おせち料理を作りますが、たまには既製品のおせち料理も食べてみたいと思っています。

 

お正月といえば26

女性
(女性 52歳)

お正月はおせち料理ですね。

よく母の手伝いでおせち料理作りを手伝ってましたが、自分自身は料理が苦手なので、今は買ってきたおせちを頂いてます。

あとは年賀状です。

今はすっかり少なくなりましたが、それでも新年に届く年賀状は有難いので嬉しいものです。

 

お正月といえば27

男性
(男性 53歳)

ずばり初詣での光景です。

正月三が日の間ぐらいは厳かな気持ちになって、神様を詣で前の年を無事にすごせた感謝と、新たなる願い事に手をあわせ、お守りとお神籤に願いを託す一連の正月行事で新年を迎えないと、心が落ち着きません。

 

お正月といえば28

男性
(男性 55歳)

賑やかな食卓と大晦日から三が日の間、時間無制限の飲み放題です。

和洋中のさまざまな料理を食卓一杯に並べて、ダラダラと過ごします。

食材・飲料品を大量に買い付けて、外出せずに、ほぼほぼ「引き篭もり」状態で過ごします。

お正月は「三泊四日の飲み食べ放題」開催期間です。

 

お正月といえば29

男性
(男性 56歳)

真っ先にイメージするのはおせち料理です。

正月は朝からお酒を飲みながら、だらだらとおせち料理を少しづつ食べます。

こんな事が許されるのは正月だけですので、結構楽しみにしています。

新年のおめでたい雰囲気にひたりながら、贅沢な時間を満喫できます。

 

お正月といえば30

女性
(女性 59歳)

断然お年玉です。

子供の頃は、嬉しくて今年はいくらだと皆と競いあいました。

一方、大人になってからは頭の痛いこと。

小学生中学生高校生大学生と段々金額が多くなり、逃げたくなります。

ポチ袋も凝らないといけません。

今どきのお子ちゃまは怖いですからね。

 

★こちらも読まれています

お正月は何する?みんなのお正月の過ごし方8選

お正月をひとりぼっちで楽しく過ごす方法とは?20人の意見まとめ

大掃除をしない理由20選!大晦日に大掃除は必要?

年賀状を出さないという方々の理由20選!意味が無い?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
お正月
ギガヤク