顔のコンプレックスを克服する考え方とは?20個の意見まとめ

顔のコンプレックスを克服
スポンサーリンク

考え方と意見15

女性
(女性 41歳)

鏡を見るたびに「もう少し目が大きかったら」「肌が綺麗だったら」とコンプレックスの塊だった私。

でもどんなに悩んでも自分の顔を取り換えることは出来ません。

ですから、どんな時も笑顔で接しやすい性格でいることを心掛けています

笑顔で周囲の人と会話するだけで、自然と人が集まり「○○さんっていいよね」と褒めてもらえることで自分のステータスが上がります。

「外見より内面」に意識を変えるだけで自分に自信がつくようになりました。

 

考え方と意見16

女性
(女性 41歳)

容姿、外見のコンプレックスにかなり悩んでいました。

しかも私の悩みはかなり深刻で、左右で目の高さが違う、口元にゆがみがある等自分ではどうしようもできないことばかりでした。

しかし、自分ではいじることのできない顔の造りとは別に、自分で改善できることもあることに気づき、まず3つのことを心掛けるようにしました。

1つめは、肌をきれいにすることです。

「色の白いは七難隠す」という言葉もありますが、何より肌がきれいだとそれだけで自信がつきます。

2つ目は常に口角を上げること、そして3つ目は姿勢をよくすることです。

こうしたことを心掛け、容姿のコンプレックスを「克服」とまでは今も言い切れませんが、コンプレックスがだいぶ軽くなったと感じています。

 

考え方と意見17

女性
(女性 42歳)

自分の容姿に昔から自信がなく、何とかしたいと思ったのでまず自分を変えようと思い、自分に似合うメイクやスキンケア方法、おしゃれの仕方を勉強しました。

肌が綺麗ならばそれだけでも綺麗に見えることや、自分の肌の色や顔立ちに合うメイク法を覚え、体形に合うお洒落な服装をすることで、少しですが自分に自信が持てるようになったので、自分の容姿に自信がなくても自分と向き合いどんな物が似合うのか、どうすれば可愛く、綺麗になれるのかを研究することが大切だと思います。

 

考え方と意見18

女性
(女性 46歳)

誰もあなたの容姿や外見に興味はありません。

コンプレックスを抱いているあなたが一番こだわっているのです。

日常生活の中で他人の容姿や外見について考えている時間は、いったいどれくらいあるのでしょうか。

確かに気になる時はあります。

でもそれはほんの一瞬ですよね。

次の瞬間にはその人のことなど忘れています。

逆に一日中他人の容姿や外見のことばかり考えている人がいれば、その人は異質です。

そんな一部の異質な人のために悩まないでください。

大多数の人はあなたの外見なんて興味ありませんから。

 

考え方と意見19

男性
(男性 48歳)

私は身長が低いので若いころからのコンプレックスでした。

身長はこれ以上伸びないので諦めるしかありませんが、どうしても女性より身長が低いと女性は嫌がるものです。

私が身長コンプレックスから抜け出した方法は、見た目をよくすることです。

身長が低くてもオシャレにしていれば、身長を補えます。

髪形、服のセンスを徹底的に研究して、身長が低いことを目立たなくさせました。

体も鍛えて筋肉をつけて肩幅が広くなることで、見た目の印象も変わりました。

身長のコンプレックスでお悩みの方は服装と体形で補えると思います。

 

考え方と意見20

男性
(男性 53歳)

私は童顔で、年齢を聞かれ答えると、よく10歳くらい若く見えると言われます。

10代、20代、30代まではそれが嫌でした。

10代では高校生なのに中学生に見られ、ツッパリたい時期なのに幼く見られてバカにされているようでした。

20代でも、10代くらいに見られて坊やという感じでした。

30代でも、年下から先輩とは思われず、遣り難かったです。

それが克服できたのが40歳過ぎてからです。

逆に若いですねと言われ、自信がつきました。

今考えると、20代ころでも直接言われたわけではなく、勝手に思ってたいただけでしたので、恥ずかしくないんだとの気持ちしだいかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
人間関係
ギガヤク
タイトルとURLをコピーしました