親友はいないとダメ?親友はいらないという方々の理由20選

親友 いない

ここでは、「親友はいらない」という方々の意見をまとめています。

友人の中でも特に親しい相手、「親友」は人生において必須の存在なのでしょうか。

今回は「「人生に親友なんて必要ない」と考える理由を教えて下さい。」というアンケートを20名の方に実施し、それぞれの意見をまとめてみました。

「親友がいない!」「親友を作るべきだろうか」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>

理由と意見1

女性
(女性 19歳)

中学時代に不登校で、小学生時代に仲が良かった「親友」とも呼べる友人達とは疎遠になってしまいました。

連絡先もわからず、今現在の彼女を知ることはできません。

全日制高校に通って卒業しましたが、そこで仲良くしていたクラスメイトと学校の外で遊ぶことはありませんでしたし、連絡先を知っていても彼女達と卒業後にあったことはありません。

「親友」と呼べる存在に出会えていないだけなのかもしれませんが、少なくとも、親友がいなくても生きていけることは確かだと思っています。

 

理由と意見2

女性
(女性 19歳)

「人生がいつまで続くかわかないのに、現世に未練を残す様な存在を残す必要はありますか?」と言ってしまうと難しい事になってしまうので少し崩して自論を説明します。

親友なんて、その場その場で作ればいいんです。

実際、友達や親友がいると行動に非常に邪魔な存在になります。

引っ越しをするにしてもサプライズ、誕生日をするにしてもサプライズ、無駄に金銭が飛んでいきます。

本当に鬱陶しいです。

一回適当に友達を作ってみればわかります。

 

理由と意見3

男性
(男性 20歳)

私は親友は必要ないと考えています。

というのも、生まれてから今まで、ずっと長く付き合っていた親友と言えるような人が周りにいないからです。

しかし、それで困った経験は一度もありません

かつて学校でとても仲の良かった人でも、一度会わなくなってしまうと段々と疎遠になってきます。

そこでまた親友だからと相手を意識しすぎると、どちらかが無理をせざるを得なくなり、結局は疎遠度を深めてしまうと思います。

それよりは、一度会わなくなっても時々連絡を取り合ったり食事に行ったり出来るような、適度な距離感で付き合える普通の友達が多くいた方がいいと思います。

ずっと親密な関係を保つよりも、時々話ができるような適度な距離感の友達がいた方が気が楽という理由で、親友は必要ないと私は考えています。

 

理由と意見4

男性
(男性 22歳)

遊ぶ友達などは必要なのですが、親友は必要ありません。

「親友がいれば心強い」「勇気が出る」「心の支えになる」などと良く聞きますが。最終的に判断するのは自分であり、自分の力次第で物事を解決しなきゃ将来などに影響が出ると思います。

あくまで遊ぶ友達、自分が楽しくなるようにするための友達であり、「友情が良い」とか「信頼できる」とか、所詮口だけであり自分が危機に晒されている場合も助けると思いません。

なので親友はいりません。

遊ぶ友達、すなわち快楽の為である以外必要無いと思います。

 

理由と意見5

女性
(女性 26歳)

そもそも人は常に裏切ったり裏切られたりする関係にあると思うからです。

親友だからといってその関係が永遠に続くという保証もなければ、自分が困った時に助けてくれるという確かな約束もありません。

ですから、ある日突然口をきかなくなってしまうことも『親友』が『敵』へと変化してしまう恐さも常に付きまといます。

しかし、初めから親友を作ろうと思わず人に対して過度に期待したり希望を持ったりしなければ、相手との適度な距離感が保たれ、人に失望したり悲しんだりしなくて済むという良い点があります。

これらの理由から、私は人生に親友なんて必要ないと考えます。

<スポンサーリンク>

理由と意見6

女性
(女性 27歳)

簡単に言ってしまえば、家族がいれば生きていけると思っているからです。

確かに学生時代のうちは、友人と呼べる人間がいた方が良いと思います。

学生生活をするうえでは、色んな行事もありますし、他人のことを知ることで自分自身が成長するきっかけになると思います。

部活動等も社会に出た時のために必要だと感じます。

しかし、「親しい友人=親友と呼べる人」は、長い人生においてそれ程重要なことではないと思います。

社会に出て、結婚して、家庭を持ってしまうと、正直自分の生活で精一杯で、友人との交流も劇的に減ってしまいます。

悲しいけれど、いつまでも学生気分ではいられません。

自分の中の優先順位は何よりも一番は家族です。

 

理由と意見7

女性
(女性 30歳)

その人の環境の変化、例えば就職、転職、結婚、子供が出来た、親の介護などで親友と思っていても疎遠になってしまうので親友は必要ないと思います。

とくに女性はその傾向が強いです。

立場が違うと、なかなか親友がいてもお互いの気持ちもよく分からなくなり難しいです。

独身の若い頃は親友がいると遊んで楽しいし、同じように独身だとお互いの立場も分かって相談できたりしていいのですが、歳をとるにつれてそれぞれの置かれている状況が変わってくるので必要ありません。

 

理由と意見8

女性
(女性 30歳)

本当の事をいえば親友がいたらどんな風に楽しいかなと思ったりもするけれど、それ以上に10代、20代の頃に親友と思っても、そのまま繋がっている人をあまり見た事ありません

そしてお互いを悪く言う仲になったり、親友という言葉にハマり窮屈に感じたりしてる人を見てる方が多いです。

私もその1人ですが、「親友」という言葉を破り、気にかけることを辞めたら気持ちがとても楽になりました。

友達という枠で付き合っていた方が、いつまでも良い関係でいれるのではないかと思うようになりました。

「親友とは何か」をまだ知らないので、知ったら必要だと思うのかも知れません。

 

理由と意見9

女性
(女性 30歳)

親友という概念自体人によって様々ですし、人という動物は他の動物よりも自分の利益、損得を考える生き物なのですぐに関係が壊れてしまうと思っています。

私のように人から受ける影響によって体調を崩しやすい人も世の中にはいます。

でも最近大多数の人が言葉の暴力を平気で行っていても気づいていませんし、気づいても自分の物差しで測ってあまり深く考えていません。

そんな世の中で、親友と呼べるほど自分や相手が互いにどんな時でも気遣ったり支えあったりするのは不可能に思います。

なので親友なんて必要ないというより、できないことが自然な気がします。

本当に必要なのは互いに傷つけることが少なく済む知り合いだと思います。

 

理由と意見10

女性
(女性 32歳)

親友が必要かどうか、と問われたら、別に居なくても全く問題無いし必要ではないと思います。

そもそも無理して作るものでもないし、そんなものも親友とも呼ばないのではないかと思いますが。

私は親友は居ないけれど、何より最優先にしたいのは自分の家族だから、それでいいと思っています。

親友に会う時間があれば、自分の夫や子供に時間を使ってあげたいと思っています。

無理して人に合わせるくらいなら、1人の時間を大切にしたいです。

<スポンサーリンク>

理由と意見11

女性
(女性 33歳)

友人は必要だが、親友という存在は特に必要ないと考えています。

私の考える親友とは「一生付き合える友人」ですが、なぜ必要ないと考えているかというと、その時々同じ境遇の友人がいれば、長く付き合う友人は必要ないと思っています。

特に女性は生活していく中でライフスタイルが変わっていきます。

独身・主婦・バリキャリ等 30代になると生活も様々です。

その中で違うライフスタイルの友人と食事をしても話題が合わなかったり、選ぶお店が合わなかったり、とだんだん生活の差が出てくると思うので、その時同じ境遇の友人といるのが楽だし楽しいので親友は必要ないと思います。

 

理由と意見12

女性
(女性 33歳)

歳を重ねるごとに実感したのですが、人生に親友は必要ありません。

友人はいないよりいた方がいいと思いますが。

若い時は親友と呼んで、毎日のように連絡をとりあったり遊んだり、時には叱咤激励をし合ったりすることが多いですが、だんだんそんな訳にもいかなくなります。

仕事をバリバリしたり結婚したり子供ができたりと、特に女性はライフスタイルが変わると付き合う友人も変化していきます。

正直、親友といえども他人は他人

いざというときは助けてくれないし、こちらも責任を取ることができません。

家族以外とは適度な距離感を保って、あまり干渉しない程度にお付き合いする方が賢明だと考えます。

 

理由と意見13

女性
(女性 33歳)

私は自分の人生に親友なんて必要ないと思っています。

それは私は物事を決めるときに人の意見を頼ることはしないし、自分で何でも決めるからです。

たまに遊ぶ友達はいたとしても自分1人の方が気楽で楽しいです。

しかも自分以外を信用するなら、本当に私のことを愛してくれている家族しか信用できないからです。

今も別に親友はいませんが寂しいと思ったこともないしこれからもいらないです。

 

理由と意見14

女性
(女性 34歳)

親友と言っても人それぞれその定義は違いますが、自分がいくら親友だと思っていろいろ相談したり親友として振舞ったとしても、相手が本当に心から自分のことを親友と思っているとは限りません

もしかしたら親友ではなく、友人の中のひとりという位置づけにしかないなんてこともあります。

自分と相手の双方が、いわば両思いのような状態で同じ比重で親友という位置づけに考えているかどうかを判断することはなかなか難しいと思うので、人生に親友なんて必要ないのではないかと考えます。

 

理由と意見15

女性
(女性 37歳)

何を基準として親友という位置づけにするかは人それぞれですが、私は必ずしもいつも行動を共にする、何でも打ち明けれるという固定の友達である親友は必要ないと思います。

なぜかというと、その時々で友達は作ればよいからです。

親友が自分のすべての行動、悩みに対して自分の求めるような回答を出してくれるとは限りません。

その時、親友なら自分を1番分かってくれると思ってたのにと恨むくらいなら、仕事の友達、趣味の友達、お茶する友達のようにその用途にあった友達を分けて作り、その時だけ行動を共に、関連する悩みを打ち明ければ自分の求める回答により近いものを得られるはずだと思います。

<スポンサーリンク>

理由と意見16

女性
(女性 39歳)

どこまでを「親友」と扱うかにもよりけりですが、プライベートなことも当然知りあう中で、経済的なことや世間的な立場などで思わぬ嫉妬の感情を生んでしまうこともあると考えますので、必ずしも「親友」という存在が必要かといわれると、そうでもないと思っています。

何かをするうえで、家族以外の友人の助言や手助けが必要な状況があるのは当然なことなのかもしれませんが、それは一時の事。

大人になるにつれてそういった存在のひとはごく限られてきますし、基本的には自分で作っていく家族が自分を支える存在になると思いますので、「親友」は必要不可欠のものではないと思います。

 

理由と意見17

女性
(女性 41歳)

相談があったり意見を求めても結局決めるのも考えるのも自分です。

友達はそれなりにいた方がいいけど、あくまでも浅い友達だけでいいと思います。

親友と言っても結局自分にとって必要な時だけの存在で、相手も自分に都合いい時だけの存在に過ぎません。

そんな都合のいい友達より、自分の信念や自分の時間を大切にして行ければ歳をとっても楽に充実して過ごせると思います。

歳をとっていくと友達すら面倒になるし、いつかは一人です。

親友より、彼氏や旦那さんと心安らかな関係を築きあげていた方が、人生にとって心穏やかにいれると私は思います。

 

理由と意見18

女性
(女性 42歳)

私自身親友がいるかと言えばNOです。

それでも、別に不都合はありません。

時々会って笑いあえる友達はいますが、つつみ隠さず何もかも話すわけでもないですし、私も相手も親友とは思っていないと思います。

それで十分です。

若いときほど「親友」にこだわるような気がします。

唯一無二の親友に会えた人はとてもラッキーだとは思いますが、実際はどれだけの人に「親友」がいるのか怪しいものです。

人は結局は一人なのだし、親友がいなくてもよい人生を送ることは可能です。

 

理由と意見19

男性
(男性 44歳)

自分の人生なので、親友に依存も出来ないし、親友が何かをしてくれるわけでもない。

自分の人生は自分で切り開くしかない。

つまり、自分の人生に全力を尽くすために、友達よりも自分を一番大事にする必要があるのです。

他人の意見に振り回されず、自分の考えをしっかり持ち、将来の夢や目的の為にぶれずに突き進む必要があると考えます。

人は一人では生きてゆけないかもしれませんが、友達がいなければ生きてゆけない訳じゃないので、親友は必要ないと考えます。

 

理由と意見20

男性
(男性 50歳)

人間関係は付かず離れずのほど良い距離感が一番だと考えています。

年齢を重ねると既婚しても独身にしても、仕事で攻めに入っている人でさえも、いずれ守りを考えての平穏な暮らしになります。

悩みも解決できるほど簡単ではない問題も降りかかってくる場合があるので、自身としては親友と呼べた友人に頼るのも最早図々しく感じます。

言い換えると、複雑な問題を相談されても金銭面もさることながら精神的にも助けるのが困難な場合もあります。

そんな時に親友と思っていたといわれるよりも、むしろその関係になってないことの方が望ましい気がします。

 

★こちらも読まれています

友達はいらない?友達が必要ではない理由15選

うざい友達との付き合い方11選!実践者が多い対処法は?

友達付き合いがめんどくさい!そんな時の対処法まとめ

友達に嫉妬した経験談20選!恋人が出来ると嫉妬しやすい?

<スポンサーリンク>