婚活に辛いと感じたらどうする?経験者20名のアドバイス

婚活 辛い

ここでは、婚活経験者の方々の婚活の辛い経験やアドバイスについてまとめています。

今回は、合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や、結婚相手を探すために情報サービス会社への登録を積極的に行ったことが有るという方々を対象に、「婚活を経験する中で辛い・大変だと感じたことはなんですか?また、これから婚活を始める方にアドバイスがあればお願いします。」というアンケートを20名に実施してまとめました。

婚活で辛い経験をしたという方、また、これから婚活を始めようとされている方は参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

辛い婚活の経験談とアドバイスまとめ

辛い婚活の経験談とアドバイス1

女性
(女性 24歳)

これまで10人近くの方とお会いしましたが、自分の好みだと思った人とはうまくいかず、自分の好みではない方からお誘いがあっても結局、自然消滅してしまいます。

出会って間もないのに不躾に嫌なことを聴く方もいて、自己開示しないのに一方的に質問攻めにあったこともあり、時と場合によっては精神的ストレスに感じます。

心に余裕が無く焦っている状態では、どんな方と出会っても上手くいかないと思いますので、心身に余裕があるときに婚活することをおすすめします。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス2

女性
(女性 30歳)

まずは、多くの人が「自然に」行っている「恋愛して結婚する」というものを、サービスやシステムに頼らないと成立させられない自分に傷つくと思います。

婚活を始める方は、とにかく早めに行動しましょう。

相手が望む条件の中に「年齢」は大きく影響してきます。

また、「こういう人がいい」というのも大切ですが、「こうじゃない人がいい」という条件を決めておきましょう。

一緒に過ごす時間が長くなれば、好きな面が増える一方で嫌いな面も増えます。

スタートの時点で嫌いな面が少ない人のほうが、一緒にいて幸せになれると思います。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス3

女性
(女性 31歳)

婚活サイトで活動したことがありますが、メッセージ交換をしていたときに、「あーこの人いい人だな。会ってみたいな。」と思っていた矢先に、急に音信不通になったり、他の人と上手くいったから連絡を取り合うのが、終わったりして、急に傷つくことがあります。

また、実際に会ったときに写真より印象が良くないことの方が多いので、がっかりしてしまうことがあります。

出会いはたくさんあると思いますが、すぐに上手くいくとは限らないので、エネルギーが必要な部分が大変だと思いました。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス4

女性
(女性 32歳)

20代後半頃に、合コン、お見合いパーティーによく参加していました。

友達に紹介を頼んで飲み会したりもしました。

「婚活」としてお相手を自分の普段の生活の外に相手を探す場合、全く知らない何の共通点もない男性と、1から関係を築かなければいけないことがとても難しく感じました。

そもそも男性は苦手なこともあり、何も知らない相手に対し、数十分から数時間で興味を持てることが少なく、後日有り難いことに連絡をいただいても、少ない貴重な休日を緊張を強いられる2人きりの時間に当てるなんてヤル気はなく…。

向いていないので婚活はやめました。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス5

女性
(女性 34歳)

お休みの日や平日の夜に、何人もの知らない方にお会いするのは、人見知りの自分にとってはかなり辛かったですし、疲れました。

また、私は婚活アプリを使っていたのですが、アプリにアップされているお写真と、実際に会ってみたときのお顔や雰囲気があまりにも違いすぎる方がいらっしゃって、驚いてしまったことがありました。

そういった意味では、多少盛れている写真を使うのはいいと思いますが、あまりに普段の自分とかけ離れている写真を使うと、あとで自分の首を締めることになると思います。

<スポンサーリンク>

辛い婚活の経験談とアドバイス6

女性
(女性 34歳)

私の婚活は主にパーティへの参加なのですが、着席スタイルで全員と話せます!というスタイルの、男女比が40対40くらいのパーティに参加した時、たしかに全員と話せたのですが、一人あたり二分くらいしか時間がなく、とてもじゃないですが全員を覚えているのは不可能でした。

ひとまわり話し終わった時には、すでに忘れていて疲れだけが残っている状態で、その中から印象の良かった人を選ぶというのは至難の技でした。

いきなりうまくやろうと頑張るのでなく、何度か慣らしのために参加するくらいのつもりで行く方がよかったかもしれません。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス7

男性
(男性 35歳)

一般の交友関係や職場での出会いであれば、自分自身の人となりを見て興味を持ってもらえるのですが、街コンなどの婚活パーティーや合コンでは、いわゆる「スペック」だけしか見てもらえず、自分自身は平均的年収のサラリーマンなので、婚活の土俵に上がるのに一苦労です。

仕方が無いので、海外の珍しい国に行ったことがある、スキューバダイビングが趣味などの比較的キャッチーな趣味を前面に押し出して活動して、とりあえずは2人で会える関係になるのを優先しています。

他の婚活をしている人も、最初にいきなり自分の全てを理解してもらうのは難しいので、一面だけでもキャッチーな特色を出していくといいでしょう。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス8

女性
(女性 35歳)

まずは、自分の理想とするところと着地点がある程度定まっていないと、婚活は長引きます。

とはいっても、一口にどういう人が良いかといわれても寛容な自分を演じたり、上手くイメージが固まっていなかったりして中々伝えられないかと思います。

また、知人や友人に「誰か紹介して」と人くくりに言うのも社交辞令と思われたり、具体的なイメージや真剣さが見えず、なかなか紹介することができない要因一つのようです。

マッチングアプリ等で、自分が惹かれる相手の顔やスペックを参考に自分自身の好みを確認するところから始めるのが良いかと思います。

その後は具体的な理想を示して妥協点を探り、まずは3ヶ月はそれだけにかかりきりになるくらいの勢いで本気で挑まなければ、誰とも会えず進展しないままダラダラと婚活が続いてしまいますのでご注意ください。

また、婚活で相手を1人に絞ってしまうのも敗因の原因です。

決して2股を推奨しているわけでは無いのですが、2~3人と同時に連絡を取って進める事は婚活ではあることです。

自分の時間を無駄にしない為にもまた、恋愛初心者に多い、自分の気持ちが強すぎて相手に引かれてしまう事を防ぐためにも、数名の方とのコンタクトは必要な事ではないかと思われます。

ただし、コンタクトを取るのは良いですが、大人な関係は節度をもつべきでしょう。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス9

女性
(女性 37歳)

29歳の時に、オーネットに契約して婚活を始めました。

当時は条件の合う方から郵送で顔写真や年齢、職業などの個人情報が届くシステムでした。

実家に住んでおり、親には婚活を始めた事を言ってなかったので、送付元が何かわからない封書がやたらくるので、かなり親は不審に思っていたようです。

(送付元がオーネットと分からないようになっていました)

また、最初に数十万の入会金も辛かったですね。

結局オーネットの会員の方とは一人デートして終わったのですが、初めて会う方と二人きりで会うのは自分には合わないなと感じました。

初めて会う方といきなり二人で会うのがハードルが高い方は、お見合いパーティーとかの方がいいかもしれません。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス10

女性
(女性 38歳)

婚活をしている時に辛かったのは、地方在住なので、婚活パーティーに参加すると、必ず知り合いに会ってしまったり、直接的な知り合いではなくても、知り合いの知り合いという感じで、どこかで繋がっているので、なかなかアクションを起こしづらくて辛かったです。

父親が、がんの闘病中で、私が結婚することを楽しみにしていて、治療に耐える原動力にしていたので、なんとしても良い知らせを伝えたかったのですが、間に合いませんでした。

<スポンサーリンク>

辛い婚活の経験談とアドバイス11

女性
(女性 38歳)

婚活をはじめると、だいたいはお見合いパーティーを経験すると思います。

お見合いパーティーに参加すると、あからさまに自分の人気度を知ります。

見た目や年齢、年収や職業など。

こうとき、婚活でなかなかうまくいかないと落ち込んだり、また自分についてよく見つめ直して自己嫌悪に陥ったり。

とにかくメンタル的に落ち込むことが多いです。

だからこそ、結婚とは何か。

自分の人生において結婚とはどういうもので、どういう相手と人生を歩んでいきたいのか、見つめ直すことが大事だと思います。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス12

女性
(女性 38歳)

アラフォーとなると、結婚対象外の年齢なんだと思います。

いくら若作りをして若そうに見えようが、子供を産むことを視野に入れるとタイムリミットだと思うのではないでしょうか。

もちろんそれだけではなく、私自身に問題があるのだとも十分わかっていますが 以前出会った男性が、私に「もう10歳若かったらなぁ。」とサラッと言ってきたことがあります。

なんとも意識もしていなかった人ですが、それが現実なんだと思い知らされたコトバでした。

関連:アラフォーの婚活の現実とは?14名の経験談まとめ

 

辛い婚活の経験談とアドバイス13

女性
(女性 39歳)

コミュ障気味で恋愛経験のあまりなかった私にとって辛かったのは、同時進行で色んな男性とやりとりしなければならないことです。

メールの段階だと過去の履歴を見ながら会話ができるのですが、実際会って話すと、他の人のエピソードをごっちゃになって覚えていたり、話したことを忘れていたり…。

何より同時進行は、どことなく頭の中で二股、三股とどう違うんだろう?と思ってしまい、罪悪感が出てしまうのが辛かったです。

最後には一人に絞らないといけないので、断るのも心苦しくて。

恋愛とはやっぱり価値観が違うので、色んな意味でちょっとの狡さは必要なのかなと思います。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス14

女性
(女性 39歳)

結婚を焦る年齢になり、結婚相談所に登録しました。

今までは人並みに恋愛をしてきたつもり。

自分がその気になれば、お見合い相手から自分が選べるわよ!なんて鷹をくくった気持ちで臨んだお見合い。

結果は惨敗。

お見合いは、自分が選ぶものではなく、お相手から選ばれるかどうかです。

プライドを捨てたら、スムーズに事が進み始めました。

婚活する上で、お相手も貴重な時間を作っていただいていること、出会いをサポートしてくれる方がいること。

感謝の気持ちを持つことが何より大切でした。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス15

女性
(女性 29歳)

男は年齢はあんまり重視されませんが(年齢よりも年収)、女は年齢が若ければ若い方がいいと男性に思われてしまうことです。

「30歳を過ぎしまうと選ばれる確率が減る」と相談所の人に言われてしまいました。

私は29歳になる一ヵ月前に入会したので、プロフィールには28歳と書いてもらいました。

1歳でも若ければいいという、世間の流れがあるからです。

でも、良い男性は年にこだわらずに、その女性の本質を理解してくれると思いますので、そんなことに負けずに婚活を頑張ってください。

<スポンサーリンク>

辛い婚活の経験談とアドバイス16

女性
(女性 40歳)

30前は高収入、高学歴など条件のよい縁談が来ていました。

しかし、30越えるとぱたりと話自体が少なくなり、くるお話も収入はよいが性格も控えめすぎて女性経験のない方が多くなりました。

デートを重ねたいなあと感じる魅力的な方も少なくなる一方、軽い形式の合コンたいふのものでは30過ぎは気楽に恋愛できないとひかれてる感じもありましたし、自分より、年下が増えいるのでなんだかやりにくさを感じてました。

やはり、年齢はかなりのポイントです。

32の時36の男性と親戚の紹介でお見合い結婚。

今はとても幸せです

 

辛い婚活の経験談とアドバイス17

女性
(女性 42歳)

婚活をつづけていても、なかなか相手が見つからないことが辛かったです。

回数を重ねても、よい出会いがないとだんだんと焦っていきました。

そして、自分に自信が持てなくなってきてしまいました。

また、婚活をつづけていくと、服を買うときも、お見合いパーティーや合コンで自分に興味をもってもらえる服を基準ににして選んでしまったり、習い事や趣味も、婚活にプラスになるかなと考えてしまっている自分がいました。

だらだらと婚活をするのはよくないと感じています。

婚活は短期集中で頑張るのがよいと思います。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス18

男性
(男性 43歳)

27才くらいまでは、彼女とか恋人は30人くらい付き合いましたが、性格とか合わない子ばかりで、婚活し始めました。

結婚前提に性格の合う子を探すのに、出会い系サイトを利用して探し当てました。

現在結婚生活中です。

やはり、待ってても来ません

若いころはナンパなどして付き合う子は簡単にできましたが、結婚となると女遊びでできた子では対象外です。

簡単に裏切られるし、浮気が多い。

顔や外見じゃない、本当に性格の合う子を見つけるには出会い系が良いと思いました

 

辛い婚活の経験談とアドバイス19

男性
(男性 45歳)

自分は10年前に離婚して、今はバツイチ、子供なしなんですが、一度だけ友達に誘われて婚活パーティーに参加したことがあります。

ルックスや身長とかはまあ普通、職業は公務員ということでよろしくお願いします。

表面的な印象で浅い会話はそれなりに成立するんですが、いざ趣味とかの話になると引かれるというか、実は結構なオタクなので。

ガンダムとかエヴァンゲリオンとかだとまだ話が通じることもありますが、自分が好きなボトムズとかイデオンとかが分かる人にはまあ巡り合えないですね。

 

辛い婚活の経験談とアドバイス20

女性
(女性 46歳)

結構昔の話になりますが、当時私は結婚願望が結構強く、あるお見合いパーティーに出たことが何度かあります。

ああいう全く知らない場所で、知らない人といきなり結婚を前提にと言う感じで、顔を付き合わせて話す事の大変さは、今思い出すと凄く懐かしいです。

最初に何を話していいか分からないし、相手を意識し過ぎると声がどもってしまい、頭が真っ白になる、と言った感じでしょうか?

私からのアドバイスとしては、とにかく相手を立てる様なものの言い方で、会話を続ければ上手く行くのではないでしょうか。

とにかく会話を切らさない事が大事なポイントだと思います。

 

★こちらも読まれています

結婚を諦めた時の年齢と理由は?独身15人に聞いてみた

結婚したくないと考える女性の理由や心理20選!本音は何?

結婚したくないと考える男性の理由や心理20選!本音は何?

独身生活の楽しい事とは?|アラフォー独身10人の答え

関連コンテンツ