年賀状を出す事にめんどくさいと感じる理由や意見20選!

年賀状 めんどくさい

ここでは、多くの方たちが「年賀状を出したくないと考えてしまう理由や心理についてまとめています。

今回は「あなたが年賀状を出す事に対して「めんどくさい」と感じる理由について教えてください。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれ答えていただきました。

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事1

男性
(男性 21歳)

ネット社会が人々を踏襲し続けている時代となっています。

私の父と母もガラケーから最近スマートフォンに変えてLINEを始めました。

中学生までは私自身も友人や親戚の人に年賀状を送っていました。

ただ先述の通り、いまやスマートフォン一つでいろいろ思いを簡単に伝えられます。

これが非常に便利で、もはや年賀状を書くというのを手間と考えてしまいます。

年賀状に限らず、手紙も理由は同じです。

 

めんどくさい事2

男性
(男性 22歳)

年賀状を出す時に面倒くさいのは、誰に出すかを確認しなければならないことです。

去年来ていない人にだすかどうかを悩んだり、久しぶりに年賀状が送られた着た人に今年はおるべきかどうか、などを一々考えて確認するのが非常に面倒くさいと毎年感じています。

年賀状ソフトに住所を入力しているものの、やはり確認のためにリストアップはしないわけにはいかず、知り合いが増えれば増えるほどにこの作業を負担に感じるようになってきています。

 

めんどくさい事3

女性
(女性 23歳)

年賀状が何枚必要かを数えて買いに行き、年賀状のデザインを考えて、宛名を印刷し、一人一人に一言ずつ書くことがとてもめんどくさいと感じます。

年末はただでさえ忙しいため、年賀状に時間を費やすこともめんどくさいと思います。

本当に新年の挨拶をしたい人は、ラインでも言うことができますし、ツイッターやInstagramでは、普段やりとりをしない人でも多くの人に新年の挨拶をすることができます。

わざわざ年賀状を送る必要はないと感じています。

 

めんどくさい事4

男性
(男性 23歳)

年賀状を出すとなると、ハガキを買って新年のあいさつを書いて、切手を貼ってポストに入れてというこの流れがもう面倒くさいです。

わざわざハガキに書かなければならないというのが一番の理由ですね。

今の時代携帯電話やスマホという便利な道具があるので、それを使ってメールで済ませれば良いではないかと考えます。

実際、友人達とはメール等を年賀状代わりにしています。

メール等なら費用も手間もかからないのでとても楽です。

ハガキや切手を買うのも、お金が少しもったいない気がします。

以上のことから、年賀状を出すことがめんどくさいです。

 

めんどくさい事5

女性
(女性 26歳)

私が小学生位の頃は、携帯など持っていなかったのでやりとりは手紙でしたし、住所などもクラスの連絡網ですぐに分かりました。

なので年賀状も書くものだと思っていましたが、携帯を持ちLINEなどの便利なツールが出来るに連れ、お金を出してハガキを買って手間のかかる手書きでと考えると、メールやLINEでいいかと思うようになりました。

携帯をもっていないおじいちゃんやおばあちゃんでさえも、もはや電話で済ませてしまいます。

年末年始に手間暇かけてハガキを書きたくないです。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事6

女性
(女性 29歳)

年賀状って日本の悪習だと思います。

長年会ってなくて、今後もおそらく会わない人となんとなく毎年年賀状をやりとりしていて、意味あるのかなと思っています。

でも、送らなくて送られてきたら返さなきゃいけない気がしますし、そういうことを考えることが面倒くさいです。

よく会う人にはSNSや電話で連絡をとっているし、わざわざ年賀状で近況報告する必要性を感じません。

それまで送られてこなかったのに、結婚した年から急に送られてくることが多いのも不思議です。

写真入りの年賀状は処分しずらいのも面倒くさいと感じます。

 

めんどくさい事7

男性
(男性 30歳)

年賀状が面倒くさい大きな理由として、誰に出す、出さないというところでとても悩むからです。

職場の上司や、客先のお得意様など、どの範囲まで誰まで出すかというところにすごく悩みます。

相手がどれだけ年賀状を大切に考えているかも人それぞれ違い、出すことで相手に気を使わせたり、面倒だと思われることもあり、一概にビジネスライクで全員に出すこともできません。

出さなくて良いと思った人から元旦に年賀状が届くと、急いで書かなければならないので、落ち着いて正月を過ごせません。

 

めんどくさい事8

女性
(女性 30歳)

今年はどの人に出すのか、出さないか、いちいちチェックするのも、年賀状をつくるのもすべてがめんどくさい。

新年早々誰から来た、誰から来てないをチェックして、こちらからまだ送っていなかった人には年賀状を印刷して出しに行くのもめんどくさい。

逆にこちらから送ってしまったけれど、向こうからは届いていなかった場合、向こうが新たに送りなおしてくれたりすると、手間をかけさせてしまって申し訳なかったななどと考えてしまう。

 

めんどくさい事9

女性
(女性 30歳)

仲の良い人にはラインやメールで新年の挨拶はすむので、送るのはだいたい会社関係の人になります。

なので特に思い入れもなく、ただ義務で送っているので気持ちからして面倒だなと感じます。

さらに仕事も忙しい12月にプライベートな時間を使って年賀状作りをするのも無駄だなって思います。

昔はパソコンで作ったりもしましたが、印刷がうまくいかなかったり住所やデザインの変更だんだん面倒になって印字された絵はがきタイプの年賀状にしました。

それでも宛名などは書かないとならないのも大変です。

外注するのもお金はかかるしで、年賀状の面倒くささは本当に嫌いです。

 

めんどくさい事10

女性
(女性 30歳)

まず、どの程度の繋がりの人まで出すかを考えるのがめんどくさいです。

最近は住所を聞く機会も無いので、改めて住所を聞いてまで出そうと思えなくなってしまいました。

また、出す人を決めたとしても、その後一人一人宛名とコメントを書くのがまた大変でめんどくさいです。

全て印刷してしまえばいいのだろうけれど、自分の性格上そんな味気ないものを出したくないですし、自分がもらっても嬉しくないものを作りたくないです。

出すからにはこだわりたくなってしまうので、いっそ全く出さなくなってしまいました。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事11

女性
(女性 31歳)

年賀状はお金をかけずに、出したいのでテンプレートや注文等をしないで作っているのですが、写真を選んだり配置を考えたりするのは楽しいのですがついつい作るのが遅くなってしまって焦ってきて、作るのが、面倒になります。

そして一言手書きでコメントを、書くのですが仲の良い友達分はすぐに書けるのですが、あまり会うことのない親戚分はコメントに悩むのでそこが面倒に思うところです。

今年は早いうちに完成させたいと思います。

 

めんどくさい事12

女性
(女性 32歳)

12月の忙しい時に年賀状を買って、プリントアウトして、毎年同じようなコメントを添えて出す年賀状には、ほとんど意味がないと思います。

会社関係の人には、年賀状が届いた2~3日後に会社ですぐに会うし、何年も会っていない昔の友人などには、「今年こそ会いたいですね」と心にもないことを毎年書き続け、実現したことはありません。

本当に連絡したい人には、メールやライン、ほかのSNSを使って連絡するので、年賀状を出す必要性を感じません。

 

めんどくさい事13

女性
(女性 33歳)

私は年賀状を出すことに対して、とてもめんどくささを感じています。

別に相手からの年賀状も求めていないので、私としてはお互いに年賀状のやりとりをやめたいです。

よく年賀状で相手の近況知るといいますが、今は携帯があるので、別に年賀状でやりとりをせずにもすぐに近況知ることもできます。

普段仕事が忙しいので、休みの時に年賀状書く時間がなければその分のんびりできると思います。

なので、年賀状のやりとりはめんどくさくてやりたくありません。

 

めんどくさい事14

女性
(女性 33歳)

出す枚数が多いと面倒くさいですね。

今までは自分で印刷したりしていたので、余計めんどくさくて出すのがイヤになっていました。

自分で印刷した方がお金も安く済むのでだから自分で印刷していましたが、カメラ屋さんとかに頼んだら手間は省けるんでしょうけど、その分料金はかかってしまいます。

代金を節約したいので、自分でできることは自分でしています。

住所は手書きだったので手書きが大変で、また出さないといけないのかぁという気分になります。

 

めんどくさい事15

女性
(女性 34歳)

誰に送るのか選定するのが、毎年面倒くさいなあと感じています。

年賀状だけのやりとりの人もいるから、その人達はどうしようとか、友人や仕事関係など角が立たないようにするにはどの範囲まで送れば良いかとか、毎年色々考えてしまってそれが1番面倒で嫌いです。

年賀状に興味がないので、年賀状のデザインを選ぶのも時間が掛かってしまって面倒くさいですし、郵便局などに印刷を依頼するにしても、その手続きすら面倒に感じてしまいます。

<スポンサーリンク>

めんどくさい事16

女性
(女性 34歳)

元会社の人にも出すべきか、疎遠になっている友達にも出すべきか悩むからです。

元会社の人に関しては、上司、その娘からそれぞれ届くので同じ家に名前を変えただけの年賀状を送るのがどうかと思い、絵柄を変えたりするのが面倒です。

あと、家のパソコンで印刷するのですが、プリンターにはがきをセットする時に表か裏か忘れているのでいつも不要なはがきを使ってテストプリントしてから印刷しているのでその作業も面倒で、印刷している途中ではがきが足りなくなって買いに行ったりすることもあって面倒くさいなと毎年思っています。

 

めんどくさい事17

女性
(女性 34歳)

過去の職場の上司や同僚など、現在は全く会うことが無い、これから会うことも無いと思う人への年賀状を送るか送らないかを考えるのが面倒くさいです。

もう出さなくていいかなと思いながら、もし向こうから送られてきたらと迷い、結局出しても向こうからは元旦には届かなかったりします。

元旦には届かなくても、数日後に返事としての年賀状が来ることもあるので、その場合はまた次の年に同じように悩んでしまいます。

年賀状もタダではないので、無闇にたくさんの人に出す必要は無いと思うが、一度やりとりをした人との年賀状は、止めたいと思ってもなかなか難しいです。

 

めんどくさい事18

女性
(女性 36歳)

ただ年賀状を印刷だけして出すのなら良いのですが、今勤めている会社では、それに一言書き添えるのが当然のマナーになっているからです。

女性社員同士だと、それだけでなく可愛いイラストを隅にちょこんと書いたりして…。

そうした一言文やイラストが味気ないと、

女性間での評価が下がってしまうので、下手な年賀状は出せない為、毎年面倒くさいなと感じてしまいます。

友人の勤める会社では作業時間に取られる無駄を省く為、「一律、年賀状禁止」と決まっているらしく、本当に羨ましいです。

 

めんどくさい事19

女性
(女性 39歳)

年賀状を出すのがめんどくさいと思う理由は、年末の忙しい時期にデザインを選んだり印刷しなきゃならなかったりと結構な時間を取られるからです。

毎年、今年こそと早い時期からデザインを検討しますが、印刷するのは結局年末ギリギリになってしまいます。

また、礼儀で親戚にも出しますが返ってこない人も多く、それでも出さない訳にいかず…モヤモヤします。

そして一通り完成しても後出しで旦那や子供から追加の声がかかり、買い足し買い足し。

年が明けても出していない人から届いた分の年賀状を買い足し。

もうSNSでいいじゃん!といつも思います。

 

めんどくさい事20

男性
(男性 40歳)

年賀状など紙の無駄、資源の無駄としか思いません。

時代錯誤の日本の文化の筆頭だと思います。

みなさんそう思われるでしょうか、新年の挨拶など電話で簡単にできますし、メールやラインで簡単に済ませる事が今の時代はできます。

年賀状を毎年配達されている人が例え給与をもらってるのは分かりますが、可哀想でなりません。

年賀状を出さない人々は出世しないなどと言われたりしますが、そんな事で出世しないならしないで結構です。

早くこの文化やめてほしいです。