同棲をしたくない理由9選!同棲すると結婚が遠ざかる?

同棲をしたくない理由

昨今、「同棲」という言葉がピックアップされる機会が多いように感じますが、「同棲はしたくない!」という方々は意外と多いもの。

しかし、同棲をしたくないという方々は、一体どうして同棲をしたくないのでしょうか。

今回は、「同棲をしたくない理由について教えて下さい。」というアンケートを15人の方に実施し、「同棲をしたくない理由」をテーマにまとめてみました。

「同棲に良いイメージが無い」という方や、「付き合っている相手から同棲を誘われて困っている」という方々は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.相手が掃除をしないから

女性
(女性25歳)

彼氏が散らかし放題にする人間なので、同棲は避けたいかなと思いました。

汚い部屋になるのは好きではないので綺麗にしてもらいたいと感じました。

でも、結婚のことを考えるとなると、彼ではないと行けないのですが、散らかし放題するのはとても気が引けるので、しっかりと直して欲しいと感じました。

なので、少しずつでもいいから、彼に掃除するという心を身につけて行きたいと感じました。

そうしたら、同棲出来るのかなとも思いました。

 

2.親を説得できないから

女性
(女性26歳)

結婚するならまだしも、単純に同棲したいという考えだけなら、親を説得できないと思うからです。

私自身も例え社会人同士だったとしても、同棲していると聞くと、なんだかだらしがないイメージがあります。

また、実家同士の方が何かとお金はたまりやすいと思うので、結婚資金などを貯めるには同棲よりも実家に住んでいた方がいいと思います。

同棲だと、家賃も折半とはいえ無駄にかかってしまうし、お互いそれぞれが食費などを費やしてしまいそうです。

 

3.相手の嫌いな所を許せなくなりそうだから

相手の悪い面を見てしまう

女性
(女性28歳)

一緒に住むと、お互いのそれまでと違った一面が多数見られます。

実は家事が上手だったとか、良い面を結婚する前に知れる事は安心に繋がるかもしれませんが、やはりどうしても悪い面の方がよく見えてしまいやすいと思います。

結婚してからそういった面が見えたとしても、大抵の事は仕方ないとか、お互い注意して直していこうという風になりますが、同棲の時点ではまだ別れるという選択肢があります。

今までの付き合ってきた時間や同棲に費やしてきたものが全て無駄になるのは残念なので、私は同棲はしたくありません。

 

同棲は後戻りやすいから

女性
(女性31歳)

どんなに好きな相手でも、一緒に生活すると嫌なところが見えてしまうものです。

結婚していれば、いい意味で後戻りしにくいと思います。

こんなところがいやだけど、こんなところが我慢できないけど、こんなところにイライラするけど、結婚式であんなにお祝いしてもらったし、離婚となると、色々手続きが面倒だし、我慢しようかな、で、生活は続いていくと思います。

子供がいれば尚更です。

しかし後戻りしやすい、お付き合いだけの段階、同棲だと、別れやすくなってしまうと思うからです。

 

相手の行動に冷めた

男性
(男性47歳)

自分が留守の時、相手がいろいろな物をチェックしているからです。

預金通帳や過去の給料明細書や部屋にある貯金箱など漁っていました。

その場面を目撃した瞬間、一気に冷めてしまいます。

自分がされて嫌なことを、平気でするところで、育ちが分かってしまいます。

一緒に住むと、本当の性格が分かってきます。

借金が有ったり、時間にルーズだったり、料理出来なかったり、だらしないことが多いです。

酒好きで、浪費家で、大食いだったら、幻滅です。

一人の方が、気楽です。

 

4.自分の時間がなくなるから

自分の時間がなくなる

女性
(女性30歳)

彼氏と同棲したくない理由は、まず、自分の時間がなくなりそうなところです。

同棲していると、朝は彼氏の起床時間を考えて自分も起床しなくてはならないですし、朝食も、自分一人なら好きな食材を自由に選択したり、金銭的に厳しい時はひもじい食材でも良いですが、彼氏がいたら、好きな食材よりは彼氏の健康を考えたり、ひもじい食材は出来る限り控えたりしなくてはいけないのかと悩むことも多いです。

共働きであった場合は、夕飯の支度の有無とかも悩みの種であるから同棲はしたくないです。

 

自分の世界観を壊されたくない

男性
(男性42歳)

今は既婚なのでもちろん同居していますが、若い時は私も付き合っている時に同棲はしたくありませんでした。

理由は単純な事で、自分の世界観を阻害されたくなかったからです。

独身時代は趣味や嗜好など自分なりの独特なものがあります。

当時付き合っていた女性は自分の方を見てもらうために、自分の気に入らない事を否定から入る娘が大半でした。

なので、付き合っている中で一緒にいる時は良いですが、自宅に帰ったら1人が心地良いと感じたからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
恋愛
ギガヤク