電話対応が苦手?克服するためのアドバイス20選!

電話 苦手

ここでは、家庭や職場で電話対応をするのが苦手だという方に参考にして欲しい、電話対応下手を克服するためのアドバイスについてまとめています。

今回は「あなたが家庭や職場で電話対応をする際に気をつけている事、またオススメしたい方法があれば教えてください。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

アドバイス1

男性
(男性 19歳)

自分はカラオケ店で働いています。

カラオケでは、食事の注文の際にお客様に部屋から電話がかかってきます。

その際、相手に聞こえやすく伝わりやすいように、声のトーンを上げて高い声で対応するようにしています。

また、間違いがないよう、お客様が注文された商品を自分もお客様に対していうことにより、間違えることなく商品をお届けすることができます。

それに加えて、カラオケ店ではご予約の電話もかかってきます。

その際には、しっかりと伝えることを漏れなくメモをしながら伝えます。

 

アドバイス2

女性
(女性 22歳)

私が電話対応をするときに気をつけていることは、まず初めに何について話すか、電話する前にある程度考えておくということです!

私はもともと電話が得意ではなかったのですが、アルバイトで事務員をする機会があり、事務員だと大体の仕事に電話を使いました。

その時、初めはうまく話せなかったり、伝えたいことがまとまっていないまま話をしてしまっていたことがありました。

それが良くないなと思い、電話をかけるときは前もって話すことを決めてから電話をするようになりました。

そうすると、スムーズに伝えたいことが伝わって相手とのコミュニケーションが取れやすいです!

 

アドバイス3

女性
(女性 23歳)

私は以前菓子販売店での接客業をしていました。

そこで気を付けていた事は、通話前に一呼吸おいて笑顔で対応することです。

私自身、就職して初めて電話対応というものをして、社内の人からもお客様からもお叱りを受けたことがあります。

その時は、「電話対応ってなんて怖いんだろう」と思ってしまいました。

電話対応が毎日あるので、恐る恐る電話に出ていた時期もありました。

しかし、電話に出る前の一呼吸で覚悟を決めて笑顔で対応していくうちに、お客様にお褒めいただいたく機会も増えていきました。

回数をこなすまでは電話に出るのも怖いと思うのですが、電話越しに食べられてしまうわけでもないので、怖がらないことが一番だと思います。

緊張して対応が難しいとは思いますが、一呼吸おいて笑顔での対応をおすすめしたいです。

 

アドバイス4

女性
(女性 28歳)

電話対応する際に気をつけていることは、必ず話した内容をメモすることです。

また、相手の会社名と名前、電話番号をお聞きするのを忘れないということです。

さらに、折り返しが必要になった場合は相手からかけてもらうのではなく、こちらからかけ直すようにしていました。

電話対応に慣れていなかった時期は、「電話をかける時」「電話を受けた時」に必ず話さなければならないことを箇条書きでメモしておき、常に机の上に置いて、電話の際にそれを確認しながら対応しておりました。

 

アドバイス5

男性
(男性 29歳)

私は仕事柄電話応対をすることが多いです。

こんな私は、以前は電話対応がものすごく苦手でした。

特に、クレームの電話ではないかとびくびくしていたのを覚えています。

そんな私が電話応対が好きになったきっかけがあります。

それは、民間企業によるクレーム応対研修です。

実際にあった事例などを踏まえて、クレームは怖くないんだ・企業として取り組むべき問題だから個人で悩む必要はないんだと改めて思いました。

「なんとかなる」を念頭に置くと、おのずと不安からも解消されて、自信をもって電話応対ができます。

関連:会社がつまらない?通勤のモチベーションを保つ心構え15選!

 

アドバイス6

女性
(女性 30歳)

電話対応は、とにかく回数をこなしてなれることが大事だと思います。

最初は相手の名前すら聞き取れないことが多いですが、何度も対応をするうちに、耳が慣れてきて名前を聞き取れるようになります。

また、これを言われた時にはこのように対応するということも数をこなすとわかってくるので、最初は嫌に思うことも多いですが、数をこなしてなれていきましょう。

また、メモを取って同じことを何度も聞かないように、相手が何を言っているか忘れないようにすることも大事です。

 

アドバイス7

女性
(女性 31歳)

私も会社に勤めるまでは電話が大の苦手でした。

最初は鳴るだけで緊張し、自らかける時は応対マニュアルを暗記して挑んでいました。

しかし、徐々にこれは多くこなすうちに慣れてくるものだとわかり、どんどん積極的に電話をとって数をこなしていきました。

相手のペースに飲み込まれず、ゆっくりはっきり答えることで、冷静になって言葉もうまく出てくるようになります。

あまりマニュアルを意識しすぎずに、自分の言葉に置き換えて対応することが、会話をスムーズにこなすカギだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
お役立ち
ギガヤク