アラフォーの婚活の現実とは?14名の経験談まとめ

アラフォーの婚活の現実

ここでは、「アラフォーの婚活の現実」をテーマにして、アラフォーでの婚活経験の有る方々に聞いた、婚活中に辛い・大変だと感じたことについてまとめています。

今回は、35~45歳の女性で、合コンやお見合いパーティーへの参加、結婚相談所や、結婚相手を探すために情報サービス会社への登録を積極的に行ったことが有るという方々14名を対象にして、以下のようなアンケートにお答え頂きました。

「婚活を経験する中で辛い・大変だと感じたことはなんですか?また、これから婚活を始めるアラフォーの方々にアドバイスがあればお願いします。」

参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク>

アラフォーの婚活経験談まとめ

アラフォーの婚活体験談1

女性
(女性 35歳)

婚活を始めるのは、アラフォーだと遅い感じが自分の中ではありました。

男性はやっぱり若い方が良いだろうし、私自身は35歳になると若い男性は対象にはならないので、35歳以上になるとストライクゾーンが本当に狭くなるので焦る心で一杯になってきました。

もう35歳になると、「相手にもされないのかな」と自分の心があせあせしてくるのが一番負担が大きいです。

正しく人の事も見れなくなってくるし、収入や顔や性格などパーフェクトを探すのが早いという心持ちになってくるのも辛いです。

 

アラフォーの婚活体験談2

女性
(女性 37歳)

まず身内からの「結婚したほうがいいよ!あんたも早く結婚しなよ~。」という幸せの押し売り的な発言に打ちのめされます。

両親はもうあきらめモードなので何も言いませんが、テレビなどで結婚の話題になると気を使って話題やチャンネルを変えたりとか、少し心が痛いものです。

婚活パーティーや街コン、合コンなど一通りは経験しました。

もともと人見知りな方なので、男性との会話や度胸など、参加しているうちに上達したような気がします。

そういうちょっとした経験から、友達の紹介で彼氏も出来たりしました。

一歩踏み出せば、色々楽しい世界が広がると思います。

 

アラフォーの婚活体験談3

女性
(女性 37歳)

まず、アラフォーだと圧倒的に20代の子よりも価値がなく(婚活のパーティーなどで)、カジュアルなパーティだと、おばさん扱いされます。

だから、自分の年齢が下になるようなパーティに参加するのですが、私は、おじさんがタイプではないので、今度はこちらのタイプが全くいないのでカップルになるのがとても難しくなります。

妥協をすればいいのですが、生理的に無理な時は無理なので、自分でもつらいです。

でも、婚活しないと出会いもないので続けることが大事です。

疲れてしまうかもしれないけれど、その時は少し休んで趣味のパーティとかに参加して、楽しみながら婚活をして欲しいと思います。

ちなみに今の旦那と出会ったのは、県人会でした。

 

アラフォーの婚活体験談4

女性
(女性 38歳)

婚活を経験する中で辛いと感じたのは、自分が欠点だと思っている性格を相手から指摘され、会うのを断られることがあったことです。

自分を否定されるような気がして落ち込むこともありました。

それをそのままの気持ちで続けていくと、どんどん自信がなくなり、悪い方向へ進んでしまいます。

なので、自分の性格についてある程度割り切り、自分はこういう人間だと胸を張っていられるほうが相手からすると魅力があるように映ると思います。

 

アラフォーの婚活体験談5

女性
(女性 38歳)

婚活中に最も辛かったのは、自分の気に入った男性はすぐ見つかるものの、相手が子供好きで、子供が欲しいから結婚したいと言ってくる事です。

私は自分で会社を経営している為、子供なんて産もうと思った事が一度もありませんでした。

子供が欲しくない為、今まで結婚から逃れていたと言っても過言ではありません。

しかし、今になって子供はやっぱり産んだ方がいいのかなと思うようになってきました。

それを考えると、やはり若い時に結婚し、子供を授かるべきだったかなと思います。

<スポンサーリンク>

アラフォーの婚活体験談6

女性
(女性 38歳)

婚活は アラフォーだとすでに遅し‼︎と正直感じます。

私もまだアラフォーの独身者です。

30代になるまではあまり結婚に興味もなく、彼氏がいない時期もムリに出会いを探すこともありませんでした。

周りはバタバタと結婚し 私が今までやってきた職業がらもあるのか、独身の異性となると10歳以上年下の人ばかりになります。

こちらも恋愛対象外ですが、相手からしても母親に近い存在になってしまいます。

同じくらいの人と出会っても どこか結婚願望など感じられない人が多くうまくいきません。

 

アラフォーの婚活体験談7

女性
(女性 39歳)

自分が気に入った相手からは断られたり、逆にちょっと遠慮したい相手からは気に入られたり。

なかなか簡単に歯車が合うものではありません。

試験勉強は、やればやる程実力が上がり合格しやすくなります。

しかし、婚活は何を頑張ったらうまくいくというだけのものでもありません

気合いを入れても打ち砕かれ、断られたら自分が世界中から否定されているような気持ちになることもあります。

だけど、止めたら何も変わらないんです。

小さくてもいい、自分が出来る範囲で種蒔きをしながら、幸せの花を咲かせましょう。

 

アラフォーの婚活体験談8

女性
(女性 41歳)

同じ世代の男性は三十代の女性が目当てなので、女性側のこちらは妥協せざるおえないけれど、十も離れている男性をなかなか恋愛対象にみれない。

職場などで、性格を知ってそこからお付き合いが始まるなら結婚に結び付きそうだ。

しかし、見かけからはいると一般男性は俳優ではないので、イケメンの人は少なく興味ももてない。

そして、そこから性格を知ろうと思いにくい。

女性は身なりに気を使うが、男性は外見を気にしない傾向にある。

人は見かけではないとは思う。

だからといって外見が好みでない人と結婚しろとはいかない。

 

アラフォーの婚活体験談9

女性
(女性 41歳)

私は、バツイチシングルマザーでして子供が成人したのを機に、1年間結婚相談所で婚活をしていました。

しかし、始めた年齢が38歳と遅すぎたという理由もあり、本当に大変でした。

これから婚活を始めようと思っているアラフォーの方にアドバイス出来ることがあるとすれば、出来るだけ早く始める事だと思います。

あと、結婚相談所を探す際は出来る限りリサーチしてからをオススメしたいと思います。

本当に親身になって婚活を応援してくれる結婚相談所でないと、高いお金だけ払うことになりかねません。

 

アラフォーの婚活体験談10

女性
(女性 42歳)

婚活は、35歳を過ぎると大変だというのが実感としてあります。

合コンやお見合いパーティーは、年齢が高いだけで、相手からしたら自分が対象外というのが雰囲気でわかって肩身が狭く感じることがありました。

また、結婚相談所などは特に、年齢でシャットアウトされてしまうことが多かったです。

男性は結婚に子供を求めることが多いので、高齢出産の年齢ではどうしても不利になってしまい、辛かったです。

アラフォーの方は、思い立ったら早めに婚活を始めるのがよいと思います。

女性は、35歳過ぎてからお見合いパーティーに行っても、アラサーの若い方ばかりで浮くことがあります。

お見合いパーティーには必ずアラフォー限定に行くことをオススメします。

また、相手の方ばつ1の方を狙った方がいいです。

アラフォーで結婚したことない方は、はっきり言って自己主張がひどいです。

女性はばつ1子供いない方が狙いです。

お見合いパーティーよりは、また知り合いからの紹介の方が安心できるので、恥ずかしがらず知り合いに積極的にお願いしたほうがいいです。

<スポンサーリンク>

アラフォーの婚活体験談11

女性
(女性 43歳)

年齢があがるほどに、就職の面接のように今までの経歴を話すのがつらくなってきました。

やはり、趣味が同じとか話す共通項目がある方がお互いに話しやすいと感じます。

あと、事前に生年月日とかが分かっていれば、相性なども見ておくといいと思います。

今は占いに出向かなくても、簡単にインターネットでリサーチ出来るので、少しは相手の傾向も参考になります。

あと住まいが近いと、美味しい店などをお互いに話せるので盛り上がりますし、ドライブがてらに神社仏閣とおススメのお店を入れると一日のスケジュールが経つのでオススメです。

行く場所が決まってなくて、話すこともないというのは大変に苦痛なものですから。

 

アラフォーの婚活体験談12

女性
(女性 44歳)

結婚して、子供(跡継ぎ)を設けることが前提の男性が殆どです。

そんな中、アラフォーといわれる年齢で40代前半の女性にとって、妊娠に関しては辛い現実を突き付けられます。

男性達は、より若い30代の女性を求めるのでなかなか相手にされませんし、気が合う男性が現れても、20代の頃のように恋愛感情だけで物事を決めて進めることが出来ないことが大変だと思いました。

バツイチで、子供は前妻が引き取っている完全にシングルで同年代の男性であれば、結婚できる望みはあると思います。

50代以降もずっと二人で人生を楽しむのも有りだと思います。

 

アラフォーの婚活体験談13

女性
(女性 44歳)

一般的にアラフォーとは、30代後半から40代前半の事です。

経験者の友人から少しでも若い方がいいとアドバイスされ、30代ギリギリで婚活を始めました。

申し込みを頂いた男性の年齢は30代後半から60代まで、とても幅広かったです。

問題は、女性のアラフォーはお金を持っている、貯金額が多いと思っている男性が多かった事で、低収入男性からばかりの申し込みでした。

実際に、「あなたはお金を持っていそうに見えたから申し込みました。」と面と向かって言われた事もあります。

更には子供を強く希望される男性は、女性の体の負担を考えない人も多いです。

アラフォーの婚活はお金と子供、これに尽きます。

これから婚活を始めるアラフォー女性達には、子供を希望するかしないかの明確な気持ちと、金銭感覚をお相手としっかり話し合い、曖昧にしないことをお勧めします。

 

アラフォーの婚活体験談14

女性
(女性 49歳)

なまじ自分がキャリアウーマンで収入がそこそこあるせいか、収入が低い男性はそもそも寄ってこなくて、選択肢が少ないと感じました。

婚活サイトに登録しても、紹介されるのはエリート企業の中間管理職で見た目も同じような人ばかり。

変に釣り合いみたいなものを意識されて、困るなと思いました。

こっちはそういうつもりじゃないのに。

またお見合いパーティーに行っても、自分が珍しい仕事をしているせいか、職業を聞かれた途端仕事に関する質問ばっかりで私生活に関する質問は1つもなし。

私という人間の内面は誰も見てくれないんだな・・・とがっかりしました。

 

★こちらも読まれています

結婚を諦めた時の年齢と理由は?独身15人に聞いてみた

結婚したくないと考える女性の理由や心理20選!本音は何?

高齢出産は後悔するって本当?経験者15名の意見

独身生活の辛い事とは?|アラフォー独身10人の答え

関連コンテンツ