車を運転するのが怖い!理由と克服法についての20の意見

車を運転するのが怖い

ここでは、自動車を運転するのが怖いと感じる理由や、その克服法についての意見をまとめています。

今回は「あなたが自動車を運転するのが怖いと感じる理由について具体的に教えて下さい。また、どうすれば自動車を運転する際の恐怖や不安を克服できると思いますか?」というアンケートを20名に実施してまとめました。

参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

車を運転するのが怖いという方々の理由や意見まとめ

理由と対策1

男性
(男性 21歳)

まず、私があまり運転がうまくないので人に危害を加えてしまうのではないかという不安があります。

通ったことのない道などでは交通標識を見落とさないだろうか、曲がる場所を間違えるかもという不安があります。

さらに、事故を起こせばどうなるのかなどを考えると不安になってきます。

克服するには運転のうまい人にそばにいてもらい、何度も練習することです。

人にハンドルをきるタイミングなどを教わって、安全に運転できるようになるしかないと思います。

 

理由と対策2

女性
(女性 22歳)

私が自転車を運転するのが怖い理由は、小学生の頃に、雨上がり泥道で滑って転んで顔に怪我を負ったからです。

また転んでしまうんじゃないか、車道で転んでしまったらもっと大きな事故になるんではないかと考えると今でも怖くて乗ることができません。

この恐怖を克服するには、やはり乗ってみないことにはどうにもならないなと思っています。

車通りのない公演などからまた、乗る練習を始めて少し自信が付けば恐怖も軽減されるのではないかと思っています。

 

理由と対策3

女性
(女性 24歳)

運転が下手なので、怖いと感じるときが多々あります。

サイドミラーをみても左右の間隔がいまいち掴めないので、狭い道を対向車とすれ違うときは溝に落ちたり、ぶつかったりしないか怖くてとても緊張します。

また、駐車をするのも苦手で怖いので、スーパーなのどに買い物に行ったときに、隣の車に当てないようにとても慎重になります。

本当は出入り口の近くに停めたいけど、駐車している最中に後ろから車が来たら焦ってしまうので、できるだけ離れた空いている場所に停めるようにしています。

どうしたら上手くなるか色んな人に聞いたのですが、皆慣れるしかないと言っていたので、練習して怖さを克服できたらいいな思います。

 

理由と対策4

女性
(女性 24歳)

人をはねてしまったり、車をぶつけてしまったりするのではないかと考えてしまうので運転するのが怖いです。

また、周りもスピードを上げて走るので、遅いとあおられるのが嫌です。

高速などは特にそうで、追い抜こうと追い越し車線に出ると後ろから来た車が密着してくると焦るしスピードを上げすぎてしまうのが警察に捕まるのではないかといつもハラハラします。

また、狭い道での離合が苦手で、車幅がわからないのでぶつかるのではないかと思ってしまいます。

これからは、自動車にはブレーキアシストがついていないので、今度車を購入するときにはアシストつきにすることで、少しは安心できるかなと思います。

まだあまり運転したことがないので車に乗り慣れれば恐怖感はなくなると思いますが、車に乗るのは月に1回あるかないかなので、まだまだ恐怖感は残ると思います。

 

理由と対策5

女性
(女性 27歳)

スピードが怖いです。

同じスピードでも、運転席にいるのと助手席にいるのでは運転席の方が速く感じる気がします。

速いこと自体も怖いですが、ハンドルを握っていると何かの拍子にギュッとハンドルをきってしまってぶつかるんじゃないかと怖くなります。

また、ゆっくり走っていても狭い道で歩行者や自転車がいると急に飛び出されたらどうしようと思い、相手がきちんとマナーを守っていたとしてもヒヤリとします。

克服するには場数を踏んでなれるのみだと思います。

<スポンサーリンク>

理由と対策6

女性
(女性 29歳)

元々運動神経があまりよくなく、自動車教習所で教習を受けているときも出来が悪く、何回か追加料金を支払って講習を受けました。

そのため苦手意識が染み付いており、これまで無事故ではあるものの、怖いからできれば運転したくないというのが本音です。

これを克服するには、やはり短い距離でも毎日運転をするということかと思います。

日常のなくてはならない習慣にするということで、運転に対して特別な感情を抱かなくするのが克服方法でしょう。

 

理由と対策7

男性
(男性 29歳)

まず自動車を運転するのが怖い理由は都会に住んでいるからです。

都会の道は田舎の道とは違って狭いところが多く、また車もたくさん走っているのでとても運転したい気持ちになることはできませんね。

また信号も標識も多いので、かなり不便を感じる部分ではありますね。

これを克服するにはやはり慣れしかないと思っていますが、なかなかなれなさそうです。

実際に隣に運転の上手い人などがいて指導してくれた方がかなり助かりますね。

 

理由と対策8

女性
(女性 30歳)

他の車にぶつけたらどうしようという不安や、交通ルールが曖昧なため、標識などを見落としていたらどうしようかという不安があるために運転することが怖いと感じてしまいます。

運転が慣れていないと道も覚えられないので、どこを曲がるかなどわからないことも不安です。

運転はとにかくなれることが大事だと思うので、怖がっていないで運転して道やほかの車との感覚になれることが重要だと思います。

また、性能のいい車を選ぶことも必要です。

 

理由と対策9

女性
(女性 33歳)

私が自動車を運転するのが怖い理由は、もし運転していて車をぶつけたり、事故を起こしたりしたらどうしようと思ってしまうからです。

ニュースで車の事故をやっていたり、身近な人が車で事故に遭ったなどと聞くと、やっぱり車って怖いなと思ってしまいます。

ただ、不便な所に住んでいたり、通勤や送り迎えなどで車を運転する必要がある人もいると思うので、運転中に好きな音楽を聴いたり、車の中を好きなようにアレンジしたりしてリラックスできるようにすれば、少しは運転する不安が減るのではないかなと思います。

 

理由と対策10

女性
(女性 34歳)

たしかに自動車は便利な乗り物ではありますが、一歩間違ったら人の命を奪うものでもあるので運転するのはとても怖いです。

運転する人がいくら気をつけていても、子どもの急な飛び出しや、お年寄りがバランスを崩して転んで車道に倒れたりするかもしれないし、そうなったら車側の過失になるのでなるべく運転したくありません。

もし、この先人身事故が絶対に起きないような車が開発されれば、運転への恐怖感はだいぶ減らせると思います。

<スポンサーリンク>

理由と対策11

女性
(女性 35歳)

車を運転するにあたり、自分が加害者になることもあれば被害者にもなりえるからです。

また、私の場合都会暮らしが長く日常生活で車を使う概念がありませんので未だにアクセルとブレーキがどちらかわからなくなることがあります。

実際、交差点のど真ん中で止まってしまい非常に恐い思いをしたことがあります。

その時は誰も怪我する事なく事なきを得ましたが、いつ何が起こるかと考えると非常に恐いです。

よく運転は慣れと言います。

日常的に車を運転して慣れたら今の恐怖心はなくなるのかもしれません。

 

理由と対策12

女性
(女性 37歳)

自動車を運転するのは怖いです。

理由は簡単で、長年ハンドルを握っていないからです。

結婚するときにいま住んでいる土地に引っ越してきたのですが、交通の便が良かったために車を手放してきてしまいました。

それからもう10年以上、たまに実家に帰るときなどは車を運転することもありますが、そのたびに運転する感覚を思い出すのが一苦労で正直怖いです。

最後にハンドルを握ったのももう数年前、できればもう運転などしたくありません。

きっと運転し続けていれば感覚を思い出すのでしょうが、そこに至るまでに事故を起こさないという保証もありませんし、できたらずっと運転をしたくないと思っています。

 

理由と対策13

女性
(女性 38歳)

免許を取得してから、一人で運転したことがなく、またここ何年もまともに運転をしていないからです。

免許を取ったばかりの頃と、最近の車の仕様も変わってきており、キーレスであったりハンドブレーキも変わってきており、そもそもの車の扱い方が不安です。

また、免許を取るときは暗記を頑張った標識も忘れつつあり、時間帯指定の車両進入禁止や、右左折禁止を見落としそうで怖いです。

あと、免許を取ったときから苦手だった車庫入れが一人でできる自信もなく、運転できたとしても駐車をやりきれる自信がありません。

これらをクリアして、運転するためには、ペーパー講習を受けようか考えましたが、少し高めのお金を払っても数時間の講習のみだと実践で役に立たないと思い、今はカーシェアリングで平日の日中に道を分かっている自宅付近で練習しようかと考えています。

そこのカーシェアリングは、車を格納している駐車場も広く平日日中であれば、他の駐車している車も少なく迷惑をかけないと思います。

なんといっても、やはり実践で感覚を覚え車と道に慣れることが一番かと思います。

 

理由と対策14

女性
(女性 40歳)

自分が慎重に運転していても、テロリストのごとく暴走する車や無保険の車などはゼロではないだろうし、突然飛び出してくる子供やふらふら自転車に乗っている高齢者、必死に駆け抜ける歩行者などどうしたって避けようがなく、あげく自分の方が悪く責任を取らされるなんて不合理そのもので納得できません。

人が信用できないので自動車を運転することが怖いです。

誰もいない時に運転するか絶対に自分の責任ではないと証明できるように証拠をそろえて運転できれば多少は不安が薄れるかもしれません。

 

理由と対策15

女性
(女性 42歳)

普通免許は持っていますが、自分では運転する自信がなくずっとペーパードライバーですが、とにかく自宅の車でも事故を起こしたらと思うと運転が怖くて仕方ありません。

運転になれていなこともありますが、高速などでどこでカーブするのかわからないことや細い道で対向車とすれ違う時の運転はできる気が全くせず、とにかく運転が怖い思いの方が強いので、子どもがいることもあり責任が取れないような運転ならばしない方が良いと思い、運転が怖いと思う気持ちを克服する気持ちもありません。

<スポンサーリンク>

理由と対策16

女性
(女性 43歳)

高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いや、高速道路の逆走などの事故のニュースを耳にするたび、いつか私もやってしまいそうで怖いです。

車社会の地方暮らしなので、毎日のように車には乗りますが職場や買い物・子どもの病院や習い事の送迎など、いつも乗りなれた道ばかりです。

カーナビもありますが、家族旅行などで遠出をするときは主人に運転してもらいます。

高速道路の複雑な分岐や合流など、初めて走る道は特に主人にお願いしますし、主人も「俺が運転する!」と言ってくれます。

普段運転しない深夜や早朝、凍結が心配される冬などは運転しないようにしています。

 

理由と対策17

男性
(男性 44歳)

私が自動車に乗っていて怖いと感じるのが、高齢の人が乗っておる車を見つけた時です。

2年前に、ショッピングモールで80歳のおじいちゃんのぶつけられたのですが、その後、さらにブレーキとアクセルを間違えられて、さらにひどい事故になったので本当に怖いです。

自転車を運転してい高齢者も確認をしないで、横断したりするので怖いです。

ですので、いつもその事を考えながら運転しています。

こちらが気をつけても突っ込まれたら終わりだと思います。

 

理由と対策18

男性
(男性 44歳)

いままで免許をとってからの20年間、ほぼ無違反で免許はゴールドでした。

ところが昨年、チャイルドシートを使って子供を乗せるようになってからというもの、次々パトカーや白バイに呼び止められ、「一時停止があまい」「同一車線を走りすぎ」だと切符を切られ、あっという間に免停となりました。

速度も出さず、安全運転なのに警察は「捕まえやすい」「抵抗しないから」と子連れを狙っているとしか思えません。

もう罰金が怖くて運転できません。

 

理由と対策19

女性
(女性 46歳)

最近よく話題になる煽り運転、飲酒運転といった怖い車や事故に遭遇したらどうしようと思います。

また、人の命を預かる行為であることにすごく責任感や恐れを持ちます。

責任感などは自分で克服するしかないと思いますが、全てのドライバーがマナーを守って常識的な運転をしてくれると安心です。

取り締まりなども強化して安全で大人の車社会になってほしいです。

最近は自動運転などの技術も目覚ましい進歩があるので、経済的に余裕があったらそういう車に乗ってみたいとも思います。

 

理由と対策20

女性
(女性 46歳)

ペーパードライバーで何年も運転していません。

また、日頃から移動は公共交通機関を利用しているので、自動車に乗ることはめったにありません。

乗るとしてもバスです。

そんな状況なので、ときどきタクシーに乗ることも怖く感じます。

特に助手席に乗っていると、今にも事故にあわないか心配です。

前の車にぶつからないか、何か飛び出してくるのではないかと。

乗っているだけでも怖いので、自分で運転するのはそれ以上に怖く感じます。